ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 漫画 アニメ

漫画 アニメ

今回の映画は、テレビシリーズの映像を再利用しつつ、キャラクターの設定を微妙に変化させたパラレルワールドの物語。

テレビ映像の使いまわしばかりで、新規で書かれた映像は数分のみ。しかも世界観設定が変更されているため、テレビシリーズの一部の重要キャラクターがいなかったことになっている。以下はエウレカファンのコメントである。


長すぎるので全文はソースで
http://buzz-plus.com/article/2017/09/18/eurekaseven-high-evolution/
no title

【【炎上?】映画「交響詩篇エウレカセブンハイエボリューション」が酷すぎて激怒 / 手抜き映画に1800円】の続きを読む

 昨年9月に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で40年間の連載を終えた人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が15日、今後も不定期で登場することが分かった。

 16日発売の同誌では1年ぶりの新作が掲載されるが、1話限りの復活とみられていた。扉絵ページには「ただいま!ちょっと長い休みから帰ってきたぞ!」との言葉で、明確には不定期での掲載開始には触れていないが、集英社関係者は「こち亀の週刊連載は終了したが、物語は続いている。掲載頻度は分からないが(作者の)秋本治氏は今後も描き続ける姿勢です」と話している。

詳細はソースにて
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/16/kiji/20170915s00041000384000c.html

画像
no title

【【不定期連載に】両さん、時々帰ってくる!「こち亀」16日復活!!】の続きを読む



この日は、同所で開催中の『創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.1 創刊~1980年代、伝説のはじまり』の一環として、“レジェンド”2人のトークショーが開催された。
同世代の2人は、担当編集者の思い出話に花を咲かせ、荒木氏は「編集者と密接になりますよね。編集者に『経費でエジプト行こう』って誘われて、行って(影響を受けて)描いたのが『ジョジョの奇妙な冒険』。それまでは全く旅行とか興味がなかったけれど、そういうのがある」と、人気作誕生秘話を明かした。

荒木氏が「他の漫画家さんと似た漫画を描くと、編集者にすごく怒られた。
その隙間を縫うようにアイディアを出していった」と振り返ると、原氏は「うまくコントロールされていますね。編集者の人って頭いいですよね。僕は中卒なので、ただ絵が描けるバカっていう感じですが。漫画のなかで『ひでぶ』とか『あべし』って書いたときは、『字間違えているぞ』って言われました。なかなか編集者の壁を超えられなくて、一生懸命考えたのにバカだと思われた」と笑いながら当時を懐かしんだ。
詳細はソースにて
no title

http://www.oricon.co.jp/news/2096940/full/

【【荒木飛呂彦氏が明かす?!】『ジョジョ』誕生秘話 きっかけは“編集者と経費で行ったエジプト旅行”】の続きを読む

今年連載20周年を迎える、大人気漫画『ONE PIECE(ワンピース)』。
国内での累計発行部数は3億5000万部を超え各種メディア展開している本作ですが、作者の尾田栄一郎さんは「できるだけ早い段階で物語を完結させようとしている」ことが判りました。

週刊少年ジャンプ・中野裕之編集長
「(ワンピースがいつまで続くかは)まだ分かりません。
日本では根強い人気がありますし、巻数が増えるにつれ図らずも物語が長くなってしまいましたからね。
尾田先生でさえも『ワンピース』をできるだけ早い段階で完結させようとしています。
というのも、あまりにも人気になりすぎましたので。
ただ、すぐに終わるようなことはないのかもしれません」



こちらのインタビューは、マレーシアで開催された「ワンピース展」にて行われたもの。
週刊少年ジャンプ・中野裕之編集長は、ワンピース最終回の時期については「分からない」としながらも「連載30周年記念で何をするかの話し合いはすでに始まっている」ことを明かしています。
そのため、まだあと最低10年は『ワンピース』連載を続けていく構想があるのかもしれません。

詳細はソースにて

no title

http://yurukuyaru.com/archives/72500721.html 
【尾田栄一郎先生「ワンピースを今すぐにでも完結させたい。あまりにも人気になりすぎた」】の続きを読む

このページのトップヘ