ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 芸能

芸能

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1: 足4の字固め(東京都) 2014/02/09(日) 21:11:43.36 ID:wNvKRjymP BE:1174430636-PLT(12012) ポイント特典
乙武 洋匡認証済みアカウント
?@h_ototake
高齢者や障害者を中心に、今回の大雪で貴重な一票を投じることができず、歯がゆい思いをされている方も多くいるだろう。天候によって投票率が変動するのは世の常とは言え、
これだけ技術革新が進んだ時代なのだから、そうした人々の権利を保証するようなシステムが検討されてもいいのではないだろうか。


乙武 洋匡認証済みアカウント
?@h_ototake
先ほどのツイートに対して、「期日前投票があるではないか」という声もある。だが、それは思うように体が動かない人々に対する想像力の欠如であるように感じる。
高齢者や障害者だけがつねに天気予報をチェックし、起こりうる「何か」を想定して生きなければならない社会はフェアではない。



【【フェア?】乙武洋匡「大雪でも障害者が投票できるシステムを」「期日前投票あってもフェアじゃない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
ダウンロード (2)

1: うっしぃじま悪い肉φ ★ 2014/02/09(日) 15:26:35.92 ID:???0
★イギリス伝説のバンド「ブラー」ベーシストの日本旅行記が話題“うまい棒はスナック菓子界のゴジラ”

 90年代伝説のイギリスのバンド「ブラー」。多くのファンを世界中に抱える彼らの待望のワールドツアーが、1月14日に東京武道館で行われた最終公演で幕を閉じた。興奮冷めやらぬ中、ブラーのベーシスト、アレックス・ジェームスはイギリスにもどり次第すぐに、10年ぶりに堪能した日本旅行記を英サン紙に寄稿。
というのも、現在本国イギリスで、彼は人気コラムニストとしても活躍中で、イギリスの大手新聞や雑誌などにひっぱりだこなのである。

【日本のスナック菓子をスーツケースいっぱい購入】
 イギリス人はとにかくスナック菓子好き。
電車の中、バスの中、道を歩いていてもポテトチップスのようなスナック菓子を食べている人を見ない日はないほどなのだが、アレックスもその1人のよう。
日本で、大型ショッピングモールに行った彼は、普通外国人が飛びつく電化製品コーナーではなく、日本のスナック菓子コーナーで大興奮。

 そして彼が最も注目したスナック菓子が『うまい棒』。というのも、スナック菓子でうまい棒ほど1つのサイズが大きいものはイギリスには存在しないから。
アレックスはうまい棒を「スナック菓子界のゴジラ」と紹介し、さらに、スーツケースいっぱいに購入してしまったことを告白している。
数あるうまい棒の味の中で、アレックスがどの味を気に入ったのか気になるところだ。(続く) 



【【うまい棒はスナック菓子界のゴジラ】「blur」ベーシストAlex Jamesの日本旅行記が話題】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


1: れいおφ ★ 2014/02/08(土) 23:37:05.67 ID:???0
トークバラエティ番組などで、浜田雅功(ダウンタウン)が、お笑い界の大先輩・志村けんの話に突っ込みを入れて、頭などを小突くことがある。
実際に浜田の行為を「けしからん!」と怒ったお偉いさんもいたそうだが、浜田の“お笑い芸人としての腕”を信頼している志村けんは浜田雅功に対し、怒りなど全く感じないと語る。

2月7日深夜放送のラジオ番組『志村けんの夜の虫』の中で、TBSの枡田絵理奈アナウンサーは志村けんから浜田雅功の印象を聞かれた。

『プレバト!!』で、MC浜田雅功のアシスタントを務める枡田絵理奈アナウンサー。
本番直前にスタジオの角で、出演者らがテーブルを囲み呼び込みを待っている場所がある。
枡田アナは椅子が空いていても、決して座らず目立たぬように立っているという。
“出演するタレントさんが座る椅子”だと、局アナとして心得ているからだ。
そんなとき浜田は必ず「枡田もこっち来て座りや」と、声をかけてくれるそうだ。
「すっごく優しいです」と枡田アナは浜田雅功のさり気ない気遣いを語る。



【【突っ込み】志村けん「俺のこと殴るのは浜ちゃんだけ」 ダウンタウン浜田雅功を許せる理由。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1: れいおφ ★ 2014/02/08(土) 23:43:14.16 ID:???0
1月29日に発売された『すべてのJ-POPはパクリである』(マキタスポーツ著)に合わせるように、突如として巻き起こったきゃりーぱみゅぱみゅの新曲『ゆめのはじまりんりん』(2月26日発売予定)の“パクリ”騒動。

曲を聴いたネットユーザーからは、「AメロがGAOの『サヨナラ』そのまんまだ」といった指摘が相次ぎ、「作曲者の中田ヤスタカは事前に調べなかったんだろうか」とか「一体どうしちゃったんだろう」と心配する声まで上がりました。

◆「グッバイ」で始まる単語の羅列
確かに、この2曲は似ています。似ているというよりも、同じです。
『ゆめのはじまりんりん』のAメロは、『サヨナラ』のAメロなのです。

つまりこのメロディは、パクリですらなく、コピー&ペーストされたものであると捉えるのが正解であるように思われます。

しかし、これは当然のことながら、中田ヤスタカ氏による確信犯的な伏線の張り方なのでしょう。
それはサビの歌詞から明らかになります(リリース前なので聴き書きです)。

<グッバイ ティーチャー マイフレンド ありがとう 勇気ください>
曲のリリース時期からして、卒業ソングとして制作されたことは明らかです。
なのですが、そこに工夫と努力と入魂の痕跡は、微塵もありません。
人を食うことすら放棄し、紋切型とすら呼ばせない語句のチョイスと、それらを文として接続させることなく並列のまま放置しておく無関心の豪快さ。

そして注目すべきは、冒頭の“グッバイ”です。もうお気づきでしょう。これは、サヨナラの歌なのです。
だったら『サヨナラ』(GAO)から始めてみよう。それだけの話であるように思われます。
むしろ歌詞同様に、何のひねりも加えずにそのメロディを裸のまま置いておくことに、作者の本心があると感じられないでしょうか。


【【ぱくり? おまーじゅ?】きゃりーぱみゅぱみゅ新曲のパクリ騒動・・・パクリを超えた“確信犯的コピペ”???】の続きを読む

このページのトップヘ