ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > テレビ

テレビ

きゃりーぱみゅぱみゅ-


あの「ミュージックステーション」が街頭インタビューをねつ造していた!? 問題となっているのは昨年9月19日の「MUSIC STATION ウルトラFES 2016」(テレビ朝日系)内で放送された「日本に影響を与えた曲ベスト100」という企画。これはアンケート調査で選ばれた100曲を紹介するもので、18位にきゃりーぱみゅぱみゅの「つけまつける」がランクインしていたものだ。

番組では全身をピンクの衣装で包んだ人物が街頭インタビューに登場し、「影響されたアーティストは誰ですか?」との質問にきゃりーの名を挙げていたのだが、これがやらせだったというのである。
音楽ライターが苦笑交じりに語る。

「この人物は『魔法少女ひめたす』という地下アイドルで、その本人が3月22日にツイッターでやらせの真相を暴露したのです。
それによると、最初はしょこたん(中川翔子)と答えたものの、スタッフから『撮り直すのできゃりーぱみゅぱみゅって言ってください』と指示されたのだとか」

これが事実ならやらせどころか、完全なねつ造と糾弾されるほどの一大事だろう。
しかも、本来ならこんなねつ造をでっちあげる必要などなかったというのである。音楽ライターがこう首を振る。

「きゃりーは原宿のカワイイ文化を代表する存在なのに、この撮影チームはなぜか新宿で街頭インタビューしていたんです。
新宿には地下アイドルの出演するライブハウスが多いほか、ヘビーメタルやヴィジュアル系のCD専門店もあるなど、原宿とは真逆の人種が集まる場所。そこできゃりーのファンを探すとは見当違いにもほどがありますよ」

その新宿と原宿はJR山手線でわずか2駅、距離にして3キロしか離れていない。
その近さにも関わらず原宿ロケを行わなかったのは、きゃりーに対してもあまりに失礼な話ではないだろうか。
テレビ朝日は視聴者だけでなく、出演アーティストまで裏切ってしまったのかもしれない。

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0324/asg_170324_2265404541.html
アサ芸プラス3月24日(金)17時59分

【【「Mステ」がやらせ!】「きゃりーが好き」と街頭インタビューで強制していた!?】の続きを読む

001_size4

TBS系では、3月26日(日)に「SASUKE2017」(夜6:30-8:54)を放送。今年で放送開始から20年を迎える本大会は、“ミスターSASUKE”山田勝己ら注目の出場者に期待が集まっている。

 毎回さまざまな職業の挑戦者が己の限界に挑む「SASUKE」。今回も医師、僧侶、看護師、漁師、畳職人、俳優、 かまぼこ職人、公務員など多種多様な100人の挑戦者が集結した。
1997年に産声を上げた「SASUKE」。放送開始20年を迎え、33回目の開催となる今大会、厳冬の中での挑戦、新エリアの登場で挑戦者たちに“SASUKEの壁”が立ちはだかる。
芸能界からは2015年に1stステージをクリアした経験を持つ樽美酒研二、毎回何かしらのミラクルを起こす喜矢武豊のゴールデンボンバー勢、妻・金田朋子と共に大会に臨む森渉、久々の挑戦となるなかやまきんに君、グラビアタレントで女優としても活躍の場を広げる今野杏南、バニラビーンズ・レナ。

そして今回、3回目の挑戦で念願の1stステージクリアを目指すA.B.C-Z・塚田僚一らが参戦ずる。
また、塚田も認める身体能力を持つジャニーズJr.の岩本照が、初挑戦で先輩・塚田よりも先に1stステージクリアを目指す。
さらに、K-1のエースファイター・武尊、人気プロレスラー・飯伏幸太ら1stクリアに近い注目選手の他、前々回大会、4人目の完全制覇者となるも、前回は会社研修のため休んだ“サスケくん”こと森本裕介が満を持して、100番のゼッケンを背負い再び完全制覇を目指す。
また、20周年大会の特別招待選手として5年ぶりに“ミスターSASUKE”こと山田勝己が今大会限定で現役復帰。

~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

infoseekニュース 2017/03/20 19:34
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/thetv_104074

【【20周年】「SASUKE」に “ミスターSASUKE”山田勝己ら参戦!】の続きを読む

E1488859511949_1d02_1

現在放送中の『べっぴんさん』をはじめ、最近の朝ドラには、ある傾向が見受けられます。それは、あまり知られていない企業経営者(もしくはその妻)をヒロインに据えている点。

たとえば、『べっぴんさん』におけるヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカーファミリア創業者の一人・坂野惇子であるし、その前の『とと姉ちゃん』は、『暮しの手帖』の出版元『暮しの手帖社』の創業者・大橋鎭子、そのもう一つ前の『あさが来た』は実業家で教育者の広岡浅子……。
他にも、『マッサン』(2014年後半)、『カーネーション』(2011年後半)なども、同系統の作品といえるでしょう。

こうした流れを生み出したのは、かつて社会現象にもなった、NHKのドキュメンタリー番組『プロジェクトX』の影響によるものではないかとの見方がされています。

社会現象になった『プロジェクトX』

『プロジェクトX~挑戦者たち~』が放送されたのは、2000年3月28日から2005年12月28日にかけて。
無名ではあるものの、後世に残る偉大な功績を残した人物を取り上げる内容が、主に団塊世代を中心に大ウケして、一大ブームとなったのはご存知の通り。

昨今の朝ドラヒロインが、「あの商品」「あの会社」を誕生させた実業家ばかりなのも、この『プロジェクトX』のヒットに味をしめたがゆえなのでは? というわけです。

中島みゆきが黒部ダムで熱唱…特に反響が大きかった作品

特に反響が大きかったのは、日本ビクターのVHS開発について取り上げた『窓際族が世界規格を作った~VHS・執念の逆転劇~』(放送2回目)と、黒部ダム建設を扱った「黒四ダム 断崖絶壁の難工事」(放送14回目)。

前者は2002年に『陽はまた昇る』として長編映画化。後者は、紅白歌合戦において、中島みゆきが黒部ダム内部から番組主題歌の『地上の星』を歌唱するという、趣向を凝らした演出のモチーフとなりました。
また、田口トモロヲの特徴的ナレーションも人気を博し、よく物まねされたものです。

慢性的ネタ不足から生まれた? 事実の捏造

そんな大変な人気を誇った『プロジェクトX』ですが、番組後期はさすがに慢性的なネタ不足となります。確かに週に1人以上も「名もなき英雄」を探しださなければならないのだから、無理もないというもの。
しかしあろうことか、事実の捏造を行ったために、大問題となった放送回が存在しました。

問題になったのは、2005年5月10日放送の『ファイト!町工場に捧げる日本一の歌」。内容はざっとこんな感じです……。
舞台は、とある荒れた工業高校。そこへ新任の国語教員が赴任します。彼は合唱を通じて生徒を更生させるべく、他の職員の反対を押し切り、グリークラブ(男声合唱部)を設立。紆余曲折を経て、なんとか合唱コンクールに出場するも、彼らへ警戒心を示す主催者側により、コンクール会場にパトカーを配備される事態に……。

学校側から苦情…担当部長が『土曜スタジオパーク』で生謝罪

こうしたドラマチックなストーリーが放送されたわけですが、しかし、学校側が番組及びNHKに対し「事実と異なる点がある」として、異議申し立てをします。

何でも、そもそもこの工業高校は荒れてなどおらず、また、グリークラブ設立にも早くから校長が賛同しており、さらには、合唱コンクール参加時にパトカーを呼ばれてもいないとのこと。演出の範疇というには、あまりにも大それた事実の改ざんではないでしょうか。

この指摘を受けてNHK側は、ただちに同年5月28日放送分の『土曜スタジオパーク』へ担当部長を送り込み、生出演&生謝罪させます。5月31日の『プロジェクトX』内でも、司会の国井雅比古アナが陳謝。
無論、この放送回はホームページや書籍にも載らない「幻の回」として、永久に封印されることと相成るのでした。
(こじへい)
http://a.excite.co.jp/News/90s/20170319/E1488859511949.html 
 2017年03月19日 22時08分

【【エピソード"捏造"でお蔵入り!?】『プロジェクトX』の放送できない回とは?】の続きを読む

asajo_25996_0-small

 来年の平昌五輪に向けて、女子フィギュアスケートの代表争いが熾烈を極めている。2月に行われた「四大陸選手権」で200.85点を叩き出し優勝した三原舞依のほかにも、宮原知子、樋口新葉、本田真凜、本郷理華など有力選手は多い。

 そんななか、蚊帳の外となっているのが、現役続行を表明している浅田真央だ。

「昨年の全日本選手権で12位に終わったことで、今年の全日本での優勝が五輪出場への絶対条件でしょう。絶不調の原因は、3Aの踏み切りで負荷のかかる左ひざに爆弾を抱えていることが大きい。昨年もいつ致命的なケガにつながるか心配で練習量を控えている状態でした。全日本に出場するには中学1年以来となる地方予選から勝ち上がらなくてはならず、正直厳しいでしょうね」(スポーツライター)

 そんな浅田には、引退⇒キャスター転身のレールが敷かれているという情報が一部で報じられている。

「テレビ朝日の『報道ステーション』のスポーツキャスターに収まるのではと目されています。長年、浅田に対して熱のこもった応援をしてきた松岡修造とのタッグで、視聴率が低迷する番組の起爆剤として期待されているとか。以前、姉の舞がフィギュアの大会で荒川静香、鈴木明子、織田信成と横並びで“解説者”を務めたときには、『実績不足』と叩かれたものでしたが、浅田なら実績、華、好感度と申し分がない。『ハーフハーフ』『ノーミスする』など真央語録が飛び出せば、視聴者も大喜びでしょう。テレ朝サイドは、女子サッカーなど他ジャンルのスポーツ取材にも積極的に浅田を投入したがっているという話です」(テレビ関係者)

 果たして、浅田は今年どんな決断を下すのだろうか。

https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_25996/

【【崖っぷちの浅田真央】現役引退後は松岡修造とあの番組でタッグ?】の続きを読む

このページのトップヘ