ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > ナマポ

ナマポ

10日、デヴィ夫人が自身のブログを更新し、一部の生活保護受給者を批判した。

ブログでは「納得できない 生活保護」と題した記事で、住み込みのお手伝いさんを募集した際のエピソードを披露した。なんでも、応募者のひとりに、川崎在住で生活保護を受給する28歳の女性がいたという。

その女性が「髪を染め、きちんとお化粧して 身なりもよく、毛皮の襟のついたコート」といった姿だったため、デヴィ夫人が受給理由を尋ねたところ、「働く自信がない」「仕事をするとすぐ疲れてしまい、就労することができず、受給することになった」という答えが返ってきたそうだ。

また、応募理由については「受給額11万円で、敷金なしの家賃9万円のマンションに住み、家賃の支払いが困難になってきた」からだと明かしている。

デヴィ夫人は11万円という受給額や、女性が永久に保護を受けられる事実にひどく驚き、「それで 生活保護なら 日本全国の皆さんが私も! 私も! と、手をあげそうですね」「たとえ疲れてへとへとでも、仕事にまい進する社会人はやるせないですね」と、複雑な心境を告白した。

続けて、受給を許可した川崎市役所の判断に「一生S.Aさん(生活保護受給者の女性)の生活を川崎の納税者が負担するんですか?」「必要な受給者もいる一方で、不正受給者も後を絶たないといいます」と指摘し始める。

デヴィ夫人は「生活保護制度は、国民の最後のライフライン」「この制度は皆さんの税金で賄われています」と唱えながら、保護申請を受けられず凍死や病死に至った姉妹や、保護を打ち切られて餓死した男性など、過去に起こった悲惨な事件に言及。そうした事例をふまえながら、「障害でも何でもない 健康そうなこの人、一度でも自分の置かれた立場を、納税者のことを考えたことがあるのでしょうか」と、一部の保護受給者を厳しく批判する。

詳細はソースにて
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14148615/

写真no title

【【ナマポ】デヴィ夫人、一部生活保護受給者を批判!家賃9万円マンション住まいの28歳女性に驚愕「一日も早く自立し社会復帰目指して」 】の続きを読む

次長課長/モデルプレス=5月31日】30日放送の日本テレビ系バラエティ番組「火曜サプライズ」(毎週火曜よる7時~)に、お笑いコンビ次長課長の河本準一と井上聡が5年ぶりに出演した。スタジオのウエンツ瑛士や、人気コーナー「都バスで飛ばすぜぃ!」の京本政樹、柳沢慎吾らに歓迎される場面があった。

◆次長課長5年ぶりの復活

次長課長は「火曜サプライズ」初期のレギュラーメンバー。スタジオでは次長課長を「5年ぶり」と紹介すると、ウエンツや山瀬まみらは「ただただ嬉しい」と笑顔で歓迎。

次長課長のふたりも笑顔でこたえ、河本は「わたくしもうれしいですよ…」と頷くと「ぼくらが出てたときは、カメラが無かった」と早速のボケ。スタジオ全員から「ありましたよ!」とツッコミが入ったが、ウエンツは河本と肩を組み「衰えてませんね」と嬉しそうにコメントしていた。

◆河本、ファンの言葉に号泣

「都バスで飛ばすぜぃ!」コーナーでは、都バスを拭いている後ろ姿の河本に、京本や柳沢、オリエンタルラジオの藤森慎吾が駆け寄り「河本さんだぁ!」「体型変わってない!」「何してたんだよー!」と河本の手と足をつかんでロープ代わりに大騒ぎ。「5年ぶりに帰ってきました!」と笑顔で報告した河本をともなっての、フルメンバーでの都バス旅となった。

この日は以前ロケに訪れた店を直撃。店主に「よく本当に帰ってきたよ。本当に馬鹿野郎だけどいいやつなんだよ」と声をかけられた河本は頷いていたが、その後乾杯の時に、河本がテレビに戻ってきて「嬉しい」と店主が涙ぐむと、河本もこらえきれず号泣。カメラに背中を向けて柳沢から手渡されたタオルで涙を拭う河本の姿が映し出されたが、照れ隠しか「雑巾渡したやつ誰、優しすぎるなと思った」と叫ぶ一幕もあった。(modelpress編集部)

モデルプレス5月31日(水)1時12分
https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0531/mod_170531_4100311915.html

写真
no title

【【ファンの言葉に号泣!】5年ぶり復活!ナマポ芸人、次長課長・河本準一】の続きを読む

1705_datsuryoku

フジはやっぱり空気が読めない?

 5月5日の『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)で、次長課長・河本準一の母親の生活保護受給騒動をくりぃむしちゅー・有田哲平が真正面からイジったことが波紋を広げている。

 今回はこどもの日ということで「脱力!! こども相談室」と題して、街の子どもたちからの質問に答えたのだが、その中である児童から「河本さんはどうしてしばらくテレビに出なくなったんですか?」という質問がぶつけられた。

「河本は2012年に母親が15年間に渡り生活保護を受けていたことが発覚。当時の河本は年収5000万円の売れっ子だったことで世間は大激怒。河本は謝罪会見を開きましたが、仕事は激減していきました。不正受給額は1億円とも噂され、それに対して800万円程度しか返金されなかったことから、いまでも河本がテレビに出演すると視聴者から抗議の電話が殺到するようです」(業界関係者)

 番組では、河本が「おい、お前早いってまだ!」と慌てるなか、有田は「お金が、無い家庭に限りまーす」と子どもにもわかるように生活保護を解説。さらに「ちゃんと記者会見をしてね、みんなの前でごめんなさいって謝ったの」「だけどね、世間の人は冷たいね? 中々、許してくれません。 でももう、河本くんも反省してますから」と騒動に当てつけたのだ。これには河本も「ここ長いって! ここの尺が!」とツッコむしかなかった。

 しかし、放送直後からネット上ではこのシーンに対して、河本のみならず有田やフジへの批判コメントが殺到。「世間が厳しすぎるみたいな言い草でイラッとした」「ネタにしだしたの? 最低」「世間の意向は代償=引退なんだが」「笑いになんて出来ない問題だろうが!」「台本なんだろうけど、こういうことするのがフジの頭悪いところ」とフルボッコ状態だ。
「フジとしては“あえて生活保護問題に突っ込む攻めたスタイルが格好いい”と勘違いしたんでしょうね。河本本人にもこれをきっかけに復活しようという色気もあったはず。しかし、『早いって!』と言っている時点で、世間の記憶が自然に薄れていくのを待とうとしてるのがミエミエ。 そもそも早い遅いの問題じゃないですからね。『世間は冷たい』と擁護した有田の好感度も急落です」(週刊誌記者)
 
http://www.premiumcyzo.com/modules/member/2017/05/post_7545/

【【フジテレビ】番組で有田が河本の生活保護をいじりネット炎上へ】の続きを読む

「赤ちゃんをこの腕に抱く瞬間がもうたまらない。私、赤ちゃんが大好きなんです」という34歳の女性が、このほど13人目の子供を妊娠中だ。
末っ子はまだ1歳になったばかりというなか、新たな妊娠が発覚。

多額の生活保護を受給しているこのシングルマザーにイギリス市民から批判が殺到している。
英紙『Metro』や『The Sun』が伝えている。

英チェシャー州ウォリントンに暮らすシェリル・プルーダムさん(34歳)は、国内で「最も恥知らずな母親」として有名だ。
彼女はこれまで12人の子供を持ち、年間4万ポンド(約560万円)もの“生活保護手当(ベネフィット)”を受給している。

社会福祉保障が日本よりも手厚い国イギリスでは、生活保護受給者となると児童手当や母子家庭手当、失業手当など多岐にわたり様々な支援・免除を受ける権利を持つことができる。
多額に支払われるその生活保護手当を、シェリルさんは家族の生活費以外に高級車やブランド商品の購入、豊胸手術、子供たちを海外のバケーションに連れて行くなど散財しており、“税金控除者のくせに贅沢をしている”と世間から批判を浴び続けて来た。

シェリルさんはケント州のホームレス施設にいた17歳の時に妊娠し、最初の出産をした。
その後2人の男性との間に6人の子供をもうけた。
そして2010年、宅配運転手のロバートさんと結婚しさらに6人の子を出産したが昨年、ロバートさんの浮気が原因で別れる結果となった。

ロバートさんと別れた時には、「もう誰とも付き合いたくない。子供は欲しいけど相手はいらないから精子バンクから精子を提供してもらって赤ちゃんを産みたい」と話してメディアで話題になった。
奔放な意見を口にするシェリルさんを世間は批判し、シェリルさんへの生活保護受給の打ち切りの署名運動まで行われたほどだ。

ところが当のシェリルさんは、世間の批判などどこ吹く風。
「男はいらない」と言っていたにもかかわらず数年来の友人であったリー・ボールさん(29歳)と交際するようになり、現在13人目を妊娠中だ。

リーさんには前のパートナーとの間に幼い娘がいるが、仕事はしていない。
また現在2人は一緒には暮らしておらず、シェリルさんは13人目の子供にかかる育児費用も政府からの生活保護に頼るつもりのようだ。

民放のテレビ番組『This Morning』に出演したシェリルさんは、司会者から「もっと支援を必要としている人が世間にはたくさんいるのに、あなたは恥ずかしくないのですか?」とかなり厳しい言葉で追及を受けたが「政府がくれるというのなら私はもらうまで。別に私が手当の額を決めているわけではありません。それに子供たちにはホリデーが必要です。手当で旅行に連れて行くことのどこが悪いんですか」と反論した。

「私がどれだけ子供を持とうと他人には関係ありません。子供たちが成長すれば働くし、税金を支払って国に返してくれるでしょうよ」と悪びれる様子もなく発言するシェリルさんだが、国内の納税者からは「赤ちゃんが好きだからって結局、生活保護に頼っているからそんなこと言えるんだ。

保護を止めるべきだ」「税金を支払っている一市民として、こんな母親を援助しているのかと思うと悲しい」「絶対援助額を下げるべき」「シングルマザーって申請すれば受給額が多くなるからパートナーとも一緒に住まないんでしょ、ズルいわ」「こんな女性、避妊手術をするべきだ」といった怒りと呆れの声があがっている。
一方で「12人も子持ちの女性と付き合う男も男だね」と仕事もしていないリーさんへの批判の声もあるようだ。
イギリスではシェリルさん以外にも、政府から高額な生活保護手当を受け続ける子だくさんのシングルマザーがいるが、常に批判の対象となっている。

写真:13人目の子供を妊娠中の34歳女性
no title


http://www.excite.co.jp/News/world_clm/20170222/Techinsight_20170222_354050.html
http://www.excite.co.jp/News/world_clm/20170222/Techinsight_20170222_354050.html?_p=2
http://www.excite.co.jp/News/world_clm/20170222/Techinsight_20170222_354050.html?_p=3

【【ナマポ】生活保護を年間560万円受給の英国のシングルマザー、13人目を妊娠中…高級車購入や豊胸手術、海外旅行に散財で批判殺到】の続きを読む

このページのトップヘ