ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > テレビ

テレビ

「池の水全部抜く…」から3か月、キレイになった池にカワセミが生息 

 池の水、全部抜いたらカワセミが戻ってきた。

 6月25日のテレビ東京系「池の水全部抜く、&駆除の達人 緊急SOS!ヤバイ現場に行ってみた!」で放送された、千葉県習志野市の「森林公園」の池にカワセミが現れた。



 カワセミを撮影していたアマチュア写真家の小野関さん(55)は千葉市からの遠征、「数週間前からカワセミが来たというのを聞いて撮影に来ています、四季のカワセミの写真でカレンダーを作りたいと思って、水がきれいになってよかったですね」と話した。この日は10人ほどのアマチュア写真家が熱心にカワセミを撮影していた。

 記者は自転車で10分ほどの近所に住んでいる。子供の頃の遊び場でザリガニなどをとったこともある。キレイになった森林公園、水辺に住むカワセミがつがいになり、子育てする姿を見てみたい。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000106-sph-ent
no title

【【テレビ東京】「池の水全部抜く…」から3か月、キレイになった池にカワセミが生息】の続きを読む

lgi01a201308181200

ネットコンテンツの充実と録画機器の普及で、テレビ番組の視聴率は下がる一方。しかし、民放各局は「CMで広告収入を得る」というビジネスモデルを変えることなく、視聴率を上げるための工夫を続けています。

ただ視聴者にしてみれば、それらの工夫は「そこじゃないでしょ!」と言いたくなるものばかり。テレビ局サイドの事情が優先され、工夫というより「苦肉の策」という印象のものが多いのです。

■「CMまたぎのあおり演出」にがっかり

苦肉の策の最たるものは、CMにかかわる演出。みなさんも一度は「CMまたぎ」、あるいは「あおり演出」という言葉を聞いたことがあるでしょう。CMに入る直前、「このあと、まさかの展開が」「衝撃の結末へ」「答えは〇秒後に!」などのナレーションやテロップで期待感をあおろうとする演出です。

詳細はソースにて

東京経済
http://toyokeizai.net/articles/-/188585?page=2

【【チャンネルを変えさせまいはバレている!】「CMまたぎのあおり演出」にがっかり...視聴者を混乱させるフライングスタート】の続きを読む

31bb6_1471_da95b780_75ef1598



ところが、9月12日発売の「女性自身」で“ナスDの肌の色はCG加工されたもの”とスッパ抜かれた。
記事によるとナスDの肌はすっかり色落ちしているのだが、その肌色で人気が出てしまったため、月に1千万円もかけてCG加工をしているのだという。

映像制作会社のスタッフは「動画のCG加工は手間も時間もかかる」という。

「ナスDの場合、全身が黒い設定です。しかも肌見せの多い服装なので、加工する人は大変だと思います」と苦笑い。

記事によるとテレビ朝日は「CG加工の事実はありません」と完全否定している。

10月からはプライムタイム(午後7時から同11時)に進出することになった「陸海空~」。
今後のナスDの肌色に全国民の熱視線が集まるのは必至だ。

http://news.livedoor.com/article/detail/13602730/ 
【【テレビ朝日】ヤラセか演出か?「ナスD」の“全身真っ黒”はCG加工だった!?】の続きを読む

20170912-00000003-jct-000-3-view

テレビで「妊娠させ逃げた」と放送 男性の妻がブチ切れ家飛び出す→人違いでした (J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース

 日テレ系バラエティ番組「月曜から夜ふかし」の2017年9月11日の放送で、「お詫びして訂正いたします」と謝罪コメントが公表された。14歳の女性に子どもを妊娠、出産させ、姿をくらました――。街頭インタビュー中に、その男性が通りかかったと約2か月前の放送で紹介していたが、事実でなかったと発覚したという。

 おかげでその男性には、思いも寄らぬ災難が降りかかったようで......。

■「ドラマ『14才の母』とリアルにシンクロ」

 2017年7月10日に放送された同番組では、「眠らない街で個人的ニュースを聞いてみた件」と題し、東京・竹ノ塚で若い女性3人に行ったインタビューが放送された。中学2年で子どもを身ごもり、3年で出産したが、相手の男に逃げられてしまった――。女性の1人はそう打ち明けると、当時の日テレ系ドラマ「14才の母」に絡め、「『14才の母』と同じ時期に妊娠して、ドラマが出産するときに私も出産した」と笑い、「ドラマ『14才の母』とリアルにシンクロ」などと取り上げられた。

 女性はそして、相手の男がインタビュー中、偶然にも自転車で3人の後ろを通り過ぎたと番組スタッフに明かす。番組側が確認したところ、スタッフが3人に声をかけた時、自転車でこちらを振り返りながら通り過ぎる男性が映っていた。番組ではこうして、「竹ノ塚ニュース(5) 逃げられた男に9年ぶりに遭遇」とテロップ付きで紹介された。男性の顔には、モザイクがかかっていた。

詳細はソースにて

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000003-jct-ent 

【【フェイク日テレ】ある男性をテレビで「14歳少女を妊娠させ逃げた」と放送→男性の妻、ブチ切れ家飛び出す→人違いでした→お詫びテロ 】の続きを読む

このページのトップヘ