ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 報道

報道

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
901706869cf0284c693eb09c607019

1月から始まったNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』の平均視聴率が、第6話で9.9%と1桁に転落し、第7話が9.5%、第8話が9.3%と下がり続けている
(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。第1話は15.5%だった。昨年放送の『西郷どん』が1桁に転落したのは、第37話。
平均視聴率が大河史上最低だった『平清盛』にしても、1桁への転落は第31話だった。大河ドラマ史上、『いだてん』は最速で1桁への転落を記録したのだ。

脚本は宮藤官九郎、ダブルキャストの主演は中村勘九郎と阿部サダヲ、主要なキャストも役所広司、
ートたけし、竹野内豊、星野源、小泉今日子、綾瀬はるか、生田斗真、ピエール瀧、松尾スズキ、中村獅童、森山未來ときわめて豪華だ。

なぜ視聴率が振るわないのか。その根本原因はなんなのか。NHKで長年にわたり制作や編成に従事し、現在は次世代メディア研究所代表である鈴木祐司氏に聞いた。

「個人的には、そこそこおもしろいと思っています。だけど、おもしろいということと数字が取れるということは別物です。まず、これはすでに言われていることですけど、明治と昭和の2つに分断してしまっている。
ということは、一筆書きで進んでいく物語になってないわけです。特に第1話では、明治と昭和を行ったり来たりしていましたが、それが画面で見ていてもわからない。
昭和の時代の古今亭志ん生(ビートたけし)が明治を語るということで、そもそも2つの時代が被っているわけですけど、語り部のはずの志ん生が登場人物としても動き出してしまう。
そして明治の若き日の志ん生(森山未來)に切り替わって、これがまた語り部でありつつ登場人物でもある。

これだけ要素が多くて、次から次にサイドステップされると、ついていけないという人がいっぱい出てくるのは当然なわけです。これを“クドカンらしい”といっておもしろがる人は、確かに1割ぐらいはいるでしょう。
新しいものを進んで受け入れていくイノベーター(革新者)と、流行に敏感で自ら情報収集を行うアーリーアダプター(初期採用層)というのは、
マーケティングの理論では16%くらいしかいない。それ以外の大衆も味方に付けないと、視聴率は取れません。

ハリウッド映画も同じで、8割以上の国民が理解できる単純な波でつくられているわけです。そこに半分くらいの人たちが反応するような、人間の情緒の物語が入れてある。
さらに1割以上のレベルの高い専門家たちが『なるほど。凄い』と唸ってくれるような専門的な話もちりばめてある。
ういうバランスでできている作品が名作といわれるわけです」

●NHK制作陣はサービス精神欠如?

放送はNHK総合の日曜午後8時よりも前に、BS4Kで日曜午前9時、BSプレミアムでは日曜午後6時と2回放送されている。
そのため、視聴率低迷という評価は適切ではないのでは、という見方もある。

「まったく関係ありません。BS4Kは50万世帯しか見られません。たとえ全員見たとしても1%。朝の9時に全員見るとは思えないので、10万世帯として0.2%ですから。
BS自体の普及率は、ここ5~6年、ほとんど高原状態で増えていません。2015年に放送された『花燃ゆ』もBSプレミアムでも放送されていました。
『花燃ゆ』も低視聴率でしたけど、第6回目までの平均で『いだてん』は『花燃ゆ』を2%も下回っています」

クドカンワールド炸裂のドラマ展開が、視聴率が取れない原因なのだろうか。

「複雑さで失敗したのは、『いだてん』が初めてではありません。大河ドラマのなかで史上最低記録だったのが『平清盛』。
なぜ数字が取れないのかとなった時に、時代の雰囲気を出すためにわざと画面を汚していて、映像が汚いと問題になりました。

本当の原因はそこではない。朝廷があって、平家がいて源氏がいるわけですが、源氏のなかに平家から寝返ったやつがいる、平家のなかに源氏から寝返ったやつがいる、朝廷にも平家側と源氏側がいる。
単純に見ても、朝廷に2通り、源氏に2通り、平家に2通りと、対立構造が3層にわたってるんですよ。
視聴率が落ちてくるのは中盤以降でしたけど、話が進んでいくにつれて登場人物も増えて三層構造がどんどん複雑になって、
見ているほうは『こいつ、いったいどっち側の誰だったっけ?』みたいなことになって、ついていけなくなったんです。


http://dailynewsonline.jp/article/1717279/
2019.03.04 19:50 ビジネスジャーナル

【『いだてん』“大衆離れ”で低視聴率の理由…偏差値60以上志向に陥るNHKの悪い癖 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tsubakihara

フジテレビで、平日月曜から木曜の夜11時40分から放送されているニュース番組『FNNプライムニュースα』のキャスターを務めるフジアナウンサーの椿原慶子アナ(33)が、フジテレビを退社しフリー転身に向けて動き出したという情報が入ってきた。

「椿原慶子アナは『FNNプライムニュースα』の他に、宮根誠司(55)の日曜夜の情報番組『Mr.サンデー』で司会を務めている実力派の中堅アナです。

彼女は以前から“硬派な報道番組をやりたい”と局に掛け合ってきたようで、ようやく、18年4月から『FNNプライムニュースα』のMCに就任。
ところが、わずか1年でその座を追われることになりました。理由は、たった1年での番組の打ち切りです」(制作会社関係者)

椿原慶子アナは2008年にフジテレビに入社。4月からフリーアナとしてフジの夕方のニュース番組のMCを務めることになったカトパンこと加藤綾子(33)と同期で、フジの“報道の顔”として知られる女子アナだ。実は、椿原アナの不満は、自身の出演番組終了に対するものだけではないという。

より深刻なのは、「フジテレビ上層部の女子アナへの待遇についてですよ」と、前出の制作会社関係者は話す。

「フジは昔からそうですが、ミタパンこと三田友梨佳アナ(31)のようなかわいいアイドル系の女子アナばかりが重宝され、実力のあるアナウンサーが評価されにくくなっていることが不満のようなんです。椿原アナと三田アナに確執があるということではないですが……」

だが、今回、そんな両者に遺恨が残りそうなことが。

椿原アナがMCを務める『FNNプライムニュースα』終了後に、新たに始まるのが、
三田アナがメインキャスターを務める『Live News α』(月曜から木曜夜11時40分~0時25分、金曜深夜0時10分~0時55分)。

三田アナは月曜から木曜のMCを務めることになる。

「三田アナ自身、“まさか報道番組のメインキャスターを任せていただけるとは思っていなかったので”と、驚いたとコメントを出していますが、もっと驚いたのは椿原アナでしょう。彼女は報道アナとして、事件での聞き込み取材、災害地からのレポートなど現場の仕事から始め、7~8年頑張ってきた。

そうして昨年、報道番組のMCの座を得たんです。それが、主に情報番組やバラエティ畑でやってきた三田アナにあっさりとその座を奪われた。
これはやってられないでしょう。最近は、親友でもあるカトパンにフリー転身について相談したり、フジ退社後の所属先となる事務所について周囲に聞き回っているとか。
すでに辞表を提出したという話もあります」(前出の制作会社関係者)

カトパンは、4月1日からスタートするフジテレビ夕方帯のニュース番組でMCを務めることが明らかになっているが、2月19日放送の『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)内で、同じく元フジテレビアナの高橋真麻(37)が、加藤の驚きの高額ギャラ事情を明らかにしている。もしかするとそのことも椿原アナの背中を押しているのかもしれない。

「『ダレトク』で高橋が、“カトパン、私の7倍”とギャラを暴露したんです。高橋の番組1本あたりのギャラが15~20万円ですので、加藤はその7倍の1本あたり約100万円。4月1日からスタートする加藤のニュース番組は週5本なので1週間で500万円、1か月で2000万円、単純計算で年間で2億4000万円も稼ぐ計算になります。

当然、椿原アナは親友の加藤に、フリー転身後のギャラについても相談しているでしょうし、
そんな2億円超えの高額ギャラを聞いたら、心が動かないはずがない」(女子アナウォッチャー)

2億円は並大抵ではないが、本格的な報道キャスターとしての独立を目指す椿原アナは、周囲の記者からも評判が高いのだという。

「椿原アナは事件の裁判を傍聴しに行ったり、聞き込み取材でも記者と変わらない熱心さで、とにかく真剣に報道に取り組む人なんです。
もしフリーになった場合、これまで椿原アナの頑張りを見てきている報道記者やディレクターは多い。

彼女を応援する声は多く出るでしょうから、即戦力として、フジ以外のどこかしらのテレビ局の報道キャスターとして声がかかる可能性は高いのではないでしょうか」(前出の制作会社関係者)
https://taishu.jp/articles/-/63683?page=1 
【【フジテレビ】 椿原慶子アナ“退社”へ 「ミタパン優遇ありえない」でブチキレ! 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
3c9aba86de8fcd9f1e06a9f714f3693a

古市憲寿氏が絶好調だ。コメンテーターとしてレギュラー出演している『とくダネ!』『ワイドナショー』(ともにフジテレビ系)の枠を越えて、最近では『しゃべくり007』『一周回って知らない話』(ともに日本テレビ系)のバラエティ番組出演を果たしている。そこでもマイペースぶりは変わらず、「一周~」で披露した「自分のDNAを残したくないので、奥さんには別の男性との間に子供を作って欲しい」といった発言は話題となった。

 古市氏は今年要注目の人物といえるが、気になるのは社会学者という肩書だろう。学者といえば、大学に所属し教授や准教授といった肩書を持っているイメージがあるが、古市氏の場合それはない。実は社会学者としての実績がほとんどないと見る向きもある。

 「一般的に学術的な研究者を目指す場合、大学院に入学し、修士課程で修士論文、博士課程で博士論文を執筆します。同時に学会に所属し、査読とよばれる専門家によるチェックを経た論文を専門雑誌に発表することで、実績を積み上げて行きます。古市氏は多くの著作を上梓していますが、エッセイ風の作品や小説などは、学術的な業績とはカウントされません」(業界関係者)

 そもそも、古市氏はどのように世の中に現れたのだろうか。

 「古市氏は、東京大学大学院在学中の2010年に、船で世界各地をめぐるピースボートに乗船したレポートをまとめたデビュー作の『希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想』(光文社新書)でデビューします。本書では、社会学者の本田由紀氏が解説を執筆していますね。さらに、翌2011年にはフェミニストとして知られる上野千鶴子氏との共著『上野先生、勝手に死なれちゃ困ります! 僕らの介護不安に答えてください』(同)も上梓しています。そして、2013年には将来有望な研究者に対して与えられる日本学術振興会育志賞も受賞しています」(前出・同)

 もちろん、学会への参加や査読付き論文の量産は、研究者として大学などへの就職を目指すにあたってのオーソドックスなやり方である。古市氏のビジョンとしてそうしたものはないのかもしれない。ある意味では、新しい社会学者のあり方を示しているともいえるだろう。

https://npn.co.jp/article/detail/39833664/

【【衝撃】古市憲寿氏、社会学者としての実績はほとんどなし? 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
trCWBWOy_400x400

「72時間ホンネテレビ」で元SMAP3人が登場したり、テレ朝の小川彩佳アナが「報道ステーション」から“移籍”したりなど、配信するコンテンツが注目されていないワケではない。
にもかかわらず、AbemaTVは開局以来“先行投資”のターンが続き、3年連続の赤字を計上している。

「テレビが見たければテレビを観るし、ネットならSNSやYouTubeなど“暇つぶし”のライバルが多い。
結局、ネットでAbemaTVを見るという習慣がなかなか根付いてくれないんでしょう。コストの面でも指摘がありますね」(芸能記者)

2年ほど前に藤田社長が明かしたところでは、サーバー代だけで月数千万円。
これで“全体コストに対する比率は3%程度”とのことだったから、いかに金喰い虫かがうかがえるといえる。

とはいえ、「東洋経済」(19年2月9日号)のインタビューに登場した藤田社長は、「1千億円くらい赤字を出すことを想定しています」「(平均視聴者数)700万人も見ているなら、高収益の事業にすることはできる」
とあくまで強気だった。その一方、サイバーエージェントの18年9~12月期の通年利益予想を300億円から200億円に下方修正した際には、ブログを更新し、

〈先行投資中のAbemaTVだけでなく、広告事業もゲーム事業も、さらなる成長の好機とみて、新規事業を立ち上げ、どんどん人を採用し、広告費を増やしと先行投資を膨らませていました〉(1月30日付投稿)
と真っ先に「AbemaTV」の名を挙げているのだ。

だが、社長の熱意とは裏腹に、現場からはこんな嘆息が聞こえてくる。
「16年4月の開局翌日から放送している『The NIGHT』という番組があります。これは月曜から土曜の深夜帯に配信される帯番組なのですが、近々、帯じゃなくなるんです。当
初局内で流れたのは“土曜日の放送が消滅する”という噂でした」(AbemaTV関係者)

降板になるのは

「The NIGHT」は、曜日替わりでMCが代わる生番組で、月曜はスピードワゴン、火曜は矢口真理、水曜はライムスターの宇多丸、木曜はプロレス団体のDDT、金曜日はどぶろっく、そして土曜日はカンニングの竹山だ。
土曜の放送がなくなるということは、竹山が番組消滅の憂き目にあうのかと思いきや、さにあらず。

「土曜日を金曜日に移す、つまりどぶろっくさんが降板し、竹山さんが金曜回を担当するという計画です。どぶろっくさん、今年1月に、元SKE48の柴田阿弥とMC交代したばかりだったんですけれどね……。
もっとも、そのあと事情が変わったのか、土曜日はそのまま竹山さん、金曜日が『The NIGHT』じゃない番組になるみたいです。どちらにせよどぶろっくさんはMC降板のようですが」

つまり“月火水木土”の形になるというのだ。さらには、現在23あるチャンネルの“異変”についても触れる。
「3月いっぱいで、ゲームチャンネルの『ウルトラゲームス』がなくなります。これはゲーム実況などを配信する番組なのですが、ストリートファイターの世界大会のため海外に赴くなど、制作コストがネックとされてきました。
これまでも“鉄道”チャンネルや“ペット”チャンネルなど、スタートしては消えたチャンネルは珍しくありません。
とはいいつつ、『ウルトラゲームス』は、昨年1月に始まったばかり。昨今はe-sportsがブームのはずなのですが、それにも乗れなかったワケで、迷走していますよ」

この関係者曰く「視聴者が多いのは麻雀チャンネルと恋愛リアリティーの番組ばかり」なんだとか。AbemaTVに聞いてみると、まず『TheNIGHT』については、
「『どぶろっくの金曜TheNIGHT』につきましては、どぶろっくさんが出演した『シモネタGP2018』にて、優勝し獲得したAbemaTVの番組MC権をもって期間限定で担当されていたため、開始時期から予定していた通り、3月末で終了予定です」

という答え。金曜日はどうなるのか、『ウルトラゲームス』については、
「4月以降の編成については、4月クールから始まる新番組や、3周年の特別番組を含めて現在検討中となります。新編成に関する情報は3月より順次発表させていただく予定です」

AbemaTVの手探りはしばらくつづくか――。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190223-00557089-shincho-ent&p=1 
【<3年連続赤字「AbemaTV」>3帯番組が“消滅”?ネットテレビはいまだ暗中模索】の続きを読む

このページのトップヘ