ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 食事

食事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20160317-OYT8I50017-N

気分転換したい時や、眠気を覚ましたい時などに、つい口にしたくなるチューインガム。言わずと知れたお菓子の定番だが、国内ではガムの売れ行きが10年間で4割も減少しているという。なぜ、人々はガムをかまなくなってしまったのか。その背景には、ガムを追いやったとみられる意外なモノの存在が浮かび上がった。

 東京・日本武道館で1月25日に開かれた「ガムロックフェス」。ロッテとソニー・ミュージックレーベルズが共催したイベントには、HKT48や乃木坂46などの女性アイドルグループをはじめ、「ガムを噛んでいるバンド」の触れ込みで活動中のロックバンド「Thinking Dogs」、さらには、人気プロレスラーの長州力さん、藤波辰爾さんらも“参戦”し、華やかで熱気あふれるステージを繰り広げた。

 ステージには、「キシリトール」「ブラック・ブラック」「フィッツ」など同社の主力商品をかたどったセットが数多く飾られ、ロッテのボトル入りガムを持参した観客にはグッズをプレゼントするなど、まさに「ガム一色」のイベントだった。

 ロッテは、チューインガムの国内シェア(市場占有率)が5割を超える最大手だ。同社がこうした大規模なPRイベントを仕掛けたのには、わけがある。国内のガム市場が、低迷を続けているからだ。

 全日本菓子協会の統計では、国内のチューインガムの小売金額は、2004年の1881億円をピークに減少し続け、2014年には1150億円まで落ち込んだ。10年間で約4割も減少したことになる。主な菓子類の小売金額を見ると、チョコレートは2014年が4860億円で10年前と比べて約20%増、スナック菓子は4218億円で10年前から約15%増となっており、ガムの不振が際立っている。

 「クロレッツ」などのガム商品を世界各国で販売している米モンデリーズ・インターナショナルの日本法人「モンデリーズ・ジャパン」によると、日本と同様、欧米などの先進国でもガムの消費は減少傾向にあるという。
それではなぜ、ガムの消費が落ちているのか。

 国内シェア第2位のモンデリーズ・ジャパンは2012年、12歳から64歳までの男女約1600人を対象にアンケート調査を実施した。それによると、ガムを食べる頻度が減っている理由を聞いたところ、「健康・歯に関する懸念」と「製品へのニーズがない」がそれぞれ14%で最も多く、「環境的な問題(ゴミなど)」が13%、「まず思い浮かばない」11%、「ワクワクしない」11%といった結果になった。

 消費者の間で「ガムは歯によくない」といったイメージが根強いことや、かみ終えたガムがゴミになることに煩わしさを感じていることなどが調査結果からうかがえる。

 同社マーケティング本部は「他のお菓子の調査でも、『健康・歯に関する懸念』や『環境的な問題』は比率が高くなる傾向にあるが、ガムに特有なのは『製品へのニーズがない』『まず思い浮かばない』の比率が高いことだ」としている。つまり、消費者からみて、ガムの“存在感”が著しく低下しているのだ。

(以下ソースへ)
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160317-OYT8T50045.html
2016年03月19日 05時20分
【【何故?!】ガムの売れ行きが10年間で4割減少・・・コーヒー、スマホが原因?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ミカンの生産量が全国一の和歌山県。中でも県中部の有田地域内で収穫される「有田みかん」は、温州ミカンの全国トップブランドだ。しかし「JAありだ」によると、毎年「おいしくなかった」などというクレームが寄せられている。実は「有田みかん」と記された段ボール箱を不正利用して中身が違っていたり、生産地がはっきりしないミカンを「有田みかん」としてインターネットで格安販売したりするなど、「偽装販売」が懸念されているのだ。しかし、加工品ではないため偽装かどうかを証明するのは難しく、ブランドを守ろうとJA関係者は対策に頭を悩ませている。

JAありだ販売企画課によると、消費者から「有田みかんを買ったがおいしくなかった」との苦情や問い合わせの電話は、毎年寄せられている。今シーズンは10件近く届き、中には偽装が疑われるケースもあったが、販売会社を突き止めることなどはできなかったという。

また、昨年12月中旬、「箱買いしたが、多くが腐っている」との電話があった。同課が段ボール箱を調べたところ、9月下旬~10月上旬に出荷されたはずの有田みかんの人気品種「ゆら早生」の段ボール箱で売られていたことがわかった。

本来ならありえない品種の箱と販売時期の組み合わせに、同課の担当者は「中身を詰め替えて売られていた可能性が高い」と指摘する。

http://www.sankei.com/west/news/160315/wst1603150005-n1.html








※ちな、有田は「ありだ」と読みます
【【その「有田みかん」ニセモノかも…】ホムセンで売ってる段ボールにその辺のみかん詰めただけかも・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




福岡県の太宰府にあるスターバックスは、スギを使った建築となっています。
1000年の歴史を誇る太宰府天満宮からヒントを得た、
2000ものスギ材で覆われたスターバックス店は世界で最もかっこいいスターバックス店かもしれません。
この建築を手がけた隈研吾氏は、好奇心からスギを使うスタイルにしたと語っています。
「文化・材料・人々への好奇心。それが良いデザインの礎になるのです」
また、近所にある太宰府天満宮から影響を受けたそうです。
「太宰府天満宮はとても特別な場所です。職人の技能の文化である太宰府天満宮のエッセンスを示すことで、敬意を表したかったのです。もしスターバックスの精神と職人の精神を融合することができれば、何か新しいものを生み出せると思ったのです」と隈氏は話しています。
http://www.indianews.top/%E5%9B%BD%E5%86%85/56374466.html
【【画像】スギ木材で覆われた日本のスタバが海外で話題に】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
olive-oil-price-hike

ロンドン(CNNMoney) オリーブオイル関連団体の「国際オリーブ協会(IOC)」は10日までに、オリーブオイルの世界全体の生産量が昨年、約3分の1激減したと報告した。

欧州の主要生産地での干ばつや伝染病が原因で、価格は昨年20%増の急上昇を示した。今年も同様の値上がりが予想されている。

世界の生産量の約4割を占めるスペインでは2014年、異常な暑さと乾燥気候を伴う夏季に襲われ、過去20年間では最悪の収穫量に終わった。輸出分を手当てするため備蓄分の取り崩しを強いられていた。

15~16年シーズンも同様の夏季に見舞われ、収穫量は停滞している。昨年7月には高温の日が3週間続き、オリーブの早過ぎる成熟をもたらす結果となっていた。IOCによると、同国の今年の生産量は約120万トンと予想。昨年の大きな不振からは改善したが、同国の通常の生産量180万トンには到底届いていない。


世界の生産量の約2割を占めるイタリアでは数百万のオリーブの木が細菌の伝染病に襲われる被害が出た。病気の拡大を防ぐため欧州連合(EU)当局は被害が甚大な伊南部で広範な木の伐採を求めたが、病気蔓延(まんえん)に関する不正確な情報などを理由に一部ではこれを拒否する動きも出ていた。樹齢500年以上の木を守ろうとする思惑も絡んでいた。

IOCによると、生産量減少を受け世界規模での消費量も昨年は7%の減少となった。

オリーブオイルは地中海料理に欠かせない材料だが、近年は健康への好影響が評価され世界規模で人気が高まっていた。イタリアのオリーブオイル生産業者団体によると、世界全体での消費量は過去25年間でほぼ倍増し、米国だけでも250%増となった。

欧州の主要産地での不作が目立つ中で、生産が好調な国もある。北アフリカのチュニジアは14~15年シーズンで過去最高の収穫量を示し、スペインに次いで世界2位になったという。


CNN 2016.03.10 Thu posted at 18:35 JST
http://www.cnn.co.jp/business/35079336.html
【【もこみちショック!】オリーブオイル価格が急騰、干ばつなどによる欧州の不作響く】の続きを読む

このページのトップヘ