ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 芸能

芸能

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/08/23(土) 20:17:37.19 ID:???0.net
bn_photo_2600001_1

「生活の党」の小沢一郎代表が23日、TOKYO MXの生放送番組『淳と隆の週刊リテラシー』(毎週土曜 後5:00)に出演。
普段強面の印象が目立つ小沢氏だが、共演したタレント・鈴木奈々から「きのうまであんま好きじゃなかった」と何度も言われたほか、顔をまじまじ触わられるなどイジられ、終始大笑いした。

 ロンドンブーツ1号2号の田村淳とジャーナリストの上杉隆氏が司会を務め、“多様性”と“言論の自由”をテーマに世の中の注目ニュースを扱う同番組。小沢氏の出演に「まさか来てくれるとは」と淳も驚くなか、同氏の印象を聞かれた鈴木は「すごい緊張してる。テレビで見てると怖いイメージがあった。きょう見て小沢さんって笑うんだって知った」とコメントし、小沢氏を大笑いさせた。

 さらに、鈴木が「きょう初めて会って、好きになった」と言いながら、手で小沢氏の顔の大きさを図ると、淳が「偉い人なんでやめて」とすかさず制止。それでも「お母さんにゲストが小沢さんって言ったら、絶対触っちゃだめだよと言われた」と明かしながらも、本人に「触っていいですか?」と許可を得て、両手で頬を何度もなでた。見かねた淳が「顔触るんじゃない」と突っ込むも、「つるつる」と大はしゃぎし、さすがの小沢氏も笑うしかなかった。

【鈴木奈々「悪い人だと思ってた」「本当にかわいそうな人間ですね」 生活の党・小沢一郎の顔面を触るなどやりたい放題】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/08/23(土) 17:58:29.76 ID:???0.net
 
EZ6FqwnF2uH7yRd_24921

乳がんのため妻の飯塚初美さん(享年47)を6月に亡くしたタレントのダンカン(55)が23日、自身のブログを更新。自身が初美さんの治療費を出すことを拒否したと一部週刊誌に報じられたことに“反論”した。

 「オレとママリン(初美さん)夫婦を冒涜(ぼうとく)するのは、やめてください。 そんな嘘八百で天国のママリンを悲しませたくない。とにかく、ママリンを傷つけるのは許せない!!」と怒り心頭の様子。

 治療費については「家を売ってでも治療するつもりでした(ママリンの両親も、いざとなったらうちも家を売る覚悟で話してました)」と説明した。

【【つもりでした、って・・・】ダンカン「ママリンを傷つけるのは許せない!」「家を売ってでも治療するつもりでした」亡き妻の治療費拒否報道に怒り・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1: トペ スイシーダ(東京都)@\(^o^)/ 2014/08/23(土) 14:19:56.31 ID:/Rsxodp20.net BE:373518844-PLT(14131) ポイント特典
動物愛護に熱心な中川翔子が、自身の手がけるブランド「mmts」で毛皮製品を販売していたとの理由で 非難が殺到したことを、先日の記事で扱った。
(略)
no title

一連の騒動の発端になったのは、貰い手が見つからない猫を保健所に連れていくとツイートした人物に、中川が反応したことだった。その後、中川のブログの2006年の内容が発掘され、物議を醸した。
no title


【【炎上】中川翔子の毛皮製品販売、鬼女たち?が激怒の凸 → ディズニー広報「過去のことだから問題ない」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1: プーアル ★@\(^o^)/ 2014/08/23(土) 12:54:38.97 ID:???0.net
女優、能年玲奈(21)が、主演映画「ホットロード」(三木孝浩監督)の宣伝で、テレビ番組から舞台あいさつまで露出ラッシュし、世間をにぎわせている。

おかげで映画は公開2日で興行収入3億8000万円超の好スタートを切ったが、肝心の彼女は相変わらずの“ひとり衛星中継”ぶりで、あわや放送事故という事態まで起きていたというから大変だ。

 能年は独特なキャラクターで知られているが、質問に固まる姿は“お地蔵さま”、受け答えに時間がかかる様子は“ひとり衛星中継”と呼ばれ、バラエティー番組に出るたび物議を醸してきた。

 「あれはキャラ作りでもなんでもなくガチ。以前、一緒に寮生活をしていたタレントから、一日中しゃべらないと聞きました。 漫画など自分が好きな話題だと、人が変わったようにしゃべるのに、それ以外の話題だとだめ」とベテランの週刊誌記者は話す。

とはいえ、久々の本格活動となるだけに、宣伝活動にもしっかり投入され、朝から一日中テレビに出ずっぱりという日もあったほどだ。



no title
【【能年玲奈】あわや放送事故“ひとり衛星中継”ぶり 名司会者もお手上げ】の続きを読む

このページのトップヘ