ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > ニュース

ニュース

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
6c1c8bd0a025c9549960d4dc1b33ed19_1555679591_2

芸能事務所「レプロエンタテインメント」(東京都)が、以前に所属していた俳優のん(本名・能年玲奈)さんをめぐる週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の文芸春秋などに計約1億3千万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が19日、東京地裁であった。
中園浩一郎裁判長は一部の内容について名誉毀損(きそん)を認め、文春側に計660万円の賠償を命じた。

問題となったのは、2015年5月7日・14日特大号に掲載された「国民的アイドル女優はなぜ消えたのか?」と題する記事など。

記事では、NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」の撮影当時、下着も買えないほど過酷な状況で働かせたり、事務所社長が「負け犬」と発言したりした、などと書いていたが、判決は「真実とは認められない」と認定。
「ブラックな芸能事務所という印象を読者に与える」などと指摘した。

文芸春秋は「芸能界の健全化の流れに逆行し、今後の勇気ある告発をためらわせる契機になりかねない。到底承服できず、即日控訴した」とコメントした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000064-asahi-soci

【【裁判】のんさん元事務所「レプロ」が勝訴 名誉毀損を認め文春に660万円の賠償命令 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
shoubunsha

地図などの出版を手がける「昭文社」は、スマートフォン向けの地図アプリが普及した影響で今年度の決算が赤字に転落する見通しになり、社員の2割に当たる80人程度の希望退職を募集することになりました。

昭文社は、来年3月までの1年間の決算について業績見通しを下方修正し、最終的な損益が当初の黒字予想から一転して、6億円余りの赤字になる見込みだと発表しました。

3年連続の赤字決算になる見通しで、会社では80人程度の希望退職を募集することになりました。対象となるのは45歳以上の社員で、400人余りの社員の2割に当たります。

昭文社は、全国各地の道路地図「スーパーマップル」や、ガイドブックの「まっぷる」などの出版を手がけていますが、地図アプリを搭載したスマートフォンの普及で販売が落ち込んでいるということです。

会社ではガイドブックを制作するノウハウを生かして、海外旅行をする人に向けて宿泊や観光ツアーを手配するサービスなど出版以外の事業を強化して、業績の立て直しを図りたいとしています。

2018年12月13日 22時14分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181213/k10011746391000.html

【【スマホに負けた…】地図の「昭文社」 希望退職を募集 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
00407334CX

パリのデモ ブランド店襲撃の瞬間 一部が暴徒化・略奪

フランス全土で行われた大規模な抗議デモは、1,700人以上が拘束されるなど、大荒れとなった。
高級ブランド店を狙った略奪行為も相次ぎ、その様子をカメラがとらえていた。

黒い車を取り囲むデモ参加者。十数人で車を持ち上げ、ひっくり返した。
こちらでは、デモ参加者に向かって放水。政府との対立が深まっている。

フランス全土で、12万5,000人が参加した抗議デモ。その裏では、もはやデモとは呼べない行為が繰り広げられていた。
明かりのついた店の入り口に群がる人たち。
叫び声の飛び交う物々しい空気の中、次の瞬間、暴徒化した人たちが一斉に押し入り、店内を荒らした。

走り去る人たちの手には、店から奪った商品が。

これは、パリ市内にある高級ブランド「フェンディ」の店舗が襲撃される瞬間をとらえた映像で、デモを象徴する
「黄色いベスト」を身に着けた人の姿も見られる。

今回、被害にあったフェンディのあるサントノーレ通りには、シャネルやクロエ、エルメスなど、高級ブランド店が軒を連ねる。

発煙筒を拾って投げつける、デモ参加者の男性。よく見ると、そこには高級ブランド「カルティエ」の文字が。

燃料税引き上げへの反対に端を発した今回のデモだが、その背景には、日々の生活に苦しむフランス国民の窮状、
そして、富裕層を優遇するマクロン大統領への怒りがある。

デモ参加者は「購買力が上がり、税金が減り、フランス人がきちんと生きられるようになってほしい」、「きょうのデモは、
国民全体のうんざりした気持ちの表れだ。4年バカンスに行っていない」などと話した。

富裕層に対する反発が、如実に表れたフェンディ襲撃。
拡大し続ける貧富の差と国民の怒りに、マクロン大統領はどう向き合うのか。

https://www.fnn.jp/posts/00407334CX

【【フランスのデモ】略奪行為が相次ぐ デモ参加者が高級ブランド店を襲撃 富裕層への怒りを表現か 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
 東名高速のあおり運転をきっかけにした死亡事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)の裁判員裁判。横浜地裁で開かれた7日の公判では元交際相手と父親も出廷したが、明らかになったのは石橋被告の身勝手な言動ばかりだった。

 事故当時、石橋被告が運転する車に同乗していた元交際相手の女性は証人尋問で、被告が事故以前からあおり運転などによる交通トラブルを頻発させていたことを告白。昨年3月から10月の逮捕までの間に「事件化されていないものも含めれば、10回以上はトラブルがあった」と明かした。

 女性は「もうやめとき。次(あおり運転を)したらうちは知らんよ」などと説得したといい、石橋被告は「わかった。迷惑かけてごめんなさい」と応じたこともあったという。しかし、昨年6月に東名高速で事故を起こして以降も車の運転を続け、8月にも後続車をむりやり停車させ、窓ガラスをたたき降車を要求する強要未遂事件を起こしていた。

 被告人質問では、石橋被告が逮捕後に被害者遺族に向けた謝罪文を書いていたことも弁護側に明らかにされた。死亡した萩山嘉久さん=当時(45)=と妻の友香さん=同(39)=の2人の娘に対して「高校や大学など、入学に必要な費用は自分が支払う。旅行に行きたいのであれば、その費用を支払う」とした一方で「この事故がなければ、私は交際相手と結婚していた。彼女は体が弱く、自分が支えなければならないので、許してほしい」とも書かれていた。遺族はこれをどう受け止めるか弁護側に問われると、石橋被告は「怒ると思う」と答えるしかなかった。

 この日の公判で、石橋被告が涙を見せる場面が2回あった。1度目は、元交際相手から「罪を償ってほしい」と語りかけられたときで、2度目は証人として出廷した石橋被告の父親が証言を始めたときだった。

 無免許の未成年が引き起こした事故で長女を失った経験から、萩山さんの遺族をサポートしている中江美則さん(55)は、遺族の気持ちをこう代弁した。

 「萩山さんの長女による証言の時は(石橋被告は)涙など流さなかった。どちらも自分のための涙だ」

https://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/181208/soc1812080011-s1.html
no title

【【東名高速のあおり運転事件】石橋被告、被害者の娘に対して「高校や大学など入学に必要な費用は自分が支払う。旅行に行きたいのであればそれも支払う。だから許して」 】の続きを読む

このページのトップヘ