ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 海外

海外

20170209-03576241

2017年10月20日、参考消息網は記事「韓国冬季五輪は中国人観客頼み、高過ぎるチケットは中国人をカモ扱いか」を掲載した。

韓国・平昌冬季五輪開幕であと5カ月に迫った。しかし北朝鮮問題を受け、フランスは不参加を示唆。アイスホッケーでは米NFLはプロ選手を派遣しない方針を示している。安全問題の懸念があるためか、チケット販売も不調だ。

107万枚のチケットのうち、9月末時点での販売数は30万枚あまり。韓国の地方政府は不人気種目のチケットを購入するなど対策に追われているが、焼け石に水の状況だ。

チケット販売で頼みの綱となるのが中国人観客だが、あまりにも高価なチケットがネックだ。アイスホッケー決勝のチケットは中国での販売価格は最高で8000元(約13万8000円)に達している。なんとサッカー・ロシアW杯の決勝チケットを上回る価格だ。


詳細はソースにて
レコードチャイナ 
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171021/Recordchina_20171021035.html 

【【平昌五輪は中国頼み?】韓国のやり方に「金だけあるバカだと思っているのか」 】の続きを読む

128

「イジメ、ダメ絶対」「イジメ、かっこ悪い」。これらの言葉に深く同意しながらも、このままではイジメなんて無くならないと感じている人も多いはず。なにかもっと革新的な手を取らないと……。

では、今回アメリカのある都市で施行された、親も巻き込んだ法律はどうだろう? 子供がイジメを行ったら、親が責任を取り、勾留されたり罰金を払うことになるというのである。

・子供がイジメを行うと、親が罰を受ける?

2017年10月1日、米ニューヨーク州ノーストナワンダにある町で、イジメに関する新たな法律が施行された。イジメを行った子供の親に、15日以下の勾留もしくは250ドル(日本円で約2万8000円)以下の罰金が科されることになったのだ。

本件を報じた米クリスチャン・サイエンス・モニター紙によると、これは子供間のイジメや暴力を問題視し、警察や学校の指導に従う親を対象にしたものではないとのこと。

警察も頭を悩ませてきた、自分の子供が起こしたことでも「私には関係ない」と問題を放置し続ける親に対してなのだ。

・警察「イジメの抑止力になっている」

詳細はソースにて
ロケットニュース
https://rocketnews24.com/2017/10/16/968789/

【【米国】「子供がイジメを行ったら親が罰を受ける」との新法律 ニューヨーク州ノーストナワンダで施行され賛否の声 】の続きを読む

QDDIc57 (1)

2017年10月16日、韓国・インサイトによると、ニュージーランドのある駐車場で、現地に住む韓国人が車にデザインされた「落日旗」を「旭日旗」と勘違いし、生卵を投げつけるという事件が発生した。

韓国のネット上に12日、「ニュージーランドに住む韓国人が車両テロ」と題するスレッドが掲載された。スレッドでは2枚の写真が紹介されている。
1枚目は前面に中央から放射線状に赤い色が広がる旭日旗のような柄がデザインされた車の写真で、2枚目はその車の窓ガラスに生卵が投げつけられている写真だ。
スレッド主は「ニュージーランドに住む韓国人がスーパーで買い物中、駐車場のトラックに旭日旗がデザインされているのを見て憤慨し、卵を投げつけたそうだ」と説明している。

ところがその後、写真の中のデザインは「旭日旗」と非常によく似ているものの、全く違う意味を持つ「落日旗」であることが判明したという。
旭日旗が「空に昇る太陽」との意味を持つ一方、落日旗は「太陽が沈む」との意味を持つ。落日旗はかつて米軍の戦闘飛行隊「サンダウナーズ」が戦闘機に描いていたデザインで、
旭日旗を横半分に切り、太陽が水平線の彼方へ沈んでいく様子を表現したもの。つまり「日本の敗戦を祈願する」との意味が込められている。写真の中の車をよく見ると、落日旗の上に複数の銃痕も描かれている。

詳細はソースにて

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13756168/ 
【【火病】「あ、あれは旭日旗……許せないニダ!∩#`Д´>卵投げつけてやるニダ!」⇒】の続きを読む

【簡単に説明すると】
・平昌オリンピックのサイトからまた日本が消える
・日本以語以外で閲覧すると日本列島が無い地図に
・地図の出元も判明

2017年10月14日時点 フランス語版に掲載されている地図
no title


2018年に開催される平昌オリンピックの公式ウェブサイトに掲載されている世界地図に、日本が掲載されていないことが9月下旬に発覚した。

ネット上で騒動となり、これを受けて日本政府は韓国に抗議。すみやかに地図は修正され日本が含まれている地図に差し替えられた。日本のほかにロシアのサハリンなど数々の島が消えていたことも発覚。

平昌五輪組織委を管轄する韓国文化体育観光部の関係者は、「あってはいけない間違いだった」とし「(日本政府からの)指摘を受けて(地図を)修正した」と伝えた。

■再度日本が消える

しかし再度平昌オリンピックの公式ウェブサイトを訪れてみると、日本が地図から消えているのだ。というより、他言語版ではそもそも修正していなかったのだ。

日本語表示の際だけ日本が含まれている地図が表示されるが、英語、韓国語、フランス語など他言語のモバイル版、そしてフランスのPC版で閲覧すると日本が無い地図となる。

詳細はソースにて

平昌オリンピックの公式ウェブサイト(フランス語)
https://www.pyeongchang2018.com/fr/dream-programme

地図素材サイト
http://jp.vectorhq.com/vector/world-map-more-detail-33223

佐藤正久?認証済みアカウント @SatoMasahisa
【また日本が抜け落ちている、平昌五輪の広報世界地図。先日、日本政府の申し入れで修正されたのに!】
外交ルートを通じて再度、平昌大会組織委員会に、この問題を指摘の上,改善措置を強く申し入れたが。何でこんなことが再び起きるのか?
https://www.pyeongchang2018.com/en/dream-programme
https://twitter.com/SatoMasahisa/status/918786401465909250

2017/10/14 08:59:14
http://gogotsu.com/archives/33898

【【平昌五輪】オリンピックウェブサイトの地図からまたも日本が消える!抗議はなんだったのか? 】の続きを読む

このページのトップヘ