ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > フジテレビ

フジテレビ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
まさに、評判も数字も右肩上がり。『グッド・ドクター』(フジテレビ系)が好調だ。視聴率は11.5%、10.6%、11.6%、10.6%、12.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と第5話にして自己最高を更新。ネットメディアによる関連記事や視聴者のクチコミも、回を追うごとに称賛の声が増えている。

 2015年以降、同作が放送されている『木曜劇場』は視聴率1ケタに落ち込み、昨年から今年にかけては6%台にまで沈んでいる。ドラマ枠の打ち切りや移動の噂が出るほど苦しんでいただけに、私のところにも関係者の喜びが伝わってきた。

 しかし、『グッド・ドクター』については、どうにも引っかかるものがある。実際、あるドラマプロデューサーとメディア編集長の3人で話していたとき、意見がそろったのだ。「おもしろい」「質が高い」というより「策がハマった」のではないかと……。

●感動スイッチから逆算してつくる、わかりやすさ

『グッド・ドクター』の好調は、設定のわかりやすさによるところが大きい。コミュニケーションに障害がありながらも純粋な心を持つサヴァン症候群の主人公・新堂湊(山崎賢人)。幼くかわいらしい子どもの命を救う物語。その両者を追い込むために暗躍する、猪口隆之介(板尾創路)や間宮啓介(戸次重幸)らの悪役たち。パッと見ただけで人物相関図がわかる上に、子どもの命を扱う医療ドラマであるため、感情移入しやすいのだ。

 ただ、「障害や特殊能力がある主人公」「子どもの命を救う物語」の2点は、ドラマ業界では「あざとすぎて禁じ手に近い」と言われるもの。事実、『グッド・ドクター』の原作は韓国ドラマであり、そのわかりやすさは、いかにも“らしい”ものといえる。視聴者の“感動スイッチ”を入れることから逆算してつくるような韓国ドラマのテイストが好きな人にとって、『グッド・ドクター』はこれ以上ない作品だろう。

 しかし、多くのドラマを見ているフリークほど、「『感動させよう』というムードが強すぎてハマれない」という声を聞く。たとえば私のまわりでも、他局のドラマ関係者、各メディアの編集者、ドラマのコラムニストたちは「次の展開がだいたい読める」「あざとすぎて気持ちが入らない」と話すなど、その評判は芳しくない。

 ただ、仕事疲れのたまりがちな木曜夜は「難解でシビアな作品より、わかりやすくハートフルな作品のほうが見やすい」という視聴者が多いのも確かだ。視聴率を獲得しているのもリアルタイム視聴を選択する人が多いからであり、「できるだけ録画視聴させない」という同作の狙いは成功している。

つづく

Business Journal2018年8月17日19時00分
https://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_466631/?ptadid=

写真
no title

【【フジテレビ】<絶賛を集める『グッド・ドクター』に違和感…>「韓国ドラマが原作」を前面に出さないフジテレビの戦略勝ちか? 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
フジテレビ系大型特番『FNS27時間テレビ』深夜の恒例コーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」が、今年も放送されないことが13日、分かった。

中居正広の部屋に明石家さんまがやってきてトークを繰り広げる設定の同コーナでは、中居が『27時間テレビ』の総合司会を務めた2000年にスタート。
さんまが、街やテレビで見つけた美女をランキング形式で発表する「ラブメイト10」を軸に展開され、03年には中継先の笑福亭鶴瓶が局部を露出するハプニングが発生し、12年にはさんまに加え、タモリとビートたけしが参加して"お笑いBIG3"が13年ぶりに共演したことも話題を集めた。

こうして17回にわたって続き、「さんまか中居のいずれかが結婚したら終了」と言われてきた名物コーナーだが、昨年は放送されず、今年の『27時間テレビ』も昨年同様ほぼ全編事前収録になることから、放送されないことになった。

87年にスタートした『27時間テレビ』すべての回に出演しているさんまは、今年も『ホンマでっか!?TV』『さんまのお笑い向上委員会』のコーナーに出演する。

今年の同番組は『FNS27時間テレビ~にほん人は何を食べてきたのか?~』(9月8日18:30~9日21:54)と題し、昨年に引き続き総合司会・ビートたけし、キャプテン・村上信五(関ジャニ∞)のタッグで放送。
「食」からひもとく人々の暮らし、日本の文化、日本人のロマンまで、バラエティな視点を入れながら、アカデミックに迫っていく。

http://news.livedoor.com/article/detail/15154104/

明石家さんま
no title

【【フジテレビ】恒例コーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」今年の27時間テレビも放送無し 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180809-00010001-kinyobi-000-5-view

業績不振に沈むフジテレビ、産経新聞の親会社であるフジ・メディア・ホールディングス(フジHD)の株主総会が、社員の内部告発に基づく爆弾質問・動議で大揺れとなった。他メディアでは報じられない疑惑が浮上した。

壇上に居並ぶ経営陣は全員、顔面蒼白となり、1242人の株主が参加した会場は凍りついたように静まり返った。6月27日、強風が吹き抜ける東京・台場で開催された総会は、フジサンケイグループ全体の窮状を浮き彫りにするかのように文字通りの「大荒れ」となった。

株主への内部告発

筆者を含む株主に寄せられた内部告発によると、2017年の夏休み期間中、1カ月半にわたって東京・台場で開催された参加型イベント「お台場みんなの夢大陸2017」で〈来場者が実際の3倍以上に水増しされている〉という。

〈有料入場者収入はたった12億円。料金で頭割りにすると100万人も来ていない。これに無料優待入場者20万人弱を加えても、合計112万人にすぎない〉
のが事実だと暴露。

また、〈(15年の開催初年度から)毎年、スポンサーに400万人超来場といって騙し、400万人分の広告出稿料(広告料金)を貰っている。そんな不正をしても、なお6億円の赤字だ。水増しの方法は、来場者を計測する地点を4カ所つくり、それを合算する超古典的改竄方法。要は同じ人間を何度も数えるやり方での改竄だ。ガラガラの会場を見れば誰にも、それがウソだと分かる。スポンサーの広告出稿料契約は400万人だから、完全に不正水増しだ〉
と糾弾している。

さらに、〈このイベントには、電通にいる日枝久代表(80歳)の息子が以前、絡んでいた。フジ社内では『今の時代、さすがにヤバイよ』との空気もあったが、日枝代表本人への忖度に加えて、将来、フジの社長・会長・代表になる日枝の息子が絡むから誰も手を出せないでいる。この改竄は、お台場での夏休みイベントに関して、長期間行なわれていた。神戸製鋼所、スバル、三菱マテリアルのデータ改竄と互角の不正だ〉としている。

会社側まともに答えず

筆者は、告発内容を紹介した上で

「イベントは東京都港湾局という公的な機関が共催となっており、オフィシャルパートナーにスバル、コカ・コーラ、特別協賛に旭化成、キリンビールなど大企業も加わっている。告発内容が事実かどうか、嘉納修治会長(68歳、総会議長)自身か、宮内正喜社長(74歳)か、日枝代表に答えてもらいたい」
と回答を求めた。

これが事実とすれば、スポンサー企業を騙して、虚偽の入場者数に基づいて高く設定した広告料金を支払わせるという“詐欺商法”がまかり通っていたことになる。広告料金の基準となるテレビ視聴率や新聞販売部数を偽装するに等しく、メディア企業には絶対許されない背信行為だ。

しかし、嘉納議長は「機関として答える」として、金光修専務(63歳)を指名。同専務は「入場者数は、有料、招待、無料エリアの入場者を含めたものだ。その合計が400万人で、水増しにはあたらない」と述べて、その詳細な内訳などの実態を明らかにしなかった。

会場からは「ちゃんと答えろ!」との声が飛んだが、専務は水をゴクリと飲むばかりで、再答弁には応じなかった。

その金光専務に関する衝撃的な内部告発も筆者を含む株主に寄せられていた。

セクハラ疑惑も飛び出す

告発の内容は、〈金光専務のセクハラは社内でも関心が高い。専務は、気に入った女性を自分の担当部門に採用、出張時に同宿するなどしてセクハラが疑われている。(被害者)本人は、社内の相談窓口や労働基準監督署に訴えると言ったが、専務が思いとどまらせてしまった〉などというものだ。

筆者は、会社提案の第2号議案(取締役17名選任)の修正動議の中でこの問題を取り上げ、「金光専務には社内の女性に対するセクハラ疑惑があるとの内部告発が寄せられている。それが真実かどうか不明だが、疑惑をかけられること自体が問題だ」と指摘。

また、「フジサンケイグループ代表の日枝取締役相談役は昨年6月まで社長・会長のトップの座に29年間も在職、取締役在任は今年で35年に及び、フジテレビの視聴率低落、産経新聞社の赤字転落を招いた。嘉納会長、宮内社長も日枝氏の秘書上がりで、日枝代表の「院政」支配が続いている。遠藤龍之介取締役(62歳)は、安倍政権が強行したカジノ法について『いよいよ始動する』と評価し、お台場への誘致に力を尽くす、と揚言。清原武彦取締役(80歳、産経新聞社相談役)は、報酬を赤字の産経新聞社に寄付すべきだ」などとして、議案そのものを削除するよう求めた。

全文はこちら
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180809-00010001-kinyobi-soci

【【内部告発】業績不振のフジテレビ「お台場みんなの夢大陸」入場者数を3倍以上に偽装か フジHD株主総会大荒れ 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
miyauchi_masaki_profile

7月に行われたテレビ・ラジオ各局の会見で、フジテレビの宮内正喜社長が「色々な現場に立ち会うことができた」と社長就任1年を振り返った。
ニッポン放送の岩崎正幸社長は新規ビジネスについて「ズバリ、放送以外の収益を上げる」と意気込んだ。
WOWOWの田中晃社長はネットでの同時配信について、「早ければ今年中に取り組む」と語った。

 《昨年6月28日の社長就任から1年となったことについて宮内社長が語った》

 宮内社長「就任早々に全社員に向けて非常事態宣言を発し、緊張感を持って改革に当たってもらう雰囲気を作った。
この1年はありとあらゆる現場にきめ細かく足を運ぶという気持ちで過ごし、実際色々な現場に立ち会うことができた。
社員の熱気に触れ、わが社のポテンシャルを肌で感じ、必ず復活するという手応えを感じた1年だった」

《放送やイベント事業以外で取り組む新たなビジネスについて、牧田英之常務が説明した。
東京・新宿の謎をテーマにしたテーマパーク「東京ミステリーサーカス」、ドローンスクール事業に加えて、
新日本プロレスと協業して開校した複合型スポーツ教室を手掛け始めた》

 牧田常務「東京都江東区に常設のスポーツ教室を開校し、子供向けレスリング、ボルダリング、
(ゴムのバンドの上を平均台のように移動する)スラックラインフィットネス、ストループス(ゴムの引っ張り合い)、
プロレスを使ったエクササイズの5つの教室を常設。その道のベテラン有名レスラーなどを講師にし、子供たち中心に生徒を募集している」

 岩崎正幸社長「新規ビジネスの狙いはズバリ、放送以外の収益を上げること。シナジー(相乗)効果の高いものに関してやっていく。
いろんなところで“バットを振らないと”当たらない。会社の収益構造は売り上げ、利益ともに、放送が占める割合がかなり大きい。

少しでも放送の比率を減らすことを目指している。
5年、10年先には放送と放送外の比率を7対3…とまでは言わないが、それに近いレベルにすることを目標にしている」

https://www.sankei.com/entertainments/news/180804/ent1808040003-n1.html
https://www.sankei.com/entertainments/news/180804/ent1808040003-n2.html
https://www.sankei.com/entertainments/news/180804/ent1808040003-n3.html

【【フジテレビ社長】「ポテンシャルを肌で感じ、必ず復活するという手応えを感じた」「ズバリ、放送以外の収益を上げる」就任1年 】の続きを読む

このページのトップヘ