ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > フジテレビ

フジテレビ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tsubakihara

フジテレビで、平日月曜から木曜の夜11時40分から放送されているニュース番組『FNNプライムニュースα』のキャスターを務めるフジアナウンサーの椿原慶子アナ(33)が、フジテレビを退社しフリー転身に向けて動き出したという情報が入ってきた。

「椿原慶子アナは『FNNプライムニュースα』の他に、宮根誠司(55)の日曜夜の情報番組『Mr.サンデー』で司会を務めている実力派の中堅アナです。

彼女は以前から“硬派な報道番組をやりたい”と局に掛け合ってきたようで、ようやく、18年4月から『FNNプライムニュースα』のMCに就任。
ところが、わずか1年でその座を追われることになりました。理由は、たった1年での番組の打ち切りです」(制作会社関係者)

椿原慶子アナは2008年にフジテレビに入社。4月からフリーアナとしてフジの夕方のニュース番組のMCを務めることになったカトパンこと加藤綾子(33)と同期で、フジの“報道の顔”として知られる女子アナだ。実は、椿原アナの不満は、自身の出演番組終了に対するものだけではないという。

より深刻なのは、「フジテレビ上層部の女子アナへの待遇についてですよ」と、前出の制作会社関係者は話す。

「フジは昔からそうですが、ミタパンこと三田友梨佳アナ(31)のようなかわいいアイドル系の女子アナばかりが重宝され、実力のあるアナウンサーが評価されにくくなっていることが不満のようなんです。椿原アナと三田アナに確執があるということではないですが……」

だが、今回、そんな両者に遺恨が残りそうなことが。

椿原アナがMCを務める『FNNプライムニュースα』終了後に、新たに始まるのが、
三田アナがメインキャスターを務める『Live News α』(月曜から木曜夜11時40分~0時25分、金曜深夜0時10分~0時55分)。

三田アナは月曜から木曜のMCを務めることになる。

「三田アナ自身、“まさか報道番組のメインキャスターを任せていただけるとは思っていなかったので”と、驚いたとコメントを出していますが、もっと驚いたのは椿原アナでしょう。彼女は報道アナとして、事件での聞き込み取材、災害地からのレポートなど現場の仕事から始め、7~8年頑張ってきた。

そうして昨年、報道番組のMCの座を得たんです。それが、主に情報番組やバラエティ畑でやってきた三田アナにあっさりとその座を奪われた。
これはやってられないでしょう。最近は、親友でもあるカトパンにフリー転身について相談したり、フジ退社後の所属先となる事務所について周囲に聞き回っているとか。
すでに辞表を提出したという話もあります」(前出の制作会社関係者)

カトパンは、4月1日からスタートするフジテレビ夕方帯のニュース番組でMCを務めることが明らかになっているが、2月19日放送の『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)内で、同じく元フジテレビアナの高橋真麻(37)が、加藤の驚きの高額ギャラ事情を明らかにしている。もしかするとそのことも椿原アナの背中を押しているのかもしれない。

「『ダレトク』で高橋が、“カトパン、私の7倍”とギャラを暴露したんです。高橋の番組1本あたりのギャラが15~20万円ですので、加藤はその7倍の1本あたり約100万円。4月1日からスタートする加藤のニュース番組は週5本なので1週間で500万円、1か月で2000万円、単純計算で年間で2億4000万円も稼ぐ計算になります。

当然、椿原アナは親友の加藤に、フリー転身後のギャラについても相談しているでしょうし、
そんな2億円超えの高額ギャラを聞いたら、心が動かないはずがない」(女子アナウォッチャー)

2億円は並大抵ではないが、本格的な報道キャスターとしての独立を目指す椿原アナは、周囲の記者からも評判が高いのだという。

「椿原アナは事件の裁判を傍聴しに行ったり、聞き込み取材でも記者と変わらない熱心さで、とにかく真剣に報道に取り組む人なんです。
もしフリーになった場合、これまで椿原アナの頑張りを見てきている報道記者やディレクターは多い。

彼女を応援する声は多く出るでしょうから、即戦力として、フジ以外のどこかしらのテレビ局の報道キャスターとして声がかかる可能性は高いのではないでしょうか」(前出の制作会社関係者)
https://taishu.jp/articles/-/63683?page=1 
【【フジテレビ】 椿原慶子アナ“退社”へ 「ミタパン優遇ありえない」でブチキレ! 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
97aae_50_cfa11888_dc1aa460

フジテレビは1日、6日深夜2時5分から放送予定だった、俳優・新井浩文(40)が出演する「美しき酒呑みたち」を取りやめ、「レイメイキ」に差し替えた。
自宅で女性に乱暴した疑いが強まり、警視庁が強制性交の疑いで新井の逮捕状を請求したとの報道を受けたもの。同局は「一連の報道を受けて差し替えを決めました」とコメントした。

「美しき-」はBSフジの番組で、新井がツイッターで集めた酒場情報をもとに日本各地の酒場に繰り出す内容。

http://news.livedoor.com/article/detail/15961146/
デイリースポーツ

【【フジテレビ】新井浩文出演番組を差し替え 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
54cb8_929_spnldpc-20190125-0149-004-p-0

昨年12月にオリコンが発表した「好きな女性アナウンサーランキング」において、NHKと民放キー局の中で、唯一TOP10入りする女子アナを輩出できなかったフジテレビ。

かつては"女子アナ王国"とまで呼ばれたが、どうしてここまで凋落(ちょうらく)してしまったのだろうか。

「加藤綾子アナが在局中に、彼女に続く人気アナをつくり出せなかったのが大きな要因のひとつ。
フジテレビは視聴率低迷が長引き、数字を追い求めるあまり、女子アナの成長を待てないのが現状です。

その最たる例が、海老原優香アナ。彼女は入社1年目の2017年10月に『とくダネ!』のMCアシスタントに抜擢(ばってき)されたものの、わずか半年で降板させられてしまった。彼女は失意のどん底に落とされ、会社に対しての不信感を抱いたと聞いています」(フジテレビ関係者)

現在、若手アナの中で孤軍奮闘しているのが、『めざましテレビ』のメインキャスターを務める永島優美アナだ。

「ひと昔前だったら、『めざまし』以外にもドンドン番組に出していったんですけど、今は働き方に厳しい時代。
女子アナは会社員なので、労働環境の問題がどうしてもついて回ってくる。
圧倒的な番組露出量で人気アナをつくるという、フジテレビの方程式が使えないのが実情なんです」(前出・フジテレビ関係者)

現在、人気になっている他局の若手アナは、どこかクセのあるキャラ立ちした女子アナばかり。
今年フジテレビがどのような女子アナ戦略を採るのか、注目していきたい。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190127-01080530-playboyz-ent

【【フジテレビ苦境?!】 人気女子アナ作れず 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
54cb8_929_spnldpc-20190125-0149-004-p-0

フジは年末年始の視聴率も一桁 外には恥ずかしくて言えない“新基準”に他局は唖然

ゴールデンで2.2%の番組も

 年末年始、フジテレビの視聴率が“大惨敗”と形容してもおかしくないほどの低調だったことが、関係者の間で話題になっている。

 ***
 何しろ肝心のゴールデンタイムで、各番組が軒並み1桁という視聴率だったのだ。その数字からまずご紹介しよう。2018年の年末篇、19年の年始篇として2つの表にした。

フジテレビ年末年始視聴率【2018年・年末篇】(他の写真を見る)

 2つの表には15本の番組名が記載されているが、視聴率が2桁に達したのは1月3日の「VS嵐2019 賀正新春豪華3時間SP」だけだ。後は全て1桁。ちなみに最低は1月1日、元日の午後7時から放送された「ニッポンよ!セカイを倒せ!フジヤマ ~日本のNo.1vs世界のNo.1」の2.2%だった。

 昭和世代なら、「新春かくし芸大会」(1964~2010年)の人気をご記憶だろう。ちなみに最高視聴率は1980年の48.6%。「楽しくなければテレビじゃない」の黄金期と現在では、まさに隔世の感がある。ライバル民放キー局の制作スタッフも、驚きを隠せないようだ。

フジテレビ年末年始視聴率【2019年・年始篇】(他の写真を見る)

「テレビ業界では視聴率が1桁だったことを“シングル”と呼びます。シングルを取ってしまった番組プロデューサーは、翌日、出社できないくらい肩身の狭い思いをするものなんです。それが今回、フジテレビは年末年始、ゴールデンタイムの番組で大半がシングルになってしまいました。これは失礼かもしれませんが、もう“悲惨”としか申し上げられない状態だと思います」

 テレビの視聴率が、全盛期より落ちているのはご存知の通りだ。そのため民放キー局では、とにかく視聴率が10.0%なら、まずは合格点と見なされるという。

「それが9.9%なら、たとえ0.1%の差であっても、『ああ、シングルが出ちゃった……』とプロデューサーは落ち込みます。ただし、それは日テレ、テレ朝、TBSの話であって、フジは違います。フジは9.9%だと『会社中がお祭り騒ぎになる』と言われています」(同・制作スタッフ)

社員のモチベーションを心配する声も
 確かに上の表では、2%とか4%はざらだ。9%なら「惜しい!」という感じになるのだろう。そのためフジテレビでは、同じシングルでも“優劣”をつけることになってきたという。
「8%以上は『ハイ・シングル』で、7.9%以下は『ロー・シングル』なんだそうです。1桁の視聴率が常態化したフジテレビでは、社員や番組スタッフのモチベーションを上げるため、同じ1桁でも差別化をはかる必要性に迫られたということなのでしょう」(同・制作スタッフ)
 続けて制作スタッフは「本当に余計なお世話なんですが」と前置きした上で、「逆効果が心配です」と指摘する。
「8%で褒められるわけですから、現場は全力で8%を狙ってしまう危険性があると思います。2桁の視聴率を生み出す“闘争心”がなくなってしまうかもしれません。気の早い業界関係者は『今後もフジテレビの低迷が続けば、“ハイ・シングル”の番組も激減し、“ミドル・シングル”が新設されるのではないか』と噂しています」
 
続きはソースで
https://www.dailyshincho.jp/article/2019/01120600/?all=1 
【【フジテレビ阿吽絶叫】年末年始1番組以外オール一桁、ゴールデンで驚愕の2.2%も… 局に新基準、一桁でも8%以上なら会社中お祭り騒ぎ】の続きを読む

このページのトップヘ