ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > スポーツ

スポーツ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

1661884

 ロシアで開催中のサッカーワールドカップ(W杯)で、日本は初戦でコロンビアを下して幸先の良いスタートを切った。
中国では日本代表の勝利に対し、「アジアのメンツを保った」などと称賛する声が多く見られたが、韓国では「韓国代表は初戦で負けたのに、日本が勝ったことは韓国人の自尊心を傷つけた」といった報道も見られたという。

 こうした韓国国内の報道に対し、中国メディアの快資訊は23日、日本が勝利すると韓国人の自尊心に傷がつくとは、韓国人の思考回路はなかなか理解できないと主張する記事を掲載した。

 韓国では日本代表の勝利について、「日本と韓国はサッカーの分野でライバルとされ、常々比較されることも多いのに対し、韓国は初戦で敗れ、日本が勝利を収めたこと」が韓国のサポーターを「落胆させた」という報道が見られ、韓国がスウェーデンに破れ、日本が強豪コロンビアを下したことは「韓国のサッカーファンの自尊心を傷つけた」という報道があったという。

 こうした報道について、記事は「W杯でアジアの国が南米のチームに勝利したのは日本が初めて」であったことを紹介し、「日本がアジアサッカーのメンツを保ち、アジアのために一矢報いた形となったことが、韓国人としては受け入れられなかったようだ」と指摘。

 さらに、過去のW杯では韓国が日本より良い成績を収めるケースが多かったため、これが韓国人に巨大な優越感をもたらしていたようだと伝えつつ、「今大会では日本がグループリーグを突破し、韓国はグループリーグ敗退の可能性があるということも、韓国人の自尊心を傷つける要因となっている」と主張した。

 一方、韓国国内の報道に対し、記事は「韓国人の思考回路と不思議な解釈は物笑いの種である」と指摘し、自国とは関係のない隣国の勝利で「ふてくされる」なんて、心が小さいにもほどがあると主張。自尊心を保ちたいならば、自分たちが強くなり、自ら勝利を奪い取るし かないではないかと論じている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

http://news.searchina.net/id/1661884?page=1

【【???】韓国「韓国代表は初戦で負けたのに、日本が勝ったことは韓国人の自尊心を傷つけた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
cb673dbe-s

金髪効果は抜群だった?

 サッカー日本代表DF長友佑都が6月19日、ロシアW杯グループステージ初戦のコロンビア戦に先発出場し、ワールドクラスの天才ドリブラーを完封する活躍を披露。2-1での勝利に貢献を果たしている。

長友がキャリアの大半を過ごすイタリアのスポーツ紙“Gazzetta dello Sport”もまた、彼の気迫あふれる仕事ぶりを絶賛している。

〈クアドラードは日本のスーパーサイヤ人によってサイドで抹殺され、最終的に途中交代という結果に終わってしまった。クアドラードとの1対1をナガトモが制したのだ。クアドラードからすれば、長友はとてつもなく強敵に映ったことだろう〉

 日本が世界に誇る漫画「ドラゴンボール」の孫悟空を引き合いに出しながら、長友の活躍をこれでもかと称えた同紙。突然の大幅イメチェンには賛否が集まり、嘲笑すら浴びた長友だが、今や世界のお墨付きを得たピッチ上の支配者である。

https://www.asagei.com/excerpt/106985

【【ロシアW杯】伊紙も“金髪”長友佑都の活躍を褒めちぎった!「スーパーサイヤ人は強敵」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180623_asagei_tsutsugo

 去る6月19日行われたロシアW杯の初戦・コロンビア戦で大金星を挙げたサッカー日本代表。試合では、開始早々に「日本の10番」である香川真司がPKで先取点をもぎ取った。その一方で、「日本の4番」のとある発言が話題になっているのをご存じか。と言っても、日本代表で背番号4を背負う本田圭佑の“ビッグマウス発言”ではない。サムライブルーならぬ“侍ジャパン”の主砲、横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智のことである。

「問題の発言は6月18日のこと。今季、DeNAの公式戦はAbemaTVで全試合生中継されているのですが、その中でDeNA選手によるW杯の優勝国予想アンケートが実施されました。ドイツやスペインといった有力国を挙げる選手が並ぶ中、筒香だけが出場していない『ドミニカ』と答えたのです(笑)」(スポーツライター)

 ドミニカの国技は野球であり、サッカー人気が高い中南米において、例外的に飛び抜けて野球熱が高い“サッカー後進国”だ。ちなみに、ドミニカを選んだ理由について筒香は、

「サッカーはわからん!」

 と答えている。

「筒香は国内の野球の普及や若年層の育成にも力を入れる、まさに“野球バカ”。2015年にウインターリーグ参加のためにドミニカ留学した経験があり、つい知っている国の名前を挙げてしまったのでしょう(笑)」(前出・スポーツライター)

 いくらサッカーに興味がなくとも、アルゼンチンの英雄メッシや、ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドら有名選手の名前は誰でも知っているこのご時世、ネット上の野球ファンからは、〈ツッツかわいい〉〈潔いwww〉と好意的なツッコミが入っている。
https://www.asagei.com/excerpt/107012

【【ロシアW杯】「日本の4番」がロシアW杯優勝国予想に『ドミニカ』と答える 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
spo1806230012-p1

■サッカーW杯1次リーグH組日本(FIFAランキング61位)-セネガル(同27位)24日午後8時(日本時間25日午前0時)、エカテリンブルク

【エカテリンブルク(ロシア)22日=久保武司】2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出を懸けてセネガル戦に臨む日本代表は、試合会場の当地に到着。第1戦のコロンビア戦に続いて途中出場となる見込みのMF本田圭佑(32)=パチューカ=は、終盤ワンチャンスのセットプレーにすべてをかける覚悟だ。実はベンチスタートに不満もある。なぜ俺様を先発させないのか。そんな悔しさを込めて振り抜くフリーキック。西野朗監督(63)に対する“スタメン要求”でもある。

「(セネガルの)弱点は自分の中でいくつか見つけている。そこをどう突けるかだと思っている」

この日、ベースキャンプ地のカザンを出発する際、本田はセネガル戦について、自信ありげにそう言い放った。

前日21日まで右太ももの打撲を理由に別メニュー調整だったが、この日からスパイクを履いてフルメニュー参加。「(打撲は)両足だったが、問題ないです」

2日後に控えた決戦。セネガルは1次リーグ初戦でポーランドを破っている。エースのFWマネ(リバプール)を中心に人間離れしたスピードを持つ顔ぶれがズラリと並んだ難敵だ。ただ、アフリカのチームは、集中力が切れやすく、セットプレー(CKやFK)から失点することが多いといわれる。

「今のところアフリカ勢のほとんどのチームが解決できていない、弱点のひとつであることは間違いない」(本田)

昨年7月にメキシコリーグ・パチューカへ移籍後、日本協会スタッフとは別に、専属の戦術分析スタッフと個人契約。早くからセネガルの研究を進めていることが、自信の発言の根拠になっているとみられる。

本田は前日の21日に公式インタビューに答えた際、セネガルの弱点について「セットプレーがキーになる」と具体的に話している。

「組織力という点では、アフリカの中ではセネガルが高い印象はあるものの、90分間の中ではスキがあるかなと。セットプレーを含めトリッキーなプレーをすれば、結構ひっかかるんじゃないか」

セットプレーの日本代表きっての名手といえば誰か?

言うまでもなく、それは“俺様”。

セネガルの弱点を対セットプレーに求めた発言は、西野監督に対するアピールでもある。『オレに終盤のセットプレーしかやらせないのか。先発フル出場させれば、他にももっと得点のチャンスはあるじゃないか』という心の声に他ならない。(以下省略)
※以下の部分はソース元にてご確認ください。

ソース/夕刊フジ
https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180623/spo1806230012-n1.html?ownedref=not 176et_main_newsTop
【【本田がオレ様FK宣言】“スタメン要求”  セネガル戦に向け個人契約スタッフと弱点研究】の続きを読む

このページのトップヘ