ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > テレビ

テレビ

07_836

娯楽や日常会話の話題の中心を担ってきた「テレビ」だが、一方で、動画サイトにはじまるネットの普及により「テレビは見ない」という人も増えてきた。

人それぞれ扱いや捉え方の違うテレビだが、今、とある投稿が注目されている。

■「テレビを見ないとバカになる」という同僚女性

話題を呼んでいるのは、はてな匿名ダイアリーに投稿された「『テレビ見ないとバカになる』という言葉を聞いて驚愕した」というエントリー。

投稿主によれば、同僚女性から「テレビ見ないからみんなバカになるんですよ。そういう人は芸能人の話にも疎いし、話に厚みがないじゃないですか」と言われたという。

投稿主は、その同僚女性が、テレビを観ない人をバカにしているということに驚いた様子。というのも、投稿主の家庭では、「テレビを見るとバカになる」という教えから、テレビは1日1時間しか許されていなかったとのこと。

また、友人たちもテレビを観ない人ばかりだったため、「テレビ=くだらないもの」という認識。読書や勉強をしていたほうがいいという考えだったという。

■価値観の違いを強く実感

投稿主は、「テレビを見る=バカになる」という認識は持っておらず、たまにテレビを見ることもあるようだ。しかし、同僚女性が言うような「テレビを観ると賢くなる」という主張には賛同できないとした。

この経験から投稿主は、「自分が当たり前だと思っていることが世の中の全てではない」ということを強く実感したという。

■テレビは話題作りには便利?

この投稿を受け、ネット民からはさまざまな声が。投稿された場所がネットということもあり、投稿主の考えにやや賛同の声が多いようだ。

とはいえ、同僚女性の意見に共感する声もチラホラとあがった。

・テレビを観ないとバカになるとは思わないけど、話題に困ったときにはテレビネタは助かる

・テレビを観たら賢くなると考えてるのはバカなんじゃないかと…

・くだらないゲームやサイトを観るくらいなら、テレビのほうがマシなんじゃないかとは思う

・みんながネットで好きなものを摂取するようになったからこそ、「共通の話題」になりえるテレビは強いと思う

■「テレビを全く見ない日がある」は4割

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,400名に「テレビの見られ方」について調査したところ、およそ4割が「全く見ない日がある」と回答。

全体的には、男性のほうがテレビを見ない傾向にあるようだ。しかし、もっともテレビを見ていないのは20代女性で、その割合はおよそ5割にもおよんでいる。

テレビに対してどのような価値観をもつかは自由だ。また、このような価値観の違いが生まれるのは、テレビ以外の娯楽がしっかりと発展したことが理由といえるかもしれない。

・合わせて読みたい→「視聴者の民度が低そう」なテレビ番組は? お笑い芸人のせいだけではなく…

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2015年9月25日~2015年9月28日対象:全国20代~60代の男女計1,400名

2017.05.23 05:30
https://www.news-postseven.com/archives/20170523_558259.html 
【<テレビを見ないとバカになる>という投稿に騒然!「価値観の違い」の声も 「テレビは見ない」という人も増えてきた?】の続きを読む

 俳優の織田裕二が8月4日よりTBS系で放送する『世界陸上 ロンドン』のメインキャスターに決定した。織田はフリーアナウンサーの中井美穂とともに1997年アテネ大会以来、20年目、11大会連続でメインキャスターを務めることとなる。節目の年となる今大会では現地・イギリスのロンドンより10日間、過去最長の93時間にわたって放送。織田は「スポーツはドキュメントなので、本当に何が起こるか分からないじゃないですか。世界最高のドキュメントをライブで楽しみましょう」と熱く呼びかけている。

『世界陸上ロンドン』のメインキャスター織田裕二(左)、中井美穂(右) ボルトポーズでアピール

 「すべてがつながる瞬間がある」をコンセプトとした今大会の注目は、なんといっても今大会で引退を表明している“人類最速の男”ウサイン・ボルト(ジャマイカ)のラストラン。これまで世界陸上とオリンピックで合計19個の金メダルを獲得してきたボルトがこの夏、20個目の金メダル獲得するのか、世界中の期待が高まる。

 織田は「この20年のあいだ、思い入れの強かった選手の引退には寂しい思いをしてきましたが、次々と現れる新星たちを一生懸命追っかけてきたので、感慨にふけるようなヒマは無かったですね」と語るが、ボルトの引退は感慨深いようで「ボルトにとってはこれで『終わり』なんですけど、ライバルの若い選手たちにとってはこれが『始まり』だと思います。その終わりと始まりが『つながる瞬間』に何を見せてくれるのか、今からとても楽しみです」と胸をふくらませる。

 片山譲二プロデューサーは「毎回、織田さん・中井さんはじめ制作スタッフと1日10時間に及ぶ勉強会を織田さんが納得するまで数日間行っていますが、今回も何日間行うかは織田さんにしかわかりません(笑)」と万全の体制で挑む予定。「20年の蓄積を今大会もお見せすることができると思いますので、みなさんお付き合いください」と自信をにじませる。

 また、織田が芸能界デビューした1987年にアナウンサー人生をスタートさせた中井は「2人ともこのお仕事を始めてからちょうど30年です。その30年のうち20年も同じコンビで『世界陸上』を担当させてもらっていて、織田さんには他の方にはない親近感を勝手に感じています(笑)」とコメントしており、今大会でも息ピッタリのコンビネーションをみせてくれそうだ。

 日本勢としては、リオ五輪ではケンブリッジ飛鳥選手らの健闘により銀メダルを獲得した4×100メートルリレーや、“最強の市民ランナー”川内優輝(埼玉県庁)が出場する男子マラソンなど注目競技が目白押し。放送時間も前回の64時間から1.5倍も増え、感動と興奮の瞬間を届ける織田は「8月だから夏休みをとってもらって、毎日朝までお付き合いください」とアピールしている。


『世界陸上ロンドン』のメインキャスターに20年連続の起用となる織田裕二(左)、中井美穂(右)(C)TBS
no title

『世界陸上ロンドン』のメインキャスター織田裕二(左)、中井美穂(右) ボルトポーズでアピール(C)TBS
no title

http://www.oricon.co.jp/news/2089499/full/

【【キタ━━(゚∀゚)━━!!】織田裕二『世界陸上』20年目11大会連続メインキャスター就任】の続きを読む

Mycom_freshers__freshers_articles_48862_64fa_1

中高年がターゲットのシルバータイムドラマ、倉本聰脚本の『やすらぎの郷』(テレビ朝日)の視聴率が好調でテレビ各局がおびえている。

なぜおびえているのか。

テレビで高視聴率を稼ぐには中高齢の視聴者をターゲットにしなければならない」ということが証明された形である。
これが証明されると、テレビ局は困るのである。なぜか?

テレビ局自身も若者のテレビ離れなどには気づいている。しかし、それをおおっぴらにすることには強い抵抗がある。理由は、スポンサーからの要請があるからである。

スポンサーは購買力のある若い層に訴えたいはずだ。見ている人が、金を持っていても、物を買わない年寄りばかりでは困るはずだ。
だから、編成局などが旗振り役になって子供を除いた59歳以下を「コアターゲット」などと名付けることになる。
ただし、「コア」からはずれてしまった還暦を過ぎた筆者などの年齢層は当然、気分がよくない。

かくして、テレビ局はこれらコアターゲット層の視聴者獲得に全力を上げています、と電通及びスポンサーに猛烈アピールすることになる。

実際の視聴率は若者離れを隠しきれない。大相撲が場所中だと視聴率のトップ20のうち15を大相撲〇〇場所初日から千秋楽の15日が占めてしまう勢いなのである。

フジテレビの視聴率の凋落が激しい。これに対して、「見ているのが年寄りだけなのに、若者に向けて番組を作っているからだ」という議論がるが、これは間違いである。
実際はもっと深刻で、「若者に向けた番組ばかり作るテレビ局とのイメージが染み付いて固定してしまったからで視聴率が上がらない」のである。

フジテレビには、年寄り相手だなと思う作りの番組もある。しかし、そういった番組を新しく始めても、年寄りは保守的だから、チャンネルをフジテレビに合わせようとは思わない。
結果、フジテレビに視聴率は流れない。イメージはは実際より強力なのだ。

視聴率はスポットCMの売上と連動するので、テレビ局は儲けのために当然ながら視聴率が欲しい。それには中高年に見てもらわなければならないとは分かってもいる。
しかし、スポンサーは「年寄りの視聴率はいらない」という。スポンサーにとっては年寄りで視聴率を取ったとしても

「CM料金が高くなる割に、見ているのは年寄りだけというのでは、テレビCMは踏んだり蹴ったりのカネ食い虫だ」となってしまうからだ。

だからこそ、見せかけの若者狙いの猛烈アピールになるのだろう。

こういった視聴ターゲットによる番組の選別が、面白さによる選別とは全く関係ないことに現在のテレビの病根がひそんでいるのだと筆者は思う。
『やすらぎの郷』は、夜のゴールデンタイムには若者向けのドラマが数多く放送され、大人の観るドラマが少ないという現状に対し、
大人のためのシルバータイムドラマがあるべきだという倉本が企画。その提案を受けて決まったものだ。

http://blogos.com/article/218487/

【【若者のテレビ離れの証明?】 シルバードラマの高視聴率におびえるテレビ局】の続きを読む

この春、多くの新番組が始まるが、そのなかで際立って増えたジャンルのひとつがクイズ番組だ。テレビ局にとって古くからあるコンテンツのひとつだが、今増加する背景には局側の事情も見え隠れする。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

春のテレビ番組改編で、『最上級のひらめき人間を目指せ!クイズ!金の正解!銀の正解!』(フジテレビ系、4月22日~)、『潜在能力テスト』(フジテレビ系、4月25日~)、『東大王』(TBS系、4月30日~)の3番組がスタート。さらに、深夜帯で放送されていた『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系、4月24日~)がゴールデンタイムに昇格し、クイズ企画の「ジェネレーション・チャンプ」をメインに据えることが明らかになりました。つまり、クイズ系の新番組が4本も増えることになります。

すでに放送されている『クイズプレゼンバラエティーQさま!!』(テレビ朝日系)、『くりぃむクイズ ミラクル9』(テレビ朝日系)、『ネプリーグ』(フジテレビ系)、『今夜はナゾトレ』(フジテレビ系)、『世界・ふしぎ!発見』(TBS系)、『珍種目No.1は誰だ!? ピラミッド・ダービー』(TBS系)、『究極の〇×クイズSHOW!!超問!真実か?ウソか?』(日本テレビ系)を合わせると11本になり、「クイズ番組だらけ」の状況に。

「あれ?クイズ番組ってそんなに人気あるの?」と感じた人は多いのではないでしょうか。実際、視聴率ランキングなどを見ると、前述した番組がランクインされることはありません。
テレビ局にとって視聴率は最も重要なはずなのに……その背景にはテレビ業界の苦悩があるのです。

◆クイズ番組の最適な放送時間は?

前述したクイズ番組の共通点が分かった人は、かなりのテレビ通。実は『世界・ふしぎ!発見』を除くすべての番組が19~21時の間に放送されているのです。
『Qさま』は「21時スタート」とされていますが、そのほとんどが前番組との抱き合わせ特番で19~20時台にスタート。
ここまで偏っているのを見れば、テレビ業界の中で「クイズ番組は19~21時が常識」となっていることが分かるでしょう。

ではなぜ19~21時にクイズ番組が量産されるのか?
その答えは至ってシンプル。クイズ番組の視聴者はファミリー層が多く、その時間帯が最も「家族そろってテレビを見てもらえる」から。
こう書くとポジティブな印象を受けますが、「19~21時はファミリー層以外あまり期待できない」というのが実情なのです。

テレビ局にとってクイズ番組は、「たくさんのタレントを集めてにぎやかなムードを作りやすい」「大規模なセットやロケが必要なく制作費を抑えられる」など、 以前のような高視聴率が期待できない19~21時におけるベターな選択肢。「大ヒットは望めないけど、それなりの視聴率は取れるだろう」という本音が透けて見えます。

写真
no title


NEWS ポストセブン 4/17(月) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170417-00000001-pseven-ent

【【クイズ番組乱発に見るTV局の苦悩】今春だけで新番組が4本も 「あれ?クイズ番組ってそんなに人気あるの?」】の続きを読む

このページのトップヘ