ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > テレビ

テレビ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
DYoNTbCX4AEGOBa

この春の番組改編では、フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」や「めちゃ×イケてる!?」「ウチくる!?」、テレビ朝日「『ぷっ』すま」など、20年以上続く長寿番組が続々終了する。そんな中、TBSでも22年半続いた長寿番組が24日深夜、ひっそりと最終回を迎えた。

さまざまな番組オリジナルのランキングを紹介し、長年愛されてきた「ランク王国」(土曜深夜2・08)だ。

番組は1995年10月にスタート。時間帯を度々変更しながらも、土曜の深夜に独自の音楽ランキングを紹介する「COUNT DOWN TV」に続いて、番組オリジナルのCGキャラクター「ラルフ」と女性タレント、女性アナウンサーの進行で、コミック、ゲームソフト、アイドル写真集、アイドルDVDなど、さまざまなランキングを紹介し、人気を集めてきた。
さらに、毎週、街角アンケートでさまざまなテーマの独自ランニングも取り上げるなど、同局の土曜深夜の定番番組となっていた。

ラルフとコンビを組む女性司会者は3代目までは同局のアナウンサーが担当。初代は進藤晶子アナウンサー(46=現在はフリー)、2代目は小倉弘子アナウンサー(43)、広重玲子アナウンサー(46)がそれぞれ務めた。4代目以降は若手の女性タレントが担当。11代目となった最後の司会は愛称“りほにゃん”としてタレントの加藤里保菜(22)が務めた。

詳細はソースにて

スポニチアネックス
https://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20180325_0000/

【【テレビ】<TBS>土曜深夜の長寿番組「ランク王国」22年半の歴史にひっそり幕 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
cbd86f02d3b5a2794b282b02f3f37e0b

18日放送の「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)で、お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良が、同番組の予算に言及した。

番組では、「世界の果てまでイッタっきり」のコーナーで、お笑いタレントの森山あすかが、北欧各国を巡って「趣向を凝らしたオーロラ写真の撮影」に挑戦した。番組VTRでは、出発前に企画内容を森山に伝える内村が「17日以内で(写真を)撮ってきてほしい」と伝えたのだ。

同コーナーは「成果が得られるまで決して帰国しない」というルールがあるが、それを無視するような内村の要求に森山が「もう決められてるんですか、それ(期間)は?」と、確認するように尋ねた。

すると、内村は笑顔で「なんかね、予算が爆発しそうなの!」とぶっちゃけて、笑いを誘った。

詳細はソースにて
http://news.livedoor.com/article/detail/14454779/ 
【【日本テレビ】「イッテQ」の予算が危機的状況? ウンナン・内村光良が吐露「爆発しそう」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180313-00000007-pseven-000-1-view

前身の『ひらけ!ポンキッキ』(フジテレビ系)を合わせると45年の歴史を持つ『ポンキッキーズ』(BSフジ)が今年3月をもって終了する。『ポンキッキ』だけではなく、今日本では次々と子供向け番組は姿を消している。

『ポンキッキ』と並ぶ長寿番組で『おかあさんといっしょ』(NHK・Eテレ)や『おはスタ』(テレビ東京系)は健在だが、多くの人々が親しんだ『まんが日本昔ばなし』(TBS系)や『世界名作劇場』(フジテレビ系)はすでにその役目を終えている。また“ニチアサ”と呼ばれる、朝7時から各局をまたいでアニメや特撮番組が数珠つなぎとなっている放送枠も縮小されている。上智大学文学部新聞学科の音好宏教授が解説する。

「産業としてのテレビという視点で捉えると、少子化によって子供向けに特化した番組は市場拡大しにくい。特に地上波民放では子供に特化した番組制作は、今後も難しくなってくると思います」

 かつて、番組ディレクターを務めた小島豊美さんは、“家族で子供番組を見る”という状況は日本では失われつつあると嘆く。
詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180313-00000007-pseven-ent

【【子供番組】地上波で消えていけば教育格差を生むという指摘も 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
o0640041012249902174

日本民間放送連盟の井上弘会長(TBSテレビ名誉会長)は8日、安倍晋三首相が、放送と通信が融合する時代を前に電波制度の抜本的改革を目指す発言をしていることについて、

「インターネットは自由に発信できるが、フェイク(偽)ニュースなども起きて混乱期だ。一度に早急に決めない方が良いのではないか」と述べ、慎重な検討を求める考えを示した。

東京都内の講演で述べた。「ネットとテレビは似ているが、媒体として違う。画面で見れば同じだが、放送はいろいろな設備と組織を持ち、お金を掛けて番組の信頼性を高めている」と強調した。

 首相は1月から「ネットテレビは放送法の規制はかからないが、見ている人には地上波と同じだ。法体系が追いついていない」などの発言を繰り返している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00000067-mai-soci

【【電波改革】民放連・井上弘会長「ネットとテレビは似ているが、媒体として違う」】の続きを読む

このページのトップヘ