ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 芸能

芸能

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
宝塚音楽学校の105期生が20日、“初ステージ”を務めた。兵庫・明石市の子午線ホールで同県の県政150周年記念イベントに参加。
昨春の入学から初めて、観衆の前で歌って踊るパフォーマンスを披露した。

霜下沙麗さんが「来年春、宝塚大劇場での初舞台を目指して、レッスンに励んでいます」とあいさつ。
元プロテニス選手でタレントの松岡修造の長女・恵さんや、プロ野球オリックス・風岡尚幸内野守備走塁コーチの
長女・里々奈さんらが、ミュージカル「マンマ・ミーア!」のナンバーを熱唱した。

http://news.livedoor.com/article/detail/15474840/

no title

【【松岡修造の長女・恵さん】“初ステージ” 宝塚音楽学校で「マンマ・ミーア!」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
お笑いタレントの三又又三(51)が18日深夜放送のニッポン放送「岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に出演。
自身の借金トラブルにまつわる話について、“タブー視”せず「逆に言って欲しい」とリクエストする場面があった。

パーソナリティーを務める「ナインティナイン」の岡村隆史(47)から、関係が近くなると調子に乗り「怒らせてしまって、不義理かましたりする」と指摘された三又。
大笑いしながら認めつつ「甘えちゃってな、松ちゃんにな。1500万円借りちゃったり」と、自身の甘えの例として「ダウンタウン」松本人志(55)に借金をした過去について口にした。

岡村によると、三又の松本との借金トラブルを巡っては芸人の間でも話題で「僕らは勝手に、自分の中で言ったらアカン、となっていた」とタブー視していたという。

これに対し、三又は「これは言わせていただきます。
松ちゃん、『ワイドナショー』でも『三又又三から1500万、完済されました』って言ったしね。そこは逆に言ってほしい。全部返したから、僕、今もう肩が軽いの」と、オープンにするよう懇願。
さらに「そんなに気をつかわせてたのか。大丈夫よ」と、岡村ら芸人仲間の気遣いに感謝していた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15472350/
2018年10月20日 11時51分 スポニチアネックス

no title

【【松ちゃんとの借金トラブル】三又又三「甘えちゃってな…松ちゃんにな。1500万円借りちゃったり」岡村隆史「不義理かます」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
a6962_60_f320a9ae_1386beb3

沢田研二(70)のコンサート“ドタキャン”騒動が尾を引いている。沢田の公式サイトは中止から一夜明けた18日に「ご来場いただきましたお客様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした」との謝罪文を掲載。
さらに沢田自身が自宅近くで報道陣の取材に対応し、経緯を説明するに至った。

「契約上の問題が発生した為」という中止理由について沢田は「さいたまスーパーアリーナでやる実力がなかった。
ファンに申し訳なく思ってます」とまず謝罪し、9000人と聞いていた観客数が実際は7000人にとどまると聞かされ、「客席がスカスカの状態でやるのは酷。ライブをやるならいっぱいにしてくれ。無理なら断ってくれといつも言っている」とコメント。
イベント主催者側からは予定通りの開催を懇願されたが、沢田が譲らず、結果的に“ドタキャン”につながったと説明した。

沢田としては空席だらけの会場で歌うことはプロとして我慢ならないということなのだろう。17日の公演は振り替え公演を実施する方向で調整中だという。
しかしながら、今回の騒動で一番の被害者は会場まで足を運んだファンである。
そして、浮き彫りとなったのはジュリーの意外な不人気である。

「ジュリーも古希を迎え、ファンも高齢化が進行。ドームやアリーナなど大箱でのコンサート動員は厳しいでしょう。
今回のツアーではチケットが売れず、関係者に無料券が大量に配られていました。
それがヤフーオークション等に格安で出品されていた事実もあるようです。
実は14年前も茨城県水戸市の公演で主催が集客できなかったとして、それを契約違反だと事務所が主張して公演を中止にしてしまったこともあります」(音楽事務所幹部)

■新規のファンは獲得できず…

ツアーは7月6日の日本武道館を皮切りに展開中で、来年1月21日の日本武道館公演まで全66公演。
この状況で完走できるか心配だが、SNS上には「もともとジュリーはファンを大切にしていない」「歌唱中に歌詞が飛んだりして、健忘症どころか認知症じゃないか」と批判の声まで飛び交い始めた。
スポーツ紙芸能デスクはこう言う。

「反原発活動でスポンサーが離れた上、今春に発売したCDも売れず、ツアー展開するための資金繰りにすら困っていたようです。
個人事務所は都内雑居ビルにあるし、ホームページも古い手づくり的なもので、インディーズレーベルでの活動は大変に見えます。
今ツアーでは、予算削減のためかステージに上がるのは沢田さんとギタリストの2人だけ。
大規模ホールは初めから無理があったのかもしれません」

いわずと知れた昭和のスーパースターだが、新規のファン獲得はままならず、
「ほとんどのヒット曲の権利は独立前の大手芸能プロのもの」(前出の音楽事務所幹部)というからジリ貧状態。

時の過ぎゆくままに、というには酷な現実である。

http://news.livedoor.com/article/detail/15472004/
【【沢田研二の不人気とジリ貧?!】 公演ドタキャン騒動で浮彫りに 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
 タレントの上沼恵美子(63)が19日、関西テレビ「怪傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。「漫才ネタの寿命がものすごく短い」と話す「ナイツ」塙宣之(40)に対し、持論を語った。

 塙は「ネタ番組でやると、次の番組ではやってない新ネタやってくださいと言われる。曲みたいに、この曲やってくださいとはならない」と漫才ネタの寿命の短さに嘆き。上沼は「ファンはその歌を聞きたいわけやんか」とネタと曲の違いに触れつつ、「新ネタを作るって大変なことなんよ。わかる」とうなずいた。

 続けて「宇崎さんは作詞も作曲もやられて、創作をやられるけど…」とゲストの宇崎竜童(72)を引き合いに出しつつ、「歌だけ歌う人って楽やな」とチクリ。「照明当ててもらって、綺麗な衣装着させてもらって、歌がうまいから歌手になっているだけですやんか。だからあほが多い」と私見を語り、「今の人じゃないですよ。昔の歌だけを歌っていた人、あほばっかり」と切り捨てた。

 若手時代に音楽番組の司会を担当していた上沼は「ピンクレディーがデビューした頃で、あの子たちは賢いですけど、ほとんどが…」としかめっ面。「こんなこと言うたらなんやけど、同じ歌ばっかり歌うからよ。本番の20秒前まで化粧してるもん。漫才はそうはいかんで。おしゃべりの商売って難しいな、損やな。評価が低いやん」とし、最後は塙に「歌手になったら?」と語りかけ、笑いを誘っていた。

https://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20181020_0086/
no title

【【上沼恵美子】歌手は「あほばっかり」 その理由とは… 】の続きを読む

このページのトップヘ