ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 長崎・佐世保高1女子惨殺

長崎・佐世保高1女子惨殺

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ひろし ★@\(^o^)/ 2014/07/29(火) 22:06:43.62 ID:???0.net
93cc530a

長崎県佐世保市の殺人事件で、加害者の女子高生(16)の写真が市のホームページなどから 次々削除されたとして、騒ぎになっている。この生徒は、父親と一緒に国体に出場するなど、地元では有名だったというのだ。

県立高校1年の同級生(15)を殺したとして逮捕された生徒は、 両親が地元の名士だったこともあって、ネット上で実名などが次々に特定された。
「加害者だけ隠すのはおかしい」との意見も

そんな中で、生徒と父親は、栃木県で2014年1月に開かれた冬季国体のある競技に長崎県代表として出場していたことも分かった。

佐世保市のホームページでは、当時中学3年生だった生徒が親子で出場していたとして、2人のツーショット写真も載せて紹介していた。父親と兄の影響で競技を始め、国体ではトップバッターとして出場するなどと書かれてあった。
また、長崎県のホームページでも、国体の壮行会で県の団旗を持った生徒や本番で競技に臨む親子の様子を写真付きで載せていた。

ところが、7月27日に生徒の緊急逮捕が報じられた後、佐世保市や長崎県のホームページから2人の情報が次々に削除されてしまった。

【【長崎・佐世保女子殺害】加害女子高生の写真が佐世保市HPなどから削除 ネット上で疑問の声が相次ぐ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: フランケンシュタイナー(徳島県)@\(^o^)/ 2014/07/29(火) 13:50:33.42 ID:c7tw/8590.net BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典
c60f5_1110_20140729_0025

長崎県佐世保市で同級生を殺害したとして、高校1年の女子生徒(16)が逮捕された事件で、女子生徒は「(体の)中を見たかった」などと供述していることがわかった。佐世保警察署から長崎国際テレビの白方雄平アナウンサーが中継。

 「人を殺して解体してみたかった」などと供述している女子生徒は猟奇的な一面がうかがえる一方で、取り調べには落ち着いた様子で応じている。

 県立高校1年の女子生徒は、佐世保市のマンションで同級生の松尾愛和さん(15)を殺害した疑いがもたれている。警察の調べによると遺体は腹部が大きく切り開かれていて、女子生徒は「(体の)中を見たかった」などと供述しているという。今後、女子生徒の犯行当時の精神状態を調べるため精神鑑定が行われる見込みで、警察は刑事責任が問えるかどうか慎重に捜査を進める方針。

 一方、28日夜、松尾さんの通夜が営まれた。松尾さんの両親は「愛和は私たちにとって大切に育ててきた宝物でした。今はただ心静かに見送ってあげたいという気持ちだけです」とのコメントを発表した。

 逮捕された女子生徒はこれまでと変わりなく淡々とした様子で、謝罪の言葉はいまだにないという。
  
【【長崎・佐世保高1同級生殺害】 加害者「体の中が見たかった」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2014/07/29(火) 04:46:11.72 ID:???O.net
CI0003

長崎県佐世保市の高校1年松尾愛和さん(15)が殺害された事件で、遺体は首と左手首が切断されていた以外に、腹部が大きく切り開かれていたことが28日、関係者への取材で分かった。殺人容疑で逮捕された女子生徒(16)が「人を殺してみたかった」「遺体を解体してみたかった」という趣旨の供述をしていることも判明した。 

県警は、殺害後に遺体を解剖しようとした可能性もあるとみており、女子生徒の殺害当時の心理状態を解明するために精神鑑定を求めることも検討している。 
遺体のそばからハンマーやのこぎりが押収され、女子生徒が「自分で買った」と供述していることも分かった。


【【長崎・佐世保殺害】腹部大きく切り開く 逮捕の女子生徒の精神鑑定も検討・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/07/29(火) 00:56:52.16 ID:???0.net
news2260701_6

 長崎県佐世保市で同級生を殺害した容疑で逮捕された少女(16)は、裕福な家庭で育ち、勉強好きで知られたが、小学生の時には給食に洗剤を混入させるなど、数々の問題を起こし、小動物を解剖したこともある。
昨秋には実母が急死し、間もなく父親が再婚。生活が急変する中で何が起きたのか。

 「お母さんが亡くなって、すぐにお父さんが別の人を連れてきたから、お母さんのこと、どうでもいいのかな」

 今年5月、少女は幼なじみの女性(17)に落ち込んだ姿を見せた。大好きだった実母が昨年10月、 膵臓がんで亡くなり、今年4月に実家を出て、市中心部のマンションに住み始めると、父親は5月に再婚した。
女性は「新しいお母さんになじめなかったようだ」と話した。

 中学時代は放送部に所属。「お兄ちゃんが総理大臣になるって言っているから、私はNHKのアナウンサーになりたいの」と、夢を語る姿を覚えている知人は、想像を超える事件の発生に「何でこんなことに」と絶句した。

【【長崎・佐世保高1女子殺害】「お母さんが亡くなって、すぐにお父さんが別の人を連れてきたから…」実母急死、継母になじめなかった?】の続きを読む

このページのトップヘ