ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 酒鬼薔薇聖斗

酒鬼薔薇聖斗

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
◆【衝撃】元少年Aの顔写真が文春掲載された件に小池一夫氏が言及「しょうがないよね殺人をネタに商売したのだから」 「世間の誰も君を守ってはくれない」

「週刊文春」(2016年2月18日発売)に、神戸連続児童殺傷事件の犯人として逮捕された、元少年A(酒鬼薔薇聖斗)の現在の顔写真が掲載され、日本中で物議をかもしている。

●全身写真は非常に写りが良い

掲載されている写真は4枚で、うち2枚は鮮明に表情をとらえている。
なかでも全身写真は非常に写りが良く、顔に目線が入っているものの、街で見かけたらすぐに彼だとわかるほどである。

●さすがに私刑なのでは?

しかし元少年Aは、すでに法的には罪を償った人物。
現在は一般人として生活しているため、「さすがに私刑なのでは?」「文春やりすぎ」という声が出ているのも事実。
そんな状況下で、漫画原作者として有名な小池一夫氏が今回の報道に言及。以下のようにコメントしている。

●小池一夫氏のTwitterコメント

「週刊誌に元少年Aの姿が出ているらしいけど、しょうがないよね。自ら表舞台に出て来たのだから。
それで、殺人をネタに商売したのだから。少年法は、もう君を守ってはくれない。
きっと、世間の誰も君を守ってはくれない。あれだけ自分に注目を集めたかった希望が叶っただけ」

画像:




●出版により改めて彼に注目した

元少年Aは、太田出版から手記「絶歌」を2015年に発売。
それによって、いままで元少年Aの存在を忘れていた日本国民が、改めて彼に注目した。
そう考えれば、確かに「目立ちたい願望」「殺人を商売にした」という考えが出てもおかしくない。
以下は、天童美津子さん(OL / 33歳)のコメント。

●天童美津子さんのコメント

「何をすれば償ったといえるンでしょうね。償いは被害者や遺族に向けたものであるべきでしょう?
だからどンな罪でも、法的に償えることなンてないンじゃないかな。
あの本を出した時点で、更生も反省もしてないじゃンって思った。だからこれは私刑じゃないよ。
結果はどうあれ、今の状況は彼が望ンだ結果。マグロのように一生止まらず泳ぎ続けるしかないンじゃないかな」

●彼は守られるべきなのか

これは元少年Aに対する私刑なのか。それとも彼の自業自得なのか。
もしくは彼は守られるべきなのか……。皆さんは、今回の騒動をどう思っているだろうか?

バズプラスニュース 2016.02.19
http://buzz-plus.com/article/2016/02/19/sakakibara-seito/
【【酒鬼薔薇聖斗】小池一夫「殺人をネタに商売したのだから週刊誌に写真載せられても仕方ない。もう少年法は君を守ってくれない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
_SX344_BO1,204,203,200_

◆【衝撃】素顔を週刊文春に掲載された元少年A / 半年間で4回引越し! 女性セブンの報道で逃亡した事も判明 週刊誌に住所を特定された為か

神戸連続児童殺傷事件で逮捕された、酒鬼薔薇聖斗こと元少年A(現中年A)。現在は33歳になっている彼だが、そんな元少年Aの現在の素顔が、人気雑誌「週刊文春」に掲載。
さらに路上で暴れたと報じられており、日本中で物議をかもす騒動に発展しているが、新たな情報が入ってきた。

●週刊誌に住所を特定された為か

2015年9月~2016年1月の期間、なんと4回も引っ越しを繰り返しているのだ。
その回数にも驚かされるが、4回中2回が「週刊誌に住所を特定された為」という理由で引っ越ししている事が判明した。

●女性セブンの掲載後に引っ越し

住所特定による1回目の引っ越しは2015年9月下旬。
引っ越しの理由は「女性セブンの記者に住所がバレたから」が濃厚とのこと。
事実、その時期に「女性セブン」は元少年Aに関する記事を掲載しており、マンションの写真をボカシ入りで掲載している。

●週刊文春の取材後に引っ越し

住所特定による2回目の引っ越しは2016年1月下旬。
「週刊文春」が1月26日に元少年Aを直撃取材した数日後、東京都から引っ越しした。
以下は、2015年9月~2016年1月の期間に行われた元少年Aの引っ越し記録である。

●元少年Aの引っ越し記

神奈川県の新築アパート(女性セブンの報道直後に引っ越し)
 ↓
神奈川県のウイークリーマンション
 ↓
神奈川県の大型マンション
 ↓
東京都足立区のアパート(週刊文春の取材直後に引っ越し)
 ↓
東京都外へ引っ越し ← New

●手記「絶歌」の印税が数千万円

元少年Aには、太田出版から発売した手記「絶歌」の印税が数千万円入っている。
そう考えると、頻繁に引っ越しをしたとしても余りある巨額を持っていることになる。
しかし、今回の「週刊文春」には素顔や全身写真が掲載されてしまったため、日本で「安住の地」を手に入れるのは難しそうだ。

バズプラスニュース 2016.02.18
http://buzz-plus.com/article/2016/02/18/sakakibara-bunsun-moving/
【【神戸連続児童殺傷事件】 素顔を週刊文春に掲載された元少年A 半年間で4回引越し 女性セブンの報道で逃亡した事も判明】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
本日発売の週刊文春に掲載された現在の少年Aの姿。その姿は急いでいるようにも見え掛け足で走っている姿が激写されている。顔には目線が入っているが、知人や身内の人からしたらハッキリと分かってしまうレベルである。

そしてこの少年Aが走っている場所が早くも特定されてしまったのだ。
写真に映っていた木の特徴やガードレースなどから割り出し東京都の足立区であることが判明。

木の特徴やガードレースも一致しており、この場所の可能性が非常に高い。
少年Aはここの歩道を走っていたのだろう。走っていた理由はこの先にあるバス停を目指していたとか。

この辺は団地エリアになっており、何十棟もの団地が並んでいる。そこのどこかに住んでいる可能性が非常に高い。

またこの周辺では過去に鳩や鴨の死骸が見つかったことがある。死骸が頭部が切断されており、
刃物で意図的に切断されたものと見られている。

http://gogotsu.com/archives/15636



【【衝撃】週刊文春に掲載された少年Aの場所が早くも特定される 頭部の無い鳩の死骸が見つかった場所】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
◆【衝撃】元少年Aが激怒でママチャリ投げる! 本当に文春記者の命が危なかった事が判明 / 記者逃走の流れまとめ 突如として記者に激怒

かつてテレビで報じられたニュースが記憶に残っている人は多いだろう。
1997年に発生した神戸連続児童殺傷事件のことである。
児童2名が死亡し、3名が重軽傷を負うという、あまりにも残忍かつ悲惨な事件である。

●日本中に元少年Aの姿が報じられた
犯人として逮捕された元少年A(酒鬼薔薇聖斗)。
彼の現在の顔写真が、人気雑誌「週刊文春」(2016年2月18日発売)に掲載され、日本中に元少年Aの姿が報じられた。
誌面には4枚の顔写真が掲載されており、全身写真がグラビアのように高解像度で鮮明に掲載されている。

●自転車を地面に叩きつけてブチギレ
元少年Aの素顔が公開されたことで大きな衝撃を生んでいるが、元少年Aが記者に対してとった行動も、大きな注目を集めている。
最初は冷静な態度だったものの、突如として記者に激怒し、自転車を地面に叩きつけてブチギレ。
以下は、記者が元少年Aから逃走するまでの流れである。

●記者が元少年Aから逃走するまでの流れ(2016年1月26日)
記者2名が元少年Aの住む東京23区内のアパート前に車を停める

トイレットペーパーを大量にのせたママチャリで元少年Aが帰ってくる

記者が元少年Aに声をかける「○○さんですよね?」

元少年Aは人違いだとい言う「何のことかわからないんで」

記者が根気よく取材を続けて手紙を渡そうとする

元少年Aがブチギレ激怒で自転車を投げる「コラお前なめてんのか!」

元少年Aが完全にキレて記者の腕をつかむ「命がけで来てんだよな!?」「顔と名前覚えたぞ!!」

元少年Aがコートに左手を入れたままで何かを持っているそぶり(刃物を彷彿とさせる行為)

記者は車に戻りたくなったが「車に乗り込む前に元少年Aに追いつかれる」と判断

記者は身の危険を感じてショッピングモール方面に逃げる

元少年Aが全速力で追いかけてくる

元少年Aはショッピングモール近くで人目を気にしてスピードダウン

記者はスーパーの駐車場に入って元少年Aのアパート方面にダッシュで戻る

1キロほど逃走してようやくアパート前に停めた車に乗り込む

元少年Aはガードレールから身を乗り出して記者の顔を鬼のような形相で凝視

無事逃走完了

●元少年Aにとっては不愉快な取材
身の危険を感じつつも取材を続けた記者だったが、とにかく無事に逃げることができて良かったといえる。
元少年Aにとっては不愉快な取材だったかもしれないが、手記「絶歌」を出版したことで、このような出来事が発生するのは、ある程度予測していたのではないだろうか。
ただし、元少年Aは法的には罪を償った人物であり、週刊文春の取材に対して賛否両論ありそうだ。

写真:




バズプラスニュース 2016.02.18
http://buzz-plus.com/article/2016/02/18/sakakibara-bunsun-escape/
【【元少年A(酒鬼薔薇聖斗)】ママチャリ地面に叩きつけ、鬼の形相で追う元少年A 本当に命が危なかった文春記者…逃走の流れ公開】の続きを読む

このページのトップヘ