ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 米国

米国


20170319-00000027-jij_afp-000-2-view

【AFP=時事】米司法省は17日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領を批判してきた米誌ニューズウィーク(Newsweek)の記者にストロボ光を発するアニメーションを使ったメッセージを送り付け、てんかんの発作を起こさせた容疑でメリーランド(Maryland)州の男を逮捕したと発表した。

 てんかん患者であることを公言していたカート・アイケンウォルド(Kurt Eichenwald)氏(55)は昨年12月15日、テキサス(Texas)州ダラス(Dallas)の自宅オフィスで、ツイッター(Twitter)の「@jew_goldstein」というアカウントから送られたメッセージをクリックしたところ画面上で目がくらむようなストロボ光が点滅し始めた。アイケンウォルド氏はてんかんの発作を起こし、床に倒れているところを妻に発見された。

 テキサス州での殺害または身体的危害を加える意図を持ったサイバーストーキングの刑事告訴を受け、メリーランド州ソールズベリー(Salisbury)のジョン・R・リベロ(John R. Rivello)容疑者(29)が逮捕された。
有罪となればリベロ容疑者は最大で10年の自由刑を受けることになる。

 宣誓供述書によると、リベロ容疑者のツイッターアカウントを調べたところ、アイケンウォルド氏について「彼がてんかん患者であることを知っている」「これを送ることで彼が発作を起こしますように」などというメッセージが送られていたことが分かった。

 クラウドサービス「iCloud(アイクラウド)」のリベロ容疑者のアカウントからはアイケンウォルド氏が12月16日に死亡したとの偽情報を書き加えて改変されたオンライン百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」のページも発見された。

 昨年の米大統領選期間中一貫してトランプ氏を批判してきたアイケンウォルド氏には約31万9000人のツイッターのフォロワーがいる。

 アイケンウォルド氏の弁護士が米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)に語ったところによると、アイケンウォルド氏は数日間行動不能となり、片手の感覚を失い、数週間にわたって会話が困難になった。
アイケンウォルド氏は数年間、同紙で調査報道の記者として働いたことがある。

 アイケンウォルド氏は、この事件以降40以上のアカウントから「ストロボ光」を送りつけられ、それらの情報は連邦捜査局(FBI)に提供したとしている。【翻訳編集】 AFPBB News
AFP=時事 3/19(日) 16:01配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-00000027-jij_afp-int 
 

【【米国】トランプ氏に批判的な記者に対して「ストロボツイート」、てんかん発作起こさせた男を逮捕】の続きを読む

先日、ハッカーが米インディアナ州ランドルフ郡の地元FMラジオ局『WZZY 98.3』の放送システムに不正侵入、ゾンビが発生し、感染が広がっていると偽の警報を流したのだ。

同郡の保安官事務所は地域の住民に対し、「この地域でいかなる緊急事態も発生していない」と発表、フェイスブックに「当該ラジオ局に確認し、インディアナ州国土安全保障局に通報した。
繰り返すが、ランドルフ郡においていかなる緊急事態も疫病も発生していない」と掲載していた(現在は閲覧不可能)。

ハッカーがどうやって警報システムに侵入したのかについては現在調査中とのことだ。

no title

http://news.nicovideo.jp/watch/nw2672104?news_ref=top_latest

【「ゾンビ発生!感染拡大中」 米ラジオ局が乗っ取られ警報が流れる・・・】の続きを読む

20170228-00015380-forbes-000-2-view

今年のアカデミー賞授賞式のテレビ中継の視聴率は過去9年間で最低となった。

2月26日の第89回アカデミー賞の中継は全体平均で3290万人に視聴され、視聴者数は前年から13%下落した。18~49歳の視聴率は9.1%だった。昨年のアカデミーは3420万人が視聴し、18~49歳の視聴率は10.5%だった。

今年はグラミー賞もゴールデングローブ賞も視聴率を伸ばしており、アカデミー賞の視聴率も高まると見られていたが、期待が裏切られた形だ。

司会のジミー・キンメルはオープニングで「今や225の国々がアメリカを憎んでいる」とドナルド・トランプを批判したほか、受賞者の中からも反トランプ的発言が多くあがった。しかし、政治的空気の高まりは現在の分断化したテレビ市場の追い風とはならなかった模様だ。

視聴率調査企業のSamba TVの担当者は次のように分析する。「共和党支持者が好むFox Newsの視聴者に関して言うと、昨年のアカデミーを観た人々のうち、今年もアカデミーを観たのは42%だった。そして、彼らは番組で政治的議論が高まった瞬間にテレビを消した。消えた視聴者の半分以上がFox Newsを常に観ている層だった」

また、興行成績の良い作品が最高峰の作品賞を受賞しなかったことも視聴者離れにつながった。作品賞は貧しい黒人青年の成長を描いた「ムーンライト」に贈られたが、この作品の興行収入はわずか2200万ドルだ。それに対し、作品賞の大本命と期待された「ラ・ラ・ランド」の興行収入は世界で3億7000万ドル(約416億円)に達しようとしている。

一方でケーブルテレビ契約を解約する「コード・カッティング」の流れも、毎年の視聴率の減少を招いている。eMarketerのデータでは米国成人の5人に1人が今年、伝統的な有料TVを観なくなり、170万人が今年ケーブルや衛星テレビの契約を解除するという。

ツイッター上でのアカデミーに関する投稿数も前年には及ばなかった。午後5時30分から午前1時の間で、ハッシュタグ#Oscarsの投稿数は1470万件だったが、前年は2420万件だった。投稿数が飛躍的に伸びたのは、作品賞の受賞作に誤って「ラ・ラ・ランド」が挙げられた瞬間で、100万を超えるツイートが発生した。

また、司会のジミー・キンメルが番組内でスマホを取り出し「ヘイ、トランプ起きてるか?」とツイートしたところ、授賞式の終了時点で21万回以上リツイートされ、アカデミー賞の歴史始まって以来、最もリツイートされた投稿となった。

総じて言えば今年のアカデミーは「視聴者のトランプ疲れ」に襲われたようだ。そして、ツイッターだけはその被害をのがれようとしているのかもしれない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170228-00015380-forbes-ent

【【アカデミー賞】視聴者のトランプ疲れ? TV視聴率は過去最低に・・・】の続きを読む

34th-golden-raspberry-awards-nomite_00

ヒラリー氏を批判の映画、米「最悪賞」で4冠に

読売新聞 2/26(日) 20:53配信

米映画界の年間ワースト映画に贈られる「ゴールデン・ラズベリー賞」の2016年受賞作品が25日、ロサンゼルスで発表され、大統領選で敗北したヒラリー・クリントン氏(69)を批判するドキュメンタリー映画が、作品賞など四つの賞を受賞した。

トランプ米大統領に批判的で、リベラル色が強いハリウッドの「意趣返し」を示した結果となった。

映画の原題は「ヒラリーズ・アメリカ ザ・シークレット・ヒストリー・オブ・ザ・デモクラティック・パーティー」。
ベストセラー作家のディネシュ・デスーザ氏が監督と出演を兼務し、クリントン氏と「民主党の秘史」の問題を指摘する内容だ。
選挙期間中に公開され、「クリントン氏に対するネガティブ・キャンペーンだ」と話題になった。
デスーザ氏は監督賞と男優賞も受賞した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00050108-yom-ent

【【ゴールデン・ラズベリー賞】ヒラリー氏批判の映画、米「最悪賞」で4冠に ハリウッドの意趣返し?選挙期間中に公開】の続きを読む

このページのトップヘ