ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > Twitter SNS

Twitter SNS

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
m65528

1: かじてつ!ρ ★ 2013/04/07(日) 22:52:38.11 ID:???P
○「鳥インフルは米国の攻撃」!? 中国軍大佐のつぶやきに大反響
中国の著名な軍事問題専門家で、対外強硬派として知られる国防大学の戴旭教授(空軍大佐)が6日夜、中国版ツイッター「微博」で、中国中南部を中心に鳥インフルエンザ(H7N9型)が広がりをみせていることについて、米国の仕業だと示唆する書き込みをして、インターネット上で大きな話題となっている。
書き込みは「死ぬのはせいぜい数人。M国による生物戦、情報戦の可能性があり、過剰反応をせずに冷静に対応することが必要だ」との趣旨。Mは米国を示す中国語「美国」のローマ字発音の頭文字に当たる。
さらに、「中国は2003年の新型肺炎(SARS)の失敗を繰り返してはいけない。
当時、イラクを攻めようとしたM国は、(イラク支援の)行動を警戒して中国に生物兵器を使い、心理戦も展開した。M国は同じことをしようとしている」とつぶやいた。
ネット上で広く転載された発言を支持する声は一部にあるものの、「命を軽視している」「専門家なら根拠を示せ」と言った批判が大半を占めた。戴氏は7日、「死ぬのは数人」の部分は削除したが、米国による生物兵器攻撃との見方は改めていない。
□ソース:産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130407/chn13040722320008-n1.htm

【【ワロタwww】中国軍大佐「鳥インフルは米国の攻撃」 中国版ツイッターで】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
26611-1

1: 影の軍団子三兄弟ρ ★ 2013/03/31(日) 12:11:42.70 ID:???0
何だか妄想ばかりの粘着で嗚呼、アホらし屋の鐘がなる。明日も早いのでお終い。
だいじょうぶか、日本。いや特定日本人。
http://twitter.com/aritayoshifu

【民主党】有田芳生参院議員に批判が殺到 「朝鮮へ帰れ」★7
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1364696389/

【完全に一枚岩】有田芳生「民団と総連の幹部を兼務してる方たちと懇談」とツイート→慌てて削除
http://jacklog.doorblog.jp/archives/26210222.html

【【特定www】 有田芳生議員 「だいじょうぶか日本。 いや特定日本人」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
IlzWE

1: アメリカンカール(京都府) 2013/03/31(日) 11:33:29.74 ID:c5Cakl440● BE:847613243-PLT(12000) ポイント特典
民主党・有田芳生議員 @aritayoshifu 2012年2月11日-0:17
板橋区大山で民団、朝鮮総連の幹部たちと懇談。
日本籍→朝鮮籍→韓国籍で、いまも総連の幹部。
高校時代は熱心な総連の活動家で、いまは民団幹部。
民団幹部にして同時に総連支持団体の幹部などなど。民族は同じ。
いや日本人として頑張らねばと内心で思う。
http://p.twipple.jp/IlzWE

【【完全に一枚岩】有田芳生「民団と総連の幹部を兼務してる方たちと懇談」とツイート→慌てて削除】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

1: ジャガランディ(栃木県) 2013/03/11(月) 16:14:49.83 ID:l23FZOW+0 BE:200365867-PLT(12791) ポイント特典
NHK広報局(ユル~く会話しますよ)認証済みアカウント
?@NHK_PR
3月11日は悲しい日になりました。多くの方にとって、決して忘れることのできない日になるでしょう。
でも、だからこそ、あえてツイートします。毎日が必ず何かの日です。だから今日が誕生日の皆さん、
おめでとう!!だから今日が記念日の皆さん、おめでとう!!

https://twitter.com/NHK_PR/status/178740423844560897

【NHK 「3月11日は悲しい日。だからこそあえてツイートします。今日が誕生日の皆さん、おめでとう!!」】の続きを読む

このページのトップヘ