ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 芸能

芸能

thumb-12173-oric2098995-entame

 絵本作家としても活動するお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣(37)が15日、自身のブログを更新し、今月4日に発売した自身のビジネス書『革命とファンファーレ~現代のお金と広告~』(幻冬舎、1500円)を全国の図書館5504館に自腹で寄贈することを発表した。


 今月13日、全国の公共図書館などの関係者が集まる場で、大手出版社の社長が文庫本の売上減少に影響を与えているとし、図書館での文庫本貸出中止を要請したことが報じられ、物議をかもしたことがきっかけ。

 西野は自身が昨年10月に発売した絵本『えんとつ町のプペル』を今年1月に全ページ無料公開したことを例にあげ、「絵本『えんとつ町のプペル』は“貸し出し”どころか、いつでもどこでも未来永劫無料で読める状態にして、さらに売り上げを伸ばし2017年上半期最大のヒットとなりました。理由は単純、『えんとつ町のプペル』が時間面積を奪ったからです。テレビかラジオか、他の何かに使うハズだった時間を、多くの人が『えんとつ町のプペル』に使ったのです」と説明。

 今年1月、数百万人が『えんとつ町のプペル』を無料で読んだとし、「これにより、無料で見れたから、『えんとつ町のプペル』は、もう要らないやという【買わない人】も増えたと思います。しかし同時に、「これは買って、家に置いておこう」という【買う人】も増えました。分母が増えたので、当然の話ですね。そして、売り上げとしてカウントされるのは【買う人】の数です。【買う人】の数を増やすのは簡単で、「買うor買わない」の選択に迫られる人を増やせば…つまり、分母を増やせばいいだけです」と主張する。

以下ソース
https://mainichi.jp/articles/20171015/orc/00m/200/015000c

【【キンコン西野亮廣】全国図書館5504館に自腹で著書寄贈】の続きを読む

20171015-00010001-abema-000-1-view

 来春に青山学院大学を受験すると発表し、大きな話題を呼んだ、ロンドンブーツ1号2号の田村淳。その受験までの様子を追うリアルドキュメンタリー番組『偏差値32の田村淳が100日で青学一直線~学歴リベンジ~』がスタートした。

 青山学院大学の入試まで、田村に残された時間はわずか100日間。14日放送回では、今回一緒に受験することになった、ディレクターの通称しげさんと共に、勉強を本格的に開始した。入試の必須科目の中から田村が選んだのは、現代文、英語、日本史の3教科。日本史と現代文は自信があるが、英語は大の苦手だという。

 田村は中学2年生の時、英検4級に落ちた苦い思い出がある。約400人いた学年の中で不合格になったのは、田村ともう1人だけだったそう。だが、英語教育に力を入れる青山学院大学は、受験においても英語の成績を重要視しており、決して避けて通ることはできないのだ。

 受験科目も決まったところで、田村は早速仕事の合間を縫って、勉強をスタート。地方ロケの移動中や宿泊先のホテルで、ひたすら参考書を読みこむ。
田村は得意科目である日本史から手をつけ、自分に合った勉強法を発見するなど、出だしは順調な模様。だが、「今の実力を知りたい」と挑んだセンター試験の過去問で、厳しい現実を目の当たりにすることになる。

田村としげさんは、受験勉強をサポートしてくれることになった、東進ゼミナールの講師3名のもとで、センター試験の過去問にチャレンジ。まずは、
現代文の過去問に取りかかった。コラムの連載を持つ田村、ナレーションや台本を書く機会の多いしげさんであれば、勉強を始めて間もない段階でも、
ある程度の点数は取れるはず。当初はそんな風にも思われたが、蓋を開けてみれば惨敗。

 「問題とかなり相性が良かった。文章を見ていれば、なんとなく答えが出てきた」と自信満々だったしげさんでさえ、100点満点中28点。一方の田村は23点だった。

 続く日本史では、大の戦国マニアを公言し、歴史番組の司会も務めていた田村の実力に期待が集まったが、結果は100点満点中24点。しげさんは田村をわずかに上回り、
26点だった。

詳細はソースにて

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171015-00010001-abema-ent
【【過去問に挑戦し大惨敗】青学合格目指す田村淳、戦国好きも日本史は24点】の続きを読む

ChoMateyo

解散の影響を一番受けているのはこの人か。元SMAPの木村拓哉(44)が、東野圭吾(59)原作のミステリー映画『マスカレード・ホテル』(2019年公開予定)で主演を務めることが正式発表された。
長澤まさみ(30)と初共演を果たすなど、話題性のあるキャスティングだ。
しかし一方で、木村のテレビ露出は目に見えて減っている。

■消えたキムタク…テレビ出演増えず

木村のレギュラーはラジオ番組『木村拓哉のWhat's UP SMAP!』(TOKYO FM)や明石家さんま(62)と共演する特別番組『さんタク』(フジテレビ系)などに限られる。

元SMAPのメンバーは、リーダーの中居正広(45)を筆頭に、木村以外の4人はそれぞれ地上波の毎週放送のレギュラー番組を抱えている。
また退所した3人は11月2日からインターネット番組「稲垣・草なぎ・香取3人でインターネットはじめます『72時間ホンネテレビ』」(Abema TV)に出演することを発表するなど話題沸騰中だ。

木村だけ蚊帳の外だ。かつては『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に毎週出演していたが、グループが解散して昨年12月に放送終了。
昨年の解散騒動を境にCMで目にする機会も減り、露出が激減した。

「木村さんは長年ドラマに出ずっぱりで、結局ほとんどレギュラー番組を持たなかった。
それがボディーブローのように今効いている。
まるでテレビ業界から干されているようだ。これじゃあ、誰がジャニーズから退所したのか分からない」(報道関係者)

木村がテレビへ出演する機会は、今や映画の宣伝だけになってしまった。

詳細はソースにて
http://dailynewsonline.jp/article/1364961/ 
【【悲報】木村拓哉がテレビから消えた?露出激減で”バーター仕事”に頼る日々に 】の続きを読む

10月11日、30回目を迎える「日本メガネベストドレッサー賞」の授賞式が都内で行われ、芸能界部門から俳優の高橋一生、女優の土屋太鳳、スポーツ部門から吉田沙保里、今後、メガネをかけてほしい人として特別賞に欅坂46などが登場した。土屋は「高校生の時から主にプライベートでメガネを愛してきました。メガネは心強い相棒です」とコメント。所持するメガネは「1本です」と一本気な愛着を告白した。

「ベストジーニスト」同様、受賞理由が皆目わからないことで毎年疑問の声が沸き起こるこの賞。今回もまた、ネット上で様々な疑問の声が上がっている。

詳細はソースにて
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171013-47408648-asajo

写真
no title

【【ゴリ押し】土屋太鳳、「メガネドレッサー」「美脚大賞」連続受賞も世間は「?」の嵐 】の続きを読む

このページのトップヘ