ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > テレビ

テレビ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

20180402-00000009-reallive-000-2-view

“多すぎる”日本テレビの安易な「合体スペシャル」に視聴者大ブーイング
画像はイメージです

 4月に入り、各局の改編期真っ只の中、日本テレビの番組編成に全国の視聴者から大クレームが相次いでいるという。

 日本テレビは3月から4月にかけて、複数の番組をひとつにした「合体スペシャル」を数多く製作。
3月25日は『ザ!鉄腕!DASH!!』と『世界の果てまでイッテQ!』のコラボ番組『DASH×イッテQ! 交換留学2時間SP』を放送。

 その翌週、4月1日には上記の2番組に加え、『行列のできる法律相談所』および『しゃべくり007』の4番組のコラボスペシャル『DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくり 日テレ系人気番組No.1決定戦18春』を放送するなど、まさに「合体スペシャル」が目白押しの状態なのである。

 「合体スペシャル」の利点は、番組同士がコラボすることで、通常の放送では観ることができない特別企画や予算アップによるスペシャルゲストが登場することなどがあるが、
現実は、複数の番組が合わさることで、視聴率および録画率を意図的に落とさないようにするための局側の都合に過ぎない。

 このことは既に視聴者の方も感づいているようで、一部の視聴者の間では、合体スペシャルに対し嫌悪感を持つ者も少なくないという。

 特に、『DASH×イッテQ! 交換留学2時間SP』は『ザ!鉄腕!DASH!!』ファンから大ブーイングの内容だったという。

 『鉄腕DASH』は、TOKIOが体を張って様々な企画にチャレンジをするのが見所の番組であるが、『交換留学2時間SP』ではTOKIOのメンバーが終始スタジオにおり、「違和感がある」との声が相次いだほか、
『イッテQ!』のメンバーである手越祐也が、TOKIOの技術レベルに追いついておらず、「なんとも微妙なコラボ企画だった」との声が挙っている。

 この現状に、『DASH』および『イッテQ』のファンも「誰得の企画なんだ」と疑問の声が相次いでいるという。
yahoo!ニュース 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000009-reallive-ent 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000009-reallive-ent.view-000 
【【多すぎる?】日本テレビの安易な「合体スペシャル」に視聴者大ブーイング】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
日本テレビが揺れている! 毎年夏の風物詩となっている看板番組「24時間テレビ 愛は地球を救う」(8月25、26日放送予定)の目玉企画、チャリティーマラソンを「中止にすべき」との意見が出ているというのだ。1992年に始まり、さまざまな話題を呼んだ一大企画は今年どうなってしまうのだろうか。

今年で実に41回目となる日テレの夏の看板番組「24時間テレビ」ではメインパーソナリティーをジャニーズ所属のアイドルグループ「Sexy Zone」が務めるとすでに発表された。多くの企画が放送される同番組の中でも、目玉はなんといってもチャリティーマラソンなのは誰もが認めるところだろう。

「24時間テレビ」でチャリティーマラソンが始まったのは、第15回の1992年から。記念すべき最初のランナーは間寛平だった。間は92、93、95年と3回もランナーを務めた。その後はトミーズ雅やエド・はるみ、大島美幸などの芸人、TOKIOの山口達也、城島茂、V6の森田剛などのジャニーズタレントなど、さまざまな有名人、さらには丸山和也弁護士(当時)や萩本欽一、徳光和夫など高齢のランナーになったこともある。

昨年はお笑いタレントのブルゾンちえみ(27)がランナーを務め、90キロを見事に完走。視聴者の大きな感動を呼んだが、皮肉にも昨年の放送が、“チャリティーマラソン中止”という意見が出る引き金になったという。

チャリティーマラソンランナーは一昨年まで、毎年5~6月には発表されていた。ところが昨年、先送りされた末、発表されたのは放送当日だった。

ランナーの発表を当日までひた隠しにしたことで「いったい誰が走るのか?」と注目を浴びたことは事実だ。そのおかげもあってか、昨年の平均視聴率は18・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と歴代2位タイの高視聴率をマークした。

「しかも、番組がスタートしてからランナー発表まで右肩上がりで視聴率がアップしたんです。今年もこのパターンを狙っていた」と日テレ関係者は言うが「これがもとで批判の声が噴出したんです」とも明かした。

「昨年、マラソンランナーの発表を当日に行ったことで『チャリティーという精神を忘れ“視聴率至上主義”に走った』と、視聴者から批判を浴びてしまった。その矢面に立たされたのが宣伝部。各メディアや親会社の読売新聞からもクレームを入れられ、袋叩き状態になったんです。そんな事態だけは避けたいと『今年はマラソンはなくてもいいのでは』という意見が編成局から上がった。視聴者の批判はスポンサーも気にするから、営業局も同調しているんです」(同)

詳細はソースにて
東スポWeb
http://news.livedoor.com/article/detail/14515808/

写真
no title

【【日本テレビの24時間テレビ】「マラソン」消滅か? チャリティー精神忘れた?「視聴率至上主義だ」と批判の嵐 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
4150012i

まさに、過去最高の長寿番組終了ラッシュです。

3月22日に「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系、放送30年、以下「みなさん」に略)、24日に「ランク王国」(TBS系、放送22年)、25日に「ウチくる?」(フジテレビ系、放送19年)、「ポンキッキーズ」(BSフジ、放送45年)が相次いで終了。
週をまたいで、「『ぷっ』すま」(テレビ朝日系、放送20年)、「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系、放送22年、以下「めちゃイケ」に略)、「新報道2001」(フジテレビ系、放送26年)が長い歴史に幕を閉じます。

一般的には「視聴率不振にあえぐフジテレビのテコ入れ策」という印象があるようですが、決してそれだけではありません。今回の長寿番組終了ラッシュは、テレビ業界全体における危機と希望、そして当事者たちの思いが込められているのです。

■「似た番組ばかり」進むバラエティの画一化

危機の象徴といえるのは、「終了する長寿番組のほとんどがバラエティである」こと。「みなさん」の最後で、とんねるずが「バラエティを滅ぼすなよ」と替え歌にしたように、バラエティが危機的な状況にあるのです。
「みなさん」「めちゃイケ」は、ゴールデンタイムに全国ネットで放送されている最後の“純お笑いバラエティ”といわれていました。2番組の終了は、民放各局が「週替わりの多彩な企画で笑いを追求する」というスタイルを手放すことでもあるのです。

詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180331-00214485-toyo-soci&p=1

【【長寿番組終了ラッシュが映すテレビの厳しさ】危機の象徴といえるのは、「終了する長寿番組のほとんどがバラエティ」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
rel0003b

TBS社長「放送界の二元体制否定なら反対」
 読売新聞

 安倍首相が検討する放送事業の見直しについて、TBSテレビの武田信二社長は28日の記者会見で、「戦後六十数年続いてきたNHKと民放の二元体制という日本の放送界を壊すというか、
否定するものであるならば、当然私も反対だ」と述べた。

 首相は、政治的公平性などを定めた放送法4条の規制を撤廃し、テレビ・ラジオ局の放送事業とインターネットなど通信事業の垣根をなくすことを検討している。これに対し、武田氏は「抜本的改革の方向性が違うのではないか」と懸念を示した。
詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00050087-yom-bus_all

【【放送法】日テレ、テレ朝に続きTBSも改正に反対表明…アベ政治を許さない】の続きを読む

このページのトップヘ