ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > ジャニーズ

ジャニーズ

sam-3

「考え事をしていてブレーキを緩めてしまった」──6月20日、都内で乗用車を運転中に玉突き事故を起こした元SMAP・木村拓哉(44)は、警察にこう説明したという。

 情報番組『バイキング』(フジテレビ系)で、司会の坂上忍(50)が「タイミングがタイミングなだけに、こちらの方にくっつけられてしまうのかな」とコメントするなど、多くの人々が「考え事」を「元SMAPメンバー独立」と結びつけたことだろう。

 事故の2日前、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)の3人が、9月8日付でジャニーズ事務所を退社すると発表された。

「3人は“SMAPの育ての親”である元チーフマネージャーのI女史が設立する新事務所に移籍すると見られている。I女史を慕う現場マネージャーも相次いで退社しており、受け入れ態勢は整いつつある。

 だが、新事務所の“稼ぎ頭”となるはずだった中居正広(44)はジャニーズに残留。一部では、『香取がスタッフや周囲への影響を考慮して、中居は残留すべきと進言した』とも報じられたが、現実的に考えれば、中居が『今後の自分のポジションを考えた』と見るのが実情でしょう」(ワイドショー芸能デスク)

 これまでの木村と他メンバーの「1対4」という対立構図から「1対1対3」のさらに複雑な人間関係に“再分裂”してしまった元SMAP。今後の木村の活動にも少なからぬ影響を与えると見られている。

 木村は昨年の独立騒動で世間から「裏切り者」の印象を抱かれ、解散後の主演映画も興行成績が振るわず、CMもトヨタ自動車、ミス・パリと相次いで契約終了。ファンやスポンサーの“キムタク離れ”が懸念されている。

 一方の中居は今年1月から新CMキリン「氷結」にも起用され、レギュラー番組『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)のゴールデン進出など、解散後も絶好調。中居はジャニーズに残留したことで、事務所内での立場を強くしているという。

NEWS ポストセブン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170626-00000009-pseven-ent 
【【中居正広】 ジャニーズ残留で一躍幹部候補に浮上か?】の続きを読む

CRFj4JGUsAEEvfn

元SMAPの木村拓哉(44)が6月20日に起こした追突事故が、各方面で話題になっている。
木村は東京都調布市の交差点で、赤信号待ちの際にブレーキを緩めてしまい、前方のバイクに衝突。
バイクはさらに前方の乗用車に衝突する玉突き事故となった。
警察の調べに対し、木村は「考え事をしていて、ブレーキを緩めてしまった」と供述している。

何の因果なのか、この2日前となる18日には、元SMAPメンバーの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)の3人が、ジャニーズ事務所から独立することを発表しており、「考え事」とはこのことだったのではないかとの憶測が広まっている。
いずれにせよこの事故は、木村にとって最悪のタイミングだったことは間違いない。

木村は過去に2度の速度超過を冒しており、2012年には免許停止処分を受けるなど、車トラブルの過去がある。
今回の事故とは直接関係はないが、木村はこれまで20年以上CMに出演していたトヨタ自動車のスポンサーを今年になって降りている。
トヨタにとっては偶然にも正しい判断となったようだ。

また今年に入ってのCM降板はトヨタだけでなく、ダンディハウスのCMも三浦知良(50)にとって代わられ、現在唯一のスポンサーとなっているタマホームに関しても新たな映像収録は行われず契約更新はされないと見られている。
今回の一件を加味すると、いよいよCMゼロも現実味を帯びてくる。

「実は水面下で、ジャニーズには代理店を通じて車関係のCMの話が木村にあったと言われていたのですが、どうやら白紙になったとも。
今回の事故もオフ日の出来事だったようですが、今回の件でさらに仕事が減ることとなれば、オフはさらに長くなりそう。
今後も自動車関係のCM出演は絶望的でしょう」(芸能記者)

CMは出演者のイメージが全てとなるだけに、企業や代理店はタレントの選定に特に気を遣っている。
今の木村の状態であれば、オファーを出したがる企業がいないのも当然の話だ。
ただし木村は今後、芸能活動だけではない動きも見せるのではないかと言われている。

詳細はソースにて

http://dailynewsonline.jp/article/1327248/
http://dailynewsonline.jp/article/1327248/?page=2

【【CM契約ゼロ目前】木村拓哉 俳優休業で事務所幹部に就任案も】の続きを読む

C-QZXiBWAAE-MnU

昨年のSMAP解散からはや半年。
育ての親である飯島三智・元チーフマネージャーと共に5人での独立を画策したものの、翻意したことで木村拓哉(44)には裏切り者のレッテルが張られている。

中略 

■CMはゼロに

木村は映画の大コケのみならず、クライアントの離反という厄介な敵とも対峙していた。
「今年に入って、ダンディハウスとトヨタが木村から離れました。
ジャニーズは電通に、“どこか良いところないですか?”と働きかけていますが、色よい返事をするクライアントがなく、とても苦労しています」業界全体がキムタクをすっかり持て余していると訴えるのは、広告代理店幹部。

そればかりか、「木村が出ているCMに、“あんな裏切り者を出すな”といった抗議が結構あったようです。
ダンディハウスは『キング・カズ』が彼に代わって出ているし、20年以上やっていたトヨタが離れたのも、プライドの高い木村としては屈辱だったことでしょう」(同)
差し当たって唯一残っているタマホームに、「抗議の有無」を尋ねると、「コメントは差し控えさせて頂きます」と責任者は否定せず。

「新バージョンを撮影していないようだから、タマホームも遅かれ早かれ終わる。
CMが1本でもあればドラマは年に1つでも大丈夫なのですが……。
結局、木村の最大の問題は、将来のビジョンを話し合える相手がいなくなってしまったことだと思いますよ。
これまでは飯島が戦略を決めていたのに、それを考えてくれる人間が事務所にはいないんですよ」(芸能関係者)

詳細はソースにて

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170622-00522798-shincho-ent&p=1
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170622-00522798-shincho-ent&p=2 
【【チョ マテヨ】木村拓哉、「あんな裏切り者を出すな」の抗議殺到でダンディハウスとトヨタなどスポンサーが次々と離反 タマホームも降板か】の続きを読む

20170622-00000009-nkgendai-000-1-view

「考え事をしていて、ブレーキから足を離してしまった」――。

 元SMAPの木村拓哉(44)が20日午後4時45分ごろ、東京・調布市内で自家用車を運転中に信号待ちをしていたバイクに追突。その弾みでバイクが前方の車にぶつかり、玉突き事故となった。幸い、ケガ人はいなかったが木村は警視庁調布署員に対してこのように説明したという。

 木村はこの日はオフで、愛車のハマーを運転中。SMAPファンならずとも「考え事」と聞けば、思い至るのは18日に発表になった元SMAPのメンバー、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾のジャニーズ事務所退社についてだろう。一連のSMAP解散騒動では、いち早くジャニーズ残留を表明した木村は裏切り者扱いされるなど心労は絶えず。結局、中居正広も残留することになったが、一度染み付いた“汚名”はなかなかそそぐことができていない。その矢先の追突事故である。

 あまりのタイミングの悪さに同情の気持ちも湧くが、「事故自体は物損で済んだものの、木村自身への影響はこれでは済まない」と語るのは芸能関係者だ。どういうわけかというと、木村はこれまで2度の道交法違反(速度超過)で12年には免許停止処分も受けているからだ。しかも、「長年にわたって出演していたトヨタのCMから今年になって降板しています」(前出の関係者)。

詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000009-nkgendai-ent

【【ちょ待てよ!!】過去に免停処分も キムタク「追突事故」で車CMは絶望的】の続きを読む

このページのトップヘ