ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 漫画 アニメ

漫画 アニメ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
小西寛子さんのツイート
no title


NHKアニメ「おじゃる丸」役を務めた声優の小西寛子さん(42)が、NHK側から18年前に降板を強いられたとツイートし、波紋が広がっている。

 J-CASTニュースの取材に対し、NHKは小西さんの「告発」を否定したが、小西さんの事務所は「事実はある」と反論している。

■「生意気だ!」「仕事できなくしてやる」と言われたと主張

 小西さんは、1998年から初代おじゃる丸役を務め、一躍時の人になった。ところが、2000年いっぱいで出演がなくなり、ファンらから一体何があったのかと長年うわさになっていた。

 そして、2018年6月1日になって、小西さんは、ツイッター上で声優活動を休止したからおじゃる丸役を降板したのかと聞かれ、初めて降坂の経緯を説明した。

 それによると、NHK側から「収録」だと言われて、おじゃる丸の声を録ったが、アニメ番組本編用ではなく、おじゃる丸人形や音声商品の声に流用して販売していたという。小西さんは、このことを知らされていなかったため、事務所を通じて「これはなんですか?」と質問した。

 すると、NHKエンタープライズの番組プロデューサーから、「生意気だ! 黙って言うとおりにしないとアニメ業界で仕事できなくしてやる」と言われたという。

 その後、NHK側からは、アニメ本体の収録の話が来なくなったという。小西さんの事務所「Office Squirrel」によると、「音声商品」の件があったことで、アニメ番組を降ろされたと説明している。この時のプロデューサーの音声は押さえてあるという。

 また、小西さんは18年経って、「NHK関連でまた同じ様な事件が事務所関係者に起こった」とNHK絡みで新たなトラブルが発生したと明かした。今回の件については、音声だけでなく、電話やメール、振り込み指示など、その他の証拠も押さえているといい、NHKの経営企画局に書面を出し、回答を待っている状態だという。

 小西さんは、「おとなしく謝罪とか待っているが、もうそろそろ限度も過ぎるので無視すれば当然に全部公開する」とツイッターで不満をぶつけている。

■「プロデューサーの音声は、テープに録ってある」

 NHKの広報局は6月11日、小西寛子さんのおじゃる丸役降板について、次のように取材にコメントした。

  「ご指摘のような音声の無断使用の事実はないと聞いています。関連団体の担当者もツイッターにあるような発言はしていないと話しており、外部の関係者を含めさらに確認を進めています。契約満了まで務められており『収録の話が来なくなった』というものではないと考えています」

 今回新たに起きたトラブルについては、おじゃる丸のアニメとは関係がないとしたが、「(NHKの:編集部注)関連団体の元社員に関わるものでしたが、適切に対応しました」と言い、問題はないとしている。

 これに対し、小西さんの所属事務所は、J-CASTニュースの取材に対し、NHKのコメントに全面的に反論した。

 18年前のおじゃる丸プロデューサーの音声については、テープに録ってCDに焼いてあるとして、「事実はあると考えています」と担当者は話す。

  「NHK側は、著作隣接権侵害を認めると大ごとになってしまうと考えているのでしょう。広報局は、『聞いている』ということですので、事実がないとは断言していないように思えます」とも語る。

 今回、新たに発生した「事件」については、おじゃる丸とはまったく別のことで、数か月前にNHK関連会社と提携している業務で事務所の代表が小西さんと同様な被害に遭ったという。

 「NHK関連会社は、事実関係を認めて、執行役の方から電話で謝罪を受けています。しかし、書面での回答がまだありませんので、適切な対応ではないと思います。この件については、NHKが広報すべきだったのでは。和解の余地はありますが、NHKの対応によっては、法的な手段も検討することになると思います」

J-CASTニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00000005-jct-soci&p=1 
【【声優、小西寛子】、おじゃる丸役を「強制降板」と告発 NHKは全面否定、事務所は大反論 「プロデューサーの音声は、テープに録ってある」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180607-00000371-oric-000-11-view

 『機動警察パトレイバー』『攻殻機動隊』などで知られる映画監督の押井守氏が7日、都内で行われた『ILC(国際リニアコライダー)Supporters』活動報告会に出席。「『濃い作品はいいから、商品をいっぱい作ってくれ』と言われた」と、アニメ業界の現状に危機感を示した

 科学と日本の未来、のトークテーマにちなみアニメ業界に言及した押井氏。「アニメーションは一時期、バンバン作ってきたけど、今のアニメ業界は知恵を払っちゃった。これ以下は無いだろうと落ち込んでいる」と業界の凋落を指摘した。

 「何が原因かというと人がいない。人手不足。ものすごく労働を集約してとことん現場を絞った、そういう労働に耐える人間がいなくなっちゃった。低カロリーなスカスカしたものをバンバン作っちゃうぞみたいな。『濃い作品はいいから、商品をいっぱい作ってくれ。作品はいらないから、商品を作ってくれ』と言われたこともある。ふざけんな! と思うんだけど、割と今そうなっている」と自身のエピソードを交えながら説明した。

 “作品と商品”の違いについて「物を作っている中で、僕らは子どもや若い人に向けて、アニメを観ている時だけは自分がこうなったらいいみたいな、夢のキャラクターを作るのがこの仕事だと言っていた。ただし、ひとつだけ哲学を入れろと。つまり、これが(哲学が)ないとただの商品」と力を込める。

 これを聞いた、アニメーションプロデューサーの竹内宏彰氏も「クールジャパンとして、日本のアニメや漫画、ゲームが世界で騒がれている。世界に広がり『受ける』というのが悪いことではないが、『すぐに認められて、すぐに売れる物を作れ』というオーダーが高まっている」と同調した。

 最後に押井氏は「アニメスタジオについて言えば、でかくなってから入ってきた子たちは入ってきたことで終わっちゃう。入れたことでおしまい。サッカーだとバイエルンミュンヘンに入ったことが終わりじゃない、そこから始まるんだぞと。(Production)I.Gに入ったからって自分の未来が決まったり、開けたわけじゃない」と訴え「アニメスタジオは継承されるわけじゃない。ジブリがそうだったように、20年間くらいで淘汰(とうた)されるもの。それでいいと思っている。何が大事かというと、そのサイクルの中にどれだけの人間を世の中に出したかということです」と語った。

オリコン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00000371-oric-ent

【【アニメ業界の現状に警鐘!】<押井守監督>「哲学がなければただの商品」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
◆漫画『るろうに剣心』日本で連載再開も、海外では掲載見送りへ! やはり外国人は許してなかったのか・・

漫画家・和月伸宏さんの児童ポルノ所持容疑を受け、休載が続いていた『るろうに剣心』。
日本ではついに今週から連載が再開されたが、北米では掲載が見送られたようだ。

海外にも多くのファンを抱える『るろうに剣心』。
作者・和月伸宏さんがもたらした”児童ポルノ所持”という罪のインパクトは大きく、海外では以前として連載は中止のままだ。

米VIZ Mediaはこれまで、日本で『るろうに剣心』が掲載されたその日に本作を翻訳。
公式プラットフォームで同日配信するほどのサポートを見せていたが、今週発売の英語版『週刊少年ジャンプ』では『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』の掲載を見送った。

『るろうに剣心』連載再開について、集英社は「皆様から寄せられる様々な声に、 作品作りを通してお応えしていくこともまた作家ならびに出版社の責務であると考えている」と発表。
一方でVIZ Mediaからは本作連載再開の声明は出ていない。
海外では業界だけでなく読者の中にも、いまだ作者の復帰に抵抗がある人が多いのかもしれない。

7345fa6c

ユルクヤル、外国人から見た世界 2018年06月05日
http://yurukuyaru.com/archives/76426061.html 
【【やはり外国人は許さないのか?】作者の児童ポルノ所持容疑で休載の『るろうに剣心』、日本では連載再開するも海外では掲載見送り…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
mig

 6月1日、テレビ朝日系列で放送中の人気アニメ『クレヨンしんちゃん』の主役・野原しんのすけ役の声優・矢島晶子が番組を降板することを発表し、アニメ業界や声優業界に衝撃が走っている。

 『クレヨンしんちゃん』と言えば、テレビ朝日では『ドラえもん』に次ぐ人気長寿アニメだ。映画も毎年制作され、今年の4月には『映画 クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~』が公開されたばかりだった。

 今回の突然とも言える主演声優の降板は、番組公式サイトによると「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなった」と矢島本人から申し出があり、協議が重ねられた結果とのことだ。ただ、矢島の出演は6月29日放送分が最後。7月が改編期に当たるとは言え、発表から降板まではわずか1ヶ月しかない。『クレヨンしんちゃん』に関係するスポンサーからは「あまりに突然すぎる!」と怒りに近い声も上がっているという。

 『クレヨンしんちゃん』はファミリーアニメの「代表格」とみなされている。現在はテレビアニメ、劇場版はもちろん、牛丼チェーンの「すき家」、ウォーターサーバーの「クリクラ」、不動産の「レオパレス24」など一般企業のCMキャラクターにも使用されているのだ。

 これらの企業CMには、もちろん矢島晶子の演じる野原しんのすけがアニメで登場している。7月以降はこれらのCMが一斉に差し替えられる可能性が高い。しんちゃんを使用している企業CMは7月以降、新声優を迎えた撮り直しなどの対応に追われることになる。最悪の場合、スポンサーが「降板」する危険性もあるという。

 また、今回の降板劇について声優界に詳しい某記者はこう分析している。

 「テレビ朝日のアニメでは2005年4月に『ドラえもん』が大山のぶ代さん以下、全てのキャストが交代となりました。この時ばかりはテレビアニメだけではなく、ドラえもんをCMに起用している関連企業への影響を考え、半年前から新聞紙上で発表するなど準備に準備を重ねました。それに比べ、今回の矢島さんの残り1ヶ月での降板発表はあまりに急。矢島さんの言葉が真実であるならば、矢島さんの喉はかなり危険な状態だったのではないでしょうか」(某芸能記者)

 テレビアニメもバラエティ番組と同じように、明らかに雰囲気が変わってしまう「テコ入れ」は番組そのものの寿命を短くすることもある。『クレヨンしんちゃん』は27年目にして大ピンチを迎えているのかもしれない。

リアルライブ 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000020-reallive-ent

【【スポンサー企業も大慌て!】クレヨンしんちゃん主演声優降板は計画不足? 】の続きを読む

このページのトップヘ