ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 漫画 アニメ

漫画 アニメ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1970年代の漫画「愛と誠」(梶原一騎原作・ながやす巧作画)の紛失原画が、インターネットオークションに無断出品され、400万円で落札された。

他にも行方がわからなくなっている原画があることから、版元の講談社は10日、「原画を発見した場合には、購入せずに編集部に一報を」とHPで告知した。

「愛と誠」は1973~76年に「週刊少年マガジン」に連載された純愛漫画で、映画やテレビドラマで何度も実写化された人気作品。
週刊少年マガジン編集部によると、74年ごろ、実写化に向けてテレビ局やレコード会社に原画を貸し出した際、カラー10枚とモノクロ5枚の原画が行方不明になった。
当時、警察にも紛失届を出したという。
その他の原画はながやすさんが管理しており、外部へ譲渡・売却されたことはないとしている。

紛失した15枚のうち、カラー原画1枚が、今年4月20日に漫画古書店大手「まんだらけ」が運営するネットオークションに出品された。
400万円で落札されたのは5月6日だった。
週刊少年マガジンの栗田宏俊編集長は「40年以上不明だったものがいきなり出品され、驚いた。オークションの中止を求めたが、まんだらけ側は『出品した以上は取り下げはできない』との対応だった。残念だ」と話す。
まんだらけ広報部は「対応を協議中だが、担当者が休みのため回答は後日になる」としている。

他の14枚の原画は今も不明のまま。
ながやすさんとマガジン編集部は「もしネットや店頭にあれば、紛失原画なので購入せず、編集部に連絡してほしい」と呼びかけている。

http://news.livedoor.com/article/detail/14700523/

「愛と誠」の紛失原画が400万円で落札
no title

【【1970年代の漫画】「愛と誠」紛失原画400万円で落札される 講談社、「まんだらけ」に中止を求めるも「残念」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
漫画家の久保ミツロウ、エッセイストの能町みね子、音楽プロデューサーのヒャダインがMCを務める『久保みねヒャダこじらせナイト~こじらせデストピア編~』が、FODで配信されている。
配信中の「こじらせライブVOL.5」#11では、『ゲゲゲの鬼太郎』や『ドラゴンボール』など長寿アニメの“世襲問題”についてトークを展開した。

水木しげる原作の人気アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』(1期)が放送されてから、今年でちょうど50年。4月よりスタートした6期では、なんと目玉のおやじ役を、初代・鬼太郎役の野沢雅子が務めている。これを受け、能町は「これはすごいこと。『釣りバカ』パターンですね」と、テレビ東京にて実写ドラマ化された『釣りバカ日誌』にて、映画でハマちゃん役を務めた西田敏行が、ドラマでスーさん役となった“世襲例”を挙げる。

そんな中、ヒャダインが「本当に不謹慎なんですけど……」と話し始め、「野沢さんがどうにかなっちゃったら、アイデンティティの田島直弥(野沢のものまね芸人)さんがやるんですかね? 声が本当にそっくりじゃないですか。『ルパン三世』の栗田貫一さん以上(の出来)」と疑問を投げかける。田島は芸人になる前、声優を志していたこともあったそうで、この情報を聞いた能町は「全然いける! やってみてほしいな、悟空2代目」とコメントした。

さらに能町は『ドラえもん』のパターンに触れ、「新しいものにこの世代はまだ違和感がある」と言うと、なんと『ドラえもん』の声優が新しくなってから既に13年も経っていることが明らかとなり、「古い価値観の人間なんだよ、私たちは」と急に暗い雰囲気に。久保は「『ドラえもん』は今、私たちのためにあるんじゃない。新しい世代のためにあるのだから……」と悟ったように語った。続いて、『サザエさん』における声優陣の平均年齢が「ヤバい」という話になり、中でも、3歳児であるタラちゃんを演じている貴家堂子の年齢が77歳と聞いて、3人が仰天する一幕も。

さらにこの回では、アニメが長期化するにあたり、久保が「早く人工知能化した方が良い」と考えるアニメも明かされた。
https://dogatch.jp/news/cx/53865/detail/ 
no title

【【FOD】「久保みねヒャダこじらせナイト」で『サザエさん』タラちゃん役の声優が「77歳」アニメの“世襲問題”に言及 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

no title


1968年に創刊されたマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)の“未来”について語り合うトークショー「ジャンプのミライ2018」が9日、東京都内で行われた。
同誌の中野博之編集長は「ジャンプに今、足りないもの」が話題になると「初版100万部の大ヒット作品。『NARUTO』『BLEACH』『ONE
PIECE』のように、もう一度子供にヒットする作品を作りたい。少年の誰もが知っているキャラで苦戦している」と語りつつ、
「コミックスの部数がすべてではない。世界中の人が知っているキャラクターを作ることが大事。現場はしっかり面白いマンガを作りたい。冗談ですが、キャラクターで世界征服をしたい」と話した。

中野編集長は「ジャンプは、子供向けで苦戦して、読者の年齢層が上がっている。子供たちは、YouTubeを見ていて、そこがライバルになっている。子供とマンガをつなげるアプリがあれば」とコメント。

前編集長で現在、同社第3編集部の瓶子吉久部長は、同誌の海外展開について「海外でストーリーは受け入れられなくても、キャラクターは受け入れられている。キャラクターの力は強い。キャラクターをうまく使っていきたい」と話した。

トークショーでは、マンガ投稿アプリ「少年ジャンプルーキー」、マンガ制作アプリ「ジャンプPAINT」の取り組み、新しいアプリ、ウェブサービス企画を募集する「少年ジャンプアプリ開発コンテスト」などの取り組みも紹介された。

 https://mantan-web.jp/article/20180509dog00m200045000c.html 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000017-mantan-ent 
【【週刊少年ジャンプ・中野編集長】ジャンプに足りないものは「初版100万部の大ヒット作品。子供にヒットする作品」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
アニメ『ウマ娘』スペシャルウィークを追悼

1998年の日本ダービーなどG1・4勝を挙げて活躍したスペシャルウィークが27日に23歳で死んだ。
競馬ファンに悲しみが広がるなか、競走馬を擬人化しスペシャルウィークをヒロインに描くテレビアニメ『ウマ娘 プリティーダービー』も同日、公式ツイッターでその死を悼んだ。

ツイッターでは「とても、悲しい知らせが届きました。スペシャルウィーク号が亡くなりました。
同馬の冥福を祈るとともに、日高大洋牧場のスタッフ様をはじめ、関係者の皆様に謹んでお悔やみ申し上げます」と追悼。また、アニメでスペシャルウィークを演じている声優・和氣あず未も「スペシャルウィーク号出会ってくださってありがとうございました。去年会いに行った時、元気に走っていたので私自身もショックでとても残念です。どうかゆっくりおやすみください」とツイッターにつづった。

アニメでは、北海道からトレセン学園に転入してきた主人公のウマ娘・スペシャルウィークが
仲間たちと切磋琢磨しながら、日本一の『ウマ娘』の称号をかけて「トゥインクル・シリーズ」での勝利を目指すストーリー。サイレンススズカやゴールドシップなど実在の競走馬がキャラクターとして登場している。22日深夜に放送された第5話では、スペシャルウィークに騎乗し自身初のダービー制覇となった武豊騎手が、本人役で声優に挑戦しレース実況をして話題となった。

武騎手は同日、JRAの公式サイトにコメントを発表し、「突然のことで驚いています。自分にとっては、自分をダービージョッキーにしてくれた馬なので、とても特別な一頭です。素晴らしい馬でした。
たくさんの思い出があり、一生忘れられない馬です」と悲しみをつづっていた。

ネット上では、「アニメ放送中に亡くなるとは」「ちょうどウマ娘やっていて注目を浴びていたのに…」「スペちゃん、おやすみなさい」と、競馬ファンやアニメファンからも驚きと悲しみの声があがっている。

https://www.iwate-np.co.jp/article/oricon/2110510

no title

【アニメ「ウマ娘」の主人公、スペシャルウィークが放映中に死亡 スタッフらが追悼 】の続きを読む

このページのトップヘ