ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 報道

報道

f4654ed4

フジテレビの新バラエティ番組『良かれと思って!』がスタート直後から、いきなり“終わり”を迎えている。なんと、「出演してくれるゲストがいない」という異常事態に陥っているのだ。

水曜22時の同番組は、バカリズム、劇団ひとり、澤部佑(ハライチ)、カズレーザー(メイプル超合金)の4人が、芸能人に対して愛のあるダメ出しを“良かれと思って”ぶつけるトークバラエティ。
しかし、4月19日放送の初回以降のキャスティングがまったく進んでいないことが先日発覚した。これは、いったいどういうことか。

「どの芸能事務所に声をかけても、返事は『初回の放送を見てから判断する』というものだったようです。
これはつまり、事務所としては所属タレントが出るメリットを感じられないどころか、イメージダウンも免れないと判断したということ。
オファーに対して二の足を踏んだというわけです」(テレビ局関係者)

こんな先行きが危うい番組を、なぜフジはスタートさせたのだろうか?

「ズバリ、ほかに企画がないからです。同番組は1月5日の0~1時台という深夜に『良かれと思って言わせて頂きます!』というタイトルで放送されたスペシャル番組のレギュラー版。
しかし、スペシャル番組がレギュラー化されるまでには、少なくとも4~5回は特番放送を繰り返してから判断されるのが通例ですが、今回の場合はたった一度放送されただけです」(同)

しかも、1月放送の視聴率は2.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったという。それで「好評」と判断し、いきなり昇格に踏み切らなければならないほど、フジは追いつめられているのだろうか。

「通常、番組編成は裏番組との兼ね合いはもちろん、前の番組との流れなど、緻密な計画の下で行われます。
しかし、わずか3カ月でレギュラー化するフジに、そこまでの深い考えがあったとは思えません」(同)

●フジの危うい番組編成、放送作家から不満の声も

ちなみに、このテレビ局関係者によれば、フジの番組編成は、各プロデューサーや編成マンから企画を募集し、それが良ければ即採用するというやり方だが、
日本テレビの場合、仮にいい企画であっても、全体の編成から見てバランスが取れなければ保留にすることもあるという。

http://dailynewsonline.jp/article/1304887/?page=2
2017.04.26 20:01 ビジネスジャーナル

【【悲報】フジテレビ、視聴率2%台で「好評」と判断して特番をレギュラー化→キャスティング難航の末期状態】の続きを読む

 俳優で歌手の星野源(36)がNHKでテレビ初冠番組を持つことが24日、分かった。5月4日のNHK総合「おげんさんといっしょ」(木曜後10・50)で1時間生放送。独自の視点で音楽を語り、ゲスト出演者と生ライブも披露する予定で、ファン垂ぜんの番組になりそうだ。

 昨年のTBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で新垣結衣(28)と契約結婚した夫婦を演じ“逃げ恥”ブームをけん引するなど大ブレークした星野。満を持して初の冠番組に出演する。

 星野扮する「おげんさん」が、音楽とダラダラ話をするのが大好きな「おげんさん一家」とともに60分遊び尽くす番組で、東京・渋谷にある「おげんさんの家」から「ゆるい音楽」と「だらだらトーク」を届ける。音楽をこよなく愛する「おげんさん」が独自の視点で音楽を語っていく。

 今回「おげんさん」が語るアーティストは、敬愛してやまない故マイケル・ジャクソンさんや細野晴臣ら。偉大なスターに対する熱い思いを打ち明ける。また、世の中の様々なことが気になる「おげんさん」は“人のくしゃみを見るのが好き”“うまそーなものが大好き”と告白。視聴者に“くしゃみ”と“うまそーなもの”を募集し、ゆるいトークを繰り広げる。

 生放送ならではの演出にも期待だ。ツイッターでリアルタイムに「おげんさん」と視聴者が繋がるのも大きな魅力で、曲のリクエストを募集して即興の弾き語りを披露する可能性も。ラストには話題のアノ曲を紹介することもあるかもしれない。

 「おげんさん」の家族は誰なのか?謎のネズミは?生放送で何が起こるのか、サプライズはあるのか…?音楽家、俳優、文筆家…幅広い分野で活躍する星野のこだわりが詰まった番組に注目だ。


・星野源が出演する「おげんさんといっしょ」(C)NHK
no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000182-spnannex-ent.view-000
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000182-spnannex-ent

【【星野源】NHKでテレビ初冠番組!「おげんさんといっしょ」生放送で音楽を遊び尽くす】の続きを読む

C5-91YQVAAAsA7M

「オトナの井戸端、作りました」の触れ込みで始まったNHK「ごごナマ」が苦戦している。放送記者が話す。

「NHKが初めて午後の情報番組に参戦するということで、各局は戦々恐々でした。それが初回の4月3日の視聴率は3%で、その後も上がる気配はなく2%前後と深夜番組並の数字。関西地区では1%を切ることもザラにある。1時5分に始まる『ごごナマ』に対して、50分ほど遅れてスタートする『ミヤネ屋』(日テレ系)、『ゴゴスマ』(TBS系)、『グッディ!』(フジ系)の3つの情報番組は、5~8%台で推移。以前と変わりなく競っている。民放を脅かすどころか、テレ東の『午後のロードショー』と下位争いをしているほどです」

 低迷の要因を芸能デスクがこう指摘する。

「“森友学園”や“北朝鮮”に定番の“豊洲問題”と最近は世間の関心度が高い話題が豊富です。民放の3番組はどの順番でどういう観点で放送するかが視聴率を左右すると頭を悩ませている。

一方、『ごごナマ』は社会問題などには触れず、『ゆったりと午後のおしゃべりを楽しむ』とのコンセプト通り緩いトークと生活情報がメインです。

しかも、ゲストを招いてのお喋りコーナーで巨大なスマートボールを使ってお題を決めるなど、民放で見たことがあるような手法を使っている。

関西では同じ時間帯にMBS(TBS系列)の『ちちんぷいぷい』という似たような老舗番組がある。ニュースに関心がない人はこちらを見ているので特に視聴率が悪いのでしょう」

 異色の司会者(月~木)として話題を集めた船越英一郎(56)と美保純(56)も影が薄い。

「船越の初司会もアドリブが利かず面白味に欠ける。坂上忍(49)が司会で弾けたように、船越にも多少の期待がありましたが、台本通りに無難にこなしているだけの優等生。美保も番組からは『NHKだからと真面目にならないで欲しいと言われた』とレギュラーを務めるMXテレビ(東京ローカル局)の番組で明かしていましたが、歯に衣着せぬトークも不発気味。本領を発揮すれば面白いとは思いますが……」(テレビ関係者)

 サスペンスドラマではよく崖っぷちで犯人と対峙している船越。情報番組では早くも自らが崖っぷちに立つが、落ちずに済むか。

文春オンライン 4/23(日) 11:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170423-00002213-bunshun-ent

【【原因はコンセプトか司会者か?】NHK「ごごナマ」苦戦!社会問題などには触れず、緩いトークと生活情報がメイン】の続きを読む

501515f8894c455fbc1077ddf3caacf52f7b35d21440827855

4月16日、格闘技特番「RIZIN」を放送したフジテレビ。
放送決定後から何度も番宣を放送し、同局が大いに力を入れていたものの平均視聴率は5.4%と惨敗を喫してしまった。

昨年の年間視聴率は前日、ゴールデン、プライムのいずれも民放4位に沈み、早急なテコ入れに動いている同局。
4年前に就任した現社長の亀山千広氏の解任がいよいよ現実味を帯びてきている。

「社内では次期社長の話題で持ちきりですよ」と語るのは同局の30代社員である。

「週刊誌にも書かれているように、次期社長候補は2人に絞られたと言われています。ひとりは遠藤龍之介専務取締役。
作家の遠藤周作の長男で、広報のエースとして活躍してきた人です。

もうひとりはドラマのヒットメーカーとして知られている大多亮常務取締役。大多さんは4年前にも“次期社長の最有力候補”と呼ばれていて、次こそ社長かと噂されているんです」

社内外から注目を集める同局の次期社長争いだが、内部からは不安の声も──。
「『もし新社長に大多さんが選ばれたら大変だ』と戦々恐々としているスタッフもいますよ」

なぜ、大多氏は恐れられているのだろうか?

「大多さんは現社長の亀山さんと長年のライバル関係。大多さんがトップの座についたら、現体制からの脱却をアピールするため、いま放送されている番組が続々と打ち切りになるのではと予想されているんです。バラエティだと『めちゃ×2イケてるッ!』『とんねるずのみなさんのおかげでした』などは真っ先に“粛清”されると言われていますね」

間近と囁かれるフジテレビの新体制樹立。新社長となるのは遠藤氏か大多氏か──。

(白川健一)

Posted on 2017年4月22日 17:58
http://www.asagei.com/excerpt/79816

【【フジテレビ】新社長があの人なら「めちゃイケ」「みなさんのおかげ」は即粛清!? 】の続きを読む

このページのトップヘ