ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > ニュース

ニュース

20171013-00000069-dal-000-6-view

民進党の蓮舫前代表(49)が13日、同党を離党し立憲民主党に加わった辻元清美氏(57)と大阪府内で演説を行った。

辻元氏の演説中、駅前会場に現れた蓮舫氏は、辻元氏に走り寄って2人で抱き合い、腕を組んだ。「女の友情です」と、ツイン砲で演説を開始した。

蓮舫氏はマイクを持つと聴衆の輪に向けて「せっかくなんでもう少し近くに来てください。遠めになると、私と辻元、やっぱり怖いのかなと。そういうイメージが映像で映ってはいけません」と笑わせた。

聴衆とは至近距離になる演説で、蓮舫氏は「この選挙戦に突入し、信頼できるのは誰かということも見えた。
蓮舫は信頼できる人だけを応援する。その代表が辻元清美さんです。国会で自分の持論を曲げることなく戦ってきた仲間です」と声を張りあげた。

「われわれは普段、女性であることをそんなに意識してない。でも残念ながらあの世界は本当に男社会がこびりついている」と批判し「あらがいても、折れそうな時も実はあります。この辻元をもってしても本当につらい時を私は見ている。その弱音を言える場所を私たちは国会に見いださない」と唱えた。

安倍政権に対して「強ければ、数があれば何をやってもいいんでしょうか。民主主義をはき違えている。森友・加計学園の問題も、スキャンダルではない。古い古い古い自民党の政治のお家芸だ。国民をバカにしている。いかがでしょうか!」と批判した。

詳細はソースにて

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00000069-dal-ent

【【?!】蓮舫「強ければ、数があれば何をやってもいいんでしょうか。アベは民主主義をはき違えている」】の続きを読む

衆院選(22日投開票)真っただ中の12日、希望の党が政見放送で、北方領土や尖閣諸島などを記していない日本地図を使用するという大チョンボを犯してしまった。

 自民党参院議員の和田政宗氏(42)はこの日、自身のツイッターで「たまげました。日本地図に北方領土が記されていません。北方領土は、日本の領土ではないのでしょうか」と指摘し
「政見放送ですから、党の公式の見解や政策を出すものです。党代表か幹部が最終的にVTRにOKを出しているはずですが、こうした重要なことを見過ごすでしょうか。あり得ない」と糾弾した。

詳細はソースにて

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13743779/
no title

【【悲報】希望の党さん、政見放送で北方領土などがない日本地図を使用してしまうwwwwwwwww】の続きを読む

sty1606290008-p1

小池知事、肝入り築地再開発検討会議はあいさつのみ

 市場移転問題において東京都の小池百合子知事が出した「築地は守る」との基本方針の具現化へ向けて設置された「築地再開発検討会議」が12日、都庁で行われた。
小池氏は冒頭のあいさつだけ出席し、衆院選の遊説のため、わずか約7分で退席した。

https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201710120000670.html

【【悲報】 築地の再開発検討会議、小池百合子都知事は選挙を優先し挨拶だけで退席wwwwwwwwww】の続きを読む

ダウンロード

民進党系の希望の党候補 「明らかに失速」と困惑 改憲の「踏み絵」に反旗も

 衆院選で民進党を離党し、希望の党から出馬した候補に戸惑いが広がっている。
選挙戦の看板と期待した小池百合子代表(東京都知事)が衆院選に出馬しなかったこともあって党の支持が広がらず、苦戦を強いられているからだ。
「反希望」を旗印にした立憲民主党と競り合う選挙区も多く、失速する党勢に各候補は焦りを募らせている。

 「ドタバタして目も当てられない恥ずかしいところもお見せしたかもしれない。だからこそ希望の党も育ててほしいんです」

 東京都内の選挙区で希望の党公認で出馬した民進党系候補は10日夜、駅頭でこう声を張り上げ、頭を下げ続けた。
この候補は小池氏が民進党左派系の「排除」宣言をしたあたりから風向きが変わったと語る。
小池氏の不出馬も重なり「ここ数日、ビラの受け取り具合をみても明らかに失速している」と肩を落とした。

詳細はソースにて
http://www.sankei.com/politics/news/171011/plt1710110064-n1.html

【【悲報】希望の党に移籍した民進党議員、頭を抱える 「明らかに失速してる…どうしてこうなった…」】の続きを読む

このページのトップヘ