ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > テレビ

テレビ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20181107-00000092-asahi-000-3-view

 日本テレビで日曜夜に放送中の人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」の5月の放送で、ラオスで開かれた「祭り」に芸人が参加した様子を伝えた際、 番組が「『祭り企画』をデッチ上げた」とする記事を週刊文春が7日、ネット上で公開した。現地での撮影をコーディネートした会社の代表は7日夕、朝日新聞の取材に対し、
経緯の一端を説明した。

 週刊文春が取り上げたのは、今年5月20日の放送。お笑い芸人の宮川大輔さんが、ラオスの首都ビエンチャンで「橋祭り」に参加するという企画だった。
ナレーションは「今、橋祭りは東南アジアで大流行。開催される地域ごとにルールを定め、行われている」と説明。地元の参加者に交じって宮川さんが自転車に乗り、球形の動く障害物をよけながら、水上にかけられた橋を渡る様子を伝えた。「今回の祭りでは回転する玉が障害物の目玉として導入されている」とのナレーションも入った。

 これに対し、週刊文春は7日に公開した記事で、地元の関係者の「自転車アクティビティの実施は日本側が提案し、(中略)実現した」という声や、ラオス情報文化観光省の「こうした自転車競技はラオスには存在しません。今回の(『橋祭り』)は日本のテレビが自分達で作ったのではないですか?」 「日本側の働きかけで実現した」などの声を紹介。「日テレ看板番組に重大疑惑」との見出しをつけた。

 番組内で「海外コーディネーション」を担当したと表記のあった会社の代表は7日夕、朝日新聞の取材に応じた。ラオスでの番組の撮影をサポートしたことを認めた上で、 「自転車で水上にかけた橋を渡る祭りは、ラオスでは以前から、村単位などで行われている。全くないものをでっちあげたわけではない」と説明した。

 障害物として番組に登場した玉については、「テレビで紹介されることになり、祭りを盛り上げ、番組をおもしろくするために、ラオスの美術会社と我々が作ったものだった。
撮影前に日本テレビ側にも報告していた」と語った。

 週刊文春の記事によると、日本テレビ広報部は同誌に対し「今回は現地からの提案を受けて参加したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はありません」
と回答している。

 朝日新聞は7日、日本テレビに事実関係の確認を求めた。同局は「当社としての見解や事実関係については、11月8日午後1時までを目途に、お知らせします」とのコメントを出した。

 2007年に放送が始まった「世界の果てまでイッテQ!」は、芸人のイモトアヤコさんによるエベレスト登頂企画など、体当たりの海外ロケが人気のバラエティー番組。視聴率が20%を超えることもある。

朝日新聞社

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000092-asahi-soci

【【日テレは8日に見解】「イッテQにでっち上げ」文春報道!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180927s00005000141000p_thum

 タレントの花田虎上(47)が2日、関西テレビ「怪傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。父の貴ノ花さん(享年55)の思い出について語った。

 テーマが「よその家に生まれたかった」となり、話を振られた花田。思わず「毎日、思ってました」とこぼしてしまった。

 小学校の頃、父が力士とあって日々、自慢したい欲求にかられていた。1度だけ友だちに「ボクのお父さんは大関・貴ノ花なんだ」と話したところ、その後父からボコボコにされたという。貴ノ花さんは「お前は貴ノ花の息子じゃない!花田満(貴ノ花の本名)の息子だ!何考えているんだ!」と怒ったという。それ以降は“父が大関”という事実を一度も口外することはなかった。

 外で人に囲まれていたら、父は「貴ノ花」という認識。一歩下がって絶対に話しかけないルールとなっていた。さらに小学校の頃から会話は敬語。怒られるとボコボコにされることが多かったため、そのおかげで相撲界に入ると「相手と戦っても『親父の方が強ぇーな』」と思えるくらいだったという。

 それもあってか、花田は横綱の地位まで上り詰めることに。ただ、父のことを思い出しつつ「感謝…なんの感謝か分からないですけどね」と苦笑いしていた。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/11/02/kiji/20181102s00041000585000c.html

【【花田虎上】小学生時代“父自慢”でなぜか貴ノ花さん激怒「お前は貴ノ花の息子じゃない!」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
 山崎夕貴アナが、2日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。謝罪する際の言葉遣いについて持論を述べた。

 この日のゲストはロックバンド・クリープハイプの尾崎世界観。日ごろイライラしていることとして、まだ確定していないのに「CM決まりそうです!」という事務所スタッフの例を挙げ、結局その話が流れた場合、「だったら(思わせぶりなことを)言うなよ」と怒りをぶつけた。

 すると山崎アナが「私、『ごめんなさい』という人が嫌いで」と語り、「『すみません』って言ってほしい」と主張。「ミスした時に茶目っ気出して欲しくなくて」と求めた。

 これには坂上忍も「謝る時になれなれしい言葉はダメだろと思っちゃう」と賛同すると、山崎アナも「そうなんですよね!」と共感。だが尾崎は「それは全く気にならないですね」と切り捨てていた。
https://www.rbbtoday.com/article/2018/11/03/164891.html 
no title

【【山崎夕貴アナ】「ミスしたとき『ごめんなさい』という人が嫌い」謝罪する際の言葉遣いについて持論】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20181102-00000013-jct-000-2-view

シリアで解放されたジャーナリストの安田純平さん(44)は、記者会見後もテレビ各局を精力的に回って、危険地域に入った自らの責任などに対して釈明した。

 結果的に身代金が支払われたのではとの疑問がネット上で噴出しているが、安田さんは、その疑問についても自らの考えを明かした。

■「交渉の結果、帰すのであれば、虐待をする必要ない」

 安田さんは2018年11月2日、日本記者クラブで予定を1時間半上回る、実に2時間半にわたる会見を行ったのち、相次いで主要各局の取材に応じた。

 各局では、まず安田さんの健康を気遣う声が出て、安田さんは、体調はいいものの、運動不足で筋肉が落ちてやせたと明かした。

 テレビ朝日系報道番組「スーパーJチャンネル」に2日夕、生出演した安田さんは、インターネットを見たりして、帰国後3日間はほとんど寝られなかったとも告白した。

 40か月の間、日本の状況を知らなかったので、ネットを見ることから離れられないほど神経が高ぶっていたという。同時に、ネット上で続いていたバッシングからも、何らかの考えを持つようになったようだ。

 安田さんによると、犯行グループは、2016年の後半ぐらいから、「フリーダム」という言葉を使って安田さんを日本に帰すことを伝えてきた。ただ、スパイ行動を疑うなどして、寝たまま身体を動かせないような虐待もするようになったという。

 その間に、身代金についての交渉が行われていたかについて、安田さんは、「分からない」としながらも、「交渉の結果、帰すのであれば、そんな虐待をする必要ない」と疑問を呈した。

 そして、身代金の支払いについて、否定的な考えを述べた。
「もし身代金支払いがあったら、見合う人間か悩む」

 カタールが多額の身代金を支払ったと在英シリア人権監視団が主張したことを聞かれると、安田純平さんは、次のように自らの見方を話した。

 身代金支払いについては、根拠がはっきりせず、4日前に解放されたものの政治的事情で発表が延びたと人権監視団が言ったことは事実でないという。家族からの質問に答えるといった生存証明は、2016年1月以降「それに値するものは取られていない」とした。

 安田さんは妻の深結(みゅう)さんとともに、11月2日夕のTBS系報道番組「Nスタ」にも生出演、身代金の問題について自らの考えを明かした。

 身代金によって命が助かる人がいればそれでいいと思うとしながらも、もし安田さんのために身代金が支払われたとしたら、自分がそれに見合う人間なんだろうかなどと悩むと説明した。取材にために危険地帯に入るかも含めて、「考え方も変わるかもしれないですね」と話した。

 虐待を受けて絶望的な気持ちになったときは、「シリアの難民がヨーロッパに大量に出ていることを聞いていましたし、もっと違う取材の仕方もあったということも考えた」という。

 このほか安田さんはフジテレビ系「プライムニュース イブニング」にも生出演、また収録でNHKの取材に応じたほか、日本テレビ系報道番組「news zero」への生出演も予告されている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181102-00000013-jct-soci 

【【安田純平】記者会見後もテレビ各局を精力的に回る 】の続きを読む

このページのトップヘ