ジャックログ

ジャックログは ニュース まとめサイトです。

トップページ > 芸能

芸能

BEST TIMES 1/20(金) 18:06配信

「仕事をするうえで学歴は関係ない」という意見がある一方で、「それでもやっぱり学歴があるに越したことはない」という考え方もあります。
自身が東大卒であることでも有名な林先生は、学歴についてどう考えているのでしょうか。

 結論から言うと、学歴は関係ないですね。テレビ局のスタッフなど、いろいろな方とこの話はしてきましたが、実社会においては、学歴の高い低いに関わらず、仕事ができる人はできるし、できない人はできない。
『学力の経済学』の著者、中室牧子さんも「官僚以外に差は出ない」とおっしゃっています。

 こんな話があります。僕の教え子2人の例なんですが、彼らはたまたまある商社の同じ職場にいて、その上司も偶然、僕の知り合いでした。
1人は現役で東大に受かり、もう1人は東大に2、3点足りずに落ちて早大に行ったんですが、知り合いである上司に「どっちが仕事できる?」と聞いたところ、間髪入れずに「早稲田」という答えが返ってきました。
 その東大出の教え子には、早くも「勉強はできたかもしれないが、使えない東大出」というレッテルをすでに張られているような印象を受けました。
この先の人生は長いんですから、何とか巻き返してほしいんですがねえ。

 たとえば、東大と早稲田大学を比較すると、東大のトップの学生と早大の学生の間には、学力という点では相当な差がある。ただ、東大の下のほうの学生と、早大の上位の生徒には、さほどの差はありません。
(だから、僕は浪人反対論なんですよ。若い貴重な一年を、ただ受験勉強のために費やしても、将来的に得られるものは大きいとは思えません。一生懸命頑張ったという事実にこそ、意味があるんですから。)

 結局、受験勉強のやり方の差も大きいんだと思います。言われたことを素直に聞いて、点の取り方だけ覚えてよい大学に入っても、自分の頭で考える力が低ければ、社会に出て苦労する。自分でいろいろ工夫しながら、その結果大した大学に行けなくても、その際の工夫が社会に出て生きるんです。
 このコラムにも何度も登場する、僕の(極悪)マネージャーは法政大学卒なんですが、実に仕事ができます。そんな彼の口癖は、「妙なプライドがないから、社会に出たらうちの大学とかのほうがいいんですよ」と。 一理ありますよね。

 そもそも勉強が苦手なら、嫌いなら、大学に行かなくてもいいと、思っています。絵が上手いとか、料理が上手いとか、他人より秀でている部分で勝負できる土俵を探すほうが大切ではありませんか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170120-00004288-besttimes-ent
no title

【【学歴】東大卒の林修が断言「仕事に学歴は関係ない」】の続きを読む

 タレント、矢部美穂(39)が19日、芸名を「矢部みほ」と変えたことをサンケイスポーツに明かした。矢部は「心機一転、新たなチャレンジをしたい」と笑顔で抱負を語った。

 1992年にデビューして、今年は芸能生活25周年。6月には40歳になるが、昨年10月に子宮筋腫の手術を受けて成功したこと、所属事務所が変わったことを機に芸名変更を決めたという。

 矢部は「『み』も『ほ』も字の中に『○』がある。より丸みのある人間として成長できたらという意味も込めています」と説明した。

 これまではバストトップやヘアは見せなかったものの、過激なグラビアも注目されてきた。「グラビアは需要があれば…ですかね。トーク力を磨いてバラエティーはもちろん、女優としては殺人犯など毒のある役をやりたい。実はベッドシーンも未経験なのですが、お色気シーンも、お話次第で」と女優業に意欲を示した。

 格闘技団体パンクラスで格闘家の筋肉に触る“エッチなお姉さん”キャラのリポーターとしても評判だが、「あれを演技でも生かせれば」。不惑を前に、自分をさらにさらけ出す覚悟だ。


・「恋はいつもしていたい」と語るお色気ムンムンの矢部みほ=東京・千代田区(撮影・菊本和人)
no title

no title

no title

http://www.sanspo.com/geino/news/20170120/geo17012005040014-n1.html

【【再出発!】矢部美穂(39)改め『矢部みほ』「心機一転…お色気シーンもお話次第で」】の続きを読む

モモナオ @mayutaka119
【アウト×デラックス】
細川たかしさんの楽屋可愛すぎ!!(笑)
キティちゃんだらけ

少年隊の植草さんにキティのタオル?を貰ったのがきっかけだそう
細川さんの喋り方癒されるな
『キティちゃんっていいよね』
no title

no title

no title

no title

https://twitter.com/mayutaka119/status/822087268940718080


no title

no title

no title

no title

【【画像】細川たかしの楽屋の様子が酷いwwww】の続きを読む

CzZnsnCUsAUZ0KP

 1月17日に放送された草なぎ剛主演のテレビドラマ「嘘の戦争」(フジテレビ系)第2話の視聴率が12%だったことがわかった。

「第1話は視聴率11.8%だった『嘘の戦争』ですが、第2話はそれを上回りました。連続ドラマといえば2話目以降、視聴率が落ちるのが通例です。そのためこの勢いを維持できれば、前期、徐々に数字を上げて大ヒットした『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)のような盛り上がりを見せる可能性もあります」(テレビ誌記者)

 また今期、注目されているのは、元SMAPメンバーである木村拓哉との視聴率対決である。彼が主演する「A LIFE~愛しき人~」(TBS系)の初回視聴率は14.2%だったが、このまま「嘘の戦争」が数字を伸ばしていけば逆転もあり得る。

 そんななか「A LIFE」の撮影現場では、ピリピリムードが漂っているという。

「1月19日発売の『週刊文春』によると、ドラマの現場で木村が声を荒げる様子があったと伝えています。ある日、撮影のため木村が緑山スタジオを訪れた際、スタッフが何かを話しかけたそうです。すると彼は、『当たり前だろ!』と激怒していたとのこと。今回、木村はドラマの視聴率を異常に気にしているそうですから、様々なストレスで不機嫌になっているのかもしれません」(芸能記者)

 他のドラマに対し「勝てばいいんでしょ?」とスタッフに語り、莫大な制作費を使って豪華キャストを集めさせたと言われる木村。はたして今後、本人の納得する結果を残すことができるだろうか。

(森嶋時生)

ソース
http://www.asagei.com/excerpt/74025 
【【芸能】キムタクが「A LIFE」現場でブチギレ!草なぎ剛との直接対決のストレスが爆発!?】の続きを読む

このページのトップヘ