ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 報道

報道

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
5f7549b2bc3ac59ae2a5f3554a81de56

 テレビ朝日報道局コメンテーター室解説委員の玉川徹氏(55)は、辞任に追い込まれた財務省の福田淳一事務次官のセクハラ行為を告発した女性記者の一連の行為を「ハニートラップ」だと臆測する一部の声に対し、「下衆(げす)の勘繰り」と批判して反論した。

 20日放送の同局系「羽鳥慎一モーニングショー」は、福田氏のセクハラ問題を取り上げた。福田氏はテレビ朝日が自社の女性社員のセクハラ被害を公表したことに対して前日19日に「同社がどういう調査をしたか知らないが、(会話の)全体をみればセクハラに該当しないことは分かるはずだ」と述べ、あらためて、自らのセクハラ疑惑を否定した。

 玉川氏は、福田氏が女性記者へのセクハラ行為を認めないまま辞任を表明し、裁判で争う姿勢を見せていることについて「白か黒わからない状態で辞めてしまうと当然、退職金もきちっと出るし、再就職もできる。認めてしまうと退職金も減るだろうし、再就職も難しくなるかもしれない。(訴訟を起こして)2年3年後に結論が出るんだとしたら、とりあえずそこまでは時間稼ぎができる。最終的に『名誉毀損(きそん)じゃない、週刊新潮が正しい』という認定がされたとしても、そんな時に出る記事はほんの小さい記事。ニュースだってちょっとやるぐらいでしょ、そんな昔の話。そんなことを考えているのかな」と推察。「過ちて改める機会をみすみす失うということがいいんだろうか。人間だから間違うことはあります。間違いだと認めて反省をして謝罪をして、それを後に残すということをする機会もあったはずなのに。それがすごく残念」とため息をついた。

 さらに玉川氏は、「(福田氏に対する女性記者の一連の行為を)ハニートラップだと下衆の勘繰りを書いている人がいる」と指摘した。さらに「(女性記者が福田氏とのやりとりを)録音してたのも、それまでにも(セクハラ行為)あったから自分を守るためにしてたんだし、初めからこれを持って首をとろうとかそういうことじゃないですよ。クビにしたくてやってるんじゃなくて、変わってほしいからやってるんですよ、女性は。そういうふうなことを誤解している世の中がまだまだある。そういうことじゃないんです」と持論を展開した。

詳細はソースにて
日刊スポーツ
http://news.livedoor.com/article/detail/14605140/

【【財務省次官のセクハラ騒動】テレ朝記者の“ハニートラップ”臆測に、玉川徹氏が猛反論 「下衆の勘繰りを書いている人がいる」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180317023302

長澤まさみ(30)主演のフジテレビの月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」が、2回連続で1桁台の視聴率という大苦戦を強いられている。
かつては視聴率20%以上を当たり前のように取っていた月9だが、最近は2桁もなかなか取れない低迷ぶりだ。

長らく不振が続くフジはこの4月期の改編で、多くの長寿バラエティー番組を打ち切った。
その標的はバラエティーだけではないとみられ「次は月9が打ち切られるのでは」とささやかれている。

長澤が主演する「コンフィデンスマンJP」は、9日にスタート。
初回が9・4%と1桁台でスタートすると、16日放送の第2話は7・7%とさらに数字を落としてしまった。

この作品に限らず、最近の月9は低迷を続けている。2016年1~3月クールに放送された
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の9・7%以降、全話平均視聴率は、そのほとんどが1桁台の低迷ぶりだ。

全話平均が唯一、2桁台に乗ったのは昨年7~9月クールの「コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―」。
山下智久が主演し、話題を集めた同ドラマは、平均14・8%という高視聴率を記録し「ようやく“月9復権”の兆しが見えてきた」といわれた。

だが、後が続かなかった。10~12月の「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」が6・7%、
今年1~3月の「海月姫」は6・1%にまで落ち込み、またも“暗黒期”に戻ってしまった。

かつて黄金時代を築いたが、このところめっきり視聴率が低迷しているフジは、4月期の番組改編で、
バラエティー分野において“聖域なき改革”を断行。いずれも20年以上にわたって放送された長寿番組
「とんねるずのみなさんのおかげでした」と「めちゃ×2イケてるッ!」を打ち切った。ほかにも「おじゃMAP!!」なども終了させた。

視聴率が低迷する番組を次々に打ち切るのは、昨年6月に就任した宮内正喜社長の方針だ。
かつて多くのヒットドラマを手がけた亀山千広氏からトップの座をバトンタッチされた宮内社長は、就任直後から「業績を回復する一点に絞る」と明言してきた。

「そのためには何よりも視聴率アップが大事。これまで、視聴率は低迷しているのに“長い間放送してきた”という理由だけで続けてきた
『みなさんのおかげでした』や『めちゃイケ』の打ち切りを決めたんです」(フジテレビ関係者)

4月の改編ではバラエティー番組を次々と打ち切ったが、標的はもちろんバラエティー部門だけではない。
これから先も視聴率が低迷し続ければ、月9も当然、打ち切りの対象になってくるとみられている。

「今回の月9は、長澤がセクシー路線を全開にしてさまざまなコスプレに挑戦している。
東スポさんでも“長澤が低迷するフジの救世主に”と書いていたけど、局内でも大きな期待がかかっていた。それがいきなりの低空飛行だから、ショックは大きい」(同)

また別の同局関係者は「宮内さんの前任である亀山さんは、月9にものすごい思い入れがある。
そりゃ、そうですよね。キムタクが主演して大人気となった『ロングバケーション』(1996年)を手がけ、
全話平均29・6%というものすごい視聴率を記録したんだから。亀山さんなら月9を打ち切るなんてことは考えもしなかっただろう」と言う。

だが、宮内社長は主に編成部門を歩んできた。

「だから月9に全く思い入れはない。『みなさんのおかげでした』や『めちゃイケ』と同様に“数字が悪かったら打ち切る”と判断するでしょうね」(同)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000004-tospoweb-ent 
【【フジテレビ】月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」 長澤まさみでも2回連続で1桁台の大苦戦・・フジ関係者「局内でも大きな期待がかかっていた。ショックは大きい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
きやすめ。放送法ってなーに? @ZeroE13A1
富川「まずは、テレビ朝日の今回の対応について率直にどう思われますか?」
後藤「テレビ朝日最初、女性記者から相談を受けたときこのときの対応については大いに反省してもらいたいと思いますね。
ただ、今回、記者会見をして事実を公表した。ここでギリギリセーフだったそんな気がします」
#tvasahi #報ST

画像
no title

no title




【【え?】報ステ「セクハラ問題、テレビ朝日はギリギリセーフ!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
19日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、相撲コンシェルジュの横野レイコリポーターと社会学者の古市憲寿氏がまたもやバトルを展開した。

番組では貴乃花親方が「貴乃花一門」の名称を返上すると一門の親方に提案したニュースを紹介。例によって相撲に詳しいレポーターとして横野レイコ氏が登場し、解説を加えた。

これに噛み付いたのが、たびたび横野氏の相撲協会寄りの見解に疑問を呈してきた古市氏。「え、でも貴乃花親方に厳しい横野さんからすると、ちょっといいニュースじゃないですか?」とジャブを入れた。
横野氏は少々カチンときたようで、「厳しくないですよ。何をおっしゃってるんでしょう」と反撃。古市氏は、「いや、だってちょっと嬉しそうだから」と横野氏の顔を見た。

横野氏は、貴乃花親方が一門の名称を返上するのは「ケジメ」から来る行動で「親方らしい」と説明する。しかし古市氏は、「ケジメって言うけど、ケジメを付けるほど貴乃花親方が悪いことしたんですか?
騒動を起こしたことはあるかもしれないけど、貴乃花さんがやろうとしてきたことと不祥事って、ここまで責められることなのか」と反論した。

結局これに横野氏が再反論することはなく、小倉智昭が「物言いは後で付けてください…」と諭し、コーナーは終了した。

古市氏の「横野さんが嬉しそうにしている」という指摘にネットユーザーも反応。「最初から頬が緩みっぱなしだった」「確かに嬉しそうだった」と古市氏の意見に同調する声が続出した。

横野氏に対しては「不適切アナウンスの春日野巡業部長のことにも触れろ」「相撲協会の肩ばかり持って中立な立場を取ってない」などと、その姿勢に批判が集まった。
また、小倉に対しても「ちゃんと議論させるべき」「『物言い』とはなんだ。的を射た意見じゃないか」と批判の声が噴出した。

「横野氏は事あるごとに『いっぱい取材をした』『話を聞いてきた』などと話していますが、それはすべて相撲協会の主張を前提としたもの。
1つの答えにのっとって取材をしても意味がありませんし、意見が偏るだけです。彼女はジャーナリストではなくコンシェルジュ。

『相撲協会の意に沿った方向に人々を導くための存在』ということなんでしょう。古市氏の言うように、彼女の意見を聞いていると、
貴乃花親方を一方的に叩いているようにしか見えない。『厳しくない』というなら、貴乃花親方の主張もリポートするべきです。
詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000012-reallive-ent

写真
no title

【【フジ『とくダネ!』】貴乃花一門名称返上で「横野さんが嬉しそう」古市氏が鋭い指摘“相撲コンシェルジュ”の偏りに疑問の声】の続きを読む

このページのトップヘ