ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > スポーツ

スポーツ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
no title


 大相撲の貴乃花親方が2018年9月25日、日本相撲協会に退職届を提出した。貴乃花親方の退職届は25日20時時点で日本相撲協会によって受理されたか確認されないが、このまま退職となる可能性が高い。

 貴乃花親方はこの日17時から都内で会見を開き、日本相撲協会を退職する理由を赤裸々に語った。その理由を語る口調こそ冷静だったものの、内容は強烈に協会を批判するもので衝撃的な事実も含まれていた。

 退職を決意する直接の要因となったのは、弟子の貴ノ岩が当時の横綱・日馬富士から受けた暴行事件だった。貴乃花親方は、今年3月に一連の事件において協会の対応に問題があったとして内閣府に告発状を提出。これに協会内から強い反発を受け、3月28日付で告発状を取り下げた。

■貴乃花親方が抱いた協会への強い不信感

 これに関して、協会から強い圧力がかかったという。8月7日、協会からの見解が書面で届いた。その中で貴乃花親方の告発状は「事実無根な理由に基づいて出されたもの」とされ、これに対して貴乃花親方は書面で事実無根でないことを説明してきたという。

 また、貴乃花親方が事実無根であることを認めない場合、「親方を廃業せざるをえないという有形無形の要請」を受け、他の一門に属する条件として、協会は、事実無根なことに基づいて出されたものとして認めるよう要請したという。

 協会はなぜ貴乃花親方を「追放」するような形で追い払ったのか。横綱千代の富士の引退後、若貴フィーバーで一時代を築き、角界の屋台骨を支えてきた貴乃花親方。その功績が認められ、現役引退後は、大鵬、北の湖に続く史上3人目の一代年寄「貴乃花」が与えられ、2010年には理事に就任。次期理事長候補の筆頭だった。
.
■一門制度が絶対的な存在

 近年、元横綱の協会離れが目立つようになった。平成になって旭富士をはじめとし10人が横綱に昇進した。現役の白鵬、鶴竜、稀勢の里を除く7人が引退しているが、協会に残っているのは、旭富士と武蔵丸の2人だけ。平成に入ってから引退した横綱7人中5人が協会を去っている。

 朝青龍と日馬富士に関しては、それぞれ暴行事件を起こして半ば強制的に引退に追い込まれたが、曙、若乃花、貴乃花親方は「自主的」に退職の道を選択している。

 引退してから2年間、部屋付きの親方として協会に残った曙は、親方株が入手のメドが立たず、将来の人生設計に不安を覚えたという。これに加え、協会の古い制度に疑問を抱き、格闘家への転向を決意した。

 若乃花は協会よりも芸能界を選択。当時、貴乃花親方との不仲が表面化していたこともあったが、依然として古い体質がはびこる協会よりも芸能界の方が魅力的だったのだろう。

 そして、今回の貴乃花親方である。この日の会見で明らかになった協会の閉鎖的な体質。これこそが貴乃花親方を退職へと追い込んだといっても過言ではないだろう。

  「角界には、今回の貴乃花親方の退職届の一因となった一門制度が絶対的な存在としてある。各派閥に分かれていて、ほとんどの親方は何らかの派閥に属している。角界は厳然たる縦社会で、いくら元横綱だといっても派閥の中で出世しなければ協会の要職につくことが出来ません。すべて身内で完結してしまう閉鎖的とも言える体質ですから、曙や若乃花はそんな古い体質に嫌気がさして協会を去ったのでしょう。今日の会見でのコメントを聞く限り、貴乃花親方も、協会の体質に我慢出来なかったのでしょう」

 以上のように全国スポーツ紙のデスクが指摘するように、元横綱が協会を去っていく大きな要因にあるのは、協会の体質にあるのかもしれない。

9/25(火) 20:11
J-CASTニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00000016-jct-soci

【【相撲】貴乃花親方の廃業で浮き彫り 歴代横綱を退職に追い込んだ日本相撲協会の体質 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180925-00000143-dal-000-11-view

 日本相撲協会が25日、貴乃花親方(元横綱)が退職を表明し会見を開いたことについて、芝田山親方(元横綱大乃国)が貴乃花親方が「引退届」や、所属力士の千賀ノ浦部屋への所属変更願いを受理していないと発表した。書類に不備があるためとしている。

 まず、引退届については、協会として必要な書類は「退職届」であるとし、「仮に同じ意味合いだとしても退職届を提出してもらう必要がある」とした。

 また弟子の所属変更願について、千賀ノ浦親方の捺印が書類になかったと報告。「このままでは受理することができない」とした。協会は千賀ノ浦親方にも確認をし、これらの書類が提出される30分ほど前に電話で話あっただけで、詳細な打ち合わせがなかったことを確認した。

 2点の書類について、「これは受理することでもないし、転属届にしたって、ちゃんとした書類がそろってないとなりますから、どうこう言える状況じゃないということです」と受理できないと語った。

 つまり、貴乃花親方は25日の時点では相撲協会に籍を残したままとなる。芝田山広報部長は「会見でご本人は協会から身を引きましたとおっしゃっていました。書類も整っていなければ受理をしたわけでもない。順を追っていただかなければ。明日も出ていただくのが通常であると私は思います」との見解を示した。

デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00000143-dal-spo 
【【相撲】貴乃花親方の「引退届」相撲協会受理せず 「退職届が必要」と芝田山広報部長】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180924-00000277-sph-000-7-view

大相撲の貴乃花親方(46)=元横綱=が24日、自身の活動などを伝えるサイト「貴乃花応援会」で“意味深発言”をアップした。

この日更新したブログ上で、秋場所を千秋楽まで迎え、関取3人が皆勝ち越したことを報告。
最後に「皆様長らく貴乃花を応援してくださりありがとうございました。
厚く御礼申し上げるとともに、弟子たちを今後、末永く応援賜りますように何卒宜しくお願い申し上げます」とつづった。
真意は不明だが受け取り方によっては相撲協会を退職することを示唆するような文面となっている。

7月の協会理事会で、全ての親方は5つある一門(出羽海、二所ノ関、高砂、時津風、伊勢ケ浜)のいずれかに所属することを確認。
6月に消滅した貴乃花一門で貴乃花親方以外の親方衆7人と、昨年12月に時津風一門を離脱して無所属になっていた3人は
秋場所中に二所ノ関と出羽海の各一門への加入が認められ、27日の理事会で承認される予定。

貴乃花親方は24日の段階で落ち着く先が全親方衆の中で唯一、未定。秋場所中も所属先については「お答えできません。答えにくいですね」と話すなど方向性を明かしていなかった。
無所属が続いた場合は、協会員の資格を満たさず、処分が下される可能性もある。だが現状は複数の候補から受け入れ先を検討している段階で、協会側は最終的に加入する一門を見つける方向で調整しているという。

 ◆貴乃花親方騒動メモ

 ▽17年11月 元日馬富士関による暴行問題が発生。貴ノ岩が頭部などを負傷し入院

 ▽18年1月 貴親方は報告の義務を怠ったとして理事を解任

 ▽同3月上旬 協会の対応に問題があるとして、内閣府に告発文を提出

 ▽同3月中旬 貴公俊が支度部屋で付け人を殴打する暴行事件が発生。貴親方は春場所を無断欠席した問題もあり、委員から年寄への2階級降格処分に

 ▽同4月 一連の騒動の責任を取る形で「貴乃花一門」の名称返上

 ▽同6月 貴乃花一門が阿武松(おうのまつ)グループに名称変更。貴親方は無所属に

 ▽同8月 夏巡業会場の屋外で一時意識を失い、救急搬送。9月8日に退院後初めて公の場に姿を見せた

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00000277-sph-spo 
【【相撲】貴乃花親方「長らく貴乃花を応援してくださりありがとうございました」真意不明も退職示唆の可能性も 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
◆女子テニス 東レ・パンパシフィック・オープン最終日▽女子シングルス決勝 Ka・プリスコバ2(6―4、6―4)0大坂なおみ(23日・アリーナ立川立飛)

全米オープン女王の大坂なおみ(20)=日清食品=は、決勝で元世界ランク1位のカロリナ・プリスコバ(26)=チェコ=にストレート負け。
疲労からミスが多く、1995年大会を制した伊達公子以来の日本勢Vには届かなかった。
年間獲得ポイント上位8人が出場できるWTAファイナル(10月21日開幕・シンガポール)争いでは4位から3位に上がり、今季最大の目標にまた一歩近づいた。

疲れ切った大坂に、凱旋優勝をつかむ気力は残っていなかった。
凡ミスは26本を数え、何度もラケットを投げそうになるのをこらえた。
体が思い通りに動かず、「普段ならもう少し深く膝を曲げて返せた」。
第1、2セットともダブルフォルトが出たゲームでブレイクを許し、ブレイクチャンスは一度も作れなかった。
女子で4大大会初優勝後、次の大会でも決勝に進出したのは2012年全豪のV・アザレンカ(ベラルーシ)以来。
厳しい戦いを勝ち抜いたダメージは、地元の大声援を受けても克服できないほど重かった。

全米開幕の8月27日から約1か月で自身を取り巻く環境は大きく変わった。
世界ランク20位台だったシャイな20歳が新女王になり、連日報道陣が殺到。
一挙手一投足が世界中で大きく報じられ、普段はスポーツ報道が少ないワイドショーでも時間が割かれた。
「休む暇がない。この状況に慣れてはいない。(全米開催地の)ニューヨークから物事が早く過ぎていって、ゆっくり振り返る時間がない」

大好きな原宿で買い物を楽しむ余裕はなく、ほぼホテルに籠もりきり。過熱ぶりに困惑しながら、当然のように勝利を期待される地元で雄姿を見せたい一心で戦った。
「いいプレーはできた。自分を誇りに思う」。
全日完売したチケットを手に入れ来場した観客に応えるだけのプレーは見せた。

コート上のスピーチでは涙をこらえ、「来年頑張る」と答えたが、会見で最後にリラックス方法を聞かれると、「それが最後の質問でいいの? 本当に?」と笑顔が戻った。
エントリーしていた次戦の武漢オープンはウイルス性の病気で欠場すると発表。
29日開幕の中国オープンからツアーに復帰する。WTAファイナルは年間獲得ポイント上位8人が出場するトッププレーヤーの証し。準
優勝で305ポイントを加算し、また一歩出場に近づいた。少しの休養を経て、「私の中で重要な部分を占めている」というシンガポール行きへ、ラストスパートに臨む

http://news.livedoor.com/article/detail/15348752/

no title

no title

no title



【【凱旋V逃す!?】大坂なおみ、過熱報道にホテルに籠もりきり「休む暇がない」 】の続きを読む

このページのトップヘ