ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > フジテレビ

フジテレビ

27h_2016

毎年恒例のテレビ番組『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)が9~10日、放送されている。
フジの『27時間』といえばこれまで、バラエティ色を前面に打ち出す内容が特徴だったが、今年は打って変わり、27時間かけて「にほんのれきし」を振り返るというテーマだ。

そうした方針転換はオープニングでも顕著にみられ、例年では多くのタレントがずらりと並び、全国の系列局と中継でつなぐ“お祭りムード”満載のなかでスタートしてきたが、
今回はメインMCのビートたけしと関ジャニ∞の村上信五のみ。その後、バカリズムと波瑠が加わりオープニングが続くも、“静かな”幕開けとなった。
テレビ局関係者が語る。

詳細はソースにて

http://dailynewsonline.jp/article/1353438/ 
【【フジテレビ】『27時間』、想像絶する「つまらなさ」…延々たけしの下らないギャグ&歴史ネタ】の続きを読む

ダウンロード (2)

視聴率3冠王の面影はどこへやら。フジテレビが9月4日、10月期の番組改編発表会見を実施した。
その席で立本洋之編成部長が「非常時」「真摯に」と言葉を並べて現状の苦しさを語り、一部スポーツ紙からも「非常事態宣言」と報道されるなど、フジの焦りが丸見えだ。
そんなフジに対し、長年動向を見てきた視聴者の間で「因果応報」「何を今更」「まずは院政を敷いている権力者を取り除かないと」などと批判や失笑の嵐が吹き荒れている。

■フジ編成部長が非常事態宣言…2011年の韓流偏重疑惑から低迷続く

2015年に開局以来初めての赤字を記録するなど、近年低迷が続くフジ。
4日の会見では「“reboot(再起動)”」をテーマに掲げて、立本編成部長が「フジテレビが得意な若年層を中心に、 他の層にも広げていきたい」と目標を語り、2018年の改編も見据えて中長期的なスパンで動くことを明らかにした。

詳細はソースにて

http://dailynewsonline.jp/article/1353167/ 
【【フジテレビ】“非常事態宣言”に失笑の嵐「因果応報」】の続きを読む

ダウンロード (2)


 フジテレビの夏の大型特番「FNS27時間テレビ」が、今年も9日から放送される。


 そんなフジの凋落を語るうえで避けて通れないのが、2011年の韓流偏向疑惑騒動だろう。

 俳優の高岡蒼甫(現・奏輔)が同年7月、当時、フジでは韓国のTV局かと思うほど、韓国ネタの取り扱いが多いので観たくない、観たいのは日本の伝統だ、という趣旨のツイートを発信した。このツイートが大きな反響を呼び、同局への抗議デモや同局の番組スポンサー企業に対する不買運動にまで発展した。

 テレビ誌編集者はこう語る。

 「当時の対応のまずさもあり、あの騒動がいまだにフジテレビにとって大きな足かせになっていることは間違いないでしょう。今もインターネット上を中心にフジを反日的な存在として扱う意見も数多く見受けられますからね」

以下ソース

https://thepage.jp/detail/20170907-00000003-wordleaf 

【【フジテレビ】いまだに尾を引く韓流偏向疑惑騒動 「今もインターネット上を中心にフジを反日的な存在として扱う意見も」】の続きを読む

20170906-00000127-sph-000-4-view

 「今、フジは完全に非常事態です」。4日に東京・台場のフジテレビ本社大会議室で開かれた10月クールの番組改編発表会見。本来、自信の新番組をお披露目する華やかな場で、ひな壇の中央に座った立木洋之編成部長の口から危機感たっぷりのセリフが飛び出した。

 確かに同局の10月クールの改変率(番組の変わる率)はゴールデン帯(午後7時~10時)34・3%。プライム帯(午後7時~11時)29・8%という大規模なもの。45か月連続で月間視聴率「三冠」を続ける日本テレビの10月期番組改編発表会見も5日に行われたが、ゴールデン帯の改編率は「ほぼ無改編です」(岡部智洋編成局次長)という4・8%。両局を比べると、フジの改変は、まさに大改造と言えるものだった。

 配られた資料の1ページ目に書かれたのが、「『変える、変わる』ためにフジテレビを“reboot(リブート)”します」という大文字。キーワードは「再起動」を意味する「リブート」。資料には「美辞麗句を並べるつもりはありません。フジテレビが生まれ変わるために、フジテレビは頑張ります」という悲壮な文章まで添えられていた。

 象徴的なのがテレビ朝日系「報道ステーション」終了後、三顧の礼で迎え入れた古舘伊知郎氏(62)の「フルタチさん」(日曜・後7時)の終了。同番組は昨年11月、常に20%前後の平均視聴率をたたき出す日本テレビ系「イッテQ!」などがひしめく日曜の激戦区に乗り込んだものの、最新3日放送回の視聴率が4・7%と“惨敗”。1年での同枠撤退となった。

詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000127-sph-ent

【【フジテレビは変われるのか?】フジテレビ編成部長「今、フジは完全に非常事態です!」】の続きを読む

このページのトップヘ