ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 報道

報道

no title
フジ・メディア・ホールディングス(HD)を30年にわたって率いてきた日枝久会長と、ドラマ「踊る大捜査線」のヒットで知られるフジテレビジョン(以下、フジテレビ) の亀山千広社長が業績不振の責任を取って退任する。一部からは日枝氏は相談役として院政を敷くとの報道もあるが、会長ポストを去ることの意味は大きいだろう。

フジテレビは2013年に亀山社長が就任して以後、坂道を転げ落ちるように視聴率が低迷した。
グループとしては多角化が進んでいるものの、業績の多くをフジテレビに依存している図式は変わらない。業績低迷に苦しむフジテレビの実情を探った。

●一人負け状態のフジテレビ

フジ・メディアHDの2017年3月期の業績はかなり厳しいものだった。売上高は6539億円と前年をわずかに上回ったが、営業利益は223億円と前年比8.5%のマイナスとなった。
同社は事業の多角化を進めており、中核である放送事業の売上高は全体の半分程度まで下がっている。だが放送事業が収益を支えている図式に変わりはない。

最大の稼ぎ頭であるフジテレビの売上高は前年比3.2%減の2805億円、営業利益は前年比27.0%減の40億円とかなり厳しい状況だ。
フジテレビが稼げなければ、グループ全体の業績も低迷することになる。

フジテレビの業績が冴えないのは、当たり前のことだが視聴率が低迷しているからである。亀山氏が社長に就任した13年の年間視聴率(ビデオリサーチ調べ)は7.1%で、
民放キー局5社の中では3位だった。ところが他社の視聴率が上昇、もしくは横ばいで推移する中、フジテレビだけが年々視聴率を落とし、16年は5.7%まで低下。
キー局での順位は4位に落下した。フジテレビより下は相対的に規模の小さいテレビ東京しかない状況なので、同社の視聴率低迷はかなり深刻といってよいだろう。

フジテレビが低迷している最大の要因は、稼ぎ頭であるゴールデンタイム(午後7~10時)での視聴率落ち込みが激しく、いわゆる人気番組で高い視聴率が取れていないことである。
当然のことながら、視聴率の低下は広告収入の低下をもたらすことになり、17年3月期におけるフジテレビの放送収入(地上波のみ)は前年比で5.6%も落ち込んだ。

詳細はソースにて
ビジネスオンライン 5/24(水) 7:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170524-00000004-zdn_mkt-bus_all

【【一人負け状態のフジテレビ】番組制作費を削減し続けるフジに未来はあるのか?】の続きを読む

71c8237c

 フジテレビの連続テレビドラマ『貴族探偵』の第6話が22日に放送され、平均視聴率7.5%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)と、またもダウンした。同ドラマは、フジの月曜夜9時台の連ドラ枠“月9”が今クールで30周年を迎え、その記念作として人気ジャニーズアイドルグループ嵐の相葉雅紀を主演に据えた作品だが、前クールの『突然ですが、明日結婚します』が記録した“月9史上最低視聴率”である5.0%を下回る懸念も浮上するほどに苦戦している。テレビ局関係者が語る。

「最近の月9は毎クールのように低視聴率が話題となり、ジャニーズ事務所は『貴族探偵』のために相葉のスケジュールを押さえていたものの、人気グループである嵐の相葉を出すことに当初は難色を示していました。しかし、ジャニーズとしては昨年にSMAP解散のせいでフジの『SMAP×SMAP』を終了させてしまった“借り”もあり、『絶対にコケない』とフジに約束させ、相葉を差し出したのです。そのためフジは、1話だけで1000万円ともいわれるほど多額の制作費・宣伝費を投入しているにもかかわらず、結果は大コケとなっています。

 フジは月9に限らず、ここ数年は連ドラの視聴率は総崩れの状態で、回復の兆しも見えない。すでに現在、大手の芸能事務所は軒並み、自社の俳優をフジに出すことを渋り始めているなか、『貴族探偵』はこれだけ豪華なキャストを揃えたにもかかわらず惨敗してしまいました。これまでは各事務所はフジとのお付き合いもあり、嫌々ながらも俳優を差し出してきましたが、これで一斉にフジのドラマからは手を引くでしょう」

フジテレビ、次クールで「月9」打ち切り決定か…俳優&スポンサー確保の目処立たず 
http://biz-journal.jp/i/2017/05/post_19198_entry.html 
2017.05.24 


【【フジテレビ】次クールで「月9」打ち切り決定か…俳優&スポンサー確保の目処立たず 】の続きを読む

71c8237c

フジテレビの連続テレビドラマ『貴族探偵』の視聴率が上がらない。“月9”ドラマ枠30周年のメモリアルイヤーということもあり、主演の嵐・相葉雅紀に加え、武井咲、生瀬勝久、井川遥、滝藤賢一、中山美穂、仲間由紀恵という主演クラスが脇を固めるという超豪華キャストで挑んできたが、 22日に放送された第6話は平均視聴率7.5%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)と前話よりダウン。初回11.8%を記録して以降、5話連続での一桁台となり、 前クールの『突然ですが、明日結婚します』が記録した“月9史上最低視聴率”である5.0%を下回る懸念も浮上している。芸能記者が話す。

「キャスティングだけでは、視聴率が獲れないことを完全に露呈してしまいました。フジは昔からキャスティング任せの部分も大きかったが、それ以前にドラマがしっかりしていた。
いくら知名度の高いタレントを集めたところで、話がおもしろくなければ視聴者は見ないというのは当たり前のこと。
それでも、フジは『貴族探偵』の7話に広末涼子を起用すると発表した。根本的なことを理解していないとしか思えない」

裏に超強力な番組があるわけでもない。かつて視聴率30%越えを連発し、時代をリードしていた月9が自ら転げ落ちていってしまった理由はなんなのだろうか。テレビ局関係者が話す。

「フジに限らず、現状ではドラマのキャスティングは基本的に上から下りてくるもので、現場の人間がどうこうできるものではない。
だから、常にタレントありきでドラマをつくっていかなければならない。そういうドラマがあってもいいと思いますが、常にそのパターンだと辛いですよ。
現場の人間は脚本ありきでつくりたいと思っていても、それが許される環境にない。
現場は芸能事務所とテレビ局の政治的な思惑が視聴者に伝わってしまい『シラケている』とわかっている人もいますが、上層部はそれがマイナスに働いているということが全然わかっていない」

フジテレビは亀山千広社長の退任を発表。日枝久会長も取締役相談役に就く運びになり、BSフジ社長の宮内正喜氏が6月からフジテレビの社長に就任する。1967年入社の宮内氏は70年代の低迷期も、80年代の黄金期も知っている人物だ。

社内の権力闘争を勝ち抜いてきた会社員上がりの社長はフジを立て直すことができるのか。

「月9ドラマでヒットを飛ばしたり、『踊る大捜査線』の映画で局に莫大な利益をもたらした亀山氏と比べれば、派手な実績がない。
その分、現場に介入することなく、任せる社長になるかもしれない。ただ、今のフジには任せられるような人材がいないことも事実。
他局と同じような出演者で同じような番組をつくっているにもかかわらず、フジだと数字が上がらない。ステーションイメージの悪化もありますが、制作力の低下が著しい」 

まずは、他局のマネや過去の栄光にすがらず、キャスティングに頼らない番組づくりから始めることが大事かもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1313673/
2017.05.23 17:32 ビジネスジャーナル

【【フジテレビ自身も理解不能か】『貴族探偵』主役級豪華俳優ズラリでも、月9史上最低視聴率目前…】の続きを読む

07_836

娯楽や日常会話の話題の中心を担ってきた「テレビ」だが、一方で、動画サイトにはじまるネットの普及により「テレビは見ない」という人も増えてきた。

人それぞれ扱いや捉え方の違うテレビだが、今、とある投稿が注目されている。

■「テレビを見ないとバカになる」という同僚女性

話題を呼んでいるのは、はてな匿名ダイアリーに投稿された「『テレビ見ないとバカになる』という言葉を聞いて驚愕した」というエントリー。

投稿主によれば、同僚女性から「テレビ見ないからみんなバカになるんですよ。そういう人は芸能人の話にも疎いし、話に厚みがないじゃないですか」と言われたという。

投稿主は、その同僚女性が、テレビを観ない人をバカにしているということに驚いた様子。というのも、投稿主の家庭では、「テレビを見るとバカになる」という教えから、テレビは1日1時間しか許されていなかったとのこと。

また、友人たちもテレビを観ない人ばかりだったため、「テレビ=くだらないもの」という認識。読書や勉強をしていたほうがいいという考えだったという。

■価値観の違いを強く実感

投稿主は、「テレビを見る=バカになる」という認識は持っておらず、たまにテレビを見ることもあるようだ。しかし、同僚女性が言うような「テレビを観ると賢くなる」という主張には賛同できないとした。

この経験から投稿主は、「自分が当たり前だと思っていることが世の中の全てではない」ということを強く実感したという。

■テレビは話題作りには便利?

この投稿を受け、ネット民からはさまざまな声が。投稿された場所がネットということもあり、投稿主の考えにやや賛同の声が多いようだ。

とはいえ、同僚女性の意見に共感する声もチラホラとあがった。

・テレビを観ないとバカになるとは思わないけど、話題に困ったときにはテレビネタは助かる

・テレビを観たら賢くなると考えてるのはバカなんじゃないかと…

・くだらないゲームやサイトを観るくらいなら、テレビのほうがマシなんじゃないかとは思う

・みんながネットで好きなものを摂取するようになったからこそ、「共通の話題」になりえるテレビは強いと思う

■「テレビを全く見ない日がある」は4割

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,400名に「テレビの見られ方」について調査したところ、およそ4割が「全く見ない日がある」と回答。

全体的には、男性のほうがテレビを見ない傾向にあるようだ。しかし、もっともテレビを見ていないのは20代女性で、その割合はおよそ5割にもおよんでいる。

テレビに対してどのような価値観をもつかは自由だ。また、このような価値観の違いが生まれるのは、テレビ以外の娯楽がしっかりと発展したことが理由といえるかもしれない。

・合わせて読みたい→「視聴者の民度が低そう」なテレビ番組は? お笑い芸人のせいだけではなく…

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2015年9月25日~2015年9月28日対象:全国20代~60代の男女計1,400名

2017.05.23 05:30
https://www.news-postseven.com/archives/20170523_558259.html 
【<テレビを見ないとバカになる>という投稿に騒然!「価値観の違い」の声も 「テレビは見ない」という人も増えてきた?】の続きを読む

このページのトップヘ