ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 芸能

芸能

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20181022-00000354-oric-000-7-view

歌手のaiko(42)が22日、全国ツアーの神戸公演中に声が枯れて歌えなくなったため、ライブを中止した。後日改めて振替公演を行うことも発表した。

 aikoはライブ後、自身のツイッターで「神戸ライブ、今日は本当にごめんなさい。途中から声が枯れてしまい歌えなくなってしまいました。これじゃ、
わざわざチケットを買って観に来てくれたみなさんに申し訳ないのと私も悔しくて死にそうです。…アホかぼけ、全部お前のせいやろ、と何度も自分に
言っています。ごめんなさい」と会場に来たファンに謝罪。

 続けて「延期公演の日にちはすぐ出しますので、今日のライブに来てくださったみなさん、どうかまた観に来てやって下さい」と呼びかけ、
「仕事やバイト、学校に育児とみんな大変な中、時間を割いて今日来てくれたのに本当にごめんなさい」と改めてお詫び。そして「最後のみんなの気持ちに
救われました。本当にありがとうございました」とファンの思いに感謝した。

 Twitterではファンから「今日のことは気にしなくていいから、元気になったらまた神戸に戻ってきてね!」「今は自分のことを心配して!」
「自分を責めなくて大丈夫!気持ちは十分に伝わっているよ」など、体調を心配する声が続々と寄せられている。

 また、ZOZOTOWNの前澤友作社長も「ゆっくり休んでまたいい歌聞かせてください。もうすぐ43歳なんだから無理せずに 同じ誕生日の
ZOZOおじさんより」とaikoにリプライした。

 aikoは自身最大・最長の27ヶ所45公演におよぶツアー『Love Like Pop vol.20』を開催中で、12月9日に阪のフェスティバルホールで
ファイナルを迎える予定。

オリコン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000354-oric-ent

【【声が枯れライブ途中で中止に】aiko、 ツイッターで謝罪「悔しくて死にそうです」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
151122-5-2

阿部寛が主演を務める今クールの連続テレビドラマ『下町ロケット』(TBS系)の第1話が14日に放送され、平均視聴率は13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)となった。

「TBS内ではこの数字について、“かなり期待外れ”というかたちで受け止められています。
2015年に放送された前シリーズは最終回で平均視聴率22.3%をマークするなど大ヒットしていただけに、
今クールの民放連ドラのなかで第1話としては3位となる数字に、局内では落胆の声が広がっています」(テレビ局関係者)

 前クールの連ドラでは、綾瀬はるかや石原さとみなど人気女優たちが主演を張り、なかでも綾瀬はるかの『義母と娘のブルース』(TBS系)がひとり勝ちという結果に終わった。
若手俳優が主演を務めたドラマでは吉岡里帆の『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)と土屋太鳳の『チアダン』(TBS系)が注目されていたが、2作品とも数字的には苦戦した。

 その土屋といえば、今クールでも重要な役回りで『下町ロケット』に出演しているが、週刊誌記者は語る。

「土屋は各メディアがたびたび発表する『嫌いな女ランキング』に地味に毎年のようにランクインしていて、常連になりつつあります。
しかも数字は年々上昇しており、着実にアンチを増やしている。その理由は、やはり“あざとく”見られてしまう演技や話し方でしょう。
本人はいたって真面目で、人にどう見られるかをかなり研究して今の話し方になったのだと思いますが、女性からはあまり好かれるタイプではないですね」

 今年公開された映画『累-かさね-』では、これまでにない狂気的な演技が評価されている。
最近は優等生や元気っ子の役が多いが、土屋が注目されるようになったのは、ドラマ『鈴木先生』(テレビ東京)でのミステリアスな演技だった。

「当時、売れる前の長谷川博己が主人公の教師を演じていて、その教師が妙に惹かれる女生徒を土屋が演じていたんです。
土屋はその役が本当にぴったりで、業界では“あの子は誰だ?”状態になったんですよ。

テレ東のドラマが当たるようになったのも、『鈴木先生』がきっかけだったと思います」(テレビ局関係者)

その後、15年には『下町ロケット』の第1シリーズなどで大御所俳優と共演し、経験を積んだ。
いつの間にか主演を張る女優までに成長したが、女性からの支持は集められずにいる。

「土屋も自分がメディアの嫌いな女優ランキングに選ばれたときは、驚いていたそうですよ。
『なんで自分が?』という気持ちだったんでしょうね。純粋だからこそ、落ち込んでしまったのかもしれません」(同)

そんな土屋の存在は、意外にも今回の『下町ロケット』の命運を左右する要素のひとつだと、テレビ局関係者は語る。

「阿部寛演じる主人公の娘役だけに、必然的に出演の頻度も高くなるでしょうが、あまり画面に映る回数が増えると、土屋の演技に反感を感じる女性視聴者が離れてしまう懸念もあります。
露出は最低限に抑えるのが得策ではないでしょうか。もっとも、本人の評判は業界でも悪くなく、土屋本人にはなんの責任もないのですが……」(テレビ局関係者)

『下町ロケット』の視聴率に注目したい。

http://dailynewsonline.jp/article/1546358/ 
【【視聴率苦戦】『下町ロケット』、原因は土屋太鳳か…多い女性アンチ、演技が反感買う 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20181022s00041000337000p_thum

 お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃん(41)が22日放送のTBS医療バラエティー番組「名医のTHE太鼓判」(月曜後7・00)に出演。番組で受けた脳MRI検査で脳動脈瘤が判明した。

 クロちゃんはこれまで同番組で2型糖尿病であることが判明したほか、慢性腎臓病、肝機能障害などの生活習慣病も発覚し、専門医に食事や運動療法を指導される「教育入院」を行うなど生活改善に取り組んでいた。

 だが、半年ぶりの検査では番組医師団による余命宣告が“余命3年、寿命44歳”という驚きの結果に。脳MRI検査で脳動脈瘤が見つかったという。脳神経外科の専門医によると、直径7ミリという危険な大きさで破裂すると「くも膜下出血」になる危険があるという。

 5ミリを超えると手術を勧めるが、7ミリを超えると破裂率が飛躍的に上がるという。「くも膜下出血」は3分の1の人が突然死、3分の1の人に後遺症が残るというデータがある説明した。クロちゃんが「薬を飲めば治るとかじゃないんですか」と質問すると、医師は「手術治療しかない」と答えた。

 別の医師は「脳動脈瘤は偶発的な要素で起きた可能性があるが、脳動脈瘤が見つかった状態で高血糖、高血圧がある人は非常に危ない。明日、あさってに突然死してもおかしくない」と指摘。予定していた番組収録後にも医師団はクロちゃんに手術を勧めるほど、現在の状態を危険視していた。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/22/kiji/20181022s00041000372000c.html

【【クロちゃん(41)】番組検査で脳動脈瘤見つかる 医師団が手術勧める事態に 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
no title

NGT48のメンバー・中井りかがツイッターにアップした自撮り写真がネット上で物議を醸している。

事の発端となったのは、中井が20日に「今日はねお気に入りのブレスレットつけてるの。ファンの人からもらったやつ」とつづったあるツイート。
ツイートには、ブレスレットを付けた手首の写真と手を顔に添えた自撮り写真もアップされていたが、事務所と思われる場所で撮影されていたようで、その背景に写っていたのは番号が振られたロッカー。
そこに写っていた13番のロッカーには、関西ジャニーズJr.の大西流星と西畑大吾が映り込んでいた。

このツイートに対し、ツイッターからは「悪意しか感じられない」「13番のロッカー使ってるメンバーが特定されたらその子が叩かれちゃうじゃん…」という声が殺到。
これを受け、中井はすぐにツイートを削除し「あ、なんか映ってたみたい ごめんなさいー 自分の顔しか気にしてなくて盛れてる写真あげちゃった(笑)」とツイート。
さらに、「なんか事務所?のロッカーが映ってたみたいです すいまそん」とつづっていた。

中井りかといえば、NGT48としてデビューする前は熱狂的な藤ヶ谷大輔(Kis-My-Ft2)ファンとしてSNSを運営しており、コンサートにもウェディングドレスを着用して参加。
Kis-My-Ft2ファンの間では有名なファンだったとして知られており、以前から「ジャニーズ目的でアイドルになったのでは?」というジャニーズファンからのやっかみが多く聞かれていた。

今回のツイート削除後も、中井の元には「自分だけ炎上するならまだしも他の人巻き込もうとするなんて陰湿すぎる」「普段から自撮りしてる人が背景に無頓着とかないでしょ」という批判が殺到しているが、
一方では「騒ぎ過ぎでは…」「スタッフが使ってるロッカーかもしれないじゃん」「ロッカーのジャニーズの写真が映り込んでいたからってバッシングするようなことじゃないでしょ」という擁護の声も多々見受けられた。

ジャニーズとは以前から因縁があっただけに、何気ない写真が炎上に発展してしまった模様。
いまだ中井へのバッシングは止まないものの、これまでもたびたび炎上を起こしている中井。
知名度アップの側面から考えると、今回の炎上商法も成功だったのかも知れない――。

http://dailynewsonline.jp/article/1546383/ 
【【NGT48中井りか】自撮り写真の背景に“ジャニーズ”で炎上? アンチ暴走で擁護の声も 】の続きを読む

このページのトップヘ