ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > フジテレビ

フジテレビ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
19日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、相撲コンシェルジュの横野レイコリポーターと社会学者の古市憲寿氏がまたもやバトルを展開した。

番組では貴乃花親方が「貴乃花一門」の名称を返上すると一門の親方に提案したニュースを紹介。例によって相撲に詳しいレポーターとして横野レイコ氏が登場し、解説を加えた。

これに噛み付いたのが、たびたび横野氏の相撲協会寄りの見解に疑問を呈してきた古市氏。「え、でも貴乃花親方に厳しい横野さんからすると、ちょっといいニュースじゃないですか?」とジャブを入れた。
横野氏は少々カチンときたようで、「厳しくないですよ。何をおっしゃってるんでしょう」と反撃。古市氏は、「いや、だってちょっと嬉しそうだから」と横野氏の顔を見た。

横野氏は、貴乃花親方が一門の名称を返上するのは「ケジメ」から来る行動で「親方らしい」と説明する。しかし古市氏は、「ケジメって言うけど、ケジメを付けるほど貴乃花親方が悪いことしたんですか?
騒動を起こしたことはあるかもしれないけど、貴乃花さんがやろうとしてきたことと不祥事って、ここまで責められることなのか」と反論した。

結局これに横野氏が再反論することはなく、小倉智昭が「物言いは後で付けてください…」と諭し、コーナーは終了した。

古市氏の「横野さんが嬉しそうにしている」という指摘にネットユーザーも反応。「最初から頬が緩みっぱなしだった」「確かに嬉しそうだった」と古市氏の意見に同調する声が続出した。

横野氏に対しては「不適切アナウンスの春日野巡業部長のことにも触れろ」「相撲協会の肩ばかり持って中立な立場を取ってない」などと、その姿勢に批判が集まった。
また、小倉に対しても「ちゃんと議論させるべき」「『物言い』とはなんだ。的を射た意見じゃないか」と批判の声が噴出した。

「横野氏は事あるごとに『いっぱい取材をした』『話を聞いてきた』などと話していますが、それはすべて相撲協会の主張を前提としたもの。
1つの答えにのっとって取材をしても意味がありませんし、意見が偏るだけです。彼女はジャーナリストではなくコンシェルジュ。

『相撲協会の意に沿った方向に人々を導くための存在』ということなんでしょう。古市氏の言うように、彼女の意見を聞いていると、
貴乃花親方を一方的に叩いているようにしか見えない。『厳しくない』というなら、貴乃花親方の主張もリポートするべきです。
詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000012-reallive-ent

写真
no title

【【フジ『とくダネ!』】貴乃花一門名称返上で「横野さんが嬉しそう」古市氏が鋭い指摘“相撲コンシェルジュ”の偏りに疑問の声】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180410-00010006-jisin-000-2-view

4月の改編でバラエティーと報道を中心に大ナタを振るったフジテレビだが、早くも次の動きがあるという。

「大幅な経費削減です。まず手を付けるのがMCやキャスターなど外注の大幅減。
早くも、スポーツ番組では着手しているといいます」(フジテレビ関係者)

3月いっぱいで元同局アナで現在はフリーの加藤綾子アナ(32)がレギュラー出演していた
「スポーツLIFE HERO'S」も終了。4月からは同局の宮司愛海アナ(26)をメインキャスターに据えた「S-PARK」がスタートした。

また元サッカー日本代表の永島昭浩氏(53)が今月1日で、フジテレビのニュース番組
「FNNみんなのニュースWeekend」を卒業したのだ。今後は同局での外注が大幅に減りそうだが、当然そのしわ寄せは局アナにいきそうだというのだ。

詳細はソースにて

ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180410-00010006-jisin-ent

【【フジテレビ】外注大幅消滅で「人気局アナにしわ寄せ」と悲鳴 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180409-OHT1I50071-T

 レスリング女子のパワハラ問題を巡る取材で、フジテレビの情報番組の男性にけがを負わされたとして、至学館大学(愛知県大府市)の谷岡郁子学長(63)が、愛知県警に被害届を提出していたことが10日、分かった。県警は傷害の疑いで調べている。

 学長らによると、日本レスリング協会が、前強化本部長で至学館大レスリング部監督の栄和人氏にパワハラ行為があったと発表後の8日、名古屋市内の自宅マンションを訪れた情報番組の男性に腕をつかまれ、軽傷を負ったという。

 フジテレビ・企業広報室は「映像でも確認致しましたが、谷岡学長と弊社ディレクターとは体は接触しておらず、なぜそのような被害届を提出されたのか当方としては理解に苦しんでおります」とコメントした。

http://www.asahi.com/sp/articles/ASL4B64RWL4BOIPE02H.html 

【【レスリング女子のパワハラ問題】至学館大学の谷岡郁子学長が被害届を提出 フジテレビの男性に「つかまれ軽傷」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
「古畑任三郎」「王様のレストラン」手がけた石原隆編成統括局長
no title


 現在、平均視聴率で民放キー局中4位と苦戦も4月の「史上最大の改編」で復活に向けて動き出したフジテレビ。そのキーマンが昨年6月の取締役就任以来、編成、制作、宣伝の総責任者として剛腕を振るう石原隆編成統括局長(57)だ。「古畑任三郎」「王様のレストラン」など名作ドラマのプロデューサーとして鳴らしたベテラン・テレビマンが「とんねるずのみなさんのおかげでした」「めちゃ×2イケてるッ!」など長年続いた大型バラエティーを軒並み終了させた大幅番組改編の舞台裏と「見たいと思わせる番組を作るしかない」という今後の反転攻勢への思いまで全てを語った。(聞き手・中村 健吾)

詳細はソースにて

4/7(土) 11:06配信スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00010001-spht-ent

【【フジテレビ】こうして「みなおか」「めちゃイケ」は終わった…キーマンが明かした史上最大の改編の裏側 】の続きを読む

このページのトップヘ