ジャックログ

ジャックログは ニュース まとめサイトです。

トップページ > 芸能

芸能

画像:巨匠クラスにだって失敗はある…… 
no title
1: 禿の月φ ★ 2013/05/12(日) 17:04:02.64 ID:???P
先日、マイケル・ベイ監督が「アルマゲドン」について謝罪したという
ニュースがネットを賑わせた。「時間がないなかで完成を急いだため、
きちんと仕上げられなかった」というのがその趣旨だ(ベイ監督は後日、
「謝罪報道はコンテクストから切り離された内容であり、
単にもっと時間が欲しかったと言いたかっただけ」と否定)。

それを受けて、米Huffington Postが「特定の作品に関して謝ってほしい映画監督17人」を
ピックアップしている。名監督でも、長いキャリアにおいては失敗作のひとつやふたつはある。
とはいえ、ファンを失望させたことに関して一度謝ってみてはどうでしょうか、という提案のようだ。

同サイトが選出した謝ってほしい17人の監督と該当作品は以下の通り(順不同)。
▽ジェームズ・キャメロン「殺人魚 フライングキラー」(82)
▽スティーブン・ソダーバーグ「フル・フロンタル」(02)
▽ガス・バン・サント「サイコ(1998)」
▽フランシス・フォード・コッポラ「ジャック」(96)
▽ロブ・ライナー「ノース ちいさな旅人」(94)
▽ジョエル・シュマッカー「ナンバー23」(07)
▽オリバー・ストーン「アレキサンダー」(04)
▽マーティン・ブレスト「ジーリ」(03)
▽ピーター・ファレリーほか「Movie 43」(12)
▽マイケル・チミノ「天国の門」(80)
▽ロバート・ロドリゲス「シャークボーイ&マグマガール 3-D」(05)
▽ローレンス・カスダン「ドリームキャッチャー」(03)
▽M・ナイト・シャマラン「ハプニング」(08)
▽ニール・ラビュート「ウィッカーマン」(06)
▽マイケル・マン「ザ・キープ」(83)
▽テリー・ギリアム「ブラザーズ・グリム」(05)
▽ローランド・エメリッヒ「紀元前1万年」(08)

ソース:eiga.com
http://eiga.com/news/20130512/6/


【【映画】マイケル・ベイだけじゃない? 「謝罪してほしい映画監督17人」】の続きを読む



1: れいおφ ★ 2013/05/12(日) 15:14:14.77 ID:???0
この春、惜しまれつつ終了したNHK教育(Eテレ)の子ども料理番組『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』で主人公・柊まいん役を演じ、その美少女ぶりで子どもから“大きなお兄さん”までを虜にした福原遥(14)。

昨年、ローティーン向けファッション誌「ピチレモン」(学研パブリッシング)第20回ピチモオーディションでグランプリに輝き、現在は同誌の専属モデル(=ピチモ)を務めている。
誌面に登場しはじめた当初は、少女性を失いイマドキの10代女子らしい衣装を着て楽しそうにモデル活動をしている福原の姿に、旧来のファンが「俺たちの愛したまいんちゃんはもういない」と嘆くこともあったが、実際の彼女は今の仕事に苦悩を覚えているかもしれない。
というのも、彼女がピチモの間で仲間外れにされているのでは…という疑惑がネット上で持ち上がっているのだ。

発端となったのは、YouTubeにUPされているピチレモン公式動画『りったん、あい、はるんの “踊る♪表紙撮影”』。
「ピチレモン」5月号の表紙撮影現場の裏側を撮影した数分足らずの動画だが、終始仲良さそうにハシャぎあう
関根莉子(=りったん、14)と森高愛(=あい、15)と比べて、福原は彼女たちに溶け込めないどころか無視されているように見えるというのである。

シャッターを切られている時は三人で体を寄せ合い満面の笑みだが、写真チェックなどの隙間時間になると、福原はどうも二人と打ちとけることができないようで、一人でポツンと立ち尽くしている。
BGMのきゃりーぱみゅぱみゅの楽曲に合わせてふざけて踊ってみせたり、ももいろクローバーZの曲を口ずさん
でみたり、関根と森高は終始仲良く遊んでいるものの、福原は楽曲そのものをよく知らないのか、振り付けをマネたり口ずさんだりができず、戸惑った表情。
二人も困惑気味の福原を気遣う様子は見せず、まるで仲間外れにしているようだ、と、この動画の視聴者は不快感をあらわにしている。
動画
>>2以降に続く)

http://news.livedoor.com/article/detail/7667138/

【【陰湿だなぁ】“まいんちゃん”こと福原遥、モデル仲間からイジメ? 撮影現場でハブられている動画が話題に【動画あり】】の続きを読む

no title

1: 禿の月φ ★ 2013/05/11(土) 17:22:34.95 ID:???P
母の日を直前に控え、携帯電話・スマートフォン・PC向けの音楽配信サービスの「レコチョク」がユーザー投票による「Best of ママアーティスト」を発表し、倖田來未が最も支持を集めたことがわかった。

2012年7月に第一子となる長男を出産した倖田は、10月に復帰シングルを発売し、年末の紅白歌合戦にも出場。今年に入ってからもカバーアルバムを発売し、全国アリーナツアーをまわるなど精力的な活動を行っている。

そんな倖田に対し、アンケートでは「母親とは思えないくらいの美貌とスタイル!
母として、歌手として、そして女性としてほんとに尊敬してしまいます」「復帰後もセクシー」と変わらぬ美貌とセクシーさに魅了されるという意見が集まった。

また、先日15年ぶりにライブを行い、ミニスカートも健在だった森高千里が続いて票を集めた。やはり、昨年デビュー25周年を迎えた森高に「コンサートでミニスカートをはいていたのを見て、とてもママには見えないくらい若いのですごいなぁと思った」という声が多く寄せられた。

■「Best of ママアーティスト」ベストテン(レコチョク調べ)
1位 :倖田來未
2位 :森高千里
3位 :YUKI
4位 :松田聖子
5位 :MINMI
6位 :岸谷香(プリンセスプリンセス)
7位 :hitomi
8位 :椎名林檎
9位 :SA.RI.NA(鈴木紗理奈)
10位 :木村カエラ

ソース:クランクイン!
http://www.crank-in.net/entertainment/news/24563  
【【美貌?】倖田來未、最も輝いているママアーティスト1位に輝く】の続きを読む

568b358b

1: 禿の月φ ★ 2013/05/11(土) 14:52:50.60 ID:???P
シンガーソングライターの鬼束ちひろが久しぶりにテレビ番組に出演した。
2000年に楽曲「月光」がヒットし、以前はテレビ番組にも出演していたが、最近の彼女を知らぬ視聴者にはその姿は衝撃的だったようだ。
ツイッターでも「どうしちゃったの?」といった驚きのつぶやきが続いた。

鬼束ちひろの最新シングル「悪戯道化師(いたずらピエロ)」がエンディングテーマとなっている テレビ番組『アウト×デラックス』に5月9日、ついに鬼束本人が登場した。「誰もマネできない鬼束ワールドへ!」と冒頭のテロップで紹介されたが、それは決して誇張ではなかったのだ。

派手なメイクと衣装が目を引く鬼束だが、マツコ・デラックスは「おしゃれよね~」と彼女のセンスに感心していた。経費を浮かせるためにメイクとスタイリングはすべて自分でやるので私服がテレビ出演時の衣装となる。休日は古着屋めぐりをするという彼女だけに、この日の奇抜な服も「ニューヨークの蚤の市で1000円」だという。

そしてMCの2人もタジタジだったのが彼女の予想を超える言動だ。
はずれたイヤリングをつけながら「Re Make!」と叫ぶと「“Re Fresh!”でもいいわね」と解説してみせた。矢部浩之も「言葉に力がありますね!」と出だしから鬼束のペースにのまれてしまう。

さらに鬼束は「何もかも物には目をつけたらかわいくなる。“魂吹き込みショー”よ」と話すと、ダルマに目を描きたいと言い出して「3 Pens!」とペンを3本要求する。ダルマに目を描いても「Re Fresh!」だ。
>>2以降に続きます)

ソース:Techinsight Japan
http://japan.techinsight.jp/2013/05/onitukatihiro-autodelux-honban20130509.html

【【芸能】「変わりすぎてびっくり!」テレビ出演した鬼束ちひろの変貌ぶりに騒然】の続きを読む

このページのトップヘ