ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > ゲーム

ゲーム

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





4月4日、フル3DCGアニメーション映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』のボイスキャストが公開され、それに伴い予告映像も解禁された。

ところが、この国民的RPG『ドラゴンクエスト』シリーズの新たな挑戦に胸を躍らせていたファンを、大きく落胆させてしまったようだ。
「1つ目の理由は、キャストがほとんど芸能人であること。本業の声優を使わず、客寄せパンダの有名芸能人を並べまくったことに批判が続出しています。しかし、こんなことはまだ序の口でした…」(ゲーム雑誌編集者)

ファンを驚かせたのは、アニメのキャラクターデザインだ。「ドラクエ」といえば、『ドラゴンボール』で知られる鳥山明氏がすべてを担当しているのは万人の知るところ。にもかかわらず、何とこの映画のキャラは鳥山氏のタッチとはまるで違う。

これにはファンから、
《バカなの? 鳥山の絵があってのドラクエなのにふざけんなよ!》
《鳥山絵に寄せないドラクエって存在してる意味あるん?》
《もはやこれはドラクエじゃない。期待してたけど、絶対に見にいかないわ》
《ファンを馬鹿にすんなよマジで。これでドラクエを名乗るな》
などと批判が続出。シリーズのファンで知られるタレントの中川翔子も、ツイッターで《ドラクエ5映画鳥山さんタッチじゃない顔なのか!》と驚きを見せている。

◇ 海外展開に向けてキャラデザ変更

「『ドラクエ』は、〝ゲームデザイン&シナリオ〟の堀井雄二氏、〝音楽〟のすぎやまこういち氏、そして〝キャラデザ〟の鳥山明氏という3本柱で成り立っていました。しかし、映画の予告映像には、堀井氏とすぎやま氏の名前のみ登場。ファンが怒るのは当然ですね」(前出の編集者)

今回、鳥山氏を切ったのには、ある狙いがあるという。
「『ドラクエ』は国内だけで大ヒットし、海外ではウケていません。その理由の1つに、鳥山氏のデザインによるかわいらしいモンスターと、重厚なストーリーがミスマッチだという指摘があるのです。
そこで映画スタッフは、海外でも超有名な鳥山氏を、あえて切る選択をしたのかと。しかしこれは、国内での興行をある程度捨てたも同然。もし海外での展開にコケれば、とんだ笑いものでしょうね」(エンタメ誌記者)

これまでは国内の売上だけで十分にやってこれた『ドラクエ』。欲を出した海外展開がどうなるのか、注目していきたい。
https://myjitsu.jp/archives/80228 
https://youtu.be/pUFO5uE2FeM
参考
no title

no title



【【ドラクエ】キャラデザ変更で鳥山明氏なし ファンら驚愕と大激怒「絶対に見ない」「もはやドラクエじゃない」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
PkoZFDhK_400x400

『はねるのトびら』(フジテレビ系)などに出演し、全盛期はお笑い界でトップクラスの人気を誇っていた『ドランクドラゴン』。しかし、ボケの塚地武雅の現況が、かなり悲しいという。

人気絶頂のころは俳優としても引っ張りだこで、主演も張っていた塚地。だが現在は単発の仕事が多く、バラエティーでも地上波プライムタイムのレギュラーはゼロ。そんな中で始めたのが、ユーチューバーとしての活動だったのだが…。

「塚地は〝グラリオサ音子〟というキャラで、YouTubeに動画を投稿中。昨年11月23日公開の初投稿動画は再生回数14万回突破というそこそこの人気を誇っていましたが、最近の動画は1万を切ることもしばしば。チャンネル登録数も3.1万人程度と、全く盛り上がっていないのです。ちなみに、グラリオサ音子のツイッターフォロワー数は、わずか1500人弱です」(お笑いライター)

https://myjitsu.jp/archives/79405

【『ドランクドラゴン』塚地の厳しい現状…YouTube再生回数に悲壮感 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
セガフェス2019にて、「セガサターン25周年大感謝祭」が行われた。セガサターンの発売からの歩みを、CMやその年の出来事も交えながら振り返るステージで、セガサターンを象徴する大人気キャラクター「せがた三四郎」こと藤岡弘、氏も当時と変わらない道着姿で登壇した。

セガ本社を守ってミサイルとともに宇宙に散ったと思われていたせがた三四郎だが、ミサイル爆発シーンではパラシュートと人影のようなものが写り込んでおり、ファンの間で「せがた三四郎は実は脱出したのでは?」とまことしやかに囁かれていた。
22年ぶりに元気な姿を見せたせがた三四郎は「22年の時を越えて、宇宙より戻ってまいりました。」と挨拶し、ファンを大いに
沸かせた。

和やかな雰囲気で始まったイベントは、藤岡氏とせがた三四郎との出会いを振り返る事となった。博報堂の担当者に呼ばれた藤岡氏は、いきなり絵コンテを見せられ、「あなたしかいない」と熱烈にオファーを受けたという思い出を語った。絵コンテの中のせがた三四郎は藤岡氏にそっくりな顔をしており、これほど直球のオファーは初めての経験で仰天したという。藤岡氏はCMの内容を確認し、自分の生きざまを叩きつけるにふさわしいものだと感じ、オファーを受けた。

とは言え、「なんの罪もない野球少年やクラブで遊ぶ若者を投げ飛ばす」という、せがた三四郎の強烈なキャラクターには藤岡氏も若干悩んだことも明かし、会場の笑いを誘った。しかし、かつて父親に武道教育を受けたことを思い出し、子を思う親心を持つキャラクターとして、愛をもって真剣に取り組もうと決意したと笑顔で語った。

セガサターン末期の1997年から1998年で制作されたせがた三四郎が出演したCMは19本。その中から5本を、せがた三四郎の一連のCMを担当した博報堂のクリエイティブディレクターである安藤宏治氏のメッセージと共に振り返った。

巨大なセガサターンを背負って走る姿が印象的な「修行編」。背負うことを全く考慮されていない巨大セガサターンは重量40kg、バランスなど考慮していないため体感では80kgと説明され、会場からは驚きの声が上がった。藤岡氏は発泡スチロールか何かだろうと思っていたようだが、そうは問屋がおろさなかった。この巨大なセガサターンを背負ったまま裸足で砂利道を走り、砂利が足に刺さって本当に痛かったという。あのときの苦しそうな表情は作ったものではなかったと語る。

また、コントローラーを殴るシーンでは「壊していい」と言われ、やはり木製のコントローラーを早送りを使わずフルコンタクトで殴りつけ、手が血だらけになったことを振り返った。

せがた三四郎のCMは、本来スタントマンを使うところも藤岡氏が体当たりで挑んだ。「ボンバー編」では『仮面ライダー』でも経験したこととは言え、現場で起こった爆発は氏の想像を超えるものであったという。

「氷上決戦編」では裸足でスケートリンクを走った。その日は昼に『バーニングレンジャー編』で火災現場に挑み、深夜は極寒のスケートリンクで疾走するという炎地獄と氷地獄を体験することとなった。

それまでの過酷なロケ現場から一転、「せがた打法編」では暖かいバッティングセンターでの収録となった。藤岡氏も喜んでいたようで、「今日は暖かいねぇ」と満面の笑み。現場でセリフの調整はよくあることだが、藤岡氏の笑顔を見た安藤氏は、この笑顔を視聴者に届けたいと笑顔のせがた三四郎をCMの最後に入れたという。

最終回となった「真剣遊戯編」では、撮影を行った現場には凛とした厳格な雰囲気が漂っていたという。わずか1年のうちに19本というハイペースで撮影を続けた藤岡氏とスタッフの間には、言葉では表せない絆が生まれていた。藤岡氏は自爆直前にせがた三四郎が流した涙には万感の思いがこもっていたと語る。せがた三四郎の最期は、撮影に関わったスタッフ達も涙を流したという。

そんなせがた三四郎とはどのような存在で、何を伝えたかったかを聞かれた藤岡氏は「人生一回こっきり。アンコールもリハーサルもない。
一瞬一瞬に命をかけて真剣に熱く熱く燃えて生き抜く。これが人生だということを教えられました。」と答えた。そして、せがた三四郎はそれを体現した人物だとまとめた。

若者への熱い想いとエールや、参加したスタッフへの賛辞を語った藤岡氏は、イベントの最後にせがた三四郎のテーマソングである「セガサターン、シロ!」を披露。大好評の内にイベントは終了した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190330-00075584-denfami-game

画像
no title

【【22年ぶりに復活した!?】「せがた三四郎」が熱すぎる 体感80kgのセガサターンを背負い、コントローラー連打で血が出たCM裏話語る 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 人気ゲーム「ドラゴンクエスト」の3DCGによる映画化が発表され、話題になっている。映画監督の山崎貴さんが2019年2月13日放送の「news zero」(日本テレビ系)に出演した際に明らかにした。
映画のタイトルは「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」で、題材となるのは「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」。公開日は8月2日ということで早くもドラクエファンの期待が高まっているが、そんな中、「長年の論争が再燃する!」と、あえてその論争の勃発を期待する向きもある。
no title

山田孝之さん(2017年撮影)

■ ビアンカかフローラか...ファンにとっては永遠の論争

 「ドラクエ」シリーズの第5作として1992年に発売された同作には、ほかのRPGにはあまり見られない、主人公の結婚という要素があることで有名。男性である主人公の結婚相手となる女性キャラクターとして、幼馴染である「ビアンカ」と、富豪の娘「フローラ」という女性キャラ2人が登場し、主人公はこの2人から1人を選び、結婚することになる。
発売当時、ゲームのユーザーは小中学生がメイン。結婚という行為がまだ随分と先である小中学生たちだったが、人生最大の選択とも言える結婚がゲーム中に登場するとあって、その選択について真剣に考える者は多かった。学校の休み時間にはクラスメートと「どちらを選ぶべきか」や、「どちらを選んだか」についての議論が盛んに行われ、それらはいつしか「ビアンカ・フローラ論争」と呼ばれるようになっていった。

 同作は2004年にPlayStation 2で、2008年にニンテンドーDSで、スマートフォン版が2014年に発売されているが、その度に、ネット上では「ビアンカ・フローラ論争」が再燃。1992年当時は小中学生だったユーザーはもちろん、リメイクが初めてのプレーだというユーザーも巻き込んで、リメイクの度に熱い議論が交わされるようになった。かつ、DS版からは新たな花嫁候補として「デボラ」も追加。さらに論争に拍車をかけた。

■ 長瀬「嘘だ! ビアンカだろ!」

 また、時に、芸能人の発言がきっかけで「ビアンカ・フローラ論争」が再燃することもある。

 2010年1月に放送されたTOKIOの番組「5LDK」(フジテレビ系・放送終了)に出演した中川翔子さん(33)は、自身のドラクエ5のプレーを振り返り、3日悩んだ末にフローラを主人公の妻として選択したことを公表。すると、長瀬智也さん(40)はのけぞりながら驚きつつ、「嘘だ! ビアンカだろ!」と、中川さんの選択に疑問を提起。長年の論争がテレビの中でも行われたことに対し、ドラクエファンの間では大きな驚きが広がった。

 また、2016年5月に発売された「ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり」のプロモーションムービーでは、ビアンカ派の山田孝之さん(35)がフローラ派をダメ出し。「(フローラとの結婚後に)よく行けるな、ビアンカがいる村によ!」(※編注:フローラと結婚後にビアンカの元を訪ねると、独身生活を続ける彼女と対面することになる)と、思いのたけを語る姿には、多くのビアンカ派から称賛の声が上がった。

 翻って、今回の映画化発表後にはネット上では早速、
「幼馴染として冒険をし 楽しいときも辛いときも一緒だったビアンカを選ぶ以外に他はありません」
「スーファミ当時は情に流されてビアンカ一択だったけど 今となっちゃフローラのほうがいいなあ」
など、双方からそれぞれの利点をアピールする声が続々。ほかにも、「ビアンカ派とフローラ派の戦争をどうでもいいことなんて言ったら刺されるぞ」など、事の「重大性」をアピールする声も上がっている。こうした盛り上がりから、放送直後から未明にかけ、ツイッターの「トレンド」に「ビアンカ」がランクインしている。

 映画公開の8月2日に向けて、ますます熱い論争が繰り広げられそうだ。

https://www.j-cast.com/2019/02/14350359.html?p=all 
 

【【よく行けるな、ビアンカがいる村によ!】ドラクエ映画化で「ビアンカ・フローラ論争」再燃 過去には長瀬智也、山田孝之も... 】の続きを読む

このページのトップヘ