ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > スポーツ

スポーツ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

250px-Olympic_flag.svg

2020年東京オリンピック(五輪)の進捗(しんちょく)状況を話し合う国際オリンピック委員会(IOC)の事務折衝が12日閉幕した。

その後の会見で、昨今、インターネット上などで「ブラック」などと批判されているボランティアについて質問が飛び、IOCのジョン・コーツ副会長が感想を述べた。

「強制労働、支払いがなされるべきだと言われている。五輪があまりにも巨大化し、ボランティアがいなければ存続できないとの意見もある」と聞かれたコーツ氏。「ボランティアはボランティア。やりたくなければ申し込まなければ良いわけです。(例えば00年)シドニー(五輪の)ボランティアは今でも同窓会を開いている。同じユニホームを着てやったことに満足感があるのです。ユニホームも与えられるし、非常にエキサイティングな場所に参加できる。喜びを見いだしている。日本の国民にも是非真剣に検討してもらいたい。もちろん、気温のことも考えてシフトも考えないといけない」と答えた。

さらに厳しい質問も出た。「IOCは4年間で60億ドルを稼ぐ。たくさんお金がある。ボランティアに払ったらどうですか」と言われると、「60億ドルの90%は国際競技連盟や各国のオリンピック委員会に戻す。組織委には19億ドルを払う。国際競技連盟はFIFA(国際サッカー連盟)のようにたくさんの収入がないので、このお金に頼っている。(残り)10%のお金を使って、WADA(世界アンチ・ドーピング機関)とかスポーツ仲裁裁判所などに使う。ボランティアに払う根拠にはならないと思う」と説明した。

続けて「皆さんの日当も高いと思う。1日98ドル。ボランティアに1時間10ドルぐらい払ったらどうですか」と言われると「ここに来るコストという意味でそのお金は使う。個人的な経費でもかかる。IOCのクレジットカードがあるわけではないですから、その日当はそういう風に使う。これも(ボランティアに支払う理由に)当てはまらないと思う」と反論した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00328534-nksports-soci

【【東京五輪】<IOC(国際オリンピック委員会)>「ブラック」などと批判されているボランティアについて、嫌なら「申込まなければ」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180910-00036318-theanswer-000-12-view

日本の部活動の在り方を考える「THE ANSWER」の連載「ニッポン部活考論」。
今回のテーマは「部活と文武両道」。登場してくれたのは、サッカー日本代表GK川島永嗣(ストラスブール)だ。

埼玉の浦和東時代は部活はもちろん、勉強も疎かにせず、文武両道を徹底。
大学進学を勧められたほど学業優秀だった。

通常、スポーツ強豪校といえば、選手はスポーツに専念すればいいという風潮もあるが、若き日の川島の考えは一線を画していた。
果たして、なぜ、文武両道を貫いたのか。その裏にあった哲学とは。

そして、プロ入り後はベルギー、スコットランド、フランスと海外リーグを渡り歩き、日本語のほかに英語、フランス語、イタリア語、
スペイン語、オランダ語、ポルトガル語の7か国語を操る。
いかにして、語学を身に着け、日本サッカーの未来を左右する「言葉の壁」について思うこととは。独占インタビューで打ち明けた。

選手権、国体、インターハイと高校サッカー3大大会すべてを経験した浦和東時代。
全国レベルのGKとして「川島永嗣」の名を馳せながら、文武両道を貫いたことはサッカーファンには有名な話。その理由とはいったい、何だったのか。

「『サッカー部だから』と言われるのが嫌だった。サッカー部だから勉強しなくていいと特別扱いされるのが凄く嫌で……。
もちろん、部活はサッカーが中心で、全国大会で成果を残すことを考えている。でも、それで特別扱いを受けて当たり前と思ったりとか、
そういう環境だからできないと思われたりとかが嫌だった。だから、勉強を疎かにしたくなかったです」

高い意識は、とりわけ授業中に発揮されていた。人一倍の練習量を誇っていたため、当時の野崎正治監督(現・浦和南監督)に
「いつ勉強するんだ」と尋ねられると「授業中に全部マスターしますから」と返したことがあるという。

「学校では試験前の1週前から練習ができなくなる。それが嫌だった。1週間も練習を休むことはしたくない。
試験前に勉強をしないで済むために、どこで勉強するかと考えたら授業中しかなかった。宿題も嫌いだったくらい、授業以外でやることはしたくない。
それなら、とにかく授業中に先生が言っていることを聞いておけば、それ以外がテストに出ることは基本的にないわけだから、
授業は寝ないで聞く、ということは徹底していました」

通常、運動部なら授業中に寝ないと放課後の練習に体力が持たないと思ってしまうこともざら。
川島自身も「必死に起きていました」と笑う一方で「寝ているヤツは起こしていたくらい。サッカー部のヤツはもちろん、
逆に隣の席から話しかけてきたら『話しかけてくるなよ、今、授業中なんだから』なんて言っていました」と振り返る。
(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180910-00036318-theanswer-socc

【【サッカー】川島永嗣が「授業中に寝ない」を貫いた理由 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
打線の低調が敗因

no title


第12回BFA U18アジア選手権(宮崎)で高校日本代表は大会史上初の2連覇を逃した。過去2回の自国開催(1998年・大阪、2011年・横浜)では優勝を飾っていたものの、今回は“地の利”を生かすことができなった。9月10日、中国との3位決定戦を制して、何とか銅メダルを死守。来年に韓国で開催予定のU-18W杯の最後の出場1枠を獲得している。

 金メダル争いは今大会も「アジア3強」で繰り広げられた。韓国との一次ラウンドは5安打で1得点(敵失)、チャイニーズ・タイペイとのスーパーラウンドは2安打で1得点(犠飛)。攻撃力不足は明らかであった。木製バットは、反発力のある金属バットのようにはいかない。投手陣に目を向けると、先発と救援で2敗を喫した金足農高・吉田輝星はピンチでの「1球」の怖さを知ったという。とはいえ、ピッチャー全体では韓国戦は被安打3、チャイニーズ・タイペイ戦は被安打8と、実力を出し切ったと言える。だれが見ても、打線の低調が敗因であることは明らかであった。

 この点について、永田裕治監督は言及する。

「日本にとっては(木製バットは)永遠の課題ですけど、ルールの中で、短期間で(ベストの状態に)持っていかないといけない。(大阪)桐蔭の選手は木製を使う時期もあるようですが、(全体的に)もうちょっと、対応できたかな、と」

 永田監督は今年2月の高校日本代表の監督就任以来、センバツ甲子園、春の公式戦、夏の地方大会、選手権大会と、可能な限り球場へ足を運んで候補選手をチェックしてきた。

「選考もそういう(木製に対応できる)選手を選ぼうと言ってきたんですが……」

 思い描いた理想と、現実はかけ離れていた。毎年、高校日本代表チームは夏の甲子園大会閉幕から数日後に結成され、約1週間の調整を経て、大会本番へ入る過密日程となっている。

 隔年のU-18アジア選手権は毎回、8月下旬から9月上旬開催であるが、かつてU-18W杯は夏の甲子園期間と重複していたため、「高校日本代表」として出場することが難しかった。ところが、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は日本にぜひとも出場してほしいと、2012年から9月上旬に大会日程を変更した経緯がある。

 このスケジュールを動かすことは難しい。今回は8月25日に集合し、東京で3試合の大学生との練習試合(大学日本代表との壮行試合含む)、29日に宮崎入りし、31日の宮崎県高校選抜との壮行試合を消化して、9月3日に開幕した。

つづく

9/10(月) 16:02配信 ベースボールオンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180910-00000011-baseballo-base

【【アジアNo.1、世界一を目指すなら】高校野球も“国際基準”に合わせるべき「けん制と、ストライクゾーンが日本の野球とは違う」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
Dmm0ruEXsAAfnud

テニスの全米女子オープンで初優勝した大坂なおみ選手(20)の涙の表彰式に世界中から称賛が集まっている。相手のセリーナ・ウィリアムズ選手が反則や審判への暴言からペナルティーをとられたことに始まったブーイングの中で、「こんな結果になってごめんなさい。見てくれてありがとう」と語った大坂の感謝の言葉が大うけだ。

号泣シーンの大会公式ツイッターが再生250万回
このシーンをのせた大会公式ツイッターの再生は250万回に達し、さらに更新中という。

司会の小倉智昭「きょうも表彰式を見て泣いております」

キャスターの山崎夕貴アナ「ぐっときますね」

世界のメディアは大きく扱っている。スペイン紙は「世代間激突の結果の勝利」とし、アルゼンチンの新聞は「スター誕生」と報じた。「日本のセリーナ」と呼んだアルゼンチン紙もある。イギリスのザ・テレグラフは大坂の言葉や振る舞いを「不思議ですばらしい世界」と称えた。

ハイチの大統領は「誇らしく思う」と祝福のコメントを寄せた。大坂は日本人の母とハイチ人の父を持ち、大阪生まれ、ニューヨーク育ちだ。

古市憲寿(社会学者)「ハイチであり、米国でもあり、日本でもある。日本で独占したくないな」

小倉「世界中で人気者になるかもしれない」

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15288732/

【【テニス全米女子オープン初優勝】大坂なおみ、父の母国ハイチの大統領も「誇らしく思う」 世界中の「なおみ」人気が止まらない 】の続きを読む

このページのトップヘ