ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 科学

科学

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 野良ハムスター ★ 2015/02/10(火) 16:06:03.77 ID:???*.net
96958A9E938195

理化学研究所は10日、小保方晴子氏に対し、刑事告訴と研究費返還請求を検討していることを明らかにした。理研の加賀屋悟・広報室長は記者会見で「弁護士などにアドバイスをもらいながら検討している。
1、2カ月以内には結論を出したい」と話した。

研究費の返還範囲について、加賀屋室長は「少なくとも検証実験にかかった1500万円と若山(照彦)研究室にいたときの研究費が返還の対象になる」と述べた。

【【STAP問題】理研、小保方晴子氏に刑事告訴と研究費返還請求を検討】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
第2ロッテタワー 韓国建築学会「騒音・振動安全性の問題はない」とお墨付き!
1: タイガースープレックス(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/01/31(土) 10:52:28.86 ID:aH/9j1X90●.net 
no title

昨年10月に一部オープンした第2ロッテタワーと第2ロッテワールド。
オープン以降、床や壁の亀裂、映画館の振動更には周辺道路にも大規模な亀裂や水漏れが発覚するなど、周辺住民やテナントスタッフの不安を抱いている。しかし依然としてロッテ関係者は「安全面に問題は無い」としているもその後も数々の不祥事が発覚。
客足も途絶え今では60%から70%セールしないと客を呼び込めない程になっている。

そんな周辺住民やテナント、更にはソウル市を納得させるために韓国建築学会が調査報告書を出すとしている。
この報告書次第では、現在営業停止処分となっている映画館と水族館施設を再開できる。

29日午前10時、ロッテワールドタワー広報館にて“建築物の騒音と振動”というテーマで施工技術発表会が行われ、その場では次の様に説明された。「(第2ロッテワールド)2階の衣類店で発生した揺れは安全面で問題となる振動基準内のもの」とした。
調査によると衣類店と当区画と床、壁の振動数値は0.56gal、2.3galで国際標準化機構の基準(ISO 10137)4galよりも低い数値だという(galは加速度単位)。

ロッテ関係者は「安全面に全く問題ございませんが、お客様の不安を軽減するために、現在防振装置であるゴムパッドをスプリングマウントと交換し、振動を半分に軽減しました」と説明。
今後は毎月構造の測定、鉄骨工事など品質管理はもちろん専門家と共に安全性を確保してくようだ。

【【韓国・第2ロッテタワー】韓国建築学会「騒音·振動安全性の問題はない」とお墨付き!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2015/01/27(火) 20:47:06.63 ID:???*.net
o7CUP8hmTL4BK6a_23192

私は、とっていません-。STAP論文問題に絡み、理化学研究所OBの男性が、理研の小保方晴子元研究員(31)が研究室から胚性幹細胞(ES細胞)を盗んだとして、窃盗容疑で告発状を兵庫県警に提出した件で、小保方氏の代理人の三木秀夫弁護士が27日、大阪市内で取材に応じた。

三木弁護士は今回の告発の件で、小保方氏と連絡したことを明かし、「(小保方さんは)当然、とってないと言っている」と全面否定した。

告発した理研OBの石川智久・元上級研究員(60)と小保方氏とはまったく面識がないといい、今回の告発を「小保方たたきに乗じた悪ノリ」と話した。

26日に提出された告発状によると、小保方氏が名声や安定した収入を得るため、STAP論文共著者の若山照彦氏(現・山梨大教授)の理研研究室に所属していた11年4月以降、研究室で作成、保管されていたES細胞を無断で盗み出したなどとしている。

理研の調査委員会は昨年、STAP細胞はES細胞が混入したものだと「ほぼ断定できる」と見解を示したが、誰が混入したかについては分からないとしている。

【【STAP問題】小保方氏「私は、とっていません」ES細胞窃盗容疑での告発を全面否定】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
【STAP騒動】窃盗容疑で小保方晴子氏(31)を刑事告発へ
1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2015/01/24(土) 07:49:56.32 ID:???0.net
20140409obokata-jpp017011340
 STAP細胞を開発したとする論文で研究不正が認定され、先月に理化学研究所を依願退職した小保方晴子氏(31)が、窃盗容疑で刑事告発されることになった。 
告発するのは昨年3月まで理研にいたOBの石川智久氏(60)だ。
不正問題で小保方氏は、近く出る理研の懲戒処分でも“おとがめなし”とされタレント転身への可能性も取りざたされている。
だが、警察が告発を受理、捜査がスタートすればそれどころではなくなる。

 23日発売の写真誌・フライデーの取材に答えた石川氏は、昨年3月まで理研横浜研究所の創薬・医療技術基盤研究プログラムのテーマリーダーを務めていた人物。
「小保方氏がES細胞を若山照彦教授の研究室から盗んだ証拠をそろえた」として、兵庫県警に近く、窃盗容疑で刑事告発する考えを明かした。

 STAP細胞をめぐっては昨年末、理研が再現実験に成功しなかったことを発表している。
理研の調査委員会は、STAP細胞の“正体”について「別の万能細胞であるES細胞が混入されていた可能性が高い」との見解を示し、論文で新たに2つの捏造(ねつぞう)を認定した。

【【STAP騒動】窃盗容疑で小保方晴子氏(31)を刑事告発へ】の続きを読む

このページのトップヘ