ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 漫画 アニメ

漫画 アニメ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『シティーハンター』新作劇場版、「Get Wild」に乗せた特報映像解禁

北条司の人気漫画『シティーハンター』の新作アニメーション映画が、2019年2月8日(金)に公開されることが明らかになった。併せて、同作の特報映像および新ビジュアルも解禁されている。

『週刊少年ジャンプ』で1985年より連載された原作漫画は、新宿を舞台に、様々な依頼を受け法で裁けぬ悪と闘う“シティーハンター”こと冴羽?と、その相棒・槇村香の活躍を時にハードボイルドに、時にコミカルに描いたアクションコメディ。1987年にはTVアニメの放送もスタートし、シリーズ140話、スペシャル3作に加えて劇場版3作を数える大ヒット作となっている。

今回の新作映画『劇場版シティーハンター(仮題)』は、TVアニメ放送開始30周年を記念して公開される長編作品で、冴羽?役の神谷明、槇村香役の伊倉一恵をはじめ、野上冴子役に一龍斎春水(旧芸名:麻上洋子)、海坊主役に玄田哲章、美樹役に小山茉美と、人気キャラクターとそのオリジナルキャスト陣が再結集。アニメーション制作は引き続きサンライズが担当し、TVアニメと過去の劇場版で監督を務めたこだま兼嗣が総監督として参加している。

このほど解禁された特報は、こだま総監督が絵コンテを描き下ろした約20年ぶりの新規アニメーション映像となるものだ。おなじみのTM NETWORKの名曲「Get Wild」に乗せてキャラクターたちの姿やアクションシーンを映し出した、疾走感溢れる映像となっている。

(中略)

■『劇場版シティーハンター(仮題)』
2019年2月8日(金)ロードショー
[CAST]
冴羽 ?(リョウ):神谷 明
槇村 香:伊倉一恵
野上冴子:一龍斎春水
海坊主:玄田哲章
美樹:小山茉美

[STAFF]
原作:北条 司
総監督:こだま兼嗣(「シティーハンター」「名探偵コナン」)
脚本:加藤陽一(「妖怪ウォッチ」)
チーフ演出:佐藤照雄・京極尚彦
キャラクターデザイン:高橋久美子
総作画監督:菱沼義仁
美術監督:加藤 浩(ととにゃん)
色彩設計:久保木裕一
音響監督:長崎行男
音響制作:AUDIO PLANNING U
音楽:岩崎 琢 (※「琢」の字は旧字体)
編集:今井大介(JAYFILM)
アニメーション制作:サンライズ
配給:アニプレックス

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


「劇場版シティーハンター」特報 | 2019年2月8日(金)全国ロードショー
https://www.youtube.com/watch?v=4TnImjHwb7U



(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会
no title

https://www.barks.jp/news/?id=1000158249

【【『シティーハンター』新作劇場版】「Get Wild」に乗せた特報映像解禁 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この夏注目の劇場アニメといえば、細田守監督作品の「未来のミライ」(東宝配給)だが、評判が芳しくない。
たとえば、大手ポータルサイトの映画コーナーの評価は5点満点中2.55(25日朝現在)とビミョ~。
観賞後のレビューにいたっては、「カネ返せ」「期待はずれ」「つまらない」などと辛辣なコメントが並ぶありさまなのである。

■「全世代」「家族向け」と思って見ると…

 物語はこうだ。フリー建築家の父と出版社勤務の母を持つ男児・くんちゃんは妹のミライちゃんが生まれ、独り占めしていた両親の愛情を奪われていじけている。
ところが、ひょんなことから時空を超える旅に出かけるうちに兄としての自覚が芽生えるという4歳児の成長記だ。
だが、ファンタジー色の強い作品を期待すると大間違い。共働き家族のリアルな現実も容赦なく描かれ、
妻は「仕事も子育てももっとうまくできると思っていた」「気がついたら怒ってばかり」などと落ち込んだり、夫に対して長男の子育ては「私に任せきりだった」と愚痴ったり。
育児中の女性世代にとって胸に響くセリフは、男にとっては耳が痛いというわけだ。

 映画ジャーナリストの大高宏雄氏は、「今作の着想は細田監督が自身の子どもへの強い思いからきていると思え、彼の極私的な作品にも見えた。
エンターテインメント性より家族ドラマの色を強くしたテイスト。個人的には非常に面白く見たが、
『サマーウォーズ』(09年)や『おおかみこどもの雨と雪』(12年)といった娯楽テイスト満載の細田作品が好きな人は物足りなさを感じるかもしれない」と話す。

 20日の公開からオープニング3日間の興行収入は5億円。ランキングも大ヒット中の「ジュラシック・ワールド」に次ぐ初登場2位につけたが、細田守最新作となれば、数字の評価も違う。

「最終で58.5億円をマークした前作の『バケモノの子』(15年)超えがひとつの目安となるが、出だしは“バケモノ”の興収比で70%に満たず、もう少しといったところ」(前出の大高氏)

細田守監督「未来のミライ」に微妙な評価 『サマーウォーズ』ファンは物足りなさも
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12136-062629/

【【悲報】細田守監督「未来のミライ」が糞評価「金返せ」 サマーウォーズやおおかみファンも失望 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
 週刊少年チャンピオン(秋田書店)で連載されている水島新司氏(79)の人気野球漫画「ドカベン」が、28日発売の同誌で完結する。
きょう21日発売号で「野球ファン衝撃のグランドフィナーレ!!夢の球宴がついに万感の最終回を迎える――」と告知している。

 1972年の連載開始から46年。「大甲子園」を含む高校野球編が終了した87年に一度は完結したが、95年には舞台をプロに移して再開した。

 神奈川県の明訓高校野球部を舞台に、強肩強打の山田太郎、悪球打ちの岩鬼正美、下手投げの里中智らの活躍を描いた人間ドラマは、
少年読者のみならず年代を超えて野球ファンを魅了。故香川伸行さんのように山田と似たガッチリした体形の球児を「ドカベン」と呼ぶもとになった。

 現在は、架空の4球団を含むセ・パ16球団がトーナメントでぶつかる「ドリームトーナメント編」で、山田は明訓ナインが集まった
東京スーパースターズで決勝戦を戦っている。“最終章”として12年から描かれてきた。

 「ドカベン」「大甲子園」「プロ野球編」「スーパースターズ編」「ドリームトーナメント編」の5編で発行された単行本は計203巻
(別に傑作選が7巻)。これは16年に週刊連載を終えた「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の200巻を超えコミック史上最多となる。

 ON時代から、KKコンビの活躍などを経て、大リーグが身近になった現在に至るまで約半世紀にわたって描かれた物語。サッカー人気の上昇や、
日本選手の大リーグ流出など日本球界の危機に対し、提言とみられる描写も盛り込まれてきた。プロ選手にもファンの多い国民的野球漫画が、
ついにゲームセットを迎える。

 ≪ラストは特別版、プレゼントも≫「最終回特別号」と銘打った28日発売号では、巻頭カラー12ページを含めて計40ページの本編に加え、
作品を振り返る水島氏の寄稿や劇中の歴史年表などの記事も掲載する。表紙イラストをあしらったクオカードのプレゼント企画などもある。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000171-spnannex-ent
no title

【【連載開始から46年】水島新司氏(79)の人気野球漫画「ドカベン」28日発売号で完結!国民的野球漫画】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
『プラモ狂四郎』の窃盗・転売騒動 原作者が明かした「まさか」の顛末
https://www.j-cast.com/2018/06/20331846.html?p=all
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000012-jct-soci

『プラモ狂四郎』(講談社漫画文庫)
no title


http://kyamatospirit.blog50.fc2.com/blog-date-20180612.html

http://kyamatospirit.blog50.fc2.com/blog-date-20180616.html

1980年代に『コミックボンボン』(講談社)で連載された漫画『プラモ狂四郎』の原作者・やまと虹一さんが2018年6月16日、自身のブログで「お詫び」を掲載した。

プラモ狂四郎の原画が、知らぬ間にインターネットオークションに出展されていた――。ブログにそんな内容の漫画をアップすると、「悪質な手口」と心配の声が寄せられることに。だがその後、衝撃の事実を明らかにした。

■「新聞紙にすり替わっていた」

やまとさんは18年6月12日、ブログに「プラモ狂四郎シンドローム≪特別編≫」と題する漫画イラストを掲載した。

イラストによると、「昨年の暮れ...『プラモ狂四郎』の電子書籍版の作業が進む中...ライターの横澤ありす氏から」連絡がきた。「横澤さん」から伝えられたのは、

 「至急プラモ狂四郎の原稿が手元にあるか確認してください ネットオークションに原画が出展されています」

調べると「確かに見覚えある原稿がカリオクネットに出店され、既に2千万の値段がついて」(原文ママ)いた。

「仕事場のクローゼットに保管してある狂四郎の保管箱」の中を確認し、「全巻の原稿が消えて新聞紙にすり替わっていた」として、「完全な僕の管理不行き届きである」と反省した。

 「考えられるとすれば、狂四郎以降、3度の引っ越し...そのいずれか...しかし新聞紙で細工している所を見ると故意と考えられる...漫画家諸氏は過去の原稿を確認したほうがいい...」

この緊急事態を受けて「担当者に事情を説明...編集部は直ぐにカリオクネットに出店中止を申し入れた」(原文ママ)が、出展者に個人情報の開示を断られたという。

 「こうして、プラモ狂四郎の電子書籍化は延期を余儀なくされたのである」。

■講談社「社内で調査しましたが...」
やまとさんのこの漫画イラストをめぐっては、原作のファンを中心とするネットユーザーがツイッターなどで、

 「プラモ狂四郎の原画...紛失じゃなくて完全に盗難だよね。新聞紙にすり替わってたなんて計画的犯行だよ...」
 「悪質な手口だった...。これ窃盗じゃないんですかね...」
 「プラモ狂四朗の原稿全てすり替えられていたって...マジかよ」
 「原稿紛失事件のなかでも本格的にやばいやつでは」

と心配の声を上げていた。中には「泥棒の情報寄越さないオークションサイトってなんなんだ」「出品者の情報を被害者が開示できるシステムとかないもんかね」との声も。

J-CASTニュース編集部は15日、この件について講談社に取材を申し込んだ。広報担当者によれば、

 「社内で調査しましたが、(漫画にあるような)事実関係は出てきませんでした。お答えしようがありません」

と回答するのが精いっぱい。だが、無理もなかった。

やまとさんは16日、「この度は、お騒がせして申し訳ありませんでした...」とブログを更新。件の漫画イラストに書いた内容はフィクションであることを明かしたのだ。

■作者「配慮に欠けました」
 「どこで、こんな誤解が生じてしまったのか?正直、驚きました。やはり『原稿紛失』『ネットオークション』のキーワードがリアル過ぎたのでしょうか...プラモ狂四郎シンドローム≪特別編≫は、僕が如何にして、当時のコミックボンボンのガンプラ漫画を辞めたか?と言う、心情を別の形で表現してマンネリ化を解消しようと試みた結果だったのですが、まさか、こんな事態になるとは夢にも思っていませんでした...」

やまとさんは16日のブログでそう釈明し、「改めて、その行方を気にして下さる『プラモ狂四郎』ファンのいる有難さを実感した次第です」と感謝。イラストに登場する「横澤ありす」や「カリオクネット」も架空のものだとして、

 「今回の件に付きまして、いろいろ配慮に欠けました事を深くお詫び申し上げます」

とお詫びした。

ちなみに「諸事情で『プラモ狂四郎』電子書籍が延期になっているのは確か」だという。

【【『プラモ狂四郎』の原稿窃盗・転売騒動】騒動は原作者・やまと虹一さんの作り話、フィクション 「配慮に欠けました」 】の続きを読む

このページのトップヘ