ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > ジャニーズ

ジャニーズ

hkedigOu5dNyuUB_6305

木村拓哉(44)が8月2日の『マジガチランキング』(AbemaTV)で10代の男女が選ぶ「父親にしたくないタレント」の4位に選ばれ、業界関係者に波紋を呼んでいる。

 番組によると、木村は1位の坂上忍(50)、2位の梅沢富美男(66)、3位の石田純一(63)に続くという不名誉な順位。あとにも5位小出恵介(33)、6位渡辺謙(57)と周りは”お騒がせタレント”ばかりという結果に。SMAP解散騒動以後、何かと風当たりの強かった木村だが、『週刊女性』(8月1日号/主婦と生活社)の「抱かれたい男グランプリ2017」で1位の斎藤工(35)らに水を開けられたものの4位に留まっていた。ある映画関係者は「大きな調査ではないが」と前置きした上で「この数字はリアル」ゆえに深刻だという。

詳細はソースにて

http://dailynewsonline.jp/article/1347269/

【【木村拓哉】お騒がせ中年タレントに混じり「父親にしたくない4位」の衝撃】の続きを読む

ec2c37db367a9ced6932e4fec7cce0d6_408

元SMAPの中居正広と笑福亭鶴瓶がMCを務める日本テレビ系『ザ!世界仰天ニュース』(毎週火曜 後7:56)の8日放送では「超パワフル女子&インパクト映像超連発!!夏祭り3時間SP」と題して、女子プロゴルファーのアン・シネがゲスト出演。日本のバラエティー番組の収録には初参加だったアン・シネだがスタジオでは見た目の美しさだけではなく、その丁寧な姿勢やあいさつ・礼儀を尽くす姿に中居は「もう好きになりかけてる!」とメロメロの様子で印象を語った。

詳細はソースにて
 http://www.oricon.co.jp/news/2095344/full/

【【元SMAPの中居正広】美女プロゴルファーのアン・シネにメロメロ「もう好きになりかけてる!」】の続きを読む

sinema

中居正広が、『SMAP』について、ジャニーズ事務所を退所する稲垣吾郎と草彅剛と香取慎吾の3人について、どう思っているのか“本心”が漏れ始めているという。

「稲垣、草彅、香取の3人がジャニーズ事務所から退所するまで、あと1カ月。残る中居は、自分が独立すれば多くのスタッフが仕事を失う恐れがあるので留まったとされています。しかし、前回のSMAPが揃って独立を画策していた際には、スタッフの仕事の面倒を見ることができたのでしょうか。スタッフのことを考えて残るというのは嘘っぽい話です」(ジャニーズライター)

中居がジャニーズ事務所に残るのは、精一杯の恩返しをしてから独立するためだという話もあった。さらには、稲垣らとジャニーズ事務所のつながりを切らないためという噂も囁かれている。

「ジャニーズ事務所は芸能界のなかでも屈指の給料搾取会社です。そのため、独占禁止法違反で調査が入るという話もあります。その会社に恩返しというのも変な話です。しかも、稲垣らのレギュラー出演しているテレビ番組は、当面継続するものの、来年は分からないとスポーツ紙が一斉に報じています。そんな状況でジャニーズ事務所との“つながり”など、無意味に等しいのでは」(同・ライター)

稲垣らが退所を発表した際に、ジャニー喜多川社長は「今後も応援する」というコメントを出した。しかし、独立した者に新しい仕事を付けるはずもない。

「吾郎とかどうするのかね」と無責任発言

詳細はソースにて

https://myjitsu.jp/archives/27529

【【SMAP】恩返しは嘘!中居正広がついに見せた「無責任・自分本位」な本性】の続きを読む

why_kimu

 元SMAPの木村拓哉が28日、TOKYO FM「木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!」で、将棋の歴代最多となる29連勝を達成した藤井聡太四段について触れた。

 リスナーからの藤井四段の財布に関する質問を受け、木村が15歳の天才棋士に言及。「ものすごい。記録を塗り替えるってこと事態、普通の時間を過ごした人にはできないこと。(当時)14歳にして記録を塗り替えた事実はすごいこと。世の中は彼がいてくれただけで、将棋という存在がもう1度見直された」と絶賛した。

 自身の腕前については「将棋ってやんなくない?今やったら、できんのかな。そこ不安になる。きっとルールは覚えてると思うけど」と自信なさげ。好きな駒には角と飛車を挙げていた。
詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170728-00000179-dal-ent

【【藤井四段を絶賛!】キムタク 「ものすごい」】の続きを読む

このページのトップヘ