ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 企業

企業

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
低価格のラーメンチェーン、「幸楽苑」を運営する会社は、人手不足で人件費が上昇し採算が悪化しているとして、全体のおよそ1割に当たる50店舗余りを今年度中に閉鎖することになりました。

発表によりますと、「幸楽苑ホールディングス」は、560のラーメン店のうち、およそ1割に当たる51店舗を来年3月までに閉鎖することを決めました。

これにより、北海道、福井県、滋賀県、京都府、岡山県からは撤退することになります。

詳細はソースにて
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171110/k10011219461000.html
no title

【【低価格のラーメンチェーン】幸楽苑が経営難・・・今年中に51店舗を閉鎖へ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
maxresdefault

中華料理チェーン「餃子の王将」を運営する王将フードサービスは10月27日、同店の公式ホームページに「大阪王将『羽根つき餃子』CMについて」と題する文書を発表。
このCMの「表現が下品であるなどの苦情、ご意見が当社に対し、多数寄せられて」いるとして、大阪王将を運営するイートアンドと混同しないように「お願い」しました。

イートアンドの公式ホームページによると、CMは「これは羽根つき」篇(15秒)で10月19日から全国で放映開始。
タレントの鈴木奈々さんがドレスを身にまとい、「これは餅つき、これは羽根つき、これは腰つき、これは羽根つき」と歌うコミカルな内容で、SNS上では、「『これは腰つき!』には、やられました」「鈴木奈々の餅つきと腰つきが頭から離れない」などの声が上がっていました。

詳細はソースにて
https://otonanswer.jp/post/8802/ 

【【鈴木奈々さん出演】「大阪王将 羽根つき餃子」CMへの苦情が“餃子の王将”に殺到…「混同しないで」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
alface_cd5

ロハス製薬のフェイスマスク「ALFACE(オルフェス)」のCMに、容姿の良し悪しだけで人を判断しているという批判が多数寄せられ、炎上状態となっている。

元KARAのク・ハラが出演している「ALFACE」のCMは、“キレイ”が巻き起こすコミカルなストーリーとして、「ピンチ篇」「チャンス篇」「迷わせる篇」の3本が9月から公開。
「ピンチ篇」では、買い物帰りの女性が落として転がったリンゴを、その場に居合わせたぽっちゃり目の男性が拾う。満面の笑みで拾い上げる男性に、女性は嫌悪感を浮かべた表情で後ずさり。
そこに通りかかったク・ハラも男性を見て怯えるような表情で通りすぎようとする。すると、男性はク・ハラに見とれてしまい、落とし主ではなくク・ハラにリンゴを渡し、「キレイはピンチを招く時もある。」と締めくくられる。

「チャンス篇」「迷わせる篇」は、同様のシチュエーションで男性がイケメンになったバージョン。
イケメンを目にしたリンゴの落とし主とク・ハラは、先ほどとは表情が一変。しかし、イケメンも落とし主ではなく、ク・ハラにリンゴを差し出してしまう。

このCMは、女性が男性の容姿で表情や対応を変え、男性も容姿の良し悪しのみで行動を変えていることから、ネットでは容姿差別だと感じた人が続出。批判の声や意見が多数寄せられている。
詳細はソースにて
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0925/blnews_170925_3716093003.html 
BIGLOBEニュース編集部 
ALFACE(オルフェス)CMピンチ篇
https://youtu.be/S_HuE-zSwpE


ALFACE(オルフェス )CMチャンス篇
https://youtu.be/KcNKNfpHmoQ


【【ブサイクは気持ち悪がられる…?】 容姿の良し悪しで異性の対応が変わるフェイスマスク「オルフェス」のCMが炎上wwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
01

インクのランニングコストを低く抑えた、新型のインクジェットプリンターが、各社から登場している。先駆けはセイコーエプソン。
2016年1月に「エコタンク搭載モデル」「Colorio V-edition」と呼ぶ新たな製品シリーズを打ち出し、以降も精力的にラインアップを強化している。
競合メーカーでは2016年8月にブラザー工業が、低インクコストをうたう「DCP-J983N」を発売。キヤノンも2017年9月に、低インクコストの「PIXUS XK」シリーズを投入する。

インクコストを低く抑えるということはメーカーにとって、従来型なら追加で購入されるインクカートリッジで得られた利益が減るということにほかならない。
そこで、減るとみられる利益をあらかじめ回収するために、新型プリンターは本体価格が高めに設定されている。

詳細はソースにて
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/090601113/

【【もうインクカートリッジに頼らない?!】プリンターメーカーの針路】の続きを読む

このページのトップヘ