ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 漫画 アニメ

漫画 アニメ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
12月14日、『となりのトトロ』が中国で初公開され、3日で興行収入1300万ドル(約15億円)を突破したと、大手エンターテインメントメディアの「Variety」が報じている。

1988年の『となりのトトロ』日本初公開から、30年の時を経ての中国での劇場公開となる。

30年前の『トトロ』がなぜ?
『となりのトトロ』は、スタジオジブリが制作し、宮崎駿さんが監督をつとめた長編アニメーション映画。

ジブリ作品が中国で公開されるのは今回が初めてとなるが、多くの中国人が、海賊版や違法アップロードサイトで『トトロ』を子どもの頃に視聴しているのだという。

英国メディア・BBCの日本版は、本作が中国でカルト的な人気を誇る作品にも関わらずこれまで上映されなかった理由として、外国映画の上映本数に厳しい制限をかけていることを挙げている。

規模が半端ない中国の映画産業
日本アニメの中国でのヒットは、11月に公開された『名探偵コナン ゼロの執行人』が記憶に新しい。

公開最初の週末で興行収入8000万元(約18億円)を突破。累計興行収入は1億2000万元(約20億円)を超えた。今年6月に中国で公開された『ドラえもん のび太の宝島』は、累計興行収入は2億元(約33億円)を記録している。

また2016年に公開され、中国で上映された邦画アニメの初日記録を更新した『君の名は。』は、公開後最初の週末では2億8000万元(約47億円)を記録している。

これら新作日本アニメ作品が記録した興行収入には劣るが、そもそも30年前に公開され、かつすでに多くの人に視聴されている『トトロ』がこれだけの数字を叩きだしているのは、興味深い出来事と言える。

12/17(月) 20:53配信 KAI-YOU.net
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181217-00010004-kaiyou-ent

日本公開から30年の時を経て中国初公開となった『となりのトトロ』/画像はAmazonより
no title

【【30年を経た異例のヒット】中国で『となりのトトロ』初公開、3日で興収15億円突破  】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
no title

【上海共同】宮崎駿監督のアニメ映画「となりのトトロ」が中国本土に初めて正式に輸入され、14日以降、映画館でデジタルリマスター版が上映される。中国では外国映画の本数規制などのため、宮崎アニメはこれまで 公開されていなかった。約6千カ所の映画館で上映予定という。

 1988年に日本で公開された映画が30年後に中国で上映されることに、宮崎監督は驚いているという。上海で10日、 上映発表会があり、スタジオジブリの星野康二会長は「世界で愛されている作品。見どころはたくさんあるので、それぞれ自分で見つけてもらいたい」とあいさつした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000143-kyodonews-cul

【【宮崎駿驚く!】中国で突然となりのトトロ上映。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20180127180403-9

11月17日、アニメ『名探偵コナン』(日本テレビ系)の第921話『殺意のあいのり』が放送。
いつものようにコナンが事件を解決していったが、視聴者はある理由で犯人がすぐ分かってしまった。

レンタカーで山へ繰り出したがガス欠を起こしてしまい、通りかかったワゴン車に牽引してもらうことになったコナン、小五郎、蘭の3人。
ワゴンには大学生の佐伯遼平、井上春香、駒田孝弘と、車内で熟睡中の後藤正司教授が乗っており、4人は教授のゼミ論文が表彰されたお祝いも兼ねてキャンプに行く途中だという。

一向は道中で休憩と買い出しを済ませ、再び車の中へ。
すると眠っていた後藤教授が実は死んでいたことが分かり、蘭と小五郎はすぐに警察を呼んで事件を捜査していく。

人気声優の起用で犯人がバレバレ?
警察と小五郎が捜査を進めると、ゼミ生の3人がそれぞれ教授に恨みを持っていたことが判明。
しかし現場の状況から事件性は確認できず、事故による死亡と結論づけようとしていた。

一方ネット上では、

《コナン見ながら、声優さんの声聞いて秒で犯人を当てた》
《いや絶対駒田が殺っただろ》
《今回バレバレじゃね…?》
《もう誰が犯人かプンプン匂ってる》

といった感想が続出。理由はゲストキャラクターを演じる声優にあった。
駒田役を演じたのは、アニメ『銀魂』の主人公・坂田銀時役などで知られる大人気声優・杉田智和だったのだ。

コナンが推理した結果、今回は事故に見せかけた殺人だったことが判明し、案の定犯人は駒田であった。視聴者からは

《コナンって声優が豪華だと、だいたいそいつ犯人だよねwww》
《「有名声優のキャラが犯人」の法則は今日も有効だったようだ》
《杉田がチョイ役な時点でおかしいと思ったよ》
《杉田が出た時点で犯人が丸わかりでした》

との声が上がり、配役のせいで犯人が“バレバレ”だったのは明白だ。

演者の格で犯人が分かってしまうのは、実写のサスペンスドラマだけではないようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1577084/
2018.11.19 19:01 まいじつ

https://www.youtube.com/watch?v=0voLeHCqGug


名探偵コナンED 願い事ひとつだけ 小松未歩 

【【スタッフ失策!?】『名探偵コナン』登場数秒で「犯人」がバレた理由は 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20181115-00000324-oric-000-48-view

東映は15日、前夜14日に東京・日本武道館で行われた12月14日公開のアニメ映画『「ドラゴンボール超 ブロリー」ワールドプレミア in 日本武道館』におけるイベントで、試写会に「当選」したのにも関わらず一部のファンが入場できなかったことについて、説明するとともに謝罪文を同映画の公式サイトに掲載した。

イベントは公式サイトにて1000組2000人を募集し、別サイトなどの「試写会プレゼント企画」の招待人数をあわせて観客5000人を想定。しかし、イベント開始前から一部のファンがSNSなどを通じて「ドラゴンボールの試写会当たって武道館来たが、入場列に並んでいたところ満席のためと入場規制が掛かった」「30分以上並ばされて満員で入れません」「招待状来たのに、入場拒否されました」などの不満をツイート。そのほかにも、入場できなかったことについて、当日、説明や対応が不十分であったことを漏らしていた。

一部報道では「当日来られない人を見越し多めに招待状配布」とあり、きょう15日に映画公式サイトで「映画『ドラゴンボール超 ブロリー』ワールドプレミア in 日本武道館 満席による入場規制のお詫び」の書き出しで「11月14に行われました、『ドラゴンボール超 ブロリー』ワールドプレミアin日本武道館におきまして、弊社の予想を大幅に上回るお客様にご来場いただいたため、運営側で混乱が生じ、一部のお客様のご入場をお断りする事態となりました」と経緯を説明。

そして「お忙しい中、イベントを楽しみにご来場いただいたお客様に、映画及び舞台挨拶をご覧いただけなかったことにつき、深くお詫び申し上げます。また、ご入場時のトラブル、上映の開始が遅延してしまうなど、ご来場いただいた皆様方に多大なるご迷惑をお掛けしてしまいましたこと、重ねてお詫び申し上げます」と謝罪した。

「今後は同様の事態が生じませんよう、スタッフ一同、改善に努めてまいる所存でございます。何卒ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます」と伝えた。

ファンに配られた招待状には「開演後、または満席の際は消防法の規定により、入場をお断りいたしますので予めご了承ください」と記載されていた。

ソース/YAHOO!ニュース(オリコン)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000324-oric-ent

【【ドラゴンボール超の試写会】「当選」したファン 一部が満員で入場できず 東映、運営不備を謝罪 】の続きを読む

このページのトップヘ