ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 漫画 アニメ

漫画 アニメ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

マンガ家の藤子不二雄(A)さんが18日、東京・六本木の「六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー」で行われた自身の原画などを展示する展覧会「藤子不二雄(A)展 -(A)の変コレクション-」のオープニングセレモニーに登場。

セレモニー後の会見で「1週間に2回ゴルフをしていて優雅な生活を送っています。
“終活”ではなく“老活”といって、老いてもますます元気で生きられるように課している」と話した。

新しいマンガのキャラクターの構想も聞かれると「あるんですけど、4年前に病気して連載とかをやめてしまった。
4年描かないと面倒くさくなってしまって。マンガは美しい景色を描いてもマンガにならない。
必ず人間がでてきて変なことをやるから面白い。人生が楽しくなると思って(ゴルフなど)いろいろなことをしている」とほほ笑んだ。

また元気の秘訣(ひけつ)を聞かれると「富山県氷見(ひみ)市にある寺の息子だったの。
魚や肉を食べたことがなくて、精進料理で育った。スタジオに通うときもお袋のお弁当で、妻にバトンタッチしてからも精進料理を作ってくれて、そのおかげ。石ノ森章太郎さんも60代で亡くなってしまって。 (自分は)84歳まで生きていて、申し訳ない」と語った。

さらに、マンガ家の手塚治虫さんとの思い出を「20歳になって手塚先生のところにあいさつに行ったら、ちょうどお昼時で『うなぎ食べるか』って言われて。
うなぎを食べたことがないのに調子よく『大好きです』って(言って出前を)取ってもらった。
一口食べたら鼻血がビューッて出た」と振り返り、苦笑いしていた。

展覧会は、“黒藤子”とも呼ばれる藤子さんの作品の奇妙な世界を「変コレクション」と題して展示する。
藤子さんの等身大フィギュア、人気作「笑ゥせぇるすまん」に登場する「Bar 魔の巣」をイメージしたスペースのほか、同作や「忍者ハットリくん」「怪物くん」「プロゴルファー猿」などの原画や立体物などが楽しめる。19日から2019年1月6日まで。

https://mantan-web.jp/article/20181018dog00m200046000c.html
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/18/kiji/20181018s00041000277000c.html
https://natalie.mu/comic/news/304201

展覧会「藤子不二雄(A)展 -(A)の変コレクション-」のオープニングセレモニーに登場した藤子不二雄(A)さん
no title

no title

【【藤子不二雄A御大(85)】セレモニー登場、新キャラ構想あるも「面倒で」…「ハットリ」「「怪物くん」「笑ゥ~」「猿」他 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
no title


手塚キャラ美少女化に賛否 手塚治虫の娘・手塚るみ子が「理解を越えるもの」にコメント
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00010004-kaiyou-ent&p=1



「火の鳥」や「鉄腕アトム」、「ブラック・ジャック」など、手塚治虫作品のキャラクターを美少女化したスマートフォンゲーム『絵師神の絆』(えしがみのきずな)に対して賛否両論が巻き起こっている。

手塚治虫さんの娘であり、コンテンツ展開の監修を手がける手塚プロの取締役・手塚るみ子さん(@musicrobita)の動向に注目が集まっていた中、手塚るみ子さんは自身のTwitterを更新した。

「誤解されがちなので言っておきますが、手塚作品の全ての企画を私が監修してるわけではありません」と、批判としてSNSを中心に上がっている「るみ子さんの許可を得ているのか?」という声に反論。

続けて「また取締役とはいえ社長ではありません。各事業にはそれぞれ営業がいてビジネスとしての判断をもって契約しています」と自身が決定権を持っているわけではないと説明した。

その上で「理解を越えるものがあっても多様性は必要だと思うようにしています」と、様々な表現に対する自身の考えを示した。

手塚作品のキャラを美少女化した『絵師神の絆』

『絵師神の絆』はフォワードワークスとコンパイルハートが制作中のスマートフォンゲームアプリで、2019年に配信を予定している。

特徴は「火の鳥」や「アトム」、「ブラック・ジャック」などが、手塚作品の権利を管理・運用する手塚プロ監修のもと美少女化されている点。

藤真拓哉さん(火の鳥)、つなこさん(アトム)、ナナメダケイさん(ブラック・ジャック)らがイラストを担当、声優として石原夏織さん、釘宮理恵さん、東山奈央さんが、それぞれのキャラクターを演じることが明らかになっている。

10月15日にティザーサイトやオープニングムービーが公開されると、ブラック・ジャックのアイデンディティとも言える移植された肌の設定が活かされていない等、一部のファンから「原作の設定を軽んじている」と批判を浴び炎上。

SNSを中心に、取締役である手塚るみ子さんの許可を得ているのか疑問視する声も上がっていた。

【【悲報】手塚治虫の萌キャラソシャゲ即日炎上。手塚るみ子「全部を自分が監修してるわけじゃない」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
 中国人観光客のマナーの悪さがよく話題になるが、人気アニメ・漫画の聖地巡りスポットになっている江ノ島電鉄・鎌倉高校前駅(神奈川県鎌倉市)では、ちょっとした“異変”が起きている。

 駅前の踏切はアニメ「スラムダンク」のオープニングシーンに登場する。
中国や台湾の若者の間ではバスケ人気が高く、同作のファンも多い。
中華系観光客が「聖地巡礼」と称し、この踏切にわんさか詰め掛けるようになったのは、4~5年前から。
と同時に、踏切内や校内に侵入するなどマナーの悪さも、中国メディアがたびたび報じるようになった。

 ただ現地で交通整理にあたる関係者が見る限り、最近はマナーも比較的いいという。
踏切への立ち入りやゴミのポイ捨てもナシ。
踏切が閉まり江ノ電が通ると、みんな一斉に写真を撮るが、開いている間は道路の両端でおとなしく待機する。

「人だかりがすごいので、通る車のほうが徐行して気を使ってます。だから事故もないです」と整理員。

 自国でのお恥ずかし報道が功を奏しているようだが、最近は不思議な光景も見られるようになった。
セーラー服姿の中華系女子が踏切周辺をうろつきだしたのだ。
藤沢駅で小田急線から江ノ電に乗り換えてやって来た女子は、真っ赤なシャネルのバッグを腰にぶら下げ、彼氏とおぼしき若者と腕を組んで歩いていた。

 彼女たちのセーラー服は、「スラムダンク」のヒロインが着ている制服とデザインが全く違う。
また、鎌倉高校前踏切やその周辺が聖地になっていて、女子中高生が主人公のアニメ、アニメ映画、漫画、恋愛アドベンチャーゲームはなんと10作ほどあるが、
そのいずれの作品に出てくる制服とも、似ても似つかない。

 聖地巡りブームに火をつけた「スラムダンク」ではない女子向け作品のファンが、登場人物になりきってコスプレしてきたのだろうが、
イマイチなりきれていないのが、中国人の大ざっぱさを象徴している。

マナーの悪さ改善しゴミも減る スラムダンクの聖地に変化
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15412428/
no title

【スラムダンクの「聖地」に中国人観光客が殺到。ゴミや騒音被害が問題になり監視員を投入へ 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

公式通販は削除済み
no title


礼儀知らずな人ですね。サイコガンを勝手に使うのはやめなさい!
no title

no title


https://getnews.jp/archives/2083433

【炎上】ポプテピピック作者にコブラ作者がブチギレ激怒 / サイコガン無断使用に憤怒

絶大な人気を誇る人気漫画「ポプテピピック」(作者: 大山ぶくぶ先生)が、インターネット上で炎上している。ポプテピピックの公式グッズに、人気漫画「コブラ」のサイコガンを無断使用し、コブラ作者の寺沢武一先生(63歳)がブチギレ激怒しているのである。

・寺沢武一先生がブチギレ激怒
問題視されているのは、ポプテピピックの主人公ポプ子がデザインされたTシャツ。このTシャツはポプテピピック公式商品だが、寺沢武一先生に無断でポプ子にサイコガンを装着させたデザインになっており、それに対して寺沢武一先生がブチギレ激怒しているのである。

誰がどう見ても、ポプ子が装着しているのは完全にサイコガン。コブラを参考にしたのは一目瞭然。

・コブラ要素を取り入れたデザイン
ポプテピピックは様々な作品からインスパイア、オマージュ、リスペクト、アンチテーゼ、メタファー要素を取り込んでおり、今回はコブラ要素を取り入れたデザインにしたようだ。以下は、寺沢武一先生のTwitterコメントである。

・寺沢武一先生のTwitterコメント
「礼儀知らずな人ですね。コブラのサイコガンを勝手に使うのはやめなさい!マネジャに許可をとりなさい!」

「サイコガン使うなrら僕にひと言挨拶して欲しいですね」

・さすがカリスマ的アーティスト寺沢武一先生
寺沢武一先生はかなりご立腹のようだが、「訴えてやる!」「謝罪しろ!」などの言葉は使用しておらず、寛大な精神を持った大御所らしさもあらわしている。さすがカリスマ的アーティストである。

・左手にサイコガンを持つポプ子
ちなみにサイコガンを装着したポプ子のTシャツの名称は「左手にサイコガンを持つポプ子」であり、言い逃れできないレベルでアウト。現在、このTシャツは通販サイトから削除されており、購入することはできない。

はたしてこの騒動、カネで解決するのか、それとも寺沢武一先生が寛大な心で許し、ポプテピピックブームに乗ってくれるのか、すべては寺沢武一先生の懐の深さによって決定する。

【【炎上】コブラ作者、ポプテピピックにブチ切れ 「勝手にサイコガンを使うな」 】の続きを読む

このページのトップヘ