ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > ニュース

ニュース

news_20171221163213-thumb-autox380-129000

成人式で暴れるのは「つくば市の文化」なのだそうだ。毎年、新成人の後輩が式を見に来て先輩たちが暴れる様子を観察し「カッコいい」と唸り声をあげ、来年は自分たちがと思うのだという。

そんなつくば市が2018年1月7日に開催する「成人の集い(成人式)」で、警備員を今年の4倍の40人を配置するなど混乱対策を強化する。
今年初めて逮捕者が出たためだが、新成人が壇上に登れないようにするため鉄製の柵を置くと発表したことで、「動物園かよ!」などといった笑いがネット上で起きた。

逮捕者を初めて出してしまった
J-CASTニュースが17年12月21日につくば市に取材したところ、18年1月7日に開催する成人式では警備員を増やすほか、市職員らを含めたスタッフ数は同90人から200人に増員する。
危険物はもちろんだがクラッカーや酒類の持ち込みを禁じ、入場時にはバッグの中身など持ち物検査をする。飲酒している場合は入場を断る場合もある。
また、これまでは式典、アトラクションを合わせて2時間半の開催時間だったが、これを45分程度に縮める。新成人の集中力が切れないようにするためだ。

ネット上ではこうした市の対応に、

「ここまでして開催する必要あるのか?」
「鉄柵wwwww成人式なのか動物園なのかはっきりしろ」
などといったことがツイッターや掲示板に書き込まれた。

どうしてこれほどまで厳重な警備をしなければならないのだろうか。実は17年1月9日に行われた式は過去最大の混乱になった。五十嵐立青市長の挨拶中にクラッカーを鳴らしたり会場の椅子を投げようとする1団がいて、
始まって15分後に式は中断。10分後に再開されたものの騒ぎは収まらず、壇上の前に次々と飛び出す新成人がいて警備員に静止され押し合うような状態が続いた。
壇上にいた来賓の石井啓一国土交通相の席の近くに登壇しようとする新成人もいて、それは石井大臣のSPによって抑えられた。警察官の職務を妨害した公務執行妨害容疑で、
当時19歳の新成人の少年が現行犯逮捕された。市によれば式の中断も逮捕者が出たのも初めてだという。

厳重な警備をしなければならなくなっている理由は他にもある。それは式で暴れるのが「つくば市の文化」だとし、これからもこのような混乱が続く可能性があるからだ。
17年1月10日放送の「モーニングショー」(テレビ朝日系)では、式で暴れた10人ほどの新成人のインタビューを放送した。

詳細はソースにて
https://www.j-cast.com/2017/12/21317268.html

【【動物園かよ!】つくば市「成人式」が鉄製の檻を採用wwwwww】の続きを読む


宗教行為のおはらい名目で女性の胸を触ったとして、愛知県警津島署は6日、強制わいせつ容疑で同県愛西市西條町北廻り、宗教家木下康雄容疑者(63)を逮捕した。
「胸を触ったという行為は事実だが、宗教行為の一環で行ったことで、よこしまな気持ちでやったのではない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は昨年12月9日と24日、同県弥富市の集会所で、女性(33)の胸をおはらい名目で触るなどした疑い。
 津島署によると、木下容疑者は「佐古木講」の名称で宗教活動をしており、女性は数年前から月2回の割合で母親と訪れていた。今月4日、女性が同署に被害届を提出した。

わいせつ容疑で宗教家逮捕=女性の胸触った疑い-愛知県警
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018010600349&g=soc

【【愛知】女性の胸をおはらい名目で触るなどした疑いで宗教家、強制わいせつ容疑逮捕 】の続きを読む

5609b484e2f448a1228b77f5d9f23326

 お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔さんが3日夜、単独ライブ「ウーマンラッシュアワー村本の大演説~時は来た…すべての戌どもに村本が吠えて噛みつく2018in沖縄…」を那覇市の桜坂劇場で開いた。現代日本の風刺や漫才への思いを語り、会場の約300人は笑い、拍手を送った。

 ライブの冒頭、自身が出演した討論番組で、大学教授から「無知を恥じなさい」と叱責(しっせき)された一幕を紹介。村本さんは「無知であるからこそいろいろ知ることができる」と反論し、こぶしを突き上げた。

 昨年末に全国放送の番組で、被災地や沖縄を漫才のネタにしたことや周囲の反応などにも触れた。「(沖縄などをネタにして)『重い』などと言われたが、漫才は社会で『空気』のような存在の人に色を付ける役割がある。辺野古にいる人々にもお笑いで色を付けたい」と思いを語った。

 宜野湾市からライブに訪れた木村浩子さん(80)は「自分の言いたいことを全部言ってくれてよかったし、おもしろかった」と話した。

詳細はソースにて
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-641025.html 
【【こぶしを突き上げる!?】ウーマン村本大輔「無知であるからこそいろいろ知ることができる」と反論 】の続きを読む

ダウンロード

作家の室井佑月(47)が1日の討論番組『いま、日本を考える2018』(BSテレビ朝日)で「頭おかしい」とヒステリックに司会者に噛み付く様子が放送され、SNS上で話題となっている。

 同番組はBSテレビ朝日が放送する新春恒例の討論番組で、田原総一朗(83)がパネラーで登場するほか、井上達夫(63・東京大学大学院教授)や三浦瑠麗(37・国際政治学者)ら、保守・リベラル両陣営の論客らが参加する、裏『朝生』というべき番組。

司会が田原ではなく、”テレ朝唯一の常識人”と評判の小松靖アナ(43)が、思想の左右にとらわれず是々非々で討論を仕切るという点で、放送前から「期待できる」という声が飛び交っていた。


■「対案出せ」にしどろもどろの青木理、「頭おかしい」と逆キレの室井

 この日、最も注目を集めたのは『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)でおなじみのコメンテーター・青木理(52)が答えに窮して、しどろもどろになったシーンだった。

「青木さんは番組冒頭で『安倍政権は戦後最低最悪』と切って捨てて批判したのですが、これに対し小松アナが中盤に田原の制止を無視して、『ボクは青木さんに聞きたい。そこまで安倍政権を戦後最悪だと言うなら、対案を出すべきでは?』と正論をぶつけた。

そこで青木さんは『ボクはジャーナリストだから対案を出す立場にない』と即答して議論を避けたんですが、小松アナはさらに畳み掛けて、『そこまで言うなら対案がないと説得力がない』

『その話をするとワタシは社会部だとかおっしゃるんですが、そんなの関係ない』と青木さんを追い込んでしまった。すると、いつもは切れ味鋭い青木さんが小松アナとは目を合わせず、『あの、いや……』としどろもどろになってしまいました」(週刊誌記者)

 この時、動揺したのは青木だけではなかった。青木の隣にいた室井は何かを察知したのか、青木を庇うように「だってそうとしか」「なんで~!? おかしくない? なんで~?」「どうして~?」と強引に小松の会話を遮り、

ついには「頭おかしい」とヒステリックを小松アナを罵倒した。結局、青木は「ジャーナリストが対案を出すのは仕事だとは思っていない」と同じことをくり返すのがやっという”討論ゼロ”の討論番組となっていた。

 この問題シーンの動画がSNS上に投稿されるや、「頭おかしいのはどう考えても室井」「文句だけでいいならジャーナリストは誰でもできる職業」「ジャーナリストも小説家も何の役にも立たないことが判明した」

詳細はソースにて

http://dailynewsonline.jp/article/1390859/ 
【【元旦のBS討論番組で波乱続出...】<室井佑月>テレ朝アナを「頭おかしい」とヒステリックに罵倒!】の続きを読む

このページのトップヘ