ジャックログ

ジャックログは ニュース まとめサイトです。

トップページ > ぱよぱよ

ぱよぱよ

leftwing_02

ドイツ国家機関の調査で、「92%の左翼活動家がママと暮らしている」ことが判明。
彼らの恥ずかしい実態が次々と明らかになった。

1968年から1969年にかけて日本の各大学で学生運動「全共闘」や、2015年5月から2016年8月まで活動していた日本の学生団体「SEALDs」に参加した学生らは、“左翼活動家”、“反社会的”というイメージが張り付き、就職を含めその後の生活に大きな悪影響を被っているといわれるが、ドイツの左翼活動家らもさらなる生活上の困難に直面しているようだ。
独紙「Bild」(2016年1月22日付)によると、ドイツ国内での反憲法活動を調査する内務省直轄機関「ドイツ連邦憲法擁護庁(BfV)」が、2003年~2013年の間に政治犯の疑いで逮捕された873人の左翼活動家を対象に統計調査を実施したところ、次のような事実が分かったという。

・84%が男性
・72%が18~29歳
・92%が親と同居
・3人に1人が無職
・10人に9人が独身
・2009年から2013年の間に左翼活動家が11件の殺人事件に関与

まず注目すべきは、親との同居率だろう。
2013年「OECD」が発表した調査によると、ドイツにおける20歳~34歳の親との同居率は13.6%。未成年が含まれているとはいえ、92%もの左翼活動家が親と同居しているのは異常な事態だ。
ちなみに日本の場合、20歳~39歳の親との同居率は46.2%ほどだ。
(「平成7年国勢調査 親子の同居等に関する特別集計結果 結果の要約」)

また、左翼活動家の3人に1人が無職(約33.3%)というのも、ドイツ国内の失業率が2003年に9.6%、2013年に5.7%だったことを考慮すると、恐ろしく高いことが分かる。
(「Unemployment rate - OECD Data」)。

つまるところ、一般的なドイツの左翼活動家は、「親に寄生した反社会的独身ニート男」と表現できそうだ。
中には殺人を犯しかねない人間もいるからなお恐ろしい。
彼らにも守るべき主義主張があるかもしれないが、一般の人からは「恥ずかしい奴ら」と見られても仕方がないだろう。

しかし、こうした調査が公表されること自体、ドイツ“反難民”派によるメルケル批判のための世論誘導である感は否めない。
欧州諸国における急激な右傾化の裏で、フェイクニュース以上に悪質なネットメディアによる陰謀がうごめいている可能性があることもお忘れなく!

http://tocana.jp/2017/02/post_12352_entry.html
http://tocana.jp/2017/02/post_12352_entry_2.html 
【【パヨク】左翼活動家の92%がママと同居で、33.3%が無職!恥ずかしすぎる実態をドイツ国家機関が公開】の続きを読む

20050316SG10015

<金口木舌>「反日テロリスト」と呼ばれて

名指しで「お前はテロリストだ」と言われた心の痛みはよく分かる。昨年3月、東京支社に赴任する際、入居を申し込んだ物件の大家から「琉球新報」を理由に断られたとコラムに書いた。
するとネット上で「反日テロリストにアジトを貸さなかった大家の英断だ」などと中傷された

▼反差別団体のりこえねっと共同代表の辛淑玉(シンスゴ)さんも東京MXの番組「ニュース女子」で「テロリストの黒幕」と名指しされた。
放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は審議入りを決めた

▼だが辛さんは疑問を呈す。「手続きの間、デマは拡散し、被害を受け続けている。BPOは被害者を救済するルールや仕組みに欠ける」。
BPOの放送人権委員会が東京MXとの協議を促したことにもいら立ちを隠さない

▼「平和」や「反差別」を叫べば、ネットや公共の電波で名指しで攻撃される。
それは明らかに理不尽だ。救済や防止の仕組みは、この国の根幹に関わる

▼深刻なヘイト社会とBPOの役割をいま一度、考えたい。
沖縄への攻撃は誹謗(ひぼう)中傷にとどまらない。この国が歩んでいる進路を暗示している

▼ナチス幹部のゲーリングはこう言った。
「国民を戦争に参加させるのは簡単だ。国民に他国から攻撃されつつあると言い、平和主義者を愛国心に欠けていると非難し、国を危険にさらしていると主張すればいい」

http://ryukyushimpo.jp/column/entry-445287.html

【琉球新報「反日テロリストと呼ばれました。この国は深刻なヘイト社会!ナチスの手法が蔓延している」】の続きを読む

kayama-rika-kaere

1月2日の「ニュース女子」が沖縄における基地反対派の日当疑惑を伝えたことについて抗議声明が出されていた件に対し1月20日、提供しているDHCシアター側がこれに対する見解を発表、毅然とした姿勢が注目を集めているようです

DHCと「浅からぬ縁」があることで知られる精神科医の香山リカさんが早速、DHCシアターの文書に対して「徹底的にやりますよ」と反撃の狼煙をあげています。

香山リカさんは1月20日の夜、TwitterでDHCシアターが公開した文書についてこう語っているのです。

「出た、自分らでヘイトしておいて「言論弾圧」と被害者ポジション取るネトウヨ論法。言論の場で批判するならいいんですね? 徹底的にやりますよ。」

香山リカさんの発言が注目を集めるのは、氏が2015年の春、DHCシアターの「虎ノ門ニュース!8時入り」に出演していた際に、別の出演者らに批判的な発言をしたとして謝罪したものの、正反対のツイートを流していたとして大炎上していたためです。

この時香山リカさんはTwitterアカウントが乗っ取られていたとしてなりすましによるツイートだったと主張、番組サイドとの関係がこじれ降板していました。

当時の対立から和解に至ったとの情報はないため、今回の「ニュース女子」問題に折れる様子の見えないDHCシアター側に対して香山リカさんがどのような行動に出ようとしているのか、「徹底的にやりますよ」という言葉の真意が固唾を呑んで見守られています。

http://www.buzznews.jp/?p=2105514

DHCシアター見解全文 「誹謗中傷に屈すること無く、日本の自由な言論空間を守る」
https://www.dhctheater.com/information/2017-01-20-283265/
【【ニュース女子】DHCシアターの文書に対して、香山リカ「徹底的にやりますよ」 過去にDHCシアターとひと悶着あり】の続きを読む

148153125317941

DHCシアター「ニュース女子」#91についての見解

スカパー!プレミアムサービス547chDHCシアター・YouTube及びTOKYO MX他で放送中の「ニュース女子」#91で放送しました井上和彦氏による沖縄リポートについて、数多くのメディアからの質問、政治活動団体からの批判などを頂きました。
下記に番組及びDHCシアターの見解を表明いたします。

1) のりこえねっとのチラシに記載された5万円と茶封筒の2万円について
当該VTRではのりこえねっとのチラシを元に5万円の交通費が支払われていると紹介しましたが、これはその是非を問うものではなく、事実のみを紹介したものです。
また、日当2万円の根拠についても、貰ったと証言されている方がおり、その茶封筒は反対派で占拠されている状態の基地ゲート前で拾われ、証言と茶封筒の金額が一致しているところからも合理的な疑いを持たざるをえません。
さらにVTRでは「可能性を指摘する」ものとし「2万円の日当」を断定するものではなく、疑問として投げかけております。以上のことから、表現上問題のあったものだとは考えておりません。

2)二見杉田トンネルの向こう側の取材を断念した件について
高江ヘリパッド周辺はご存知のように反対派の暴力行為や器物破損、不法侵入などによって逮捕者も出るほど過激化しておりますが、こうした事実だけでなく、地元の方々からは二見杉田トンネル以降にもいくつかの危険があると助言されております。
証言によれば、二見杉田トンネルは高江までは距離がありますが、以前同トンネルから4、5キロほど離れた汀間漁港で反対派の方と高江の作業員の方との交通事故があり、これは高江の作業現場から汀間漁港まで、反対派の方が作業車を追い回した結果起きてしまった悪質な事故であったこと。
またトンネルから高江ヘリパッドの間では基地反対派によって車両のナンバープレートが記録され、基地ゲート前に到着する前に暴力的に阻止された、等々の証言。
これらの情報の中には裏取りができないものもあり、番組では一切使用しておりませんが、番組制作者としては事前調査の段階で、こうしたリスクも踏まえ、現場取材者や協力者、撮影スタッフの安全に配慮するのは当然のことと考えます。

3)基地反対派の取材をしないのは不公平との批判について
そもそも法治国家である日本において、暴力行為や器物破損、不法侵入、不法占拠、警察官の顔写真を晒しての恫喝など数々の犯罪や不法行為を行っている集団を内包し、容認している基地反対派の言い分を聞く必要はないと考えます。

4)「のりこえねっと」の抗議声明について
声明には『「韓国人がなぜ反対運動に参加するのか」などと、人種差別にもとづくヘイト発言を行いました。』とありますが、外国人の政治活動については、昭和53年、マクリーン事件の最高裁判決で、「外国人の政治活動の自由はわが国の政治的意思決定又はその実施に影響を及ぼす活動等を除き保障される。」と示されたように、外国人の政治活動の自由は全てが保障されているわけではなく例外があります。
その上で問題提起していることは、人種差別、ヘイトスピーチに該当するとは考えておりません。
これら言論活動を言論の場ではなく一方的に「デマ」「ヘイト」と断定することは、メディアの言論活動を封殺する、ある種の言論弾圧であると考えます。

DHCシアターでは今後もこうした誹謗中傷に屈すること無く、
日本の自由な言論空間を守るため、良質な番組を製作して参ります。

2017年1月20日

https://www.dhctheater.com/information/2017-01-20-283265/

【【MXテレビ】「ニュース女子」 のりこえねっとのチラシに記載された5万円と茶封筒の2万円について】の続きを読む

このページのトップヘ