ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 漫画 アニメ

漫画 アニメ

412f5_367_3ea2bb40a793a373e4087342bbbad0d7

本格的に“引退撤回”を宣言したスタジオジブリの宮崎駿監督(76)。新作の長編アニメ映画のためのスタッフ募集を始めたことで、復帰がようやく具体化してきた。
完成まで3年間をめどにしているとみられるが、高すぎるハードルが待ち構えている。

ジブリは19日、公式ホームページ(HP)で宮崎監督について「『引退撤回』を決断し、長編アニメーション映画の制作を決めました。
作るに値する題材を見いだしたからにほかなりません」と発表し、スタッフの募集を始めた。

契約期間は10月から3年間で、動画と背景美術でのスタッフを募集しており、新人育成を前提としているという。
給与額は月額20万円以上で賞与は年2回。契約期間の延長や、期間の定めの無い雇用への変更は原則としてないという。

HPでは「昔からの大切な仲間を何人も亡くし、自分自身の終焉に関してより深く考える日々が続きました」「年齢的には、今度こそ、本当に最後の監督作品になるでしょう。
この映画制作完遂のために、若い力を貸してください」との思いをつづっている。

宮崎監督は2013年9月に長編からの引退を表明したが、昨年11月放送のNHKスペシャルで、
長編アニメに復帰する決意を口にしていた。プロデューサーの鈴木敏夫氏も今年2月、監督が新作の準備に入ったことを明らかにしていた。

しかし、アニメに詳しい映画ライターは指摘する。「ジブリは長編からの撤退後、200人近いアニメーターを解雇している。
その多くは米林宏昌監督のスタジオ・ポノックに移った。かつてのジブリスタッフでも、宮崎監督の要求に応えるのは難しく、完成まで時間がかかることもざらだった。
今回、そのレベルのスタッフをそろえるのは至難の業だろう。完成は3年どころか、もっとかかる可能性もある」

http://news.livedoor.com/article/detail/13101682/
2017年5月23日 17時9分 ZAKZAK(夕刊フジ)

【【宮崎駿監督「引退撤回」】新作3年で完成に高すぎるハードル すでに200人近いアニメーター解雇】の続きを読む

20170519-00000132-sph-000-1-view

 スタジオジブリは19日、公式ホームページで宮崎駿監督(76)の引退撤回と長編新作の製作を正式に発表した。

 HPはスタッフ募集のための告知で「『風立ちぬ』から4年、三鷹の森ジブリ美術館のための短編映画『毛虫のボロ』で、若いスタッフと共に苦手なCG技術にも野心的に向き合い、ついに完成させました。一方、この間、昔からの大切な仲間を何人も亡くし、自分自身の終焉に関してより深く考える日々が続きました」と説明。「ここに至り、宮崎監督は『引退撤回』を決断し、長編アニメーション映画の制作を決めました。作るに値する題材を見出したからにほかなりません。年齢的には、今度こそ、本当に最後の監督作品になるでしょう」としている。

 スタッフの契約期間は今年10月から3年間、としている。スタジオジブリはスポーツ報知の取材に「3年間というのはスタッフとの契約期間であって、製作期間が3年、ということではありません」とコメント。完成、公開時期については明らかにしていない。

全文はソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000132-sph-ent

【【知ってたwww】宮崎駿監督(76)が引退撤回…スタジオジブリが長編製作を発表】の続きを読む

2057512_201510150495921001444909976c


北条司「エンジェル・ハート」完結を発表、5月発売のゼノン7月号で最終回

コミックナタリー 4/25(火) 0:00配信

北条司「エンジェル・ハート 2ndシーズン」が、5月25日発売の月刊コミックゼノン7月号(徳間書店)にて完結を迎える。
本日4月25日発売の同誌6月号に予告が掲載された。

「エンジェル・ハート」は、代表作「シティーハンター」のキャラクターや設定を使って新たな物語を紡いだリメイク作品。
2001年に週刊コミックバンチ(新潮社)で連載が始まり、2010年からは掲載誌を月刊コミックゼノンへと移籍しタイトルが現在の「エンジェル・ハート 2ndシーズン」へと変更された。
2005年にはテレビアニメ化、2015年にはテレビドラマ化もされている。

ゼノンでは、完結を迎える7月号から記念企画を多数展開。
3号連続付録の「エンジェル・ハート」名場面クリアファイルを始め、作品の歴史を振り返る「HISTORY of XYZ」や、ゼノン作家陣が描き下ろしイラストを寄せる「私のエンジェル・ハート」、北条の描き下ろしミニ色紙が「エンジェル・ハート」全443話に合わせて443名に当たるプレゼント企画などを実施する。
東京・吉祥寺のCAFE ZENON、ソラZENONでも関連したイベントや展示が行われる予定だ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00000003-nataliec-ent

【北条司『エンジェル・ハート』完結へ 5月発売のゼノン7月号で最終回】の続きを読む

士郎正宗によるマンガ「攻殻機動隊」を原作とした新作アニメーションの製作が決定した。

新作の監督を務めるのはテレビアニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズの神山健治と、「アップルシード」「アップルシード アルファ」の荒牧伸志。
アニメーション制作はProduction I.Gが担当する。現時点では、そのほかの詳細は明らかにされていない。

「攻殻機動隊」は、全身義体(サイボーグ)の主人公・草薙素子率いる内務省公安9課が、サイバー犯罪に立ち向かうさまを描くSF作品。
なお本日4月7日に同作のハリウッド実写作品「ゴースト・イン・ザ・シェル」が公開された。
http://natalie.mu/eiga/news/227806 
2017年4月7日 11:01 

no title

no title

no title

no title

no title

【「攻殻機動隊」新作アニメ製作決定、神山健治と荒牧伸志がタッグ】の続きを読む

このページのトップヘ