ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > フジテレビ

フジテレビ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
001

1若者に支持を受けてきた局が…
タレントの三宅裕司と落語家の春風亭昇太が司会を務めるフジテレビ系音楽バラエティ特番『三宅裕司と春風亭昇太のサンキュー歌謡曲一座~モーレツにハレンチは永久に不滅です編~』が、きょう28日(18:30~21:00 ※一部地域は19:00~)に放送される。

"歌謡曲"というワードを聞くと、NHK? テレ東? はたまたBS?と想像しがちだが、放送するのは紛れもなくフジテレビ。4月スタートの新バラエティのMCが全員50代以上ということで話題を集めたばかりだが、かつて若者に圧倒的な支持を受けてきたフジが、ターゲットを高年齢層にシフトしようとしているのだろうか。演出を手がける佐藤正樹氏に、狙いを聞いた――。

間口の広い音楽が昭和にたくさんあった
この番組は、昭和の歌謡曲にまつわるトークとライブで構成するもので、昨年11月の放送に続き今回が第2弾。"あの時代だからあの名曲が生まれた"をコンセプトに、1960年代から70年代にかけての日本歌謡史をテーマ設定し、それぞれの時代を掘り下げながら、歌謡史に残る名曲を熱唱するだけではなく、本人が裏話も披露していく。

佐藤氏は、同局で『Love music』(毎週日曜24:30~)や、今月9日に放送された『HEY!HEY!NEO!』といった音楽番組でも演出を担当しているが、「15年くらい前までは、「テレビ視聴率」「レコード・CD売上」「観客動員数」が三位一体で、それぞれの影響力が比例していたと思うんですが、音楽視聴 のスタイルが大きく変わり、それぞれの影響力も比例しなくなっている」という。

そんな中で、今の若い世代が、いわゆる昭和の歌謡曲を、いつ頃発表されたものか知らず楽曲だけは認識していることが多いことに気付いたという佐藤氏。「特にストリーミングで音楽を聴くのが当たり前の若い世代には、古い楽曲でも、出会った時が、その人にとっての新曲になる。昭和世代が懐かしむだけではなく、若い世代にとっては新鮮な出会い。さまざまな世代に向け間口の広い良質な音楽が、昭和にいっぱいあるじゃないか」と考え、幅広い世代が楽しめる音楽番組として企画されたのが、『サンキュー歌謡曲一座』だ。

若い人が見ても楽しめる番組に
前回(11月12日放送)の手応えを聞くと、まず60代の佐藤氏の親が「久しぶりに最初から最後まで楽しく集中してテレビ番組を見た」と感想を寄せてくれたそうで、「先入観もあって今どきバラエティ番組には入り込めないけど、この番組は"どストライク"だったみたいで。自分と同世代や年上の歌手の元気な姿に喜んでいました」という。当の佐藤氏にとっても「僕が子供の頃にテレビの中にいたスターの方たちと、こんなにたくさんお仕事ができるという不思議な番組」と、ある種の夢見心地だった。

そして、若い世代の反応としては、「ももクロ目当てに見ていたら、お父さんやおばあちゃんが一緒に見て歌ったり笑ったりしてた」「(テレビ朝日で放送される)『シン・ゴジラ』を待っていたけど、こんなに楽しそうにテレビを観ているおばあちゃんは初めてで、チャンネルを変えず最後まで一緒に観た」といった声が、SNSやフジの視聴者モニターから寄せられたという。

この精神は、司会を務める三宅裕司が率いる舞台『熱海五郎一座』の掲げる"安心して楽しめる娯楽"に通じるものだそうで、「高齢層の人たちが絶対楽しめて、若い人たちが見ても何か収穫があったり、面白がってくれたりできるように、世代間を超えてつながっていく番組にしたい」と意欲。第2弾となる今回は、前回に引き続き出演するももいろクローバーZ(佐々木彩夏・百田夏菜子・高城れに)に加え、ANZEN漫才(みやぞん・あらぽん)という若年層の人気者たちも出演する。

詳細はソースにて
https://news.mynavi.jp/article/20180428-kayokyoku/
https://news.mynavi.jp/article/20180428-kayokyoku/2 
【【どうしたフジテレビ!? 】ゴールデンで"らしからぬ"昭和歌謡特番の理由】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
強制わいせつの疑いで警視庁に書類送検された人気グループ・TOKIOの山口達也(46)が26日、都内のホテルで記者会見を行い、自宅で女子高生に泥酔して無理やりキスしたことを謝罪し、無期限謹慎を発表したが、波紋は広がるばかりだ。
以前から酒癖&女癖の悪さを指摘する新たな声が続出。涙の会見で復帰を目指す山口だが、いよいよ崖っ縁に追い込まれている。
さらにフジテレビが山口だけでなく、もう一人別の男性もいたと報じたが、その後、誤報だと認め謝罪する騒動も巻き起こるなど謎は深まるばかりだ。

約300人の報道陣が集まった会見冒頭、山口は約30秒間にわたって頭を下げた。
「(被害者が)思い出して苦しむような日々を送っていたのかと思うと言葉にならない。本当に申し訳ありません」と謝罪した。

事件は今年2月12日の夜8時過ぎ、山口の自宅マンションで起きた。
自ら司会を務めるNHK Eテレの教養バラエティー番組「Rの法則」で共演経験のある女子高生2人を呼び出し、無理やりキスを迫るなどわいせつな行為をしたという。

山口は1月中旬から肝機能の数値が悪く、1か月間入院しこの日に退院。その解放感からか「ついお酒を飲みすぎて酩酊状態となってしまい、その状況で(被害者の)女性に電話をした」といい、被害者が友人を連れていくことを条件に山口の家を訪れたという。

とはいえ、2人が山口の家を訪れたのは夜8時ごろ。
そんな時間に女子高生を呼び出したこと自体、非常識と言わざるを得ないが、その後の出来事について山口は「(記憶が)断片的で、被害者とその友人の方の話では30分から1時間くらい滞在して、私が席を外したときに家を出たということです」と明かした。

強制的にキスしたことについては「捜査中だから詳しいことは言えません」と明確に回答せず。
被害者らに酒を勧めたかについても「いや、私は勧めていないと思うんですけども、そこらへんは捜査中なのですみません…」と話すのみだった。

酒が原因で入院していたこと、さらに今回の事件も酒が入った上での事件だけに、アルコール依存症ではないか?との質問も飛んだ。
これに対し、山口は「依存的なものはないと思っているんですけど、控えなきゃいけないなあと思っていました」と振り返った。
過去に酒を飲みすぎて記憶をなくした経験も少なくなかったという。

山口をよく知る関係者によれば「アル中とはいかないまでも、このままではマズいというレベルにまで達し、アルコール依存の治療に定評のある千葉県内の病院に極秘通院していたこともあります」と明かす。

さらに、酒癖に加えて女癖の悪さもかなり知られていたが、それ以上に不自然なのはフジテレビが26日夕方放送の「プライムニュース イブニング」の中で事件当日、山口の自宅に山口と女子高生とその友人の他にもう一人男性がいたことが分かったと報じたものの、同日夜放送の「FNNプライムニュースα」で、その事実はなかったと謝罪したことだ。

だが、額面通り受け止められない。
事情通がこう証言する。

「フジの警視庁エース記者が取ってきた情報だったからこそ、信用して報じた。もちろん裏も取れずに適当に流したわけではないそうです。最近のフジは叩かれまくっていますが、実は警視庁筋のルートは結構強いんですよ。なのに事実ではなかったと謝罪するのは異例中の異例です。なぜこういうことが起きたのか説明がない以上、周囲はしっくりいってないみたいですよ」

山口が会見で説明した通り、山口1人に女2人だとすると、仮に山口が被害者女性に無理やりキスをしたとして、もう一人の女性は何をしていたかという疑問は残る。
この場面の説明がないと世論が納得いかないのも事実で、会見に出たメディアの多くも首をかしげていた。

警視庁関係者もこう証言する。

「強制わいせつは捜査1課の案件で庁内では凶悪犯事案として認識されているんです。男2人が力ずくで女1人を襲うパターンならわかるんですが、男1人で女2人の強制わいせつ事案は珍しいケース。なのでもう一人男がいたのではというのは噂になっていました」

報じたフジが誤報だと認めたことで、これ以上の詮索はどうかとは思うが、世論が釈然としないのは事実だ。

一体真相は何なのか? まだまだ闇は深そうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00000003-tospoweb-ent

フジ「プライムニュース イブニング」が“誤報”
no title

no title

【【謎】フジが山口達也ニュースで「現場にもう1人男性」誤報→即日謝罪の不可解】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180317023302

長澤まさみ(30)主演のフジテレビの月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」が、2回連続で1桁台の視聴率という大苦戦を強いられている。
かつては視聴率20%以上を当たり前のように取っていた月9だが、最近は2桁もなかなか取れない低迷ぶりだ。

長らく不振が続くフジはこの4月期の改編で、多くの長寿バラエティー番組を打ち切った。
その標的はバラエティーだけではないとみられ「次は月9が打ち切られるのでは」とささやかれている。

長澤が主演する「コンフィデンスマンJP」は、9日にスタート。
初回が9・4%と1桁台でスタートすると、16日放送の第2話は7・7%とさらに数字を落としてしまった。

この作品に限らず、最近の月9は低迷を続けている。2016年1~3月クールに放送された
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の9・7%以降、全話平均視聴率は、そのほとんどが1桁台の低迷ぶりだ。

全話平均が唯一、2桁台に乗ったのは昨年7~9月クールの「コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―」。
山下智久が主演し、話題を集めた同ドラマは、平均14・8%という高視聴率を記録し「ようやく“月9復権”の兆しが見えてきた」といわれた。

だが、後が続かなかった。10~12月の「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」が6・7%、
今年1~3月の「海月姫」は6・1%にまで落ち込み、またも“暗黒期”に戻ってしまった。

かつて黄金時代を築いたが、このところめっきり視聴率が低迷しているフジは、4月期の番組改編で、
バラエティー分野において“聖域なき改革”を断行。いずれも20年以上にわたって放送された長寿番組
「とんねるずのみなさんのおかげでした」と「めちゃ×2イケてるッ!」を打ち切った。ほかにも「おじゃMAP!!」なども終了させた。

視聴率が低迷する番組を次々に打ち切るのは、昨年6月に就任した宮内正喜社長の方針だ。
かつて多くのヒットドラマを手がけた亀山千広氏からトップの座をバトンタッチされた宮内社長は、就任直後から「業績を回復する一点に絞る」と明言してきた。

「そのためには何よりも視聴率アップが大事。これまで、視聴率は低迷しているのに“長い間放送してきた”という理由だけで続けてきた
『みなさんのおかげでした』や『めちゃイケ』の打ち切りを決めたんです」(フジテレビ関係者)

4月の改編ではバラエティー番組を次々と打ち切ったが、標的はもちろんバラエティー部門だけではない。
これから先も視聴率が低迷し続ければ、月9も当然、打ち切りの対象になってくるとみられている。

「今回の月9は、長澤がセクシー路線を全開にしてさまざまなコスプレに挑戦している。
東スポさんでも“長澤が低迷するフジの救世主に”と書いていたけど、局内でも大きな期待がかかっていた。それがいきなりの低空飛行だから、ショックは大きい」(同)

また別の同局関係者は「宮内さんの前任である亀山さんは、月9にものすごい思い入れがある。
そりゃ、そうですよね。キムタクが主演して大人気となった『ロングバケーション』(1996年)を手がけ、
全話平均29・6%というものすごい視聴率を記録したんだから。亀山さんなら月9を打ち切るなんてことは考えもしなかっただろう」と言う。

だが、宮内社長は主に編成部門を歩んできた。

「だから月9に全く思い入れはない。『みなさんのおかげでした』や『めちゃイケ』と同様に“数字が悪かったら打ち切る”と判断するでしょうね」(同)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000004-tospoweb-ent 
【【フジテレビ】月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」 長澤まさみでも2回連続で1桁台の大苦戦・・フジ関係者「局内でも大きな期待がかかっていた。ショックは大きい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
19日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、相撲コンシェルジュの横野レイコリポーターと社会学者の古市憲寿氏がまたもやバトルを展開した。

番組では貴乃花親方が「貴乃花一門」の名称を返上すると一門の親方に提案したニュースを紹介。例によって相撲に詳しいレポーターとして横野レイコ氏が登場し、解説を加えた。

これに噛み付いたのが、たびたび横野氏の相撲協会寄りの見解に疑問を呈してきた古市氏。「え、でも貴乃花親方に厳しい横野さんからすると、ちょっといいニュースじゃないですか?」とジャブを入れた。
横野氏は少々カチンときたようで、「厳しくないですよ。何をおっしゃってるんでしょう」と反撃。古市氏は、「いや、だってちょっと嬉しそうだから」と横野氏の顔を見た。

横野氏は、貴乃花親方が一門の名称を返上するのは「ケジメ」から来る行動で「親方らしい」と説明する。しかし古市氏は、「ケジメって言うけど、ケジメを付けるほど貴乃花親方が悪いことしたんですか?
騒動を起こしたことはあるかもしれないけど、貴乃花さんがやろうとしてきたことと不祥事って、ここまで責められることなのか」と反論した。

結局これに横野氏が再反論することはなく、小倉智昭が「物言いは後で付けてください…」と諭し、コーナーは終了した。

古市氏の「横野さんが嬉しそうにしている」という指摘にネットユーザーも反応。「最初から頬が緩みっぱなしだった」「確かに嬉しそうだった」と古市氏の意見に同調する声が続出した。

横野氏に対しては「不適切アナウンスの春日野巡業部長のことにも触れろ」「相撲協会の肩ばかり持って中立な立場を取ってない」などと、その姿勢に批判が集まった。
また、小倉に対しても「ちゃんと議論させるべき」「『物言い』とはなんだ。的を射た意見じゃないか」と批判の声が噴出した。

「横野氏は事あるごとに『いっぱい取材をした』『話を聞いてきた』などと話していますが、それはすべて相撲協会の主張を前提としたもの。
1つの答えにのっとって取材をしても意味がありませんし、意見が偏るだけです。彼女はジャーナリストではなくコンシェルジュ。

『相撲協会の意に沿った方向に人々を導くための存在』ということなんでしょう。古市氏の言うように、彼女の意見を聞いていると、
貴乃花親方を一方的に叩いているようにしか見えない。『厳しくない』というなら、貴乃花親方の主張もリポートするべきです。
詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000012-reallive-ent

写真
no title

【【フジ『とくダネ!』】貴乃花一門名称返上で「横野さんが嬉しそう」古市氏が鋭い指摘“相撲コンシェルジュ”の偏りに疑問の声】の続きを読む

このページのトップヘ