ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 報道

報道

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

「Mステ」新サブMCに並木万里菜アナ、タモリからの助言は「向上心はいらない」

テレビ朝日系の音楽番組「ミュージックステーション」の新たなサブMCに、テレビ朝日の並木万里菜アナウンサーが就任することが発表された。

1986年に放送がスタートし今秋で放送33年目に突入した「ミュージックステーション」。MC・タモリと共に進行を務めるサブMCは1996年4月以降テレビ朝日の女性アナウンサーが歴任している。今年の4月に同局に入社した並木アナはこれまで5年にわたりサブMCを担当した弘中綾香アナウンサーに代わる形で、本日10月19日(金)放送の「ミュージックステーション 2時間SP」から番組に参加する。

昨日10月18日には東京・テレビ朝日のスタジオで新サブMCの発表会見が行われた。下平さやか、武内絵美、堂真理子、竹内由恵、弘中綾香と歴代のサブMCも駆け付ける中、Mステ名物の大階段から姿を見せた並木アナは緊張の面持ちを浮かべながら集まった報道陣に一礼し、自己紹介をした。

サブMC就任を伝えられたときの心境を司会者に問われると、彼女は「部長から言われたのですが、頭が真っ白になって心臓が2、3秒止まりました」と当時の状況を吐露。「それくらいに衝撃的でしたが、『光栄なことだよ』と言われ『がんばろう』と思いました」と続ける。両親にこのことを伝えると母親からは「嘘でしょ、信じられない」と返されたというが、並木アナは「ほとんどの皆さんが私を知らない中ですが、自分ができることを精一杯やって。謙虚にまっすぐ、生の音楽の楽しさを伝えられたらと思います」と意気込みを語った。

集まった先輩からは並木アナへのエールとして、5者5様のアドバイスが送られた。9月までサブMCを務めていた弘中アナは「『ホントに私でいいのか』と思うときが来ると思います。私もそうやって放送中に心が折れそうになったことが何度かあったんですが、そういうときは開き直る! 『私しかこのイスには座れない』と言い聞かせて、自信を持って明日からがんばってください」と力強い言葉で並木アナに語りかけ、これを聞いた並木アナは「心がギュッとつかまれました。1つひとつの言葉に重みしかないです」と感慨深げにメッセージを噛みしめていた。

「この中で『私が1番だ』と思うことは?」という質問に対し、「知らないという事」とボードに書き込んだ並木アナ。彼女は「知らないことを1つひとつ経験していって、成長していきたいなという思いをこめてこの答えにしました」と報道陣に思いを伝える。最後に改めて意気込みを問われると「この間タモリさんにご挨拶にうかがったとき『向上心はいらない。反省はしなくていい』という深い言葉をいただきました。まだこの言葉の意味はわからないですが、経験の中で意味が汲み取れるよう、がんばっていきます」とコメント。5人の歴代MCからバトンを受け取るようなポーズで写真撮影を行い会見を終えた。

◆テレビ朝日系「ミュージックステーション」

2018年10月19日(金)20:00~21:48
<出演者および披露曲>
・嵐「君のうた」
・E-girls「Perfect World」
・King & Prince「Memorial」
・ジェジュン「Defiance」
・Superfly「Gifts」
・HYDE「FAKE DIVINE」
・BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」応援ゲスト:佐藤健 / 高橋一生
・MONKEY MAJIK×サンドウィッチマン「ウマーベラス」


「ミュージックステーション」歴代のサブMC。中央右が並木万里菜アナウンサー。
no title

並木万里菜
no title

no title

並木万里菜(右)にアドバイスを送る弘中綾香(左)。
no title


https://natalie.mu/music/news/304314

【「Mステ」新サブMCに並木万里菜アナ、タモリからの助言は「向上心はいらない」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
no title

韓国の人気アイドルグループ『防弾少年団』(BTS)のメンバーの1人、ジミンの着ていたTシャツが、韓国内で物議を醸している。

きっかけは昨年、フランスのパリで開かれた「韓仏友情コンサート」でのこと。出演者のジミンが、原爆のきのこ雲と、万歳をする韓国国民の姿がプリントされたTシャツを着ていたのだという。
これに韓国のネットユーザーらが「気持ちは理解できる」「政治色を持ち込むのは良くない」などと反応したと、韓国メディアが伝えている。

この件を受けて、日本のテレビ局も慌てているという。

「一番アブラ汗をかいているのはNHKでしょう。というのも、『防弾少年団』は今年の紅白歌合戦への出場がほぼ確定的だとされているからです」(芸能関係者)

『防弾少年団』は2013年にデビュー。日本でもオリコンランキングの1位を重ねる他、11月には4大ドームツアーや出演映画の公開を控えているなど、主に若い女性からの人気が高い。今年前半には、米ビルボードのアルバムチャートで、アジア圏初の1位を記録したことでも話題になった。

紅白歌合戦の目玉がパーに
「昨年初出場した女性9人組アイドルグループ『TWICE』との“韓流アイドルダブル出場”を目玉の1つにしていると、もっぱらのウワサでしたが…、さすがに“きのこ雲Tシャツ”は国民感情が許さないでしょう。
なぜ昨年のことが今になって持ち上がってきたのか、なぜこのタイミングなのかと、紅白担当者は相当頭を抱えているはずですよ」(同・関係者)

https://news.nifty.com/article/entame/myjitsu/12156-64875/#article

【【紅白】 『原爆バンザイTシャツ』の韓国グループを“紅白内定”したNHK 】の続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
52263141

 14日に放送されたNHKの大河ドラマ『西郷どん』の第38回「傷だらけの維新」でのあるシーンが、ネット上で話題になっている。

 先週の放送では江戸無血開城が実現したものの、この日の放送でも旧幕臣や浪士の抵抗は続き、吉之助(鈴木亮平)の弟である吉二郎(渡部豪太)が戦死してしまう。物語の終盤、知らせを受け吉之助がむせび泣くというシーンが描かれたが、今回問題となっているのはこの吉之助が号泣しているシーン。放送終了間際ということもあり視聴者も感極まっていたタイミングで、画面上に「巨人・菅野智之投手がノーヒットノーラン クライマックスシリーズで初の快挙」という速報が入ったのだ。

 災害関連の速報ではない上、この日もっとも盛り上がるタイミングということもあり、視聴者からは不満の声が噴出。「雰囲気ぶち壊し」「緊急事態でもないのに速報入れないでほしい!」「終了5分前なんだからタイミング考えてよ…」「どうして自分たちで作品台無しにしてくの?」という声や、「吉之助はヤクルトファンだったのかな?」「西郷が完全にヤクルトファンになってしまった」といった揶揄まで聞かれている。

「実は 大河ドラマを巡っては、2010年に放送された『龍馬伝』最終回での、龍馬暗殺という全編通してもっとも盛り上がるタイミングで『愛媛県知事、新人の中村時広氏 当選確実』という速報が入り物議に。NHKにも1時間で約200件の苦情が寄せられたとのことで問題にもなっており、今回の騒動で8年前の“黒歴史”を思い出した大河ファンは少なくなかったようです」(ドラマライター)

 しかし、スポーツでの快挙や選挙の当落がテレビで速報されることは珍しくなく、一部では「絶対に邪魔されたくないならBSで観ればいいのに」「テロップなんて気にしなきゃいいのに。難癖付け過ぎ」といった声も見受けられた。

 今回の速報に関して「緊急性はない」と感じた視聴者が多く、大河ドラマ放映後には毎回ニュースや気象情報などが放送されていることから、大きな騒動に発展した模様。『西郷どん』にとっては物語外のことで残念な炎上となってしまった。

リアルライブ
https://npn.co.jp/sp/article/detail/52263141/

【【NHKの大河ドラマ】<西郷どん>号泣演技中に「巨人・菅野投手がノーヒットノーランCSで初の快挙」の速報テロップが入り炎上「雰囲気ぶち壊し」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
最近は紙の新聞を目にする機会も減りつつあるが、その信用度を調査。
https://sirabee.com/2018/10/14/20161827239/
no title

(Dave & Les Jacobs/iStock/Getty Images Plus)

紙の新聞をとっていない人は、増え続けている。ウェブに配信された記事は見たことがあっても、紙の新聞を目にしたことがない人さえ、今後は増えていくことだろう。
新聞メディアが担ってきたものは、高い取材力と深い知見からの分析、それらが裏付ける情報の信用度だ。では逆に、今、信用されていないのは、どの新聞なのだろうか。

■「朝日新聞」が4割

しらべぇ編集部が、全国20~60代の男女1,344名を対象に調査したところ、「もっとも信用できない」と答えた人が一番多かったのは、朝日新聞で男性の44.2%、女性では少し下がって34.7%を占めた。
no title

2位の読売新聞は、男女差が逆で、女性のほうが約5ポイントほど信用していない割合が高い。僅差で産経新聞が続き、もっとも少なかったのは、日経新聞という結果となった。

日経は、「信頼できる新聞」という調査でも1位に輝いていたため、納得できる結果と言える。

■若い男性の朝日不信が目立つ

では、今回1位となった朝日新聞は、実際にどのような人たちに信用されていないのだろうか。男女年代別で見てみると…
no title

どの年代でも、男性の不信感が女性を大きく上回っている。とくに30代男性では5割に及んだ。また、60代では男女とも比較的低いが、すべての世代で1位に選ばれている。

「ネトウヨ」などと呼ばれるような一部の人から批判的に見られているのではなく、かなり多くの人たちが疑いの目を持っているというのは、認識しておいたほうがよさそうだ。

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,344名(有効回答数)

【【朝日新聞】「もっとも信用できない新聞」すべての世代で1位に輝いたのは?…「信頼できる新聞」1位は日経 】の続きを読む

このページのトップヘ