ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > スポーツ

スポーツ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
大阪府大阪市生野区にある今里新地に、日本ボクシング連盟の終身会長であった山根明氏の妻の経営するクラブはある。
自身のテリトリーというべき場所で、キープしていたボトルをちびちびと飲みながら、山根氏の弁舌は熱を帯びた。

「この店は、働いている従業員のほとんどが日本人なんです。不法滞在しているような外国人がおらんのが良い。
ここに来てくださっているお客さんや、街で出会った人に、写真をせがまれるし、『男の中の男です!』なんて励ましてくれる。そうした声に、どれだけ救われたかわかりません」

「激動の1年」(本人談)の師走を、山根氏は忙しく飛び回っていた。疑惑に対する釈明の活動──ではなく、お笑い番組である『あらびき団』(TBS系)の特番への出演や、
ドッキリ番組でデヴィ夫人らと共演する収録などため、東京と大阪を何往復もしていたのだ。

「わしがテレビに出れば、不思議なほど視聴率が上がるみたいやね。デヴィ夫人は素敵な方で、写真をお願いしました。しかし、何が面白いのかわからん芸人が出てきて、わしが激怒した番組もあるんや。
それをまた面白がられて……完全な騙し討ちやった。もう2度と、出ぇひんわ!」

口ではそう言っても、ビートたけしの番組に出演すれば初体験の年齢を告白し、バラエティ番組では50歳近く歳の離れた若手芸人にいじられ、10月に79歳になった山根氏はまんざらでもない様子である。
 ディアもメディアで、数か月前にはあれほど疑惑を追及していたのに、今や強面ながらたどたどしい口調で怒鳴り散らす山根氏を“キワモノ”のように面白がって高視聴率を狙うのだから違和感は拭えない。

スポーツ界でスキャンダルが続出したことで、ひとつひとつの“消化”が極めて速くなっているのだろうか。
山根氏は1939年に大阪府堺市に生まれ、終戦後、5歳で母の母国である韓国に渡った。10歳で日本に密入国し、27歳まで国籍がなかったと振り返る。

若かりし日に国籍すらなかった人物が、どのような経緯で日本のアマチュアボクシングのトップにまで成り上がることができたのか興味は尽きないが、
波瀾万丈の人生を送ってきたことだけは確かだろう(そのあたりの経緯は、来春に自伝を出版予定らしい)。

そんな山根氏の自宅のリビングには、2歳だった時の両親との記念写真を挟むように、会長時代に大会を視察に訪れた今上天皇をおもてなしする2枚の写真が飾られていた。

「天皇陛下に、わざわざ声をかけていただいた。あれには感激してねえ。頭を下げたまま、『ハハーッ』って感じで、頭を上げられなかった。わしはね、母の国である韓国も、北朝鮮も、愛しています。
だけど、日本国籍を取得した以上、日本人として生きています。日本人として、日の丸を愛し、法人の代表として、日本ボクシング連盟を代表する会長として、これまで全世界を飛び回って日本の素晴らしさを伝えてきたつもりです。
私の経歴には、何一つ、隠し事はありません」

日本ボクシングを再興する会によって告発された12項目──判定への介入や過剰な接待要求などがなかったと主張するのであれば、解雇無効を求めて日本大学を提訴した内田正人・日大アメリカンフットボール部前監督や、
虚偽の告発をされたとして、田南部力氏を名誉毀損で訴えたレスリングの栄和人・元至学館大学レスリング部監督のように、反撃の訴訟に出る考えはなかったのか。

「弁護士に相談したら、支度金が200万円必要やという話やった。わし、貧乏やから、払えへん。今はねえ、こんな幸せな生活はない。連盟におる時は、下におる理事や選手との人間関係に悩み、
2020年の東京オリンピックに向けて、重たいモノを背負っておった。それが全部なくなりましたから」

「わしは終身・無冠の帝王や。これからは芸能人として生きていく。79歳になって、夢も目標もない。
現在、仕事と言えば、テレビ出演ぐらい。山根明を冷静に評価していただいて、呼んでくださる番組にはどの番組にも出たい」

インタビューのあと、山根終身会長時代に使途不明の支出2400万円が見つかったことも、日本ボクシング連盟の現体制によって明らかになった。
無冠の帝王は新たな疑惑にどんな釈明を用意しているのだろうか。

NEWS POSTSEVEN 一部抜粋
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181231-00000011-pseven-spo

写真
no title

【【ボクシング】<山根明元会長>「これからは芸能人として生きていく」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
元オリックスの塚田貴之投手が、30日放送のTBS系「プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達」に出演した。
15年の育成ドラフトでプロ入り。支配下登録も勝ち取ったが、17年オフに戦力外通告を受けた。オフに婚約者ほのかさん(24)と結婚予定だったが、延期となった。

球団からの通告に、「クビにならなかったら間違いなく結婚していた」と塚田。ほのかさんは「こんな残酷な世界とは思わんかった。
2年で終わるって本当に思ってなかった。もっと続くと思ってた」と、正直な思いも口にした。

そんな婚約者の思いも背負って塚田はNPBでの再起を誓い、今季はBCリーグ福井でプレー。26試合に登板した。

今年こその思いで、トライアウトを2年連続で受験。だが、制球が定まらず、打者3人に2四球。大暴投を投げてしまうなど、力を全く出し切れなかった。
マウンドでぼう然と立ち尽くす塚田の姿に、ほのかさんは「1年間、一緒にもう一回プロを目指して今日まで頑張ってきたので悔しいです…」と、涙が止まらなかった。

ふたりに直面する厳しい現実も明かされた。独立リーグでの月給は手取りで13万7660円。支払いは4月~9月までのシーズン期間のみだった。
ほのかさんは、ショッピングセンターの清掃員として週5日、フルタイムで勤務。アルバイト採用から正社員になり、月収は17万円。
「生活が苦しいなっていうのがあって…あまり仕事を選んでいる状況じゃなかった」と胸の内を明かした。

こうした境遇にいるだけに、トライアウトでの投球にショックは大きい。今年もNPBからのオファーはなし。
現実は厳しいが、塚田は来季も福井に残留することを決めた。「NPBに戻りたいは戻りたい。あと1年。そこまで」と塚田。

ほのかさんも「ここで終わったら後悔が残る。まだまだできると思うので、がんばってほしい」と、支えていくことを誓った。二人三脚の挑戦は続いていく。

12/31(月) 12:26配信 ディリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00000040-dal-base

写真
no title

【【戦力外で結婚延期!】<元オリ塚田投手>独立リーグの月給は手取りで13万7660円。清掃員の婚約者「こんなに残酷とは…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

[12.30 練習試合 日本代表2-0流通経済大]

35分ハーフの練習試合を終えたあと、グラウンドで一人、黙々とランニングする日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)の姿があった。GKを除くフィールド選手は全員が前半または後半のみプレー。
シーズン中の海外組とシーズンオフの国内組ではコンディションが異なるということもあり、長友は「国内組はもう少し追い込んでもよかったんじゃないか。終わって走っていたのに、だれも来なかった。寂しかった」と、自分と一緒に走り込もうとする選手がいなかったことに疑問を投げかけた。

「(国内組は)オフだからしょうがないけど、体のキレを含めて、まだみんな戻っていないなと思った。(1月)2日から向こう(UAE)に行くけど、海外組はコンディションを調整して、国内組はコンディションをもっと上げていかないと。負荷のかかる練習をやっていかないといけない」。チーム全体でコンディションにバラつきがあることに危機感も覚えているようだ。

優勝した11年大会、ベスト8敗退に終わった15年大会のいずれも経験している長友は「アジアカップの独特の雰囲気、難しさは経験ある人にしか分からない」と表情を引き締める。
「初戦から精神的に“勝てるだろう”“70%、80%でも勝つだろう”という気持ちで臨んだら足元をすくわれる」。

本番前の親善試合で結果を残し、意気揚々と本番に乗り込んだ11年大会当時とチームの置かれた状況が「似ている」と感じている32歳のベテランは「11年もギリギリの戦いで勝ち上がって優勝した。今回も気をつけないといけない」と力を込めた。

ロシアW杯前には、当時、SNSなどで代表メンバーに対して「年功序列」などの批判の声が挙がっていたことに自身のツイッターで反論。
一時は炎上状態となったが、必要なときには自分の意思をしっかり発信するという意味で、「代表の炎上隊長」と自虐的に自身の立ち位置を明確にした。

オーストリアの事前合宿中には西野朗前監督就任後2連敗という厳しい状況を受け、突如、髪の毛を金髪に染め上げ、周囲を驚かせるとともに、W杯に懸ける決意と覚悟を自分自身に、そしてチームに対しても目に見える形で示した。

今のチーム状況は当時と大きく異なり、森保一監督就任後の国際親善試合は4勝1分の無敗。MF南野拓実、MF中島翔哉、MF堂安律といった若手の活躍によって勢いもある。
「炎上隊長はチームの状況が悪いときに出てくるべきで、いいときに出ても面白みがないし、刺激もない」。冗談交じりに今は静観していることを認める長友だが、慢心や緩みにつながらないように気を張ってもいる。
それがこの日は国内組への苦言として出たのだろう。「チームの状況を見て、金髪にするかもしれないし、ピンク色にするかもしれない」。必要とあれば自らが率先してチームにカツを入れる準備はできている。

写真
no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-13630260-gekisaka-socc

【【国内組に苦言!】<長友佑都>「終わって走っていたのに、だれも来なかった」「状況を見て金髪やピンクにするかも」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
「何度も『痛い! やめて!』と懇願してもあの男は止めてくれず、30分以上も蹴られ続けました。本当に怖かった……。
やっと解放されて家に帰ったんですが、次の日、朝起きると、太ももに大きな青あざができていました」(被害女性の西田優子さん・仮名)

12月16日、韓国で行われたワールドツアーで張本智和(15)が最年少優勝を果たすなど、快進撃を続ける日本卓球界。だが、そんな輝かしい成績に水を差すスキャンダルが明らかになった。

冒頭の優子さんが“あの男“と呼ぶのは、A氏(33)。なんと、日本卓球界の快進撃を支えるイケメンコーチが、人知れず暴行事件を起こしていたのだ。

「A氏は日本では珍しいカットマンで、全日本選手権に出場するなど選手としてもならした人物。現在は都内の卓球クラブにコーチとして所属しながら、
女子日本代表の石川佳純や加藤美優(みゆ)などの国際試合にも練習パートナーとして何度も帯同しています。男子のエース・水谷隼にも信頼されており、練習相手を務めたこともある」(卓球関係者)

そんな男が、なぜ女性に暴力を振るうような事態になったのか。経緯を追うには、Aコーチの「夜の顔」についての説明が必要だ。
実はA氏は、昼は卓球クラブでコーチをしながら、夜は新宿・歌舞伎町で働く人気ホストなのである。

「彼は大学時代からホストをやっており、’17年の7月頃からは1年ほど歌舞伎町で社長兼ホストとして店を任されていました。彼は『ホスナビグランプリ』というホストの人気投票でも3連覇を果たしているほど、
ホストの世界では名の知れた人物。ただ、周囲のホスト仲間には自分が卓球に携わっているということは隠していました。もちろん女性客も、彼が卓球コーチだと知っている人は誰一人としていません」(A氏をよく知る知人)

そんな副業ホストであるA氏が、暴行事件を起こしたのは、’18年6月29日のことだ。被害にあった前出の優子さんが語る。
「Aさんとは今年の1月に知り合いました。かっこいいなと思って、彼がホストをやっているお店に通うようになったんです。でも通いすぎて、売掛をするようになっちゃって……」

売掛金とは要するに、店への借金のことである。優子さんは風俗嬢として稼いだカネで返済をしながら店に通ったが、売掛金は増えるばかりだったという。
「そんな生活をしていたある日、友達から『奢(おご)るから(A氏の店とは別の)ホストクラブに遊びに行こう』と誘われたんです」

前述したとおり、A氏は歌舞伎町のホスト界では有名人である。この優子さんの“浮気“は、すぐにA氏の耳に入った。売掛金を払わず、他の店に遊びに行った優子さんに、A氏はキレた。
「Aさんの店に呼び出されて、『なんで他の店に行ってんだよ!』と言われながら、左足で太ももを何十発も蹴られました。逃げようと思ったんですが、他にも関係者がいて囲まれていたのでそのまま耐えるしかありませんでした……」

この“回し蹴り“暴行現場に居合わせた、店の関係者もこう証言する。
「その日、優子はショートパンツ姿で、太ももは無防備でしたから相当痛かったと思います。後日、彼女が『大変なことになっている』と、蹴られた太ももの写真をSNSにあげているのを見て、Aを止めるべきだったと反省しました」

さらにA氏は、優子さんに対し、肉体的にだけでなく、言葉の暴力もぶつけていたという。
「毎週、売掛金を返しに行っていたんですが、そのときにいつも、『もしお前が飛んだら(逃げたら)、絶対に探し出して中国に肉便器として売り飛ばす』と言われていました」(優子さん)

本誌は12月半ば、勤務先の卓球クラブから出て来たAコーチを直撃した。

――歌舞伎町でホストとして働いていたのは事実でしょうか。
「はい。そうです」

――’18年の6月頃に女性に対して暴行を加えたと聞きました。
「それは一切ないです。ただ、ツケを払いたくないと言われて、話し合いにはなりました」
そう語ると、A氏は足早に歩き去っていった。

こんな暴力男が卓球日本代表を支えているとは……。絶好調の卓球ジャパンに暗雲が垂れ込めてきた。

 FRIDAY
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181230-00010001-friday-spo

写真 右から加藤美優選手、Aコーチ、石川佳純選手。A氏はカットマンとしてプロ選手の練習相手を務めていた
no title

【【卓球】<暴力男>石川佳純の練習パートナーが暴行!風俗嬢を回し蹴り「(逃げたら)肉便器として売り飛ばす」 】の続きを読む

このページのトップヘ