ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 報道

報道

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
d960c_1471_f226f668_abad518f

10月期の連ドラがいよいよ佳境に入ってきた。「相棒」と「科捜研の女」(共にテレビ朝日系)のシリーズものを除けば、視聴率争いで首位をひた走るのは「リーガルV」(テレビ朝日系)。
「下町ロケット」(TBS系)、「SUITS」(フジテレビ系)がこれに続く。そして、現在のところこの3作が近年の合格点と言われる2ケタ視聴率を確保している。
気になるのは、長年にわたって視聴率争いのトップに君臨している日本テレビの作品がそこにないのだ。

「それだけではありません。2018年の連ドラ視聴率を見てみると、1位の『99.9‐刑事専門弁護士‐SEASONII』(TBS系)から10位の『SUITS』(フジテレビ系)まで、日テレの作品が1本もないのです。
日テレ作品の最高は1月期放送の『もみ消して冬』で、平均視聴率は9.82%。つまり日テレはこのままでは今年、平均で2ケタを超えるドラマがないということになってしまうのです。
ちなみに17年はベスト10に2本、平均視聴率2ケタ以上の作品が3本。16年はベスト10、平均視聴率2ケタ以上、ともに4本。
15年はベスト10こそ3本ですが、平均視聴率2ケタ以上は5本ありました。これを見る限り、TOKIOの元メンバー山口達也の事件が『ザ!鉄腕!DASH!!』に、
祭り企画でのヤラセが『世界の果てまでイッテQ!』の視聴率に影響を及ぼしているなどと言われますが、それより以前に日テレの凋落はジワジワ始まっていたのではないでしょうか」(芸能ライター)

ドラマとスポーツで好成績を残すテレビ朝日が天下を取る日が来るのか。それとも日本テレビがV字回復となるのか。
年末、そして2019年の、各局の番組作りに期待したい。

http://news.livedoor.com/article/detail/15680871/ 
【【日テレ】「鉄腕DASH」「イッテQ」の不祥事以前に始まっていた日テレ“凋落の兆候” 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
hqdefault

木梨、関根、有田のいない画面

 11月24日、フジテレビ系列は午後9時から「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」を放送した。使われたのは「土曜プレミアム」の枠。1981年から2001年まで「ゴールデン洋画劇場」が放送されていた時間帯だ。そのため今も映画が放送されることが少なくない。

 ***

 ビデオリサーチが調べた、関東地区の視聴率は10.4%。この結果を報じる際、スポーツ報知とスポニチアネックス(共に11月26日電子版)では、見出しのニュアンスに差異が見られた。

◆スポーツ報知「石橋貴明で復活『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』視聴率は10.4%」
◆スポニチアネックス「復活『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』人気健在!視聴率10.4%」

 淡々とした報知に対し、スポニチは好意的な評価を示した。理由として前週に放映された映画「アンフェア the end」の視聴率が7.2%であり、「細かすぎて」が上回ったことを挙げた。

 実際、視聴して爆笑した視聴者も多かっただろう。バナナマンの設楽統(45)と日村勇紀(46)、今田美桜(21)の3人も与えられた役割を全うした。

 しかしながら、ふとした瞬間に、木梨憲武(56)、関根勤(65)、くりぃむしちゅーの有田哲平(47)の不在に気づき、様々な感慨が浮かんだ方もおられたに違いない。やはり完全再現とはいかなかったが、実を言うとこのオンエアに、石橋貴明(57)は執念を燃やしていた。業界通が内幕を明かす。

「ご存知の通り、今回の特番のもとになったコーナーは『博士と助手~細かすぎて伝わらないモノマネ選手権~』が正式名称で、1997年から今年まで続いた長寿番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』で大変な人気がありました。2004年から17年まで23回も放送され、DVD化もされています。そして、このコーナーに石橋さんが並々ならぬ執着を見せるのは、ご自身が企画されたからです」

 一般的な番組制作の現場では、企画を考えるのは放送作家。それをプロデューサーかディレクターが番組のMCに伝える。MCは多少の意見を口にすることはあるが、基本的には唯々諾々と従う。この共通スタイルを変革したのが、石橋だという。

「『みなさん』の収録は週2回でしたが、石橋さんは番組スタッフが参加する企画会議にも出席するのは有名な話でした。その時に弁当を差し入れるのですが、叙々苑の焼肉弁当、高級寿司や老舗鰻店の折詰と、『あの番組だけは、いまだにバブル』と評判でした。あまりの豪華さに、会議の出席率は非常に高かったと言います」(同・業界通)

 石橋は会議と収録スタジオには、常にスーツ姿で現れた。その風貌は芸能人というより会社役員を連想させたそうだ。スタジオの場合は、すぐに衣装に着替える必要があるのだが、それでも背広にこだわった。

「あのスーツ姿は、『自分の番組』に対する責任感だと見ています。実際、石橋さんは企画会議で積極的に意見し、議論を活性化させました。スタッフに緊張感を持たせる目的もあったと思います。『みなさん』は『食わず嫌い王決定戦』の人気に頼りすぎ、視聴率が低迷したことがありました。するとプロデューサーでもディレクターでもない石橋さんが『ロケ番組に変更しよう』と、テコ入れの大英断を下したんです」(同・業界通)

 発案するだけでなく、石橋はロケ番組に定評のあったフリーのディレクターを自らヘッドハンティング。そして生まれたのが2011年9月から「前略、道の駅より」としてスタートし、後に「男気ジャンケン」と改題されたコーナーだ。

「これが人気コーナーに成長し、『みなさん』の視聴率は回復します。石橋さんは裏方スタッフで“野猿”を結成した実績からも明らかですが、芸能人としてだけではなく、プロデューサーとしても一流です。そんな彼のセンスが遺憾なく発揮されたのが、あの『細かすぎて伝わらないモノマネ』だったんです」(同・業界通)

つづく

2018年12月2日 6時1分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15678630/

【【フジテレビ】<とんねるず石橋貴明>執念を燃やした「細かすぎて」復活の舞台ウラ 類似番組に激怒した過去 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20181201-00000133-dal-000-3-view

ビートたけしが1日、TBS系「新・情報7days ニュースキャスター」に出演。自身の不倫報道について語った。

 元貴乃花親方と景子夫人の離婚について取り上げた際、40代の中盤には「ミッドライフクライシス」といって、もう一度青春を思い出したい、青春を経験したい、などの思いから離婚したりする危機が潜んでいることを紹介した。

 安住紳一郎アナウンサーから「たけしさん、45、46歳の時、どうでした?」と話題をふられると、「ずっと浮気してました」とけろり。「今、私が不倫騒動とか言って(言われて)ますけど」と自ら不倫報道に斬り込み、「私は不倫なんかしてません。肉体的にそういう能力がないですから」と断言した。

 「お茶飲んだり、飯食うのが不倫だといったら、不倫ですけどね。どういうことを不倫っていうのか、意味がよく分かんない。性的な関係があんのか、ったら(っていったら)それは能力がない」と繰り返した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00000133-dal-ent

【【不倫報道について語る】 たけし「私は不倫してません」 その根拠は「肉体的に能力がない」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ダウンロード

30日、フジテレビの定例社長会見が開かれた。

宮内正喜社長(74)は、日本テレビのバラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日曜・後7時58分)の祭り企画で「やらせ疑惑」が持ち上がり騒動となったことに言及。
「テレビ番組を制作して放送する責任がテレビ局にはある。信頼される番組作りをするということを『イッテQ』の例を挙げながら、社内で話しました」と明かし、
「ああいうことがあると、他の局でも過去の例があるという話が出ます。
『われわれにもそういう例があった』と他山の石として話すという、いい機会だったと思います」と語ったという。

また編成担当の石原隆取締役は、「演出自体が悪いこととなるのは、もっと、よろしくないことです。演出をしないなんてことは、どんな番組作りでも不可能です」と強調。
「制作する中で事実をゆがめたりした時に問題が起こる。より分かりやすく、親しみやすくするために演出することは必要だし、われわれの仕事だと思う。
制作部門で徹底させるよう、現場でも話しています」と述べたという。

確かにフジテレビには『イッテQ!』を叩くことはできない。自身の局でも過去に「やらせ」騒動を起こしたからだ。
先月8日、『直撃LIVE グッディ!』で、40分にわたり『イッテQ!』のやらせ疑惑を追及した。
するとネット上では「最近のフジテレビは他人のあら探しをするばかりで見ていて気分が悪い」「フジテレビが言うな」との声が上がった。

視聴者は、過去にフジテレビが犯した「やらせ問題」に触れていた。「あるある大事典のことはもう忘れたのか?あるある大事典のほうがよっぽど質が悪い」
「自分の事は棚に上げるフジテレビ。ほこたての事は忘れたか?」といった批判も寄せられていた。

フジテレビは2007年、人気番組だった『発掘!あるある大事典II』で捏造が発覚し、番組は終了。
13年には『ほこ×たて』でも実際には行われていない対決をでっち上げる“不適切な演出”と、動物虐待を出演者から暴露されて、番組は打ち切られている。

日テレもフジテレビも視聴者の信頼を裏切ることのないよう、再発防止に取り組んでいただきたい。

http://news.livedoor.com/article/detail/15672878/ 
【【フジテレビ社長会見】「演出なしで番組作りは不可能」『イッテQ!』やらせ問題に言及で物議 】の続きを読む

このページのトップヘ