ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 報道

報道

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
JBWEDdJa_400x400

1月6日にはじまったNHK大河ドラマ「いだてん」。平成最後の大河と意気込んだものの、スタートダッシュで見事にコケた。
朝ドラ「あまちゃん」で成功したクドカンこと宮藤官九郎氏の心は傷つき、焦りに駆られているのではないか。

初回は15・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。歴代ワースト3位と大きく出遅れた。
第2回では、心臓破りの丘で失速するように12%まで急降下。歴代ワーストの平均視聴率記録に並んだのである。第3回は13・2%と小康状態で――。

ドラマは、マラソン選手の金栗四三が初めて五輪に参加した1912年から、新聞記者の田畑政治(まさじ)が東京五輪を成功させた64年までを中心に描く
前半の主人公である金栗を中村勘九郎が、後半の主人公、田畑は阿部サダヲが演じる。古今亭志ん生役のビートたけしがナレーションを務めるのも放送前から話題だった。

金栗生誕の地である熊本県和水町(なごみまち)の高巣泰廣町長の、

「わが町が生んだ金栗さんがどのような形で出てこられるのか、非常に興味を持って観ております。
第2回で和水町の景色が出てきてよかったです。回を重ねていけば、視聴率も上がると思っております」
との朴訥な言葉が叶えばいいのだが……。

「近現代史を題材にすると視聴率が悪いのは、過去の例からもNHKは織り込み済みだったと思います」

こう語るコラムニストの桧山珠美氏は、「クドカンのドラマは登場人物が多く、パッと時間が飛ぶのが特徴。まさに初回がそうで、顔見世興行のようでした。
場面もころころ変わり、金栗四三がぜんぜん出てこない。志ん生やほかの登場人物ばかり出てきて、役所広司演じる嘉納治五郎を主人公と思った人もいたのでは。
そこがまたクドカンっぽくて面白かったのでしょうが、昔からの大河の視聴者は置いてけぼりにされたかもしれません」

この点について、「あの展開の早さは、旧来からの大河ファンが離れるだろうな、と思いました」
と、メディア文化論を専門とする上智大学の碓井広義教授は語る。

「ほかにも問題があります。語り手を実在の人物である志ん生にしたのはいかにもクドカンらしいのですが、演者がビートたけしさんであること。
志ん生が高座で落語を演じる体裁で舞台回しをしますが、たけしさんにしか見えないし聞こえません。
たけしさんの声が聞き取りづらいのが致命的です。あれでは視聴者が話についていけません」

致命的な問題、つまり志ん生役にビートたけしを指名したのは、NHKの制作統括プロデューサーである。

コラムニストの林操氏は、そのNHKサイドへ指摘。

「主人公が2人もいるのも、いかにも頭でっかちな感じですよね。NHKは五輪をテーマにして2020年に向けて国威を発揚しつつ、
陸連や五輪関係者にも気を遣わないといけない。それで、宮藤さんにあれこれと過剰なオーダーをしすぎたのではないでしょうか」

序盤の失速は、NHKの心臓破りのような無茶ぶり要求が招き、結果、クドカンはハートブレイク……。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190204-00555999-shincho-ent 
【【悲報】 歴代ワーストの平均視聴率記録に並んだNHK大河ドラマ 「いだてん」・・・ビートたけしの声が聞き取りづらいのが致命的 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
tamagawa

 4日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」は、恵方巻きの大量破棄問題を取り上げた。

 毎年、節分に繰り返されるこの問題は、店側が利益のみを優先し、需要と供給のバランスを読み違えることで発生。クリスマスケーキ同様、コンビニ店員が「1人3本」などのノルマを課せられることも社会問題化している。

 そのため、1月には農林水産省が恵方巻きの需要に見合った販売を業界団体に要請する対応を取ったが、食品廃棄物処理工場ではおなじみの光景が見られた。 

 番組では破棄される恵方巻きの金額が、10億2800万円に上ることが紹介された。

 取材生活30年のテレビ朝日解説委員・玉川徹氏は「たいして歴史ある話でもないし」と恵方巻きの風習に冷ややかな目を浮かべたが、実際はブームにしっかりと乗っていることを告白。

「やめちゃえばいいと思いつつも私も実は昨日食べました。縁起を担ぐタイプなんですよ。ボクはすし屋で注文するので、とてももったいなくて捨てられないので、今朝も食べましたけどね」と話し、食品ロスに警鐘を鳴らした。


2019年02月04日 13時34分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1269796/

【【テレ朝】恵方巻き大量破棄に玉川徹氏「やめちゃえばいい」と不快感も「私も食べました」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
97aae_50_cfa11888_dc1aa460

フジテレビは1日、6日深夜2時5分から放送予定だった、俳優・新井浩文(40)が出演する「美しき酒呑みたち」を取りやめ、「レイメイキ」に差し替えた。
自宅で女性に乱暴した疑いが強まり、警視庁が強制性交の疑いで新井の逮捕状を請求したとの報道を受けたもの。同局は「一連の報道を受けて差し替えを決めました」とコメントした。

「美しき-」はBSフジの番組で、新井がツイッターで集めた酒場情報をもとに日本各地の酒場に繰り出す内容。

http://news.livedoor.com/article/detail/15961146/
デイリースポーツ

【【フジテレビ】新井浩文出演番組を差し替え 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
54cb8_929_spnldpc-20190125-0149-004-p-0

昨年12月にオリコンが発表した「好きな女性アナウンサーランキング」において、NHKと民放キー局の中で、唯一TOP10入りする女子アナを輩出できなかったフジテレビ。

かつては"女子アナ王国"とまで呼ばれたが、どうしてここまで凋落(ちょうらく)してしまったのだろうか。

「加藤綾子アナが在局中に、彼女に続く人気アナをつくり出せなかったのが大きな要因のひとつ。
フジテレビは視聴率低迷が長引き、数字を追い求めるあまり、女子アナの成長を待てないのが現状です。

その最たる例が、海老原優香アナ。彼女は入社1年目の2017年10月に『とくダネ!』のMCアシスタントに抜擢(ばってき)されたものの、わずか半年で降板させられてしまった。彼女は失意のどん底に落とされ、会社に対しての不信感を抱いたと聞いています」(フジテレビ関係者)

現在、若手アナの中で孤軍奮闘しているのが、『めざましテレビ』のメインキャスターを務める永島優美アナだ。

「ひと昔前だったら、『めざまし』以外にもドンドン番組に出していったんですけど、今は働き方に厳しい時代。
女子アナは会社員なので、労働環境の問題がどうしてもついて回ってくる。
圧倒的な番組露出量で人気アナをつくるという、フジテレビの方程式が使えないのが実情なんです」(前出・フジテレビ関係者)

現在、人気になっている他局の若手アナは、どこかクセのあるキャラ立ちした女子アナばかり。
今年フジテレビがどのような女子アナ戦略を採るのか、注目していきたい。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190127-01080530-playboyz-ent

【【フジテレビ苦境?!】 人気女子アナ作れず 】の続きを読む

このページのトップヘ