ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 軍事

軍事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
戦艦武蔵発見
no title

1: デンジャラスバックドロップ(芋)@\(^o^)/ 2015/03/03(火) 08:33:18.89 ID:/Dtlksnb0.net
http://twitter.com/paulgallen/status/572431062522982400

【大和型戦艦の二番艦”武蔵”発見!?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ついに自衛隊が「高機動パワードスーツ」を導入へ
1: リバースネックブリーカー(北海道)@\(^o^)/ 2015/02/03(火) 11:55:15.65 ID:4UKrI03B0.net 
370d52d4

ついに自衛隊が「高機動パワードスーツ」を導入へ

ついに「パワードスーツ」の時代がやってきた-。政府は平成27年度防衛省概算要求で、「高機動パワードスーツ」の研究開発費として9億円を計上、本格的に兵士の“強化”に乗り出した。
自衛隊初のパワードスーツは実用性重視

 防衛省が研究開発に乗り出すのは、大小の火器や暗視装備など個人用の装備品を装着または携帯した隊員が迅速に行動できるようにアシストするための高機動パワードスーツ。

 パワードスーツという概念が生まれた元祖は、ロバート・A・ハインラインのSF小説「宇宙の戦士」に出てくる強化防護服で、人気アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツのヒントにもなったともされる。防衛省が目指しているのは前者に近い等身大のもので、人が装着することをイメージしている。

 防衛省によると、パワードスーツの目的として「島嶼(とうしょ)部攻撃等への対応」と「大規模災害等への対応」をあげている。対戦車兵器などの重量物を携えながら迅速に活動できることや、災害時に要救助者を背負って安全な場所まで搬送するなどの利用を考えているという。

【【キタ━(゚∀゚)━!】ついに自衛隊が「高機動パワードスーツ」を導入へ…自衛隊初のパワードスーツは実用性重視!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: アルゼンチンバックブリーカー(東京都)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 08:08:56.11 ID:qGVP6V9R0.net BE:253569587-2BP(5000)
1946-1948 Apothekenausbildung/Vorpraktikum in der Sonnen-Apotheke in Zweibrucken
1948 Vorexamen als Apothekerassistent
1948-1951 Studium der Pharmazie in Freiburg/Breisgau
1951 Kandidatenhalbjahr in der Munster Apotheke in Freiburg
1952-1956 Angestellter Apotheker in der Fortuna Apotheke in Zweibrucken
Seit 01.07.1956 bis 31.01.2011 Leiter der Apotheke in Herschweiler-Pettersheim
1963 Buchautor
01.02.2011 bis 24.01.2015 Apotheker in "Teilzeit?", d. h. wenn es ihm gut ging arbeitete er bis zu letzt voll mit
gestorben am 24.01.2015 im 93. Lebensjahr

http://www.tiger-apotheke.de/personal/otto-carius/
no title


オットー・カリウス(Otto Carius, 1922年5月27日 - 2015年1月24日)は、
第二次世界大戦中のドイツ国防軍の軍人。最終階級は中尉。
戦車長として150両以上の敵戦車を撃破したカリウスは、ミハエル・ヴィットマン親衛隊大尉やクルト・クニスペル曹長、エルンスト・バルクマン親衛隊曹長と共に、最も優れた戦車兵の一人として認められる。

戦後、薬剤師の勉強に励み、1956年に薬局を開業、その名も「ティーガー薬局」。
上のURLはティーガー薬局のHP

【【訃報】薬局のじいさん死去。→ 正体はWWⅡのドイツ国防軍のエース戦車兵、オットー・カリウス】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 20:01:42.57 ID:???0.net
449628ebbf5798

 集団的自衛権の容認や武器輸出の緩和など、何かとキナ臭い話題が多かった2014年。2015年は昨年にも増して、世界情勢の不安定化が懸念されている。市ヶ谷の防衛省には自衛隊幹部を議員にしようと政党関係者が日参し、オフレコながらも若年層のボランティア参加を強制する、そしていずれは徴兵制などという物騒な話もチラホラ耳にする。

 そうした動きに反応して、2014年は左派系メディアや運動家が集団的自衛権等への反対運動を
繰り広げたわけだが、政治家の個人的意見はともかく、肝心の自衛隊がどういう方向に進もうとしているのか、その情報がまるでメディアから伝わってこない。

平成23年5月に防衛省経理装備局技術計画官が発表した『技本の研究開発の現状と軍事技術の方向性』によると、今後の自衛隊の方向性は2つ。1つはNCW(NetWork Centric Warfare)、1つはゼロカジュアリティだ。

自衛隊の次世代装備は、かなりSFだ。パワードスーツや無人車両、無人偵察機、偵察用ロボット。
防空用レーザー砲やデジタル通信でゴーグルに戦況が表示される兵士用の装備もある。

【【画像あり】パワードスーツを着た兵士…自衛隊が目指す“死なない戦争”最前線!】の続きを読む

このページのトップヘ