ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 漫画 アニメ

漫画 アニメ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180827-00000003-nkgendai-000-5-view

"国民的アニメ"といえば、「サザエさん」(濱松恵=日曜午後6時30分)を挙げる人も多いはず。
1969年に放送が開始され、来年50周年を迎える超長寿番組だ。

かつては30%超、21世紀に入ってからもしばらくは20%以上の高視聴率を稼いできたが、ここ数年は1ケタの回もあるなど"サザエさん離れ"が著しい。

「『現代の家族像とかけ離れている』『フネや波平の声優が替わって違和感がある』
『フジテレビ自体に元気がない』などなど、視聴率低迷の理由についてはいろいろ言われていますが、そもそもサザエさんをオンタイムで観るという習慣自体がなくなってきています」(テレビ誌ライター)

サザエさんを見終わると、翌日から始まる忙しい日常を思い浮かべてユーウツになるという
「サザエさん症候群」なる言葉が生まれるほど、かつては若者からサラリーマンまで日曜夕方の習慣として定着していた。
が、それももう"昭和の遺物"として、このままサザエさん離れが進んでしまうのか? 

テレビコラムニストの亀井徳明氏がこう言う。

「今年3月で東芝がメインスポンサーを降板し、近い将来のシリーズ終了のウワサまで流れましたが、それはなさそうです。
4月以降、視聴率が1ケタだったのは5月27日の9・4%、7月1日の9・9%、8月12日の9・3%の3回だけ(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。
フジテレビにとって貴重なコンテンツであることに変わりはありません」

今のご時世、視聴率10%前後でも「上等」と亀井氏は言うが、つい数年前まで20%を稼いでいた番組としては「低迷」と言わざるを得ないだろう。
そして、亀井氏は「視聴率を"復活"させるには、どうしても番組の著作権をもつ長谷川町子美術館の協力が必要です」と、こう続ける。

「テレビ東京の『おそ松さん』や『深夜!天才バカボン』は、昭和の名作をリブートして若者の人気を獲得しました。
それにならって『夜のサザエさん』とか『裏サザエさん』のような思い切った深夜アニメを作るのはどうでしょう。

ただ、長谷川町子美術館が許さないでしょうねえ……それが無理なら、もともと新聞連載の4コマ漫画だったことに立ち返り、
『めざましテレビ』あたりで『サザエさん』の過去の1エピソードだけ毎日放送し、"新旧の客"を呼び込むという手はあると思います」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000003-nkgendai-ent 
【【フジテレビ】 国民的アニメが視聴率低迷 "サザエさん離れ"】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

漫画誌の休刊が相次いでいる。

今年上半期だけで12誌が休刊し、中には人気少女漫画「ガラスの仮面」の掲載誌「別冊花とゆめ」(白泉社)といった人気誌もある。
発行部数の落ち込みが休刊ラッシュの原因だが、その背景にはスマートフォンの普及により漫画を読む環境が激変したことがあり、出版関係者は危機感を募らせている。

「別冊花とゆめ」は昭和52年創刊の月刊誌。天才演劇少女の成長を描く「ガラスの仮面」などの人気作を掲載していたが、5月発行の7月号で休刊した。
集英社も、女性向け月刊誌「YOU」を10月発売の11月号で休刊する。
学園コメディー「ごくせん」などの人気作を掲載してきたが、近年の発行部数は平均7万6千部ほどに落ち込んでいた。

このほか、青年漫画誌「月刊バーズ」(幻冬舎コミックス)など11誌がすでに休刊。昨年1年間の7誌から急増し、平成7年以降最多となった26年の36誌(上半期14誌)に迫るペースに。
ある出版関係者は「26年は比較的知られていない雑誌の休刊が多かったが、今年は名前のある雑誌の休刊が目立ち、強い危機感を覚える」と話す。

雑誌の市場規模はこの20年で半減。漫画誌も例外ではなく、出版科学研究所の調査では、昨年の漫画誌(紙)の推定販売金額は前年比9.7%減の917億円。
7年のピーク時(3357億円)の3割以下に減った。
電子版は前年比5億円増の36億円に留まり、減少分を補えていない。

落ち込みの要因は何か。同研究所は、スマートフォンの普及で漫画を読む手段が多様化したことを挙げる。
電子書店が普及し、単行本の購入が容易になったことに加え、漫画アプリが発達し、時と場所を選ばず読めるようになった。
集英社は「YOU」の休刊理由を、「女性読者もデジタル志向が進み、漫画雑誌離れに歯止めをかけることができなかった」と説明する。

日本雑誌協会の調査では、今年50周年を迎えた少年漫画誌を代表する「週刊少年ジャンプ」(集英社)の今年1~3月の平均印刷部数は176万部で、前年同期比で15万部減った。
子供の漫画誌離れにも歯止めがかからない状況が続く。

専修大の植村八潮教授(出版学)は「最近は漫画アプリなど無料で漫画を読む手段が多い。
スマホの画面に合わせた『縦スクロール』で読むことに慣れ、紙の漫画の読み方がよく分からない子供も増えつつあるようだ。
出版社が新規読者獲得の努力を怠れば、漫画誌離れは加速する恐れがある」と指摘する。

一方で、工夫によって売り上げを伸ばすケースもある。
小学館は、月刊誌「少年サンデーS(スーパー)」の表紙や付録に「名探偵コナン」の人気キャラクターを登場させたところ、売り切れが続出した。
出版科学研究所の柴田恭平研究員は「漫画は魅力的なコンテンツ。
データではなく現物を手元に持ちたい需要もファンには根強く、作品の魅力を生かした工夫次第で雑誌も売れる可能性がある」と話している。

http://news.livedoor.com/article/detail/15214307/
産経新聞

no title

【【有名漫画誌が休刊ラッシュ…】半年で12誌「ガラスの仮面」掲載誌もる「週刊少年ジャンプ」も15万部減 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
ダウンロード

 「うる星やつら」など数々のヒット作で知られる新潟市出身の漫画家、高橋留美子さんが7日までに、「漫画のアカデミー賞」ともいわれる米アイズナー賞の「コミックの殿堂」入りに選ばれたことが分かった。日本作家の殿堂入りは手塚治虫さんらに続き6人目で、日本の女性作家としては初めてとなる。

 アイズナー賞は米国で最も権威ある漫画賞の一つとして知られ、識者や業界人によって選ばれる。受賞作は毎年、カリフォルニア州サン・ディエゴで開かれる漫画などの大規模イベント「コミコン・インターナショナル」で発表され、今年は7月下旬に高橋さんらが選ばれた。

 アイズナー賞公式サイトでは、高橋さんを「世界中で数億冊の本が売れている史上最高の女性漫画家」と評価している。ほかに「めぞん一刻」や「らんま1/2」などの作品を描き、アニメ化されていることなどが紹介されている。

 殿堂入りしている日本人作家はほかに小池一夫さん、小島剛夕さん、大友克洋さん、宮崎駿さん。

新潟日報
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20180808411250.html

【【漫画のアカデミー賞】高橋留美子さん、米漫画殿堂入り アイズナー賞 日本の女性作家で初 「うる星やつら」など数々のヒット作 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

『シティーハンター』新作劇場版、「Get Wild」に乗せた特報映像解禁

北条司の人気漫画『シティーハンター』の新作アニメーション映画が、2019年2月8日(金)に公開されることが明らかになった。併せて、同作の特報映像および新ビジュアルも解禁されている。

『週刊少年ジャンプ』で1985年より連載された原作漫画は、新宿を舞台に、様々な依頼を受け法で裁けぬ悪と闘う“シティーハンター”こと冴羽?と、その相棒・槇村香の活躍を時にハードボイルドに、時にコミカルに描いたアクションコメディ。1987年にはTVアニメの放送もスタートし、シリーズ140話、スペシャル3作に加えて劇場版3作を数える大ヒット作となっている。

今回の新作映画『劇場版シティーハンター(仮題)』は、TVアニメ放送開始30周年を記念して公開される長編作品で、冴羽?役の神谷明、槇村香役の伊倉一恵をはじめ、野上冴子役に一龍斎春水(旧芸名:麻上洋子)、海坊主役に玄田哲章、美樹役に小山茉美と、人気キャラクターとそのオリジナルキャスト陣が再結集。アニメーション制作は引き続きサンライズが担当し、TVアニメと過去の劇場版で監督を務めたこだま兼嗣が総監督として参加している。

このほど解禁された特報は、こだま総監督が絵コンテを描き下ろした約20年ぶりの新規アニメーション映像となるものだ。おなじみのTM NETWORKの名曲「Get Wild」に乗せてキャラクターたちの姿やアクションシーンを映し出した、疾走感溢れる映像となっている。

(中略)

■『劇場版シティーハンター(仮題)』
2019年2月8日(金)ロードショー
[CAST]
冴羽 ?(リョウ):神谷 明
槇村 香:伊倉一恵
野上冴子:一龍斎春水
海坊主:玄田哲章
美樹:小山茉美

[STAFF]
原作:北条 司
総監督:こだま兼嗣(「シティーハンター」「名探偵コナン」)
脚本:加藤陽一(「妖怪ウォッチ」)
チーフ演出:佐藤照雄・京極尚彦
キャラクターデザイン:高橋久美子
総作画監督:菱沼義仁
美術監督:加藤 浩(ととにゃん)
色彩設計:久保木裕一
音響監督:長崎行男
音響制作:AUDIO PLANNING U
音楽:岩崎 琢 (※「琢」の字は旧字体)
編集:今井大介(JAYFILM)
アニメーション制作:サンライズ
配給:アニプレックス

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


「劇場版シティーハンター」特報 | 2019年2月8日(金)全国ロードショー
https://www.youtube.com/watch?v=4TnImjHwb7U



(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会
no title

https://www.barks.jp/news/?id=1000158249

【【『シティーハンター』新作劇場版】「Get Wild」に乗せた特報映像解禁 】の続きを読む

このページのトップヘ