ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 食事

食事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
AS20160123002075_commL

廃棄カツなどの横流しを認めた産業廃棄物処理業ダイコー(愛知県稲沢市)は、イオンやニチレイフーズなど大手企業の食品の廃棄委託を受けていた。従業員50人程度の中堅企業に、なぜ全国から廃棄食品が集まったのか。「破格の委託料で取引先を奪われた」と証言する同業者もいる。

 「他に安い業者が見つかったから、おたくには降りてもらう」。愛知県三河地方にある産廃業者の元役員は6年ほど前、大手食品メーカーからそう言われたのを覚えている。それがダイコーの前身の会社だった。

 この業者も廃棄食品の堆肥(たいひ)化を手掛けていた。安さを売りにしていたが、ダイコーの委託料はその7割程度。ほかにも数件、取引先を奪われた。「考えられない安さだった。処理せず横流ししていたとすれば、ぼろもうけですね」

 一方、横流しが判明した廃棄ビンチョウマグロをダイコーに運んだ静岡市の産廃業者は「大きな会社と取引をした実績があり、疑ってかかることはなかった」と振り返る。

朝日新聞:http://www.asahi.com/articles/ASJ1Q6229J1QOIPE01P.html
【【廃棄食品横流し問題】ダイコー「破格の安値」で廃棄受注・・・5年前から横流しか】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
K10010382651_1601231217_1601231220_01_03

廃棄を委託された冷凍のカツを横流ししたとして、警察の捜索を受けた愛知県稲沢市の廃棄物処理業者が、任意の事情聴取に対して「福島第一原発の事故の風評被害で売れなくなった食品を売ろうとしたのがきっかけだった」と話していることが弁護士への取材で分かりました。警察は横流しのいきさつを調べています。
カレーチェーンを展開する壱番屋の冷凍のカツが処分されず、横流しされていた問題では、警察は、愛知県稲沢市の廃棄物処理業者「ダイコー」と岐阜県羽島市の食品関連会社「みのりフーズ」について、廃棄物処理法違反のほか、食品衛生法違反などに当たる疑いもあるとみて捜査しています。
弁護士によりますと、ダイコーの会長は警察の任意の事情聴取に対し、廃棄食品の横流しを始めたきっかけについて、「5年前の福島第一原発の事故の風評被害で売れなくなった食品を売ろうと考えた。悪いこととは分かっていたが続けてしまった」と話しているということです。
一方、みのりフーズの実質的な経営責任者も、これまでの取材に対し「最初に福島県産の『じゃこ』を買った。つくだ煮にして転売した」と話しています。
警察は双方から事情を聴くなどして横流しのいきさつについて調べを進めています。

引用元 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160123/k10010382651000.html
【【廃棄食品横流し】 原発事故の風評被害がきっかけ?最初は福島県産の『じゃこ』をつくだ煮にして転売】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20160121-00000050-nksports-000-view

廃棄したはずの冷凍のカツが横流しされた問題で、岐阜県内の食品関連会社から見つかった大量の食品のうち少なくとも8つの品目が、廃棄物処理業者から横流しされたことが確認されたことを受けて、関係するメーカーは注意を呼びかけるなど対応を始めています。
この問題で、愛知県稲沢市の廃棄物処理業者ダイコーから、廃棄されたはずの冷凍カツを仕入れていた岐阜県羽島市の食品関連会社みのりフーズでは、ほかにも108品目の食品が見つかり、岐阜県の調査で20日までに8つの品目がダイコーから横流しされていたことが確認されました。いずれの食品もスーパーなどに転売されたかどうかは分かっていませんが、関係するメーカーは対応を始めています。
このうち、「協同乳業」は賞味期限がことし6月20日と7月28日の冷凍食品「フローズンシェイク」、また「タカナシ乳業」は賞味期限がおととし11月19日のチーズ製品「北海道チェリーモッツァレラ」について、保存の状態に問題があったおそれがあるなどとして、手元にあっても食べないようホームページなどで注意の呼びかけを始めました。
さらに「ニチレイフーズ」は賞味期限がおととし5月22日の冷凍の「今川焼」と、ことし9月25日の業務用の冷凍フライドポテトについて注意を呼びかけるとともに、今後は食品を廃棄する際、ゴミに混ぜて業者に処理を委託するなど方法を改めることを決めました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160121/k10010380291000.html
【【廃棄食品】産廃業者ダイコーめっちゃ転売してるなぁ。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
AS20160114001699_commL

廃棄カツ業者、セブン製品も横流しか マルコメのみそも

 カレーチェーン「CoCo(ココ)壱番屋」を全国展開する壱番屋(愛知県一宮市)の業務用冷凍カツを産業廃棄物処理業ダイコー(同県稲沢市)が横流しした問題をめぐり、セブン&アイ・ホールディングスは19日、傘下のコンビニやスーパー向けの豚肉製品が、ダイコーによって横流しされた可能性が高いことを明らかにした。
マルコメ(長野市)のみそも横流しが判明した。

廃棄カツ横流し
 セブンによると、横流しの可能性が高いのは「セブンプレミアム 豚バラ蒲焼き」。メーカーは丸大食品という。
賞味期限を2015年7月6日とする約800個の廃棄が、期限の迫った同6月、取引業者からダイコーへ委託された。

 ダイコーから壱番屋の廃棄カツを引き取っていた、みのりフーズ(岐阜県羽島市)を同県などが調査。こ
の豚肉製品が出てきた、と別の取引業者を通じセブンに連絡があったという。

http://www.asahi.com/articles/ASJ1M6WNXJ1MOIPE02S.html?iref=comtop_6_01
【【愛知・廃棄カツ業者】セブンイレブンの豚バラ蒲焼きとマルコメの味噌の廃棄品もダイコーによって横流しされてたことが判明】の続きを読む

このページのトップヘ