ジャックログ

ジャックログは ニュース まとめサイトです。

トップページ > フジテレビ

フジテレビ

ダウンロード

"低視聴率地獄"から脱出できないフジテレビの"月9ドラマ"が、3月いっぱいで打ち切りとの情報が流れている。
「1月からモデルの西内まりや主演の『突然ですが、明日結婚します』がスタートしますが、ヒットするかどうか不透明。一体、どうなるか......」(ドラマ関係者)
 フジのブランドとなった"月9ドラマ"は1987年から本格的にスタート。「東京ラブストリー」などのトレンディードラマで一世を風靡(ふうび)。その後、松嶋菜々子主演の「やまとなでしこ」や木村拓哉主演の「HERO」で30%以上の視聴率を記録した。
「ところが、2011年の『極悪がんぼ』が15%を割って以来、視聴率が低下。昨年放送された福山雅治の『ラヴソング』も"負の連鎖"を断ち切れませんでした」(ドラマ制作会社スタッフ)
 昨年10月から放送されたアイドルグループ「Hey!Say!JUMP」の山田涼介主演の「カインとアベル」は初回視聴率8・8%と"月9ドラマ"のワースト視聴率を記録。最終回も9・1%と有終の美を飾れずに終了した。
「フジは"カイン~"がスタートする前、1月期の"月9ドラマ"に竹野内豊を口説いたのですが、脚本が面白くないと断られた。急きょ、西内主演の『突然ですが、明日結婚します』に決まった」
 と言うのは、フジのドラマ関係者だ。
「ところが、西内は過去の実績を見る限り、ヒットする要素が見つからないのです」
 西内は一昨年に放送されたTBSのドラマ「ホテルコンシェルジュ」の主演に抜擢されたが、平均視聴率7・9%と惨敗。昨年10月に公開された映画初主演の「CUTIE HONEY―TEARS」も早々と打ち切りとなった。
「そのため西内のドラマは爆死が予想されています。"月9ドラマ"は風前の灯火(ともしび)です」(前出のドラマ関係者)
 果たして、月9ドラマの復活はあるか。
(本多圭)


2017年1月22日号
http://mainichibooks.com/sundaymainichi/sports-and-entertainment/2017/01/22/post-1356.html

【【フジテレビ】の"月9ドラマ"が低視聴率地獄から脱出できない】の続きを読む

116000010

「スタッフ会議で『1年の壁が危ういぞ! どうするつもりだ!』と上から怒られています」(制作関係者)
 11月から始まった古舘伊知郎(61)がMCを務めるバラエティ番組「フルタチさん」(フジテレビ系 日曜午後7時~)に早くも暗雲が立ち込めている。


収録時に“ダメ出し”することも
 同番組は、古舘が「世の中の“ひっかかる”ことをゲストとしゃべり倒す」ことをテーマにしている。

「制作側は『自由にトークしたい』と願う古舘を口説いて、鳴り物入りでスタートさせた。番組タイトルの『フルタチさん』は直前に放送されている『サザエさん』に因んでいます」(フジ関係者)

 同番組の裏には、常に視聴率20%前後を記録するお化け番組「ザ!鉄腕!DASH!!」や「世界の果てまでイッテQ!」(ともに日本テレビ系)が控えるだけに、当初はフジとしても力が入っていたという。

「バラエティ畑とワイドショーを制作する情報制作関係の構成作家がそれぞれ大勢入り、人件費もかなりかかっていました」(同前)

 その結果、初回視聴率こそ8.2%だったが、3回目にして5.8%と急落。同時間帯の視聴率で全局最低を記録した。

「今さらパクチーや江戸時代の画家・伊藤若冲がブームと言われても、いかにもネタが古い。他にも『NYで人気のレインボーベーグルの七色の秘密』を探るために現地にスタッフを派遣したが、“企業秘密だ”と言われて、わからずじまい。さすがに出演者からも『NYまで行く必要あった?』とツッコミが入りました」(テレビ誌記者)

 どうしてこんなことになってしまったのか。

「番組開始前から局内には『古舘さんなら何とかしてくれる』という空気が漂っていた。他局の番組でゲスト出演すると視聴率が良かったからです。要は誰もほとんど何も考えてなかったんです」(フジ局員)

 これでは視聴率が低迷するのも当然か。

 深刻な数字を前に、ここにきて局内では毎日のように対策会議が行われているというが――。

「会議では『何が悪いのか各々最低三つは原因をあげてくれ』と言われたこともあった。『そもそもサザエさんとかぶせる必要があったのか』、『スタッフを減らしてはどうか』など身もフタもない意見ばかり出る始末です」(前出・制作関係者)

 冒頭のように“1年もたずに打ち切り”への危機感も露わだという。

 古舘自身も11月27日の放送の冒頭で「毎回最終回のつもりでやっております」と自虐ネタで笑わせたが、いよいよ番組のテコ入れに向け動き始めたと別のフジ関係者が明かす。

「古舘さんは『1週間で起こった世の中の出来事についてきちんと報道していくべきでは? ウチの事務所のスタッフは報道ステーションで慣れている。予算内で収めるからやらせてくれないか』と打診してきてます。フジとしても、三顧の礼をもって迎えただけに、ムゲにはできない。ただ、日曜夜のフジは既に『Mr.サンデー』という報道系バラエティがあり、今さら『報ステ』のような番組にすべきか疑問はあります」

 そろそろ、報道へのこだわりをステる時では?

2017.01.11 07:00
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6958

【【大惨敗】“フルタチさん”に見るフジテレビ“失敗の研究”】の続きを読む

honnouji_thumb3

綾瀬はるかに大打撃!?フジの脚本盗作疑惑で映画「本能寺ホテル」が爆死危機
 

 2016年12月30日、小説家の万城目学が自身のツイッターで明かした内容が大きな注目を集めている。その書き込みによると、彼は、2年前から関わっていたある映画関係者にアイデアを盗まれたという。 

「万城目氏は、ある映画のオリジナル脚本を執筆したものの、最終的に全てボツにされたそうです。にもかかわらず、後日完成した映画の予告を彼が見ると、ボツにした脚本から一部のアイデアだけを盗んで、別の脚本家に書かせていたことが発覚。 
万城目氏はボツネタを小説として発表しようとしていたこともあり、制作者に抗議するも『返さない』『諦めろ』と突き放され、大きなショックを受けたと告白しました」(芸能記者) 

 万城目氏は関わった映画のタイトルを明かさなかったものの、ファンの間では1月14日公開の綾瀬はるか主演「本能寺ホテル」(フジテレビ制作)ではないかという疑惑が浮上。 
なぜならフジはかつて「鹿男あをによし」や「プリンセストヨトミ」などで万城目作品とタッグを組んでいるが、今回、同スタッフによる新作「本能寺ホテル」には、彼の名前がないことから疑われることとなったようだ。 

 この騒動により、映画の興行収入に悪い影響が出る可能性があるという。 

「ネットではこの件が炎上し、ファンからは『酷すぎる! 絶対に許せない』『このまま泣き寝入りするしかないのか』『万城目さんの新作小説が読めなくなったのがツラい』という声以外にも、『映画を観に行くのはやめよう』と『本能寺ホテル』の不視聴運動まで起こっている。今回、主演の綾瀬はるかは、思わぬとばっちりを受けることとなりました」(前出・芸能記者) 

 フジ制作の映画といえば、過去にも「テルマエ・ロマエ」の低額すぎる原作使用料や、映画「海猿」関連書籍が契約書なしに販売されたことなどで、原作者を度々怒らせている。そのため、ネットでは「またか」という声も飛び交っているようだ。 

http://www.asagei.com/excerpt/73409

【【綾瀬はるかに大打撃?!】フジテレビの脚本盗作疑惑で映画「本能寺ホテル」が爆死危機】の続きを読む

501515f8894c455fbc1077ddf3caacf52f7b35d21440827855

 2016年の年間高視聴率の上位30番組(関東地区)が4日、ビデオリサーチから発表された。低迷が続くフジテレビからランクインしたのは、1月18日放送のバラエティー番組「SMAP×SMAP(スマスマ)」のみだった。

 視聴率1位に輝いたのは大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」の第2部(午後9時)の40・2%。紅白は第1部(午後7時15分)も35・1%で2位となった。

 3位となったのは、SMAPメンバーによる生謝罪が放送された1月18日放送の「スマスマ」。民放では1位の31・2%を記録したとはいえ、ジャニーズ事務所からの独立を企てた“SMAP育ての親”I女史に追随しようとした中居正広、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾への“公開処刑”ともいわれたいわく付きの放送。いくら高視聴率といってもフジにとっては素直に喜べない。

 フジで放送された番組だけに限ると、昨年の高視聴率の上位には「スマスマ」がズラリと並んだ。12月26日放送の「スマスマ」最終回は約5時間の放送。午後6時半~7時が第1部、7~10時が第2部、10時以降が第3部に分けられ、第1部が14・1%、第2部が17・4%、第3部が23・1%を記録した。16年にフジで放送された中で、第3部の23・1%は1月の生謝罪に続く2位。第2部の17・4%も4位にランクインした。

「最終回の前、タモリさんが『ビストロSMAP』に出演した12月19日の『SMAP×SMAP90分スペシャル!』も16・3%で7位。1、2、4、7位が『スマスマ』ですから、もしSMAPの解散という話題がなかったらゾッとする」(フジ関係者)

 そのSMAPは正式に解散し「スマスマ」も終了した。

「人気の『サザエさん』も昨年後半くらいから1桁の視聴率が目立ちはじめた。『スマスマ』が終わり『サザエさん』も以前ほどの数字が取れないとなると、高視聴率が期待できる番組がほとんどないのが現状」(同)

 SMAP解散騒動のおかげでフジは「スマスマ」に救われた格好だが、今年はさらに低迷しそうな雲行きだ。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

2017年01月05日 16時30分
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/636220/

【【低迷加速】フジテレビ「年間視聴率上位30番組」にスマスマ生謝罪のみwwwwwwwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ