ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > スポーツ

スポーツ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
img_e45934e92e71b7e3a263331620f5e4a2523193

◆ ゴルフルール 大幅変更 人気ジリ貧の反転攻勢なるか

2019年1月1日、ゴルフのルールが大きく変わりました。
世界のゴルフルールを統括するR&A=イギリスゴルフ協会とUSGA=全米ゴルフ協会が行った35年ぶりの大幅な改訂で、アマチュアにも分かりやすいようルールが見直されました。
来年に東京オリンピックを控えゴルフへの注目が高まる中で、今回のルール改訂をゴルフ人口の拡大につなげようと関係者の期待が高まっています。

ゴルフのルールは、1984年に大きく変更されたあと、4年ごとにマイナーチェンジが行われてきました。
しかし今回はそのタイミングを待たずに大幅な見直しとなりました。
背景には、世界的に広がっている深刻なゴルフ離れがあると言われています。

公益財団法人 日本生産性本部が発表している「レジャー白書2018」によりますと、日本のゴルフ人口は2017年で670万人。
ピーク時の90年代中盤は1400万人近くでしたが、この20年余りで半減しました。

国内のゴルフ人口を支えていた「団塊の世代」の多くが定年とともにゴルフから離れてしまった一方、新たにゴルフを始めようという人が伸び悩んでいると指摘されています。
今回のルール改訂により、これまで「ルールがわからない」と言って敬遠してきた人たちが新たにゴルフを始めるきっかけになれば、と期待されているのです。

今回の改訂は「よりシンプルに、わかりやすく」、そして「よりスピーディーに」がポイントです。
中にはアマチュアのゴルファーのスコアアップにつながるのではないかという内容も含まれています。

その1つがバンカーでの対応です。
バンカーに打球が入った場合、そのボールを拾い上げてバンカーの外から2打罰を加えてプレーできるようになりました。

「打球がOBになった場合」の対処法も変わりました。
正式な競技会では認められていませんが、新ルールでは、これまでの「元の場所からの打ち直し」ではなく、2打罰を加えてOBゾーンに入った付近からプレーできることになりました。

日本のゴルフ場にはプレーの進行を早くするため、第1打がOBになった場合のローカルルールとして「プレイングフォー(前進4打)の特設ティー」が設けられているコースが多くあります。
新ルールにより、今後は特設ティーがなくなる可能性もあると言われています。

さらに、スピードアップにつなげるため、プレーの順番の入れ替えが推奨されたほか、ボールを探す時間がこれまでの5分から3分に短縮されました。
グリーンでパッティングをする際は、旗ざおを立てたままパットをすることも認められるようになりました。

今月3日からハワイで開かれたアメリカ男子ツアーの大会は新ルールでの最初の大会となりました。
新ルールのもと、選手によっては早速グリーン上で旗ざおを抜かずにパットを打つ選手も見られました。

また新ルールではボールをドロップする高さがこれまでの「肩」から「膝」に変わったことで、対応に戸惑う選手も見られました。
日本ゴルフツアー機構の選手会長を務める石川遼選手は「初心者にもわかりやすく改訂されたということだが、最初は『どうだったっけ』というのはあると思うので、慣れていかなくてはいけない。ルールをちゃんと確認していきたい」と話しています。
新ルールをうまく味方につけることが、大会でリズムを崩さずにプレーするためのポイントの1つとなりそうです。

去年、国内男子ツアーでは、試合の前日に開かれた「プロアマ大会」で、プロの選手がプレー中にもかかわらずグリーン上でパットの練習を行い、一緒の組のアマチュアの男性に不愉快な思いをさせたとして大きな問題となりました。
日本ゴルフツアー機構は選手に制裁金と厳重注意の処分を出しましたが、こうした選手の態度はゴルフの魅力を損ない、ファンが離れてしまうことにもつながりかねません。

また国内女子ツアーは放送権の一括管理をめぐって日本女子プロゴルフ協会と主催者のテレビ局との交渉がまとまらず、3大会で今シーズンの開催が不透明な状況となっています。
選手側から大会の存続を臨む声が上がていますが、このまま中止が決まれば新たなファンの獲得には逆行すると言わざるをえません。

日本のプロツアーは男子が今月17日からシンガポールで開かれる大会で今シーズンが始まり、女子は3月からツアーがスタートします。
35年ぶりに行われた今回の大幅なルール改訂を受け、ゴルフ界全体が1つになってファンの拡大に取り組んでいくことが求められています。

NHKニュース 2019年1月15日 15時13分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190115/k10011778381000.html

【【ゴルフ】アマチュアにも分かりやすいように ゴルフルール、35年ぶりの大幅変更 人気ジリ貧の反転攻勢なるか 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
 
20190114-00446599-nksports-000-8-view

未来の子どもたちを思うからこそ、温かくも、厳しい言葉だった。DeNA筒香嘉智外野手(27)が14日、自身もかつて所属し、17年からは小学生の部のスーパーバイザーを務める堺ビッグボーイズの体験会に出席した。野球チームに所属していない子どもたちとの触れ合いで満面の笑みを見せるも、報道陣を前にしては一変。キリッとした表情で、胸の思いを訴えた。

筒香 昨年はスポーツ界全体で、よくない問題点が浮き彫りになりました。アメフトの悪質タックル、体操、ボクシング…。時代は明らかに違う。スポーツ界全体が変わらないといけない。子どもたちのため。変わっていく必要がある。

27歳とは思えない、堂々とした語りぶり。加えて、子どもへの真摯(しんし)な思いがあふれていた。昨年には、自らある少年野球チームの様子を見学。自分の目で子どもたちを取り巻く環境を目で確認した。「そこでは指導者の方が、指導というよりは暴言、罵声、事細かい指示が行われていました。子供たちはできないのが当たり前。なぜそれに腹を立てて怒っているのか」と語気を強めた。

野球を通じて、大きな人間に育ってほしい-。そんな純粋な思いが、終始に込められていた気がした。

筒香 小さいころから、細かいことを詰め込み過ぎると、大きいスーパースターは生まれにくいと思います。

筒香は自身のプレーで野球の魅力を届ける。子どもたちは筒香の大きな背中を見て、大好きな野球に打ち込む。その結果が、スポーツ界全体の改善につながると信じている。「また野球やりたいな」と多くの子供たちが、満面の笑みで球場を後にしていた。【栗田尚樹】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00446599-nksports-base

【【なぜ暴言、罵声…】DeNA筒香嘉智外野手(27)がスポーツ界を変える決意! 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
a5c822f6590b6d7a2e4bea3045af695020190111111858907_262_262

 10日、日本ハムの清宮幸太郎(19)が鎌ケ谷の二軍施設で約1カ月ぶりに打撃練習を再開した。

 右手首の炎症により、12月上旬からバットを封印。キャンプの二軍スタートも濃厚といわれているが、3人のトレーナーが見守る中、手首の状態を確かめるよう、ごく軽めに約30スイング。すでに痛みはないようで、谷トレーナーは「少しずつ改善しつつある」と説明した。

 1年目の昨季は一軍で7本塁打を放ったが、故障との戦いが続いた。新人合同自主トレで右手親指を故障。キャンプでは胃腸炎、3月には限局性腹膜炎を発症し、7月には右肘痛にもなった。今回の右手首の炎症は、シーズン終了後のフェニックスリーグ、秋季キャンプでまとまった練習をこなしたことで負担がかかったようだ。

 この日はキャッチボールやノックで汗を流した。清宮は自身の課題である守備に関して「このオフ、やってきたことがなまらないようにと思っている。今できることは多くはないが、思うようにできているかなとは思う」と話した。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/245240

【【日本ハムの清宮幸太郎(19)】右手首の炎症から復帰、約1カ月ぶりに練習再開 過去に右手親指故障、胃腸炎、限局性腹膜炎、右肘痛などに悩まされる 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
sports_tennis_racket_ball

欧州刑事警察機構(ユーロポール)は10日、テニス選手の八百長に絡み、スペイン警察当局が28人のプロ選手を含む83人を逮捕したと発表した。選手の1人は昨年の4大大会、全米オープンに出場していたという。選手名は明かされていない。

 報道発表によると、八百長による違法賭博を首謀していたのはアルメニアの犯罪組織。スペインの警察当局は11カ所の家宅捜索で証拠書類のほか、16万7千ユーロ(約2090万円)の現金や高級車5台、ショットガンなどを押収。42の銀行口座を凍結した。八百長の対象になったのは、下部ツアーの「チャレンジャー」と「フューチャーズ」。

 テニス界の八百長を調べる不正監視団体TIUによると、昨年、不自然な賭けパターンの報告は前年比23件増の264件あり、男子の下部ツアーが大半を占めた。日本の男子選手が2015年に不正を働きかけたとして、17年に永久資格停止処分を受けている。(ロンドン=稲垣康介)

https://www.asahi.com/sp/articles/ASM1B74N8M1BUTQP024.html

【【テニス】 テニス八百長で83人逮捕、スペイン警察 全米出場者も 】の続きを読む

このページのトップヘ