ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > スポーツ

スポーツ

20170326-OHT1I50040-T

◆大相撲春場所14日目 ○照ノ富士(はたき込み)琴奨菊●(25日・エディオンアリーナ大阪)

 大関・照ノ富士が関脇・琴奨菊をはたき込み、単独トップに立った。結びで横綱・稀勢の里が敗れたため2015年夏場所以来、11場所ぶり2度目の賜杯に王手をかけた。立ち合いで変化し、観客の激しいブーイングを浴びたが、古傷の左膝を痛めており、奇襲戦法で1敗を守った。千秋楽で稀勢の里との直接対決を制すれば優勝が決まる。6敗目の琴奨菊は、1場所での大関復帰がなくなった。

 「琴バウアー」に沸く館内で、照ノ富士は眉間にしわを寄せていた。「(変化を決めたのは土俵に)上がってから。待ったの時に気持ちが…。一度決めたら迷ったらいかん」。立ち合いが一度不成立になっても決意は変わらない。両手をついて構え、当たらずに右へ身を翻した。勢い余った琴奨菊は土俵下まで転がった。

 観客は驚きで一瞬静まり、激しいヤジが飛び交った。「モンゴルに帰れ!」「恥を知れ!」。期待外れの結末を受け、観客は不満を怒りに変えて大関に浴びせた。協会幹部も落胆を隠せない。土俵下の二所ノ関審判部長(元大関・若嶋津)は「がっかりした。(横綱に)上がる人がね…。ブーイングも分かるよ。優勝したら綱取り? 内容(の問題)もあるしな」と苦い顔。八角理事長(元横綱・北勝海)も「勝ちたい気持ちは分かるけど、大関だからね。お客さんが見てるわけだから。残念」と苦言を呈した。賜杯を抱けば夏場所(5月14日初日・両国国技館)が綱取りになる可能性が高いが、印象を悪くした。

 8勝と2ケタ黒星を繰り返した1年間を思えば、なりふり構っていられない。照ノ富士は朝稽古を途中で切り上げ、古傷の左膝の治療を受けた。鶴竜を破った前日13日目の取組後に「外掛けを受けて(膝が)やばかった」と漏らし、この日は患部に右膝の2倍の量のテーピングを施して勝負に臨んだ。奇襲はリスクを承知しての判断だった。

 千秋楽では手負いの新横綱との大一番が待つ。「少しでも良くなってほしい」とライバルを気遣いながらも「最後はしっかりやるだけ。全力でやるだけ」と語気を強め一戦必勝の決意を固めた。(網野 大一郎)

スポーツ報知 3/26(日) 6:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000066-sph-spo 
【【大相撲】照ノ富士、変化で王手も大ブーイング!「モンゴル帰れ」】の続きを読む

 インドア女子バレーボールの日本選手として初となる四度の五輪出場を果たすなど、長年に渡り、日本バレーボール界の顔であり続けた木村沙織が、3月いっぱいでの現役引退を正式発表。3月22日に本拠地である滋賀県の東レアリーナで引退報告会見を行った。

 昨年10月10日のVプレミアリーグ開幕前に自らのブログで「24番から始まった私のバレーボール人生は2番で締めくくります」と記し、今季限りの引退を示唆してきたのだが、いざリーグが始まってからは引退の経緯や決意した理由に触れることはなく、あくまで東レアローズの一選手として活動してきた。

 東レにとって最終戦となった3月5日のNEC戦も、これが木村の現役最後の試合になる可能性が高いと踏んだ取材陣が80名近く、会場となった横浜文化体育館へと足を運んだのだが、試合終了後の記者会見では「質問は今日の試合についてのみ、引退に関しては別途時間を設ける」と告げられたため、一部の報道陣からは不満も漏れた。

 そもそもシーズン開幕前に引退を示唆していたのだから、コメントが必要ならばこれまでの試合に足を運べばいいだけの話でもあるのだが、通常の試合に訪れるメディアの数は5人いれば多いというのが現状。最終戦で引退に関するコメントがないなら書けない、と躍起になるのも無理はないのだが、結果的に、バレーボール界の功労者である木村の現役最後の公式戦にミソをつける形となった。

 それから約2週間後の3月22日、東レアリーナには横浜文化体育館の最終戦と同様に多くの記者が詰めかけた。テレビカメラやスチールカメラのフラッシュに照らされながら「緊張します」と小さな声でつぶやきながら、木村が笑顔で登壇。

「今月末をもって現役を引退することをご報告いたします。本当にたくさんの方々に支えてもらって、今は感謝の気持ちでいっぱいです。そして、現役中は取材になかなか協力することができなかったことに対して、ご理解いただきありがとうございました。今日は何でも答えられるように頑張りますので、よろしくお願いします」

 冒頭の引退報告の後、代表質問を皮切りに記者会見がスタート。現役時代に最も印象に残る試合が銅メダルを獲得したロンドン五輪の準々決勝の中国戦であったことや、引退を決意したのは「以前と比べて『絶対に試合にでたい』とか『負けて悔しい』という気持ちが薄れて来た」ことなど、包み隠さず、1つ1つの質問に対して真摯に答え続けた。

 バレーボールに限らず、昨年末に結婚した家庭についても言及。「のんびりと、ほんわかと。温かい幸せな家庭を築けたら」と笑顔で答えた。

 笑顔の中にも時折涙を見せながら全体の質疑応答を終え、テレビ、ペンの順番でカコミ取材がスタート。ここでも「NG質問はなし」という事前の通達通り、バレーボール人生、そして「これからは主婦として家庭を一番に考えたい」など飾らない言葉で取材に応じ、ペン記者へのカコミ取材だけで1時間もの時間を費やした。

 長年に渡って練習拠点としてきた東レアリーナでの会見は、木村が所属するマネジメント会社だけでなく、東レの選手やスタッフも全面協力。駐車場の誘導や靴を入れるビニール袋を選手やスタッフが配り、報道陣には木村が描いた愛犬と自分のイラストステッカーを貼った水が配られた。

「遠方まで来ていただいたのに水一本で申し訳ないんですけど(笑)、今まで私はインタビューも苦手で、みなさんにすごく迷惑をかけてきたのに、たくさん協力していただいて、少しでも感謝を伝えられたら、という気持ちで用意しました」

 もともと雄弁ではなく、見出しに使えるような言葉を常に発するわけでもない。だが、どんな時も周囲を気遣う木村の人柄が、最後の引退報告会見でも随所で見られた。

 カコミ取材の終盤、取材陣から思わずこんな言葉がかけられた。

「少し休んで、もしも『もう一度やろう』と思ったら、我々は何も文句など言いません。いつでも帰ってきて下さい。待っていますよ」

 誰からも愛され、多くの人に惜しまれながら木村沙織はコートを去る。第二の人生もどうか幸せに。長い間、本当にお疲れさまでした。

2017.03.25 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20170325_504609.html?PAGE=1#container
no title
saorik01

【【口下手でも愛された理由】木村沙織の引退に取材陣も悲嘆 】の続きを読む

20170324-00000173-sph-000-2-view

 日本ハム・斎藤佑樹投手(28)の開幕ローテ入りが24日、急浮上した。斎藤の次回登板が30日のイースタン・DeNA戦(平塚)であることが判明。そのまま中6日でチーム開幕
6戦目・4月6日のロッテ戦(ZOZO)に抜てきされる可能性が出てきた。

 羽田空港で取材に応じた栗山監督は先発ローテについて「最後の最後まで考える。ファームの試合もまだあるので」と最終決定していないと説明。しかし開幕投手の有原に加えメンドーサ、高梨、加藤は確定。新外国人左腕のエスコバーも有力だ。残り1枠を斎藤、上沢、村田、上原、浦野らが争っているのが現状だ。

 2年ぶりの勝利を目指す斎藤は20日のイースタン・巨人戦(鎌ケ谷)に今季初先発し、5回3失点。それ以前は中継ぎとして3試合連続無失点と結果を残していた。この日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設でブルペン入りした右腕は「今はやれることをやっていくしかない」と気合十分。次回登板の結果次第で、最後の1枠を勝ち取る可能性は十分にある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00000173-sph-base

【【日本ハム】斎藤佑が開幕ローテ入り?残り1枠争いに急浮上】の続きを読む

omocha_rappa

アメリカ・ロサンゼルスで3月21日(日本時間22日)、ワールドベースボールクラシック(WBC)準決勝で日本とアメリカが激突。
ドジャースタジアムでは、通常は禁止されているラッパや太鼓などの「鳴り物」をWBCで解禁した。
プロ野球で贔屓のチームを応援するような感覚で日本代表を鼓舞するシーンがあった。

今回の日本対アメリカ戦の中継を見た日本代表のファンからも賛否両論が出ている。「日本らしくていいけど違和感ある」と
非難する声の一方で、「変な感じするけど不思議な安心感」と評価する声も。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/21/wbc-noisemaker_n_15532264.html

【【WBC】侍ジャパンを鳴り物で応援 ⇒ 日本でも賛否両論】の続きを読む

このページのトップヘ