ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > ニュース

ニュース

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
383882028429

インターネットの通信サービスで「ギガ放題」というプランを契約した男性が広告とは異なり、実際には速度制限があったとして通信会社などを訴えた裁判で、東京高等裁判所は1審とは逆に会社側に対し賠償を命じる判決を言い渡しました。

千葉県内に住む男性は3年前、東京の通信会社、「UQコミュニケーションズ」が提供しているインターネットの無線データ通信サービスで「ギガ放題」というプランを契約しました。

この際、広告では「データ量制限なし」「速さもデータ量もギガヤバだ!」などと、通信量が増えても通信速度は変わらないと強調していたのに、実際には速度制限があったとして会社などを訴えました。

1審では訴えが退けられましたが、18日の2審の判決で東京高等裁判所の野山宏裁判長は
「当時の広告は速度制限について豆粒のように小さな字で目立たない場所に記載していた。
また、契約の際に十分な説明もなかった」などとして、会社側に慰謝料など2万円余りの賠償を命じました。

通信サービスの広告について消費者庁が誤解を与えるなどとして行政処分を出したことはありますが、男性の代理人の平野敬弁護士によりますと裁判で賠償が認められるのは珍しく画期的な判決だということです。

詳細はソースにて

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180419/k10011410821000.html

【【広告とは異なり実際には速度制限!?】ネット通信サービス「ギガ放題」、UQに賠償命じる逆転判決!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
news_20180419125716-thumb-645x380-135839

テレビ朝日は2018年4月19日、東京都内で記者会見を開き、同社の女性社員が福田淳一財務事務次官からセクハラ被害を受けていたと明らかにした。

会見を受け、作家の百田尚樹氏(62)は、福田次官が「ハニートラップ」を仕掛けられた可能性があると指摘する。

テレビ朝日の会見では、主に以下が語られた。

(1)1年半ほど前から取材目的で、テレビ朝日の女性記者が福田次官と1対1で会食をしていた。
(2)そのたびにセクハラ発言があったため身を守る目的で録音を開始。
(3)上司にセクハラの事実を報じるべきだと相談したが、女性記者の二次被害を懸念して実現はならなかった。
(4)社会的責任の重い立場によるセクハラ行為が表に出なければ、今後も同様の被害は黙認されるという思いから「週刊新潮」に録音の一部を提供。

上記の会見内容を踏まえ、百田氏は19日にツイッターで、財務次官にセクハラされたというテレ朝社員。精神的に大きなショックを受けたということだが、そんな男と1対1で1年間に数回も食事に行くかね。
それって取材?取材なら事前に『録音します』と言ってレコーダーを出すだろう」と持論を展開し、「セクハラ発言をした次官はバカだが、一種のハニトラのようにも思える」と推測した。

詳細はソースにて
https://www.j-cast.com/2018/04/19326560.html?p=all 
【【テレビ朝日記者問題】 作家の百田尚樹 「セクハラ男と1対1で2年間に数回も食事に行くかね。ハニートラップのようにも思える」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
soc1804160003-p1

山尾氏と倉持氏の不倫疑惑に新展開だ。
12日までに山尾氏から謝罪がない場合、慰謝料請求の訴訟を起こすとしていた倉持氏の元妻、A子さん(34)側に、山尾氏から代理人を通じて連絡があったことが分かった。

 A子さんの代理人を務めるフラクタル法律事務所の田村勇人氏は回答期限の12日、夕刊フジに「山尾氏に代理人がついた。今後は適切に交渉していく予定」と明かした。

A子さんの意向は山尾氏側に文書で伝えられていた。

 山尾氏と倉持氏は昨年9月、「週刊文春」に密会を重ねる様子を報じられ、11月に倉持氏とA子さんは離婚した。
10月に衆院選に当選後、山尾氏は倉持氏を政策顧問に起用、雑誌の対談にも2人で登場するなど目立った活動をする一方、A子さんには釈明や謝罪をしていなかったという。

詳細はソースにて
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180416/soc1804160003-n1.html 
【【不倫疑惑の山尾志桜里】ようやく倉持・元妻に謝罪? 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
「ミニチュアバット」を全教員に支給、銃への対抗策 米

(CNN) 米ペンシルベニア州エリー市郊外の教育行政区当局は14日まで、米国の学校で多発する銃乱射事件を受け、管内の全教師500人へのミニチュアの「野球バット」配給などを盛り込んだ新たな安全対策をまとめた。

ミルクリーク・タウンシップ教育行政区当局の責任者は、バットは銃撃犯に立ち向かう道具と指摘。
普段は教室内の施錠された場所に保管され、学校封鎖など不測の事態が発生した際のみに使用
出来るようにすると述べた。

このバットの長さは16インチ(約41センチ)で、野球場の売店で入手出来るような商品。バット支給にかかる経費は約1800ドル(約19万2600円)としている。

ただ、この対策案はソーシャルメディア上で嘲笑されており、同行政区のフェイスブックには
「全米の物笑いの種」「ミニチュアバットで銃弾を犯人に打ち返すのか?」などの書き込みがあった。

詳細はソースにて

no title

教師に支給されるミニチュアバットを手に取るミルクリーク・タウンシップ教育行政区当局の責任者

https://www.cnn.co.jp/usa/35117753.html 
【【これで安心?】アメリカ、教員にバットを支給 銃乱射事件の対抗策として】の続きを読む

このページのトップヘ