ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 海外

海外

no title


 韓国の国旗は「太極旗」と呼ばれ、旗の中心には中国の陰陽思想に基づく「陰陽」の意匠に似た「太極」が存在する。韓国国旗の「太極」は上部が青、下部が赤で描かれる。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、韓国の国旗には中国人が生み出した「太極図」が描かれているとし、「太極旗」と「太極図」をめぐって中韓には舌戦が起きた過去もあることを紹介している。

 中国と韓国はこれまでにも文化の起源などをめぐって争ってきた経緯があり、2005年に江陵端午祭がユネスコ無形文化遺産に登録されると、中国では「中国発祥の端午の節句が韓国に盗まれた」と批判の声があがった。

 それゆえ中韓の間では「文化の起源」は敏感な話題の1つとなっているが、記事は「韓国は中国の文化圏にあったにもかかわらず、漢字をあえて廃止するなど、自国の歴史を正視できない国だ」と主張し、
「太極旗」に中国の陰陽思想に基づく「太極図」が使われているにもかかわらず、過去に韓国では「中国が太極図を韓国から盗んだ」という「根拠なき批判」も存在したと紹介した。

 さらに、中国国内においては「韓国の太極旗は清朝末期の思想家で外交官だった馬建忠という中国人が考えたものがベースとなっている」という説が広く支持されていると主張した。

詳細はソースにて

https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20180110/Searchina_20180110027.html

【【今更かよw】中国メディア「韓国国旗の中心のデザインって「中国人が生み出した太極図」じゃないか?」】の続きを読む

cafbb_88_c4282f5535118e27d49ce7220d979fa4

2017年1月8日、科技日報によると、中国の宇宙ステーション・天宮1号が今年上半期に地球に落下する見込みであることについて、中国の専門家は「地上に危害を及ぼすことはない」と語った。

記事は「一部外国メディアが、天宮1号についてすでに制御不能になっており、地球に衝突して地上の環境や安全に脅威を与えるとあおり立てている。このような論調が出るのは今回が初めてではない」とした上で、中国航天科技集団第5研究院空間実験室のシステム総設計師である朱樅鵬(ジュー・ツォンポン)氏が「大気圏突入後の残骸は所定の海域に落下する予定であり、地上に危害は与えない」と否定したことを紹介した。

さらに「天空1号が制御不能との情報には全く根拠がない。中国の有人宇宙飛行プロジェクト弁公室は現在も定期的に軌道の状況を発表しており、最新の発表では昨年12月17日から24日の間、平均高度約286.5キロメートルの軌道上にあるとされた」と伝えている。

詳細はソースにて
http://sp.recordchina.co.jp/news.php?id=397666 

【【中国】地球へ落下予想の天宮1号、中国専門家「地上に危害が及ぶことはない」】の続きを読む

20170802-00074029-roupeiro-000-6-view

北朝鮮の駐英公使を務め、2016年8月に韓国に亡命した
太永浩(テ・ヨンホ)氏(55)が毎日新聞の単独インタビューに応じ、日本人拉致問題について金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が「拉致問題の解決と引き換えに、日本から巨額の資金援助を受けられることを望んでいる」と明らかにした。また、北朝鮮が「解体する」と表明していた拉致被害者らの調査のための「特別調査委員会」について「裏では(担当する)部署はそのまま残っている」とも証言した。

太氏は17年12月中旬、ソウル市内でインタビューに応じた。

 拉致問題を調査する部署に関連し、太氏は「正確な名前は分からないが、国家保衛省(旧・国家安全保衛部=秘密警察)の中に、拉致被害者問題を担当する専門の部門が別途ある」と強調した。拉致被害者の安否情報を「(北朝鮮側は)当然すべて把握している」と述べたものの、具体的な情報には言及しなかった。
太氏は拉致問題をめぐり「資金の入った袋を日本が明確に見せない限り、金正恩(委員長)は拉致問題を解決しようとしないだろう」と述べ、日本側と食い違っている点を強調した。
太氏は「(北朝鮮側から)『資金援助で帰す』と持ちかけるわけにはいかない」との見方を示す。日本側の世論がより硬化する恐れがあると判断しているためだ。
また「(金委員長は)拉致問題で日本から資金を得て、北朝鮮経済に輸血しようとしている」と例えた上、「資金を出すならば、日本に有利に解決するはずだ」との見解も示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00000012-mai-int

【北朝鮮「拉致問題を解決したいなら金を払え」 】の続きを読む

republic-of-korea-1123541_1280

(ソウル=ニュース1)ムン・ジェイン大統領が韓日慰安婦合意調査結果で合意自体に重大な欠陥が確認され該当合意では慰安婦問題を解決できないという立場を公式化した。
これに伴い、パク・クネ政権当時、日本と結んだ合意は事実上「白紙化」の手順を踏むことになると見られる。

専門家たちはムン・ジェイン政権がパク・クネ政権当時結んだ慰安婦合意を破棄しても国際法上問題になる可能性はないと見ている。
韓日両国が2015年12月28日に結んだ慰安婦合意は形式と内容のどちらに照らしても国際法上遵守義務が課される国家間の条約または協約と見るのが難しいと判断するからだ。
ただし、対日関係で甘受しなければならない外交的負担の重さが問題と指摘される。

韓日両国は合意内容を文書化せず、国家最高意志決定権者の公式的承認(endorsement)手続きも経なかった。国家間の条約に関する規範である「ウィーン協約」は「条約」または「協約」で締結当事国に拘束力、
すなわち「遵守義務」が認められるためには「書面形式」と「国家間合意」がなければならないと決めている。12・28合意が国際法上遵守義務が課される「条約」ではないという解釈が出てくる理由だ。

日本側も12.28慰安婦合意を国際法上の協約または条約と主張していないことが確認された。後に日本外相も12.28合意を「国際社会に対する約束」と表現している。
これに伴い、ムン・ジェイン大統領が慰安婦合意を破棄しても国際法上の責任問題が発生する可能性は低いというのが専門家たちの大まかな意見だ。

チェ・ヒョンボク慶北(キョンブク)大法学専門大学院国際法教授は「12・28慰安婦合意の場合、国家義務不履行の問題は起きないと判断される」として「外交的に韓日間国家関係の閉塞は避けられなくても国際法上、
有形無形の実質的責任問題は発生しないだろう」と説明した。国際法上協約締結の方式を広く解釈し、口頭合意もやはり協約と見られるという国際法理論に従う場合でも特別な法的問題は発生しないと予想される。
たとえ12.28慰安婦合意を国際法上の条約と認定しても裏合意を通じて定めた協議内容自体が国際法に違反するためだ。

ソース:ニュース1(韓国語) 政府、慰安婦合意再協議示唆…遮る国際法的制約は?
http://news1.kr/articles/?3193968

【【慰安婦問題日韓合意】韓国「合意を破棄しても国際法に違反しないし国際信用度も落ちない」】の続きを読む

このページのトップヘ