ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > オカルト

オカルト

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
NASAは、地底人の文明が発したと思われる電波を受信した。NASA上層部の人物が匿名を条件に明かした。

電波は地下数百キロの地球深部から届いた。NASAの専門家たちは、高度に進化した知的生命体からの信号であると判断した。

NASA高官「何者かが我々に向けて通信してきていることは明らかです。その正体が何であれ、数百キロの厚い地殻を突き抜けて、地上に到達する信号を送る技術を持っているということです」

電波の一部は地表から宇宙空間に向かい、これがNASAの人工衛星にキャッチされ、発見につながった。地底からの電波はその後も断続的に受信されているという。

電波は複雑な数学的コードを持っており、科学者たちはすでにメッセージの解読に成功している。その内容は敵対的な性質のものではないが、現時点での一般公開は見合わされている。不要な不安や混乱を引き起こすおそれがあるためだという。

科学者たちは地底の電波発信源の位置を正確に特定できていない。また、こちらから地底に向けて返信応答する技術がないことに苛立っている。この事実からも、地底文明がわれわれを凌駕する高度な水準に達していることが分かる。

NASA高官「地底の文明は明らかに、われわれのことをよく理解しています。一方、われわれは、彼らのことをほとんど知りません。日光も届かず酸素もない地底で、知的生命体がどのように生き延びているのか、まったく見当がつかないのです」

科学者たちはこれが今世紀最大の驚くべき発見になるだろうと考えている。「われわれは長年、人類にとっての最後のフロンティアは宇宙だと考えてきました。しかし今、この星の内側に未知の領域が存在していることに気付いたのです」




http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=2510
【【NASA】地底人の電波をキャッチ 人類を凌駕する高度な地底文明の可能性】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Tocana_201603_post_9129_1

人生の中で誰にとっても忘れられない人物なのが“初体験”のお相手だろう。
思い出だけの存在であるのかどうかはその後の人生次第だが、この初めてのお相手は女性にとってはなお重要な意味を持っているというのだが……。新たな研究結果が報告された。

■母親の過去の“性の遍歴”が子どもに影響を及ぼす

 人間の遺伝とはどうやら一筋縄ではいかないようだ。
夫婦の“共同作業”であり“愛の結晶”である子どもがもし、父親に似ても似つかない風貌だったとしたなら……。
妻の浮気を疑ったとしても、現代であれば最終的にDNA鑑定ですべては判明する。
正真正銘の夫婦の子どもであっても、父親にまったく似ていないことなどあるのだろうか。

 それはじゅうぶんあり得ることであるという研究が、2014年にオーストラリアのニューサウスウェールズ大学から発表されている。
研究ではハエ(ショウジョウバエ科)を使った実験で、交尾と子どもの形質の分析が行われたのだ。
そして研究では、交尾をして生まれたハエの子どもの身体の大きさが、本来の父親よりも以前に 交尾をしたパートナーの影響を多く受けているという驚きの結論が導き出されたのである。
実際の父親の影響をあまり受けることなく、前のパートナーが大きければ子どもも大きくなり、 同じく前のパートナーが小さければ子どもも小さくなる傾向が浮き彫りになったのだ。…

http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201603_post_9129.html
【【衝撃!】過去に性交した男性の精子は女性の体内に残り続ける!?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




おどろおどろしい謎の未確認動物が海岸に打ち上げられました。
この奇妙な写真はホラー映画の一場面ではありません。
メキシコはアカプルコの風光明媚なボンフィルビーチで撮影されたものです。
美しいビーチに日光浴に訪れた人が、波打ち際に打ち上げられた巨大な生物の死がいを発見しました。
海の生物と思われるその不可思議な未確認動物は4メートルもの長さがあり、
観光客が撮影した写真はまたたく間に世界中にシェアされました。
クジラ、それとも巨大なイカの一種ではないかなど、激しい議論がわき起こっています。
地元の人は、どのような生物なのか見当もつかないけれど、
腐った匂いがそれほどきつくないので最近死んだのではないか、と話しています。
http://www.illpost.top/%E4%B8%96%E7%95%8C/56413356.html
【【画像】メキシコでUMAが海岸に打ち上げられる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
no title

世界は9月28日に終了するかもしれない・・・
ブラッドムーンは隕石衝突という黙示録の始まりかもしれません。

血のように赤い月は2015年4月4日のニュージーランドでの皆既月食で見られました。
ブラッドムーンは隕石衝突による人類滅亡を予言していると一部で信じられています。
様々なネットメディアは終末の時を9月22~28日であると予測しており、その理由としてブラッドムーンが見られる時期であるとされています。

聖書研究家の多くはブラッドムーンによって厄災が引き起こされるのではないかと主張しています。

---
一方で宇宙学のジェーン・ラベンダー氏はこれについて否定的な意見を述べています。
「月の接近と地震や火山の影響は無いといわれています。」

また隕石のほとんどは大気圏で燃え尽きてしまい、被害が出ることはほとんどありません。
NASAも「地球に大型の小惑星などが衝突する可能性は非常に小さい」といいます。

・ブラッドムーン予言
2014年4月から始まった4つの連続月食が人類滅亡を予言するものだという説。
聖書の一説に同様の記述があることからネット上でも信じる人が多い。
ヨエル書「主の大いなる恐るべき日が来る前に、太陽はやみとなり、月は血に変わる。」
【【地球\(^o^)/オワタ】ブラッドムーンの夜が始まる・・・9月28日、人類は滅亡するかもしれない!?英紙】の続きを読む

このページのトップヘ