ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > スポーツ

スポーツ

e840c_368_fb2c1a9573f29d7cd7dd49ce80ede5ec

米大リーグ、マーリンズから2018年の契約を放棄され、フリーエージェント(FA)となったイチロー外野手(44)。

 「50歳まで現役」という願いを叶えるために、まず45歳のシーズンをプレーする球団をと、辣腕で知られる代理人のジョン・ボッグス氏が懸命な売り込み作戦を展開している。

 サンフランシスコ・クロニクル紙はイチロー側が行っている積極的なセールスの一端を報じた。アスレチックスが今オフ、獲得に照準を合わせている選手に、マーリンズのクリスチャン・イエリッチ(25)、マーセル・オズナ(27)を挙げて精力的に動いているとしたが、同じチームでプレーしていたイチローの名も挙げて、ストーブリーグの現実を明らかにした。

 「スズキ・イチローの代理人、ジョン・ボッグス氏がオークランド(アスレチックス)と接触を試みていたようだ。短い会話を交わしたというのだ。イチローとボブ・メルビン監督(56)が長期で密接な関係に基づいての動きと思われる」

 メルビン監督が2003年から2年間、マリナーズを指揮した。イチローが海を渡って3年目と4年目。メジャーの水にも慣れ、安定した成績を収めていた時期だ。イチローはメルビン監督を尊敬し、メルビン監督はイチローを信頼していた。

 過去のつながりに望みを懸けたわけだが、結果は失敗に終わった。同紙によると、「44歳の殿堂入り選手はオークランドにはふさわしくなかったらしい。契約に興味がないということだった」という。辣腕代理人のボッグス氏の手腕をもってしても功を奏しなかった。

 マーリンズをクビになっても、毎日決まったトレーニングを続けて朗報を待っているイチローだが、45歳のシーズンを第一線で務め上げるのは厳しい状況に変わりはない。
詳細はソースにて
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14037968/

【【来季45歳のイチロー】「50歳まで現役」叶えるため、辣腕代理人が必死!懸命な売り込み作戦を展開 】の続きを読む

阪神が松坂大輔のオファーを断る フロント関係者が「引退勧告」か

阪神が今オフ、ソフトバンクを退団し、新天地でのプレー続行を望んでいる“元祖怪物”松坂大輔投手(37)からの「売り込みオファー」をすでに断っていたことが15日、分かった。
松坂側から低年俸での打診があり、球団内で検討したが、谷本球団本部長はこの日「終わった話なので。松坂選手には復帰して他球団の選手として甲子園で投げる姿を見せていただければ…」と獲得を見送ったことを示唆。
阪神だけでなく中日、西武、DeNAにも同様のオファーがあったとみられるが、甲子園で怪物伝説を作った松坂が少なくともタテジマのユニホームに袖を通すことはない。

それも当然だ。
チームは来季も就任3年目の金本監督のもと、若手育成による強化を優先し、今オフはFA戦線にも“不参加”。
先発投手は補強ポイントの一つだったが、松坂加入よりも藤浪や岩貞ら現有戦力の底上げを優先しているのはファンや球界の誰もが熟知するところだ。

それだけに今回“済んだ話”とはいえ、松坂側のオファーを伝え聞いたフロント関係者からは「それだけ現役に未練はあるんだろうけど、さすがに辞めないといけない状況にある。低年俸でとかの話ではない。高額で長期の契約してくれたソフトバンクさんの気持ちもくんだ方がいい。巨人を自由契約になった村田ですら移籍場所がまだない。過去の実績、こだわりは理解するけど、いつかは終わらないといけない」と“引退勧告”が飛び出したほどだった。
詳細はソースにて

no title

https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/860374/

【【もはやここまでか?】阪神が松坂大輔の「売り込みオファー」をことわり引退勧告・・・】の続きを読む

20171202-OHT1I50015-T

 大相撲の冬巡業は16日、沖縄県宜野湾市で行われ、元横綱日馬富士関の暴行事件の被害者で、休場している平幕貴ノ岩関の診断書が未提出のまま、17日の最終日を迎えることが確実になった。

 貴ノ岩関の師匠で、日本相撲協会の貴乃花巡業部長(元横綱)に代わって巡業の責任者を務めている春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)は、貴乃花親方や貴ノ岩関への注意を含め、対応を検討する意向を示した。

 休場のためには診断書の提出が必要で、鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)が、貴乃花部屋を訪ねて要請していた。17日は相撲協会の業務が休みのために受け取ることはできない。春日野部長は「詳しいことは分からないが、届いてない。職務放棄だ」と指摘した。

詳細はソースにて
日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/m/battle/sumo/news/201712160000502_m.html?mode=all

【【大相撲の冬巡業】貴ノ岩の休場、春日野部長「職務放棄だ」対応を検討 】の続きを読む

20171216-00000018-nkgendai-000-1-view

巨額のカネが動く。

 15日、来年行われるサッカーW杯ロシア大会・1次リーグを中継する放送局が決まった。NHKと民放各局によるくじ引きの末、初戦(6月19日)のコロンビア戦はNHK、2戦目(25日)のセネガル戦が日テレとNHKのBS1、そして3戦目のポーランド戦(28日)はフジテレビとなった。

 NHKは全64試合のうち、32試合を地上波で中継、BS1では全試合を録画放送し、民放各局も32試合を放送するが、気になるのはその放映権料。前回のブラジル大会で日本は400億円ともいわれる放映権料をFIFAに支払った。民放関係者が言う。

「回を追うごとに放映権料は跳ね上がり、今大会も少なくとも、前回と同等のカネが必要といわれている。ブラジル大会では400億円のうち、NHKが7割、民放各局が3割をそれぞれ負担したといわれています」

 仮に今大会の放映権料を前回同様の400億円とすると、たとえばNHKはW杯のためだけに280億円程度の莫大なカネが必要になる。


詳細はソースにて
日刊ゲンダイDIGITAL 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00000018-nkgendai-socc 

【【NHKが280億円負担か?】サッカーW杯ロシア大会、巨額放映権料の“ツケ”は誰が払う?】の続きを読む

このページのトップヘ