ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > スポーツ

スポーツ

これ、事実だとするならばとんでもないことだと思うんですけど、あまり騒ぎにもならずそのままになってしまっているんですよね。

 で、どうやら事実であって、骨折したまま出場し、実際にホームランを打ったということだそうです。

手首を骨折していても本塁打 前橋育英、信頼応えた4番(朝日新聞 17/8/9)

 「これが高校野球なのだ」と言う人も少なくないようですが、骨折した選手をそのまま起用する監督も問題なら、結果オーライで本塁打を放った本件を美談として報じる朝日新聞もどうかしています。故障して痛みのある選手が10スイングもできない状況で試合に出す精神性もさることながら、「信頼」や「男気」で済ませる根性論でいまなお高校野球を語るとするならば、高野連が目指す教育と修練の場というのはとんでもないブラック体質であると批判されても仕方がないところではないかと感じます。

 スポーツライターで近畿大学非常勤講師の菊池慶剛さんも、オーサーコメントの中で怪我の程度が不明確としつつも明確に懸念を指摘しておられますが、トレーニングやコンディショニングの見地からも「10スイングで痛みが出るような選手を出場させること」に関しては明らかに望ましくないと言えます。

https://news.yahoo.co.jp/profile/author/kikuchiyoshitaka/comments/posts/15023038578003.bbea.17802/

 勝負事であるので、故障した主力選手が「出たい」といえば出してやりたいのは人情としては分かります。ただ、大人としての分別や、管理者に求められていることはしっかりと踏まえて対応をしなければならないことはあるはずです。

 また、故障した選手を強行出場させたことを「良いことである」と報じる姿勢はもう少し考えたほうが良いのは言うまでもなく、ただでさえ時代遅れで野球全体の人気が低迷しかけている現状でこの報じ方、この扱いというのは悩ましく思います。美談として報じる側も故障者を出場させる側もおそらくは「悪気はない」のでしょう。だからこそ、問題が根深いんじゃないのと思うわけです。

 で、このニュースについては高校野球がお好きな方ほど「素晴らしい」とか「感動した」などといった反響を寄せているように見えるのが気になります。いろんな意見がある世界だとは思いますし、オールド体育会系では「俺もそうだった」という経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。ただ、常識的にはスイングに痛みがある状況で出場を強行させるのは選手にとって危険ですし、後遺症が残る可能性も少なくありません。しかも、故障部位が手首であることを考えると、二度と野球ができなくなるレベルではなく、日常生活に支障をきたすような悪化の仕方も充分に考えられるものです。

 むしろ、この朝日新聞の記事が「症状を盛っている」「感動を呼ぶために大げさに書いた」ことを期待してしまうほどです。ホームランが打てるぐらいですから、実は骨折ではありませんでした、という方がいろんなものが救われるのではないかとすら感じます。

詳細はソースにて

写真
no title


山本一郎  | 個人投資家・作家8/13(日) 15:14
https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20170813-00074485/

【【高校野球】<朝日新聞>「手首を骨折しても本塁打」美談報道と前橋育英の問題の根深さ】の続きを読む

39dd0_1212_2c2c0994d11576a9f36e4e84bb987b05

13日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)で、関口宏が「世界陸上競技選手権大会(世界陸上)」で、銅メダルを獲得した日本の400mリレー代表に言及。途中まで3位だったジャマイカ代表のウサイン・ボルトが途中棄権したこともあり「ボルトのおかげ」と評した。

番組では「世界陸上」ロンドン大会男子400mリレー決勝で、日本代表が銅メダルを獲得したニュースを話題に。世界選手権では、日本にとって初のメダルとなる。

レースは途中までジャマイカが3位をキープしていたが、第4走者として登場したボルトが足を痛めて途中棄権している。ボルトは今大会を最後に現役引退を表明しているが、関口は「ボルトどうしちゃったんだろう。ラストランだったんですよ」と驚きを隠せない。

スタジオの張本勲氏が「スポーツ選手のありがちなこと。仕方ないという以外ない」と意見すると、川藤幸三氏も同意し「良いことばっかり続かんということでもある」と語った。

関口は苦笑しながら「まあ、そのボルトのおかげで日本は銅が獲れたということでもありますが」と、レース結果を振り返っていた。
詳細はソースにて
2017年8月13日 12時35分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13467634/

【【日本が銅メダル獲得の400mリレーに指摘!】関口宏「ボルトが途中棄権したおかげで日本は銅が獲れた」】の続きを読む

日本人初のメジャー制覇へ期待がかかる松山英樹(25)=LEXUS=が出場している米男子プロゴルフツアー「全米プロゴルフ選手権第3日」を生中継したフジテレビが、松山のラウンド途中で放送を終了し、SNS上で批判が殺到している。

 フジテレビは13日午前3時45分から生中継したが、松山が14番を終えたところで実況の竹下陽平アナウンサーが「大会3日目のプレーはまだ続いておりますが、この辺りでお別れになります」とアナウンスし、午前7時26分に生中継を終えた。

 2日目に首位に立ち、メジャー初制覇への期待が高まる中での生中継終了に、放送後にはSNS上で「フジテレビ!中途半端な放送するなら放映権とるな」「これからって時にまさかの中継終了。さすがフジテレビ」「まさか明日もこうはならないよね~苦情くるよー」「地上波でホールアウトまで放送出来ないなら、最初からやるなよ!」「全米プロ、途中で終わっちゃったよ。頼むからフジテレビはメジャーの放映権はとらないで欲しい」など数多くの批判コメントが集まる事態が起きている。

詳細はソースにて

写真
no title


8/13(日) 8:54配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-00000048-sph-ent

【【SNS上で批判殺到!】フジテレビ「全米プロゴルフ選手権」松山英樹のラウンド途中で「全米プロ」生中継終了・・・ 】の続きを読む

yakyuu

(12日、高校野球 日本文理9―5鳴門渦潮)

 12日の第2試合で日本文理(新潟)に9―5で敗れた鳴門渦潮(徳島)の三塁コーチ、竹内虎太郎(こたろう)君(3年)は右目が見えない。練習中のけがで視力を失ったが、家族や仲間の支えで復帰。大観衆の舞台に立った。

 5点を追う四回、2死一塁の場面で、打球がセンター前に転がる。竹内君は外野手の捕球体勢が崩れたのを確認すると、両手を大きく回した。一塁走者の奥直人君(3年)は「三塁でストップかと思ったが、竹内が回すなら」と必死で駆け抜ける。セーフ。竹内君には確信があった。試合前、相手のシートノックを観察し、「内外野の連係に弱点あり」と見ていたからだ。

 2015年12月。練習中に仲間の打ち損じた球が右目を直撃した。世界が白黒に映った後、今度は全てが真っ赤になった。「何が起きたか分からなかった」

 救急搬送され、徳島市内の病院で手術を2回受けた。退院直前、病院内の階段を下りようとすると、段差が分からず足を踏み外した。その時、右目の光を失ったことに気付いた。「この先どうなるんかな」

 退院までの約2週間。森恭仁監督(50)は大みそかも元日も、毎日見舞いに訪れ声をかけてくれた。チームメートからは、「また一緒に野球しような」と寄せ書きをもらった。「野球部に戻れるかな」と不安を漏らすと、両親は笑顔で「大丈夫」と励ましてくれた。

詳細はソースにて

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00000064-asahi-spo

【【高校野球】練習中に右目失明、自ら志願した三塁コーチ 「最後は報われた」 朝日新聞】の続きを読む

このページのトップヘ