ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > テレビ

テレビ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
 平成最後の元日は、テレビ朝日が視聴率三冠を奪取して幕を開けた。4月末日にその幕を下ろす平成の時代と共に、長く続いた日本テレビの黄金時代も終焉を告げるかと思われた。

 だが、その翌2日、3日と続いて、日テレ以外はまるでやる気も見せず――。

 ***
no title

2018年の民放キー3局「年間平均視聴率」

 昨年(2018年)10月には月間視聴率の全日帯(6時~24時)で、テレ朝が7.7%(ビデオリサーチ調べ・関東地区。以下同じ)と日テレの7.6%を5年4カ月ぶりに追い抜き、いよいよ王者日テレの凋落が始まったように思われた。年間を通してみてみると、日テレが5年連続となる首位を辛うじて制したものの、2位のテレ朝との差はごく僅かとなり、3位のTBSも迫ってきている(表参照)。

 そこへもって来て元日の視聴率では、テレ朝が3つの時間帯それぞれで1位を奪取したのだ。

「元日のテレ朝は、今や恒例となった『芸能人格付けチェック! これぞ真の一流品だ! 2019お正月スペシャル』(19.7%)を18時から3時間の特番で流し、その直後に『相棒 season17 元日スペシャル』(15.5%)を2時間半にわたって放送しました。日テレも同じく恒例の“TOKYO×嵐”の『ウルトラマンDASH!』(1部:15.4%、2部:15.3%)を18時から、『嵐にしやがれ』(13.8%)を21時からの『相棒』にあてたのですが、及びませんでしたからね」(民放プロデューサー)

 この勢いで、今年はテレ朝の天下が始まるかと思われたのだが――。

箱根の山は天下の険

「1月2日、3日というのは、日テレの怪物番組『箱根駅伝』があるのです。朝7時から14時頃まで放送され、毎年30%近い視聴率を稼ぎますから、他局は何をやってもお手上げ状態。大金をかけて新番組を作るのはバカバカしいと、ここ数年は完全に白旗を揚げて、再放送に切り替えてきました。今年はその諦めが顕著に表れましたね」(前出・民放プロデューサー)

 1月2日、箱根駅伝・往路の放送が始まる朝7時――。テレ朝は6時55分から「『おっさんずラブ」全話一挙放送SPだお』の放送をスタート。

 TBSは9時より「アンナチュラル」の全話一挙放送の第3部(第1部は大晦日12時~16時30分、第2部は元日14時30分~17時30分の変則編成)。その後に、この日の夜に放送する「下町ロケット・特別編」の番宣を1時間挟んで、12時からは「義母と娘のブルース」全話一挙放送の第1部を3時間半という編成で応じた。

 フジテレビは駅伝の始まる1時間前、つまり朝6時から13時半まで、「有吉くん正直さんぽ」の総集編(一部新作)を7時間半にわたって放送するという、もはや清々しいほどの諦めっぷり。

 テレビ東京は9時から「出川哲朗の充電させてもらえませんか? SP」を2時間半。11時半からは「開運なんでも鑑定団」の再放送という具合。

 そして3日の箱根駅伝・復路が始まる朝7時――。前日同様、テレ朝は6時55分からレギュラーの「激レアさんがやってきた」の名作選なのだが、わざわざ“駅伝”をくっつけて「新春! 激レアさん 駅伝~名作激レアさんを一挙6時間大放出SP~」をスタート。さらに復路がゴールする時間帯には「新春“相棒祭り”」をぶつけた。

 TBSは前日に続く時間帯無視の変則編成で、「義母と娘のブルース」の第2部を9時~16時まで放送。

 フジは朝6時から「路線バスで色の宝庫SP」を3時間。9時からは「HERO Season2」の1話と2話を一挙放送。

 テレ東は8時50分から14時半まで「ローカル路線バス旅 あの懐かしの名作一挙放送しちゃうよSP」だった。

 その結果、日テレは、2日の往路が30.7%、3日の復路が32.1%という脅威の高視聴率となり、87年の中継開始以来、史上最高の視聴率を記録したのである。

「各局とも、真っ向勝負を避けたというより、試合放棄といった編成でしたね。1日7時間もの駅伝を、どれほどの人が、一時も目を離さずに見ているのかはわかりませんが、すごい数字です。それでもかつてなら、テレ東の12時間ドラマ『新春ワイド時代劇』や、梨元勝さん(1944~2010)のハワイからの芸能人中継(テレ朝)など、箱根駅伝には及ばずとも、それぞれの局が午前・午後を問わず、正月らしい番組を作って放送したものです。いまは予算も少ない時代ですから仕方がないとはいえ、寂しい限りですよ」(同・民放プロデューサー)

 さて、来年は日テレ以外の民放はどうする? 

週刊新潮WEB取材班
2019年1月6日 掲載

1/6(日) 6:04配信 デイリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190106-00554622-shincho-ent

【【日テレ】「箱根駅伝」が史上最高視聴率 ライバル局は再放送でお茶を濁して“試合放棄” 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
ゴールデンタイムに3番組を制作

 テレビ朝日系列の「ポツンと一軒家」(日曜:19時58分~20時54分)が好調だ。スポーツ報知(電子版)は12月17日、「『ポツンと一軒家』視聴率は14・8%…5回連続14%超の高数字」の記事を掲載した。

 ***

 これだけの視聴率を取れば話題になるわけだが、ライバルの存在も“ニューズバリュー”を上昇させただろう。そう、日曜の夜8時といえば、日本テレビ系列が「世界の果てまでイッテQ!」(19時58分~20時54分)を放送しているのだ。

 ビデオリサーチの公式サイトにある「週間高世帯視聴率番組10」で、「12月10日(月)~12月16日(日)」を見てみると、「その他の娯楽番組【関東地区】」で、12月16日の「世界の果てまでイッテQ!」は17.1%、「ポツンと一軒家」は14.8%と記録されている。文字通り、肉薄しているのだ。

 このビデオリサーチの公式サイトには、「ポツンと一軒家」はテレビ朝日が「放送局」と記されている。もちろん、間違いではない。だが、「制作局」はテレ朝ではない。このことをご存知の方は、どれくらいおられるだろうか? 

「ポツンと一軒家」「M-1」…「テレ朝」高視聴率番組は大阪「朝日放送」制作という真実
テレビ朝日・朝日放送のゴールデンタイム放送番組一覧(月~水)
 制作を担当しているのは、大阪の朝日放送テレビ。キー局並みの陣容を誇る“準キー局”とはいえ、地方の系列局であるのは事実だ。にもかかわらず、天下の“視聴率三冠王”たる日テレが誇る看板番組に戦いを挑み善戦している。

 かつての巨人・阪神戦ではないが、“判官びいき”を自負する方なら血が騒ぐに違いない。ライバルの民放キー局の関係者が、「朝日放送テレビの番組制作能力」を解説する。

「日テレもTBSも、大半の番組はキー局が制作します。まして高視聴率が期待できるゴールデンやプライムタイムともなれば、なおさらです。例えば日テレの場合、19時から22時の放送で、大阪の読売テレビが制作している番組は『カミングアウトバラエティ!!  秘密のケンミンSHOW』(木曜:21時~21時54分)と、『ダウンタウンDX』(同:22時~23時)の2本しかありません」

 一方のテレ朝は、“外注率”が高いのが特徴だという。論より証拠。テレ朝のゴールデンタイムの番組を表にまとめてみた。

 朝日放送テレビは週に3番組を制作しているほか、日曜21時の「日曜プライム」でも不定期に番組制作を担当している。読売テレビより“全国ゴールデン進出率”は高いわけだ。

 また表で浮き彫りになったのは、視聴率のジャンル別ベスト10に入った番組でも、日付が9月や10月で、なおかつSP番組だったものは、普段のオンエアでは勢いを失っている可能性があるということだ。

 そしてテレビ朝日が制作した少なからぬバラエティ番組が、これに当てはまる。逆を言えば、テレ朝が放送しているバラエティのうちSP版の効果を借りていない唯一の番組が、「ポツンと一軒家」なのだ。

 ライバルキー局の関係者は「テレビ朝日より朝日放送テレビのほうが、番組制作能力が高いことは明らかです」と指摘する。

「『ポツンと一軒家』を筆頭に、『名医とつながる! たけしの家庭の医学』や『世界の村で発見! こんなところに日本人』も安定した視聴率を取り、今も人気は衰えていません。テレビ朝日と言えばドラマの視聴率が話題になりますが、朝日放送テレビが制作したバラエティ番組がテレビ朝日系列の高視聴率を支えていることは、もっと多くの人に知ってほしいですね」

>>2以降に続きます

12/31(月) 6:00配信 デイリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181231-00554461-shincho-ent
no title

【【「ポツンと一軒家」「M-1」…】「テレ朝」高視聴率番組は大阪「朝日放送」制作という真実 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
ダウンロード

 日本テレビ系の朝の情報バラエティ番組『ZIP!』内で取り上げられたある特集が、ネット上で物議を醸している。

 桝太一アナウンサーが「生物」や「天気」などの謎を科学的に開設する番組内コーナー「なーるほどマスカレッジ」では、今月11日放送回、12日放送回と2日間にわたって“特別編”として、冬キャンプを科学する「冬キャンプ特集」を放送。コーナーには桝アナのほか、三代目 J Soul Brothersの山下健二郎と俳優の工藤阿須加も出演し、3人で冬のキャンプを楽しんでいた。

 放送の中で3人は、キャンプ場に石を並べてかまどを作る直火で暖を取り、夜になってから民族楽器ジャンベで音を出して歌ったりなどしており、楽しそうな様子が放送されていた。しかし、この様子にキャンプ好きの視聴者からは、「ほとんどのキャンプ場は直火禁止。ここは大丈夫だったんだろうけど、注意喚起してほしかった」「直火の焚き火囲って歌うたうとか…全部NG行為。勘違いする人が出てくるからやめてほしい」「許可がいる直火にマナー違反の楽器で大騒ぎ?そうやってキャンプ界に迷惑の種ふりまかないでほしい」といった批判が殺到。通常のキャンプでは非常識に当たる行動が多々見られたために、これを模倣する視聴者の出現を懸念する声が多く集まっていた。


https://npn.co.jp/article/detail/75805510/

【【特集に物議?! 】NG行為を放送し、マナー違反者が続出しそう? 『ZIP!』の「冬キャンプ」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
d960c_1471_f226f668_abad518f

10月期の連ドラがいよいよ佳境に入ってきた。「相棒」と「科捜研の女」(共にテレビ朝日系)のシリーズものを除けば、視聴率争いで首位をひた走るのは「リーガルV」(テレビ朝日系)。
「下町ロケット」(TBS系)、「SUITS」(フジテレビ系)がこれに続く。そして、現在のところこの3作が近年の合格点と言われる2ケタ視聴率を確保している。
気になるのは、長年にわたって視聴率争いのトップに君臨している日本テレビの作品がそこにないのだ。

「それだけではありません。2018年の連ドラ視聴率を見てみると、1位の『99.9‐刑事専門弁護士‐SEASONII』(TBS系)から10位の『SUITS』(フジテレビ系)まで、日テレの作品が1本もないのです。
日テレ作品の最高は1月期放送の『もみ消して冬』で、平均視聴率は9.82%。つまり日テレはこのままでは今年、平均で2ケタを超えるドラマがないということになってしまうのです。
ちなみに17年はベスト10に2本、平均視聴率2ケタ以上の作品が3本。16年はベスト10、平均視聴率2ケタ以上、ともに4本。
15年はベスト10こそ3本ですが、平均視聴率2ケタ以上は5本ありました。これを見る限り、TOKIOの元メンバー山口達也の事件が『ザ!鉄腕!DASH!!』に、
祭り企画でのヤラセが『世界の果てまでイッテQ!』の視聴率に影響を及ぼしているなどと言われますが、それより以前に日テレの凋落はジワジワ始まっていたのではないでしょうか」(芸能ライター)

ドラマとスポーツで好成績を残すテレビ朝日が天下を取る日が来るのか。それとも日本テレビがV字回復となるのか。
年末、そして2019年の、各局の番組作りに期待したい。

http://news.livedoor.com/article/detail/15680871/ 
【【日テレ】「鉄腕DASH」「イッテQ」の不祥事以前に始まっていた日テレ“凋落の兆候” 】の続きを読む

このページのトップヘ