ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 政治

政治

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
eda-480x320

立憲、ワンコインで政策参加
パートナーズ制度を今春立ち上げ

 立憲民主党は、年会費500円のワンコインで政策づくりに参加できる「立憲パートナーシップ・メンバー」(略称・立憲パートナーズ)制度を今春立ち上げる。
手続きの手軽さ、会費の安さで政治参加のハードルを低くする。党が掲げる「草の根からの民主主義」を実践し、党勢拡大を図る。

 「アイドルのファンクラブから発想を得た」という枝野幸男代表は「政党が党員を囲い込むのではなく、政治に参加する道具」と強調する。
入会には党綱領への賛同が必要だが、個別政策への同意は不要。インターネットで入会、支払い手続きができる。在外邦人や在日外国人を含む18歳以上の個人が対象となる。
https://this.kiji.is/337846792266138721?c=39550187727945729

【【立憲民主党】年会費500円で政策参加。パートナーズ制度立ち上げ…在日外国人含む18歳以上対象 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
plt1802030006-p1

「線香」野党に飛び火 民進系“お家芸”再び 希望・玉木代表「出処進退」促したのに茂木氏と同様説明

 茂木敏充経済再生担当相の「線香配布」問題が2日、野党議員に飛び火した。
6党合同でヒアリングを開催するなど本格的に茂木氏への追及を強めようとしていたタイミングで出ばなをくじかれた。
民進党が分裂し、立憲民主党、希望の党と党名は変わったが、お家芸の「ブーメラン」のDNAは連綿と息づいている。(小沢慶太、沢田大典)

 野党側は、茂木氏にターゲットを絞り予算委員会などで攻勢を仕掛けることをもくろんでいた。
希望の党の玉木雄一郎代表は、自身の慶弔費支出が判明する前の1月30日、茂木氏について「出処進退を自ら判断すべきだ」と記者会見で述べ、暗に辞任を促していた。

 見事にブーメランを被弾した玉木氏は自身の慶弔費支出について「政党支部の活動」とコメントしたが、これでは茂木氏の釈明と選ぶところがない。
玉木氏は2日に予定していた記者会見を「会見するほどの事態ではない」(周辺)として取りやめた。単にバツが悪かっただけではないか。

 先月29日の衆院予算委員会で茂木氏に質問した希望の党の大西健介選対委員長も、関連団体による香典支出が発覚した。事務所は「確認中」としている。

 元民進党代表でもある立憲民主党の蓮舫参院国対委員長も今月1日の参院予算委員会で「線香をタダで配る、政治活動の目的を教えてください」「線香を配ると党勢が拡大するのか」と茂木氏に迫った。
ところが、立憲民主党の近藤昭一副代表や風間直樹参院議員が政党支部や関連団体の収支報告書に線香代を記載していたことが判明し、きれいにブーメランが決まった。
両氏の事務所に配布の有無などを尋ねる質問状を送ったが、2日夜の時点で返答はない。

詳細はソースにて

http://www.sankei.com/politics/news/180203/plt1802030006-n1.html

【【線香】民進系に連綿と息づくブーメランのDNA 希望・玉木雄一郎は予定していた記者会見取りやめ逃亡 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
7f3fdd73

希望の党・玉木雄一郎代表も香典代 立民・近藤昭一副代表ら野党議員の線香、供花支出続々判明 http://www.sankei.com/politics/news/180203/plt1802030003-n1.html

茂木敏充経済再生担当相の秘書が選挙区の有権者に線香を配布した問題で、野党議員が代表を務めた政党支部や関連団体も線香や供花代などを支出したケースが複数あることが2日、分かった。
希望の党の玉木雄一郎代表の政党支部が3年間で59万5千円の慶弔費を支出したほか、立憲民主党副代表の近藤昭一衆院議員、元民進党の菊田真紀子衆院議員らにも判明した。

玉木氏が代表だった「民主党香川県第2区総支部」の平成22~24年の「1万円以下の支出」の明細書によると、「慶弔費」として22年に39件計21万円、23年に15件計9万円、24年に56件計29万5千円を計上していた。
慶弔費は祝儀や香典を指す。玉木氏は2日、「秘書が葬儀に参列して持参した。
政党支部の活動として支出したもので、公職選挙法に基づいたものだ」などとのコメントを発表した。

希望の党では小川淳也衆院議員が代表の「民主党香川県第1区総支部」も22~24年に62件計37万円の「慶弔費」を計上。
大西健介選対委員長の関連団体「健政会」は22年に香典代を17件計5万5千円、岸本周平役員室長の政治団体「周勝会」は26年に1万800円の線香代を支出していた。

立憲民主党の近藤氏の「民主党愛知県第3区総支部」は21年に線香代3万円、関連団体「21世紀の国づくりを考える会」は25~27年に線香代10万2296円、供花代5万8200円を支出。同党の風間直樹参院議員の関連団体「樹政会」は線香代計3万3100円を支出した。
菊田氏の「民主党新潟県第4区総支部」は22~27年、少なくとも香典代計106万4千円、供花代2万円、線香代1万2千円を支出した。

支出が判明した議員は全員旧民主党に所属していた。立憲民主党の山尾志桜里衆院議員も民進党政調会長だった28年5月、後援会が25~26年に供花代と香典代計4万4875円を支出していたことが判明した。

公職選挙法は政党支部や政治家が名前を表示し、または名前が類推される方法で有権者に寄付することを禁じている。
線香や葬儀の供花、香典も該当する。香典は政治家本人が手渡せば抵触しない場合もある。

【【悲報】希望の党・玉木雄一郎代表も香典代 立民・近藤昭一副代表ら野党議員の線香、供花支出続々判明 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
soc1802020027-p1

希望の党、茂木担当相の議員辞職要求=線香配布問題


希望の党の玉木雄一郎代表は30日の記者会見で、茂木敏充経済再生担当相が自ら 支部長を務める政党支部を通じ、地元の有権者に線香や衆院手帳を無償配布していたことに関し「過去の自民党議員の事例もあるので、出処進退を自らが判断するべきだ」と述べ、茂木氏の議員辞職を求めた。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018013000618&g=pol



希望代表・玉木氏「慶弔費」110件59万円…支出認め会見へ

希望の党代表の玉木雄一郎衆院議員が代表を務めた「民主党香川県第2区総支部」が
2010~12年の3年間に、110件の慶弔費として、総額59万5000円を支出したとする明細書を夕刊フジは入手した。
茂木敏充経済再生担当相の「線香配布問題」が取り沙汰されるなか、注目すべき支出だ。
夕刊フジは1日、質問状を送ったが、玉木氏側は期限までに回答せず、この件で2日午後、記者会見を開くという。
一体どう説明するのか。

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180202/soc1802020027-n1.html

【【もはやお笑い職人】 希望の党・玉木「線香配布許せない、茂木は辞任を」→ 玉木、線香59万円分配布w 】の続きを読む

このページのトップヘ