ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 芸能

芸能

2017021504

その必死さが逆に危機感を浮き彫りにしているのが、元SMAP・木村拓哉(44)主演の映画『無限の住人』。4月29日の公開に向け、前代未聞のPRキャンペーンを展開したことだ。木村は疲れた体にむち打つ形で、3月30日の京都を皮切りに広島、熊本、新潟、札幌、名古屋を含め、計10都市の映画館を訪問。なんと総移動距離は7300キロを超えたという。

「PR費だけでも計1億円もかかっているんです。木村のギャラは、もちろん0円ですよ。おそらく木村本人にとっても、主演映画でここまで気合いを入れてキャンペーンを行ったのは初めてのことだと思います」(芸能記者)

今回の映画に関連する木村のプロモーション活動が始まったのは、なんと昨年10月のこと。所属のジャニーズ事務所や配給元、そして木村本人を焦らせたのが惨憺たる下馬評だった。

「試写会を見た関係者からは『つまらない』の大合唱。しかも、『グロい』『ストーリーが単純』などと批判的な意見が大勢を占めたんです。映画をホメるコメントは、ほとんど皆無だったそうです」(芸能事情通)

さらに配給会社が内々にPR会社などを使ってリサーチをかけた結果、驚くべき数字が出てきたという。

「興行収入が10億円に達しないというんです。これは大コケも大コケ。SMAPを解散し、人気が低迷する木村にとって非常にマズイと言わざるを得ません」(芸能プロ関係者)


引用ここまで
http://npn.co.jp/sp/article/detail/10053725/

【【ちょ、待てよ!】必死の努力も止まらぬ負の連鎖 木村拓哉主演映画『無限の住人』の大コケ下馬評】の続きを読む

fsfdsffd

元乃木坂46橋本奈々未、文春報道に声明発表でファンからは「泣きそうになった」「彼女らしい筋の通し方」の声

27日、乃木坂46の元メンバーである橋本奈々未が、乃木坂46オフィシャルサイトにて週刊文春報道に関する声明を発表した。

冒頭ではオフィシャルサイト側より「元メンバーの橋本奈々未より週刊文春報道に関してのメッセージがございます。すでに、
専属契約は終了(本年3月31日付)しておりますが、撮影された日時が契約期間中であったため、本サイトに掲出させていただき
ます」と記されている。

「みなさまへ」と題した橋本の文章には、まずソニーミュージックの村松氏との間には隠さなければいけない事実はないこと、
自宅への出入りと報道されていることについては、当時ストーカー被害にあっていたため、家まで送り届けてくれただけだと説
明。

また「夜道での母への取材や、関係のないご近所への取材などもやめて頂きたかったです」と、自身以外へ取材の手が及んだこ
とについて抗議した。

さらには「想像や憶測があたかも事実であるかのように巡っていくことが怖いですし、それによって私のファンでいてくださっ
た方達が動揺させられるのが悔しいです」と心境を明かし、公式サイトで声明を出すことについても「とても悲しい」と嘆き、
「重ねて申し上げますが、村松さんとの間に後ろめたいことは何もありません」と、改めて今回の報道を否定して文章を締めく
くった。

この声明にネットでは「こういう声明出してくれるのは本当に推し冥利に尽きる」「彼女らしい筋の通し方」と、称賛する声が
ある一方「本当に悲しいしななみん悔しいだろうな、、メッセージ見て泣きそうになった」「ななみんの最後の声明があんな形
になるなんてちょっとやだね」と、橋本に同情をするコメントも寄せられている。
https://e-talentbank.co.jp/news/34117/
ソニー・ミュージック代表取締役 村松俊亮 (53)
87年㈱CBS・ソニーグループ(現㈱ソニー・ミュージックエンタテインメント)入社。以後、販売促進、制作、大阪営業所などを経て、01年㈱ソニー・ミュージックレコーズSoffio Records代表就任。02年同社代表取締役
執行役員専務就任。05年同社執行役員社長就任、現在に至る。これまでにORANGE RANGE、YUI、伊藤由奈、UVERworld、K、高橋瞳、加藤ミリヤなどをブレイクさせる。
http://www.oricon.co.jp/music/special/080305_04.html
no title

VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

【【ファン絶賛?】乃木坂46・橋本奈々未 ソニーM社長との交際報道否定に 「泣きそうになった」「筋を通した」】の続きを読む

img_a453010858cb523c651f52a113b9510d78691

 最近はバランスをとらなきゃいけないっていう意識がやや強くなったように感じます。新聞が異なる意見を載せ、多角的な情報を提供するのはとても大事。
でも、紙面でバランスを取る必要はないですよ。

 ただ、マスコミに対して「特権階級が偉そうに」っていう反感もあるでしょう。
私の時代のマスコミはまだ、大学で成績が悪かったり、学生運動をやっていたりした人が流れ着く場という面がありました。
それが80年代のバブル景気の頃から、就職先としてマスコミがもてはやされるようになった。
読者の気持ちと離れていないでしょうか。

http://www.asahi.com/articles/ASK4T66YLK4TPTIL028.html

【池上彰「私の時代のマスコミはまだ、大学で成績が悪かったり、学生運動をやっていたりした人が流れ着く場だった」】の続きを読む

ダウンロード (3)

 作家の乙武洋匡氏(41)が26日に更新したツイッターで、ネット上の“行き過ぎた”クレームに対して皮肉を放った。

 乙武氏は、医師の友利新氏(39)がブログで公園で息子に花の蜜を吸わせたことに「窃盗罪」などとコメントが寄せられ、「大変軽率でした。不快な思いをさせてしまい本当に申し訳ありません」と謝罪したことに対して私見を発信。

友利氏が謝罪したニュースを引用し「散歩中にご長男がツツジの蜜を吸っていた様子をブログに載せたら、『窃盗罪もしくは器物損壊罪だ』との指摘を受け、謝罪されたそうです」と騒動を紹介。続けて「そのうち腕に止まった蚊を殺しても謝罪する時代になるんですかね」と皮肉をつぶやいた。

 この“風刺”に対してはSNS上では「そのクレーマーが馬鹿」「自分で自分の首をしめて生き苦しい世の中をつくります」「歩いてるだけで謝罪させられる世の中になっちゃう」と同意する意見があふれた。

2017年4月27日 14時31分 東スポWeb
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12991928/

【【ネット上の“行き過ぎた”クレームに対して】乙武洋匡「そのうち腕に止まった蚊を殺しても謝罪する時代になるんですかね」】の続きを読む

このページのトップヘ