ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > ジャニーズ

ジャニーズ

ダウンロード (2)

 少年隊の東山紀之(50)が10月スタートの「サンデーLIVE(仮)」(テレビ朝日系、日曜朝5時50分~)でキャスターに初挑戦する。

中略 

 「ジャニーズのタレントは子供のころからレッスンに励み、上下関係を重視して基本的な礼儀を身に着けていますから、現場では評判がいいんです。もちろんプロ意識も高く、スキャンダルも少ないところも安心ですしね」(前出・テレビ局関係者)

詳細はソースにて

夕刊フジ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000004-ykf-ent

【【ついに東山も!】ジャニーズタレントの進出が目立つ情報・報道番組 「スキャンダル少ないところも安心」】の続きを読む

no title

 独立すると目されていた中居正広(44)が一転、事務所残留を決めたことで、心中穏やかでない人がいる。木村拓哉(44)だ。木村がいち早く事務所残留を決めたことが、解散の遠因となったとされる。それでも木村は幹部候補に名を連ねることに。
しかし中居の決断でそれも揺らぎ始めているという。木村の焦燥は募るばかりだ。

 今秋の契約更改を前に、“独立派”と目されていた中居が事務所残留を決めたニュースは大きな話題となった。

 「もともと中居は一昨年に行われたジャニー喜多川社長の誕生日会にも顔を出すなど、SMAPの中でも、ジャニーズ愛が強いほう。とはいえ、稲垣(吾郎)や草なぎ(剛)、香取(慎吾)とともに独立すると見られていたし、実際にそうした動きがあったのも確かなだけに驚きました」とは芸能リポーター。

 中居の残留の背景には自身が出演するテレビ番組のスタッフへの配慮や将来的な
社内独立の狙いがあるとされているが、「紆余曲折あったとはいえ、億単位の収入を
もたらす稼ぎ頭の中居が残留したことは、事務所サイドも高く評価しているようです。
近藤真彦や東山紀之、滝沢秀明らとともに一躍、幹部候補生の仲間入りを果たしたとも
言われています」(同芸能リポーター)

 だが、こうした中居の動きに不信感を募らせているのが木村だという。

 「木村からしてみれば、真っ先に残留を表明したことで“裏切り者”よばわりまでされたのに、中居ばかり高く評価されたのではたまったものではない。最近公開された主演映画『無限の住人』は伸び悩みましたが俳優としての実績もありますしね。最近の中居への厚遇ぶりを見ると、忸怩たる思いもあるでしょう」と別の芸能プロダクションマネジャー。

詳細はソースにて
夕刊フジ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000002-ykf-ent

【【中居正広の“厚遇ぶり”に苛立ち】キムタクこと木村拓哉(44)、自分は“裏切り者”よばわりまでされたのになぜ…】の続きを読む

元SMAPの木村拓哉(44)が近いうちにジャニーズ事務所から独立するという話が浮上している。

昨年の解散以降、その去就が注目されていた元SMAPメンバーだが、大きな番狂わせと
なったのが中居正広(44)の残留だった。
だが、この中居の選択が最終的にキムタクを追い込むことになるという。

「そもそもキムタクがジャニーズ事務所の幹部に重用されるきっかけとなったのが、
SMAP解散&独立騒動での立ち居振る舞いだった。メンバーの中で誰よりも早く残留を
表明したことで、ジャニーズ幹部の座を手にしたといわれていたんです。ところが、今回、
中居が残留したことでキムタクの立場が微妙なものになってしまった。今や中居の立場は、
キムタクの立場と同等、いや、それ以上です。キムタクにとってはまさに想定外のことでした」(芸能プロ幹部)

中居がキムタクよりもジャニーズ内で重宝される理由は明快だ。中居の年間売上額は、
CMなどもろもろ含めると20億円以上にもなる。一方のキムタクは売上額が1億円にも満たないという。
詳細はソースにて
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/209102/1
no title

【【元SMAPの木村拓哉】ジャニーズ事務所から独立か?】の続きを読む

1498992888709

木村拓哉が日本テレビの人気バラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』に営業を仕掛けているという。

「ジャニーズ事務所の思惑としては、中居正広のレギュラー出演番組が多い日本テレビに木村を差し込んで、
元『SMAP』メンバーのふたりのバランスを取ろうということでしょう。初めはゲストで出演してという感じのようです。
木村の責任でもないのに“解散責任”を背負わされ、マーケティング調査でも嫌われ始めた木村の好感度を上げるためにも、ジャニーズ事務所は調整しなくてはなりません。
これまで木村は、ほとんど日本テレビとは縁がなかったので、これを機会にドラマなどの出演へのきっかけにしたいという思惑があるのでしょう」(芸能関係者)

この木村の日本テレビへの進出を、巨人ファンの中居は面白く思っていないようだ。

「不快感を示したというより、中居は木村に対して『おまえ、俳優じゃないのかよ。いつから芸人枠になったんだよ』というスタンスで“バラエティー”へ進出されるのを面白く思っていないはずです。
木村は気の利いたアドリブを言えるわけではありません。
前にマツコ・デラックスと出演した『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系)という番組でも、マツコにフォローされまくっていました」(同・関係者)

一説には、マツコと番組を持つという情報も錯綜していたが、これはマツコ側が「木村の未来を背負うなんて荷が重すぎる」として断ったようだ。

「早ければ8月にも、木村はゲストでイッテQに出ます。
同じジャニーズ事務所の手越祐也や、イモトアヤコ、またスタッフも『話題になるならウエルカム』だとして歓迎しているといいます」(同・関係者)

詳細はソースにて

https://myjitsu.jp/archives/25592

【【元SMAP】木村拓哉が「世界の果てまでイッテQ!」へ積極果敢に出演交渉中】の続きを読む

このページのトップヘ