ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > スポーツ

スポーツ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
5b98db0ee361c074048b5697-750-603

大坂なおみは、アディダスと女性アスリートとして最高金額となるスポンサー契約を結んだと伝えられた。

20歳の大坂は9月8日(現地時間)、ニューヨークのアーサー・アッシュ・スタジアムで行われた全米オープンテニスの決勝戦で、
過去23回のグランドスラム優勝を誇るセリーナ・セリーナ・ウィリアムズを6-2、6-4のストレートで破り、初優勝。
グランドスラム初制覇を飾るとともに、優勝賞金380万ドル(約4億2000万円)を手にした。

だが、アディダスとの新しいスポンサー契約には、この優勝賞金もかすんでしまうとタイムズは伝えた。

大坂は今年いっぱいまで、「6桁(数十万ドル)」の契約をアディダスと結んでいるとされる。

タイムズは、年間約850万ドル(約9億5000万円)の契約が9月13日(現地時間)に発表されると伝えた。
この額は、ヤフーによるとアディダスが女性アスリートと結んだ最高金額、
そしてフォーブスが選ぶ、最も稼ぐ女性アスリートのランキングに入るものと見られている。

アディダスとの新しい契約によって、大坂はウォズニアックを抜いて、最も稼ぐ女性アスリートの第2位に入りそうだ。
なお、1位はセリーナ・ウィリアムズ。

世界中で人気が高まる大坂
大坂は全米オープンでセリーナに勝ったことで、世界的な人気を集めることとなった。

セリーナは決勝戦で3度の警告を受け、議論を呼んでいる。
1回目の警告はコーチング。だがウィリアムズは抗議した。「ずるいことをして勝ったりしない。それなら負けを選ぶ」と彼女は言った。
セリーナのコーチは試合後、ハンドサインを送ったことを認めた。だがセリーナが見たかどうかは分からない。
その後、ラケットをコートに叩きつけて壊したことで2回目の警告を受け、1ポイントを失った。
3回目は主審のカルロス・ラモス氏を「泥棒」と呼んだため。1ゲームを失うこととなった。
こうした経緯はオーストラリアの新聞がマンガに描き、試合の悪評をさらに高めた。

しかし、大坂の新しいアディダスとの契約は、テニス界、そして世界中で高まる大坂の人気を反映しているとヤフーは伝えた。

大坂にとってアディダスとの契約は、ニューヨーク・ポストが想定しているように、
別のスポンサー契約につながる可能性がある。
おそらく次は自動車メーカーである可能性が高い。

同紙は、大坂は「広告業界の注目の的」になりそうだと伝えた。

https://www.businessinsider.jp/post-175106

【【テニス】大坂なおみ、アディダスと年間約10億円の超大型契約! 女性アスリートとして最高金額】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
hig18091312010003-p1

韓国紙「日本の選手たちにはステーキが提供された」/U18アジア
特集: U18アジア選手権

韓国紙の中央日報電子版は13日、野球のU18アジア選手権で優勝した韓国代表チームのトレーナーが、
「日本代表チームにだけステーキが提供された」と語ったと伝えた。

同紙によるとトレーナーのイ・テスン氏は「嫌らしい話だが、選手団のホテルで食事をした時、私たちが先に食べて出て行ったが、 その後に食事をした日本の選手たちにはステーキが提供された」とし、「ホテルの職員になぜ違うのかと尋ねたところ、ニヤニヤして返答できないようだった。
少しひどいと感じた。公平に待遇すべきではないのか」と話したという。 

韓国は決勝で延長十回タイブレークの末、7-5で台湾を下し、2大会ぶり5度目の優勝を果たしたが試合後、ウオーターシャワーで喜びを爆発させた選手たちが、ペットボトルをマウンド周辺に散乱させたまま引き揚げた。

キム・チャンピョン主将はペットボトルのウォーターシャワーに対する批判も度が過ぎたと指摘。
「私たちはウォーターシャワーを終えて散らかっているものをすべて片づけた」とし、「なぜそのような記事が出たのか分からない。
優勝できず悔しくてそうしたのではないだろうか」と語ったという。

https://www.sanspo.com/baseball/news/20180913/hig18091312010003-n1.html

【【野球・U18アジア選手権】「日本の選手たちにだけステーキが提供された」 韓国選手には提供されず 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
体罰によって、脳に深刻な影響が!
no title


体操界における暴力やパワハラが世間を騒がせ、議論を巻き起こしました。
スポーツの世界で繰り返される、指導者や年長者による暴力事件。
しかし、体罰が指導・教育に有効であるという実証データはありません。
それどころか、体罰は子どもの脳の発達に深刻な悪影響を及ぼすことが、国内外の研究で明らかになってきました。

厚労省が昨年公表した資料(「愛の鞭ゼロ作戦」)には、体罰や暴言が、子どもの脳に「萎縮」や「変形」などの大きな影響を及ぼすという研究結果が引用されています。
この研究を行った福井大学の友田明美教授によると、子ども時代に厳格な体罰を受けた18~25歳の男女の脳を、MRIで解析したところ、感情や思考をコントロールする「前頭前野」の容積が、平均して19・1%少なく、萎縮していました。
この領域は,感情や思考をコントロールし、犯罪抑制力に関わっているところです。
さらに集中力・意思決定・共感などに関わる「右前帯状回」も,16.9%の容積減少、物事を認知する働きをもつ「左前頭前野背外側部」も14.5%減少していました。

スポーツ指導での体罰は「逆効果」!

人間が人間であるために極めて重要な部分が、体罰の影響によって育たなくなるというのです。
これらの部分が障害されると、うつ病の一つである感情障害や,非行を繰り返す素行障害などにつながると言われています。
本能的な欲求や衝動を抑える機能が影響を受け、犯罪を繰り返すようなことさえ懸念されます。

なぜ、体罰で脳が萎縮するのでしょうか?
虐待や体罰を受けた脳は、ストレスホルモンを大量に分泌します。
それが、脳の発達を一時的に止めてしまうからです。
以前に受けた体罰を思い出し、うつ状態となり、脳の萎縮が始まることすらあるのです。

スポーツ指導者には、「士気を高める」という理由で、子どもを体罰で追い込む人間がいます。
しかし、脳科学の視点から見れば、それは逆効果でしかありません。
現実には子どもの自発性、やる気をそぐ行為だということがハッキリわかります。

つづく

9/12(水) 18:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00010007-fnnprimev-soci

【【スポーツ】<体罰によって、脳に深刻な影響が!>スポーツ指導での体罰が、子どもの脳を破壊!画像で判明した異常な「委縮」「変形」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

船出の試合としてはこれ以上ないスタートを切ったと言えるが……

20180912-00047126-sdigestw-000-11-view


森保ジャパンが初陣となったコスタリカ戦を3対0の快勝で飾ったね。立ち上がりから日本がショートパスを主体にいい連係でコスタリカを押し込んで、攻撃陣の躍動感が目立つ内容だった。中島や堂安がドリブルで相手の守備を切り裂き、南野は再三ゴール前で決定機を迎え、小林もJリーグでの好調をそのままにキレのある動きでチャンスを作っていたね。
 
 中島が言っていたように、ドリブルで仕掛けて「お客さんを楽しませるプレー」も多く飛び出したし、守備の方も後半はほとんどピンチらしいピンチもなく、無失点での勝利。森保ジャパンの船出の試合としては、これ以上ないスタートを切ったと言えるよ。
 
 もっとも、この日のコスタリカは正直、そんなに歯応えのある相手じゃなかったし、もっと点が入ってもおかしくはなかった。日本の良さばかりが目立っていたあたり、スパーリングパートナーとしては、かなり手頃な相手だったんじゃないかな。
 
 当然、相手が相手だけに、この日の勝利で浮かれるのはまだまだ早いよ。ワールドカップのような舞台で、こんなイケイケの試合になることなんてめったにないし、さらにランクの上がった相手にも同じようなサッカーができるのか、という疑問もある。
 
 もちろん、こういう試合だからこそ、敢えて出来ていなかった部分にも目を向けなければいけない。決定的なシュートを外したキック精度の低さはもとより、前半途中にはショートパスばかりで単調になりすぎて、膠着した時間帯もあった。連係面で言えば、堂安や中島、南野、小林といったスタメンで出た選手たちのコンビネーションは良かったけど、途中出場の浅野は一度良い形で抜け出す場面があったものの、全般的には持ち前のスピードを活かしきれていなかった。
 
 完勝の内容とはいえ、課題が決して見えなかったわけではないよ。そういう意味では、10月の2試合、とりわけウルグアイ戦が本当の意味でのテストになる。もちろん、相手がそれなりのメンバーを揃えてくれたらの話にはなるけどね。

つづく

9/12(水) 5:02 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180912-00047126-sdigestw-socc

【サッカー】<セルジオ越後>新生日本代表の船出に高評価!「今までにない競争を感じる」「新しい名前の選手が出たのは収穫だった」
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1536680368/

【【セルジオ越後】堂安があれだけやるなら本田のOAはいらないし、乾には中島という強力なライバルが現われたね 】の続きを読む

このページのトップヘ