ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > スポーツ

スポーツ

1718_takanohana_03

貴乃花親方(44才)の長男・花田優一さん(21才)が4月に入って、結婚を決めたという。そのお相手に角界が騒然となっている。 

その結婚が注目されるのは、それはお相手のA子さんに理由がある。A子さんの父親は、元幕内力士の陣幕親方(元前頭・富士乃真、56才)。

A子さんは優一さんの1才年上。青山学院時代に、首都圏の女子学生の中から美女を選ぶミスコンテストに選出。
成績も優秀で、大学で学業奨励賞を受賞したこともある、まさに才色兼備の女性だ。

http://www.news-postseven.com/archives/20170426_527335.html

【【角界が騒然】貴乃花長男の結婚相手 清爽な雰囲気の黒髪美女】の続きを読む

ogp

日本野球機構(NPB)と日本プロ野球選手会の事務折衝が24日、都内で行われ、3月に開催された第4回WBCについて意見交換した。
侍ジャパンに選出された選手の負担は大きく、選手会では26日から代表メンバーへのヒアリングを実施。森忠仁事務局長は「どういう対策をしたらいいか。
各球団を回って選手からいろいろと話を聞きたい」とした。

侍ジャパンの4番・筒香(DeNA)はここまで、開幕20試合85打席ノーアーチ。
武田(ソフトバンク)、石川(ロッテ)ら2軍調整中のメンバーもいる。
NPB側も「(代表選手は)特別なことをするわけだし、負担があるのは事実」(谷本修選手関係委員長=阪神常務取締役連盟担当)との認識でおり、
実際に出場した選手の意見も参考にして両者で今後の対応策などを探っていく。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/04/25/kiji/20170425s00001004063000c.html
2017年4月25日 05:30

【【WBCの負担】侍に意見聞く「どういう対策をしたらいいか」】の続きを読む

20161223hanyuu

悔しさをにじませて「SPが終わって悔しくて、なかなか寝つけなくて。
こんなに悔しいなら、もう4回転跳んじゃえ、って」と語ったのは、日本が優勝したフィギュアスケートの国別対抗戦に出た羽生結弦。

SP、フリーともに完璧な演技とはならなかったが、フリーでは意地を見せて首位に立った。

「後半に4回転ジャンプを3本跳んでいます。前半の4回転サルコーのカバーのために、後半に入っていた3つのジャンプのコンビネーションの入りを4回転トゥーループに変更するなど、
オリンピックへ向けてさらに難しい構成を試すところに、貫禄を感じました」(スケート連盟関係者)

平昌五輪へ向けて成果と課題の両方をつかんだプレシーズンが幕を下ろしたが、実はゆづには五輪のディフェンディングチャンピオンのほかにもうひとつの顔がある。
「'13年4月に早稲田大学の人間科学部人間情報学科通信教育課程『eスクール』に入学した大学生なんです」(スポーツ紙記者)

この学部は、インターネット環境があれば24時間授業が受けられ、学校への通学はほぼないといってもいい。自宅や仕事先、海外など、どこにいても授業が受けられるのだ。
「ネットで受講して必要単位を取得すると、レベル(年次)が上がる仕組みです。通学がないとはいえ、簡単に単位を取得できるわけではありません。小テストや課題・レポートの提出は一般の通学生よりも多いんです」(在学生)

しかし同輩たちが卒業を迎えた3月末、ゆづは世界選手権へ出場するためヘルシンキにいた。同学年の競泳選手・瀬戸大也が卒業式で「会いたかった」と語ったが、
「羽生くんはまだ卒業に必要な単位に達していないため、いずれにせよ式には出られなかったんです」(前出・在学生)

ゆづは'12年から練習拠点をカナダに置いており練習漬けの毎日。冬は競技が本格化しオフシーズンの夏もアイスショーへの出演や翌シーズンの振り付けなど多忙で、
学校へ通うどころではない。自分の時間に合わせて授業を取ることができる同学部を選んだはずなのだが、うまくいかなかったのには理由があった。

「実は彼が入学した'13年は、ソチ五輪を控えたシーズンが迫っていました。入学して1年目ではありましたが、勉強する間もないくらい練習漬け。
ソチ五輪で金メダルをとるために、勉強を犠牲にしました。ゆえに、同タイミングで入学した生徒に比べて、1年近くの遅れをとったんです」(前出・在学生)

五輪シーズンを終えてからは勉強三昧。彼が師事するブライアン・オーサーコーチも「今は大学の勉強を頑張っている。五輪チャンピオンが別の道の勉強をするなんて尊敬する」と答えたほどだ。
「もともとeスクールは4年で卒業することが大前提ではないんです。マイペースに授業を選択できるので、会社に勤めながら勉強する人も多い。KAT-TUNの中丸雄一さんも5年で卒業。

タレントのいとうまい子さんは仕事の合間に勉強し、4年で卒業しています。残念ながらNEWSの手越祐也さんは中退してしまいましたが……」(芸能プロ関係者)
五輪前となる今年は、さらにスケートの鍛錬に忙しくなるはず。金メダルと袴姿、来年は同時に見られるかも! 

週刊女性PRIME 4/25(火) 0:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170425-00009538-jprime-ent 
【【羽生結弦】国別対抗戦で活躍も単位足りず・・・早稲田大5年生に】の続きを読む

AS20170423001479_comm

フィギュアスケートのソチ五輪代表で、四大陸選手権優勝、全日本選手権2位などの実績を持つ村上佳菜子(22)が23日、世界国別対抗戦のエキシビションにゲストスケーターとして参加し、現役引退を表明した。
これでソチ五輪代表男女シングル6人(羽生結弦、高橋大輔、町田樹、浅田真央、鈴木明子、村上佳菜子)は5人が引退。
現役選手は男子のエース、羽生結弦だけとなった。

ソチ五輪戦士の引退VTR

14年3月 鈴木明子
ソチ五輪後にさいたまスーパーアリーナで行われた世界選手権をもって、現役を引退した。
現役最後の演技となったフリー後はリンクに向かって一礼。「今日の演技は自分の生き方そのもの。
一言でいうと『ライフ』ですかね」と、笑顔で話した。引退後はプロスケーターやコメンテーターとして活躍。
後輩選手へのプログラムの振り付けも行っている。今年2月には一般男性と結婚した。

14年10月 高橋大輔
ソチ五輪後の10月、地元の岡山市内で会見し、「復帰の気持ちを少しでも残しておくことで、次に進みにくいと感じた自分がいた。
ひと区切りつけてから次に進んでいく方がいいと思った」と、現役引退を表明した。
その後は米国留学を経て、キャスターや舞台などで活躍中。

14年12月 町田樹
“氷上の哲学者”の引退は最も衝撃的だった。全日本選手権で4位となり、世界選手権代表として名前を呼ばれたリンク上で突然、
今回、世界選手権代表発表の場に立つことができたことを光栄に思うと同時に、感謝の気持ちでいっぱいです。
私事ではありますが、フィギュアスケート選手としての引退を本日、決断しました。つきましては、世界選手権の代表も辞退させていただきます」
と、現役引退を発表し、早大大学院への進学を発表。会場はどよめき、泣き出すファンもいた。
モットーである“ティムシェル(自分の道は自分で切り開く)”な生き方を貫いた。現在は大学で研究を続けながら、アイスショーにも出演している。


17年4月 浅田真央
16年12月の全日本選手権で12位に終わった後、休養に入っていたが、4月10日に自身のホームページを更新し、
「ご報告致します。突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終えることを決断致しました」と、現役引退を表明した。
2日後には記者会見を開き、「気持ちも体も自分の気力も、もう全部出し切った。悔いはない」と、笑顔で語った。
今後は未定ながら、7月のアイスショーで引退後初の演技を披露する。


デイリースポーツ
元記事タイトル『五輪代表の引退劇 真央は笑顔で「全部出し切った」 村上の表明で現役は羽生だけに』
https://www.daily.co.jp/general/2017/04/23/0010123643.shtml

【【フィギュア】五輪代表の引退劇 村上の表明でソチ組で現役は羽生だけに】の続きを読む

このページのトップヘ