ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 政治

政治

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
7f3fdd73

希望の党・玉木雄一郎代表も香典代 立民・近藤昭一副代表ら野党議員の線香、供花支出続々判明 http://www.sankei.com/politics/news/180203/plt1802030003-n1.html

茂木敏充経済再生担当相の秘書が選挙区の有権者に線香を配布した問題で、野党議員が代表を務めた政党支部や関連団体も線香や供花代などを支出したケースが複数あることが2日、分かった。
希望の党の玉木雄一郎代表の政党支部が3年間で59万5千円の慶弔費を支出したほか、立憲民主党副代表の近藤昭一衆院議員、元民進党の菊田真紀子衆院議員らにも判明した。

玉木氏が代表だった「民主党香川県第2区総支部」の平成22~24年の「1万円以下の支出」の明細書によると、「慶弔費」として22年に39件計21万円、23年に15件計9万円、24年に56件計29万5千円を計上していた。
慶弔費は祝儀や香典を指す。玉木氏は2日、「秘書が葬儀に参列して持参した。
政党支部の活動として支出したもので、公職選挙法に基づいたものだ」などとのコメントを発表した。

希望の党では小川淳也衆院議員が代表の「民主党香川県第1区総支部」も22~24年に62件計37万円の「慶弔費」を計上。
大西健介選対委員長の関連団体「健政会」は22年に香典代を17件計5万5千円、岸本周平役員室長の政治団体「周勝会」は26年に1万800円の線香代を支出していた。

立憲民主党の近藤氏の「民主党愛知県第3区総支部」は21年に線香代3万円、関連団体「21世紀の国づくりを考える会」は25~27年に線香代10万2296円、供花代5万8200円を支出。同党の風間直樹参院議員の関連団体「樹政会」は線香代計3万3100円を支出した。
菊田氏の「民主党新潟県第4区総支部」は22~27年、少なくとも香典代計106万4千円、供花代2万円、線香代1万2千円を支出した。

支出が判明した議員は全員旧民主党に所属していた。立憲民主党の山尾志桜里衆院議員も民進党政調会長だった28年5月、後援会が25~26年に供花代と香典代計4万4875円を支出していたことが判明した。

公職選挙法は政党支部や政治家が名前を表示し、または名前が類推される方法で有権者に寄付することを禁じている。
線香や葬儀の供花、香典も該当する。香典は政治家本人が手渡せば抵触しない場合もある。

【【悲報】希望の党・玉木雄一郎代表も香典代 立民・近藤昭一副代表ら野党議員の線香、供花支出続々判明 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
soc1802020027-p1

希望の党、茂木担当相の議員辞職要求=線香配布問題


希望の党の玉木雄一郎代表は30日の記者会見で、茂木敏充経済再生担当相が自ら 支部長を務める政党支部を通じ、地元の有権者に線香や衆院手帳を無償配布していたことに関し「過去の自民党議員の事例もあるので、出処進退を自らが判断するべきだ」と述べ、茂木氏の議員辞職を求めた。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018013000618&g=pol



希望代表・玉木氏「慶弔費」110件59万円…支出認め会見へ

希望の党代表の玉木雄一郎衆院議員が代表を務めた「民主党香川県第2区総支部」が
2010~12年の3年間に、110件の慶弔費として、総額59万5000円を支出したとする明細書を夕刊フジは入手した。
茂木敏充経済再生担当相の「線香配布問題」が取り沙汰されるなか、注目すべき支出だ。
夕刊フジは1日、質問状を送ったが、玉木氏側は期限までに回答せず、この件で2日午後、記者会見を開くという。
一体どう説明するのか。

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180202/soc1802020027-n1.html

【【もはやお笑い職人】 希望の党・玉木「線香配布許せない、茂木は辞任を」→ 玉木、線香59万円分配布w 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180130-00000044-dal-000-4-view

参議院議員の蓮舫氏が30日、TBS系「ビビット」のインタビューに応じ、事業仕分けの際に発した「2位じゃダメなんですか?」発言について「あの残像はいつになったら消えるんでしょうね」と苦笑いで振り返った。

番組では、蓮舫議員の生い立ちから現在までを特集。
蓮舫自身にもインタビューし、音響メーカーのオーディションを受けた理由や、議員を目指したきっかけ、双子の子育て法などを語った。

その中で、蓮舫議員を世間に印象づけた「2位じゃダメなんですか」発言についても言及。
事業仕分け時に「世界一になる理由は何があるんでしょうか、2位じゃダメなんでしょうか」と言い切り、世間の猛バッシングを受けた。

この発言について未だに世間では「恐い」イメージがついていることに、蓮舫議員は「あの残像はいつになったら消えるんでしょうね」と苦笑い。
「本当に何処に行っても、したり顔で『2位じゃダメなんでしょうか』って言われた時に
『何言ってるんだ、この人』って未だに思う」と、今でもあちこちで「2位じゃダメ」発言を取り上げられることにややうんざりしている様子も。

詳細はソースにて

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00000044-dal-ent

【【蓮舫】「2位じゃダメなんですか?」発言について振り返る…「あの残像はいつになったら消えるんでしょうね」と苦笑い】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
OmMNLZzj_400x400

 希望の党執行部は、党創設者の小池百合子前代表(東京都知事)に離党を促す調整に入る方針を固めた。基本政策で隔たりのある結党メンバーの松沢成文参院議員団代表らと合意の上で党を分割する「分党」も視野に、将来の党名変更も検討する。
 複数の党幹部が25日明らかにした。イメージ刷新で党勢回復を目指すとともに、野党連携重視へ軸足を移す狙いがある。26日に両院議員懇談会を開き、安全保障政策や憲法改正を巡り議論する。

 玉木代表ら執行部は報道各社の世論調査で政党支持率が1%台に落ち込んだ現状を深刻視。特別顧問の肩書がある小池氏の離脱措置が巻き返しに不可欠との意向を強めている。

https://jp.reuters.com/article/idJP2018012501001994

【【悲報】小池百合子前代表、希望の党から追い出される・・・】の続きを読む

このページのトップヘ