ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 米国

米国

no title

CNN.co.jp : 動画撮影中に誤って恋人射殺、本を貫通した弾丸が胸に 米

(CNN) 米ミネソタ州の女性が、インターネットに投稿するための動画を撮影中、誤って恋人の男性を射殺する事件を起こしていたことが29日までに分かった。

女性は胸の前で本を構えた男性に向かって発砲。男性は本の厚さで弾丸が止まると考えていたが、弾丸は本を貫通し男性の胸に命中した。

事件が起きたのは26日夜。女性が誤って恋人を撃ってしまったと緊急通報ダイヤルの911番に電話した。

女性が警察に語ったところによると、男性は以前から、自らが女性に銃で撃たれる動画をユーチューブに投稿したがっていたという。撮影には2台のカメラを使用。男性は胸の前に本を構え、安全だからと言い聞かせて1フィート(約30.5センチ)ほど離れた位置から女性に引き金を引かせた。危険な行為によって動画が注目を集め、広く拡散するのを期待したとみられる。

ところが50口径の拳銃から飛び出した弾丸は本を貫通して男性の胸に命中。男性は死亡し、女性には第2級故殺の容疑がかけられた。有罪になれば禁錮10年、罰金2万ドルの刑が科される。告発状によれば問題の動画は証拠として扱われており、ネット上に投稿はされていない。

男性と女性の間には子どもが1人おり、女性は現在妊娠7カ月。

詳細はソースにて
https://www.cnn.co.jp/usa/35103517.html?tag=top;topStories

【【撃ってみた】胸の前で本を構えた恋人に向かって発砲する動画撮影、貫通した弾丸が胸に】の続きを読む

 米国が、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権に激高している。約17カ月間も不当に拘束され、昏睡(こんすい)状態で解放された米国人大学生、オットー・ワームビア氏(22)について「拷問死」との見方が強まっているのだ。

 中国による「対北圧力」が期待外れとなるなか、ドナルド・トランプ政権が「先制攻撃の大義名分」を手に入れ、「日米韓の拉致被害者奪還作戦」の検討に入ったという分析もある。

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の暴走に、「恩知らず!」と激憤したというトランプ大統領。ジャーナリストの加賀孝英氏が最新情報を報告する。

 「ワームビア氏は、正恩政権に殺された。米国は、敵対勢力によって、(米国)市民が殺されるのを、断じて容認することはできない」

 「不当に(ワームビア氏を)拘束した責任は(正恩氏に)負わせる」

 米共和党の重鎮、ジョン・マケイン上院議員と、レックス・ティラーソン国務長官は19、20日、北朝鮮をこう糾弾し、報復を断言した。

 トランプ大統領も激怒し、「北朝鮮当局の残虐な行為を非難する」との声明を出すとともに、「無実の人々が捕らわれる悲劇を防ぐ」ため、米国民の北朝鮮への渡航禁止の検討を、命じた。

 旧知の外務省関係者はこういう。

 「米国のテレビが執拗(しつよう)に『彼は殺された』と報道し、北朝鮮を非難している。米全土、一般市民から、北朝鮮に対する激しい怒りが吹き出している。こんな事態は、初めてだ」

 ワームビア氏が北朝鮮に拘束され、死亡した経緯は以下の通りだ。

 《昨年1月、北朝鮮旅行の帰国直前、ホテルから展示物を盗み、持ち帰ろうとしたとして拘束された。同年3月、『国家転覆陰謀罪』で労働教化15年の判決。今月13日、昏睡状態で解放されて帰国し、死亡した。脳組織の多くが壊死(えし)していた。北朝鮮は『ボツリヌス菌に感染した』『誠意をもって治療した』と説明したが、米医療機関の検査では、菌など発見できなかった》

 米情報当局関係者は激怒して、こういう。

 「すべてウソ。死因は拷問と虐待だ。それに、彼は何も盗んでいない。帰国の際、自分の靴を、部屋にあった朝鮮労働党機関紙、労働新聞で包んだ。新聞に正恩氏の写真があり、『不敬罪』でハメられた。計画的だ」

 「逮捕から5日後、北朝鮮は『水爆』と称した4回目の核実験を強行した。全世界に玉砕覚悟のケンカを売った。一番怖い米軍が攻撃できないように、ワームビア氏を人質にした。そして、口封じの拷問で殺された」

 人の命を何だと思っているのか! 無実の人間にぬれぎぬを着せ、拷問死に追い込むなど、断じて許すことはできない。

詳細はソースにて

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170627/soc1706270010-n1.html
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170627/soc1706270010-n2.html
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170627/soc1706270010-n3.html


no title
【【裏切り韓国に罵声】トランプ氏「恩知らず!」 大学生「拷問死」に全米激怒、「日米韓の拉致被害者奪還作戦」検討も】の続きを読む

765x430

米国内店舗数は2016年に1.3%減少
米国販売は鈍化したが、海外事業は成長続ける

サンドイッチチェーンの米サブウェイ・レストランツは昨年、米国内で数百店舗を閉鎖した。数十年かけて全米に店舗を拡大させた同社は、これまでで最も大幅に店舗網を縮小させた。
  米国内の店舗数は2016年に359カ所減り、初の純減。15年の2万7103カ所から1.3%減少し2万6744カ所となった。
  同社は新興のファストフード店の台頭や、値引きや販売促進策に依存する業界慣行を背景に米国で販売鈍化に見舞われている。
ヘルシーフードとしての輝きが鈍ったことに対応し、抗生物質を使用しない鶏肉や平飼い卵の使用への切り替えを進めて地位回復に取り組んでいる。
一方、海外では成長を続けており、昨年の米国外売上高は3.7%増加し58億ドル(約6330億円)に上った。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-04-21/OOQPHJ6TTDS101

【【サブウェイ】米国で数百店舗閉鎖…歴史的な店舗網縮小、新興店の台頭などで販売鈍化】の続きを読む

president-donald-trump

ワシントン(CNN) 米西部オレゴン州の男性が臨終に際して、「ドナルド・トランプ大統領が弾劾(だんがい)された」といううその報告を受けて、安らかに死去したとの死亡記事が地元紙に掲載されたことが19日までに分かった。

男性の死亡記事が掲載されたオレゴニアン紙によれば、マイケル・ガーランド・エリオットさんは今月6日、元妻で親友のテレサ・エリオットさんから「ドナルド・トランプ(大統領)が弾劾された」との報告を受けた後、「安らかに」亡くなったという。

オレゴニアン紙によれば、「結婚生活は暗礁に乗り上げたものの、彼らの友情は強くなるばかりで、マイケルさんが最後に耳にした声は彼女のものだった。そして、彼女が最後に彼に告げたのは『ドナルド・トランプ(大統領)が弾劾された』だった。それを聞くと、彼は最後の安らかな呼吸をして、この世での仕事を終えた」という。

マイクさんは、1940年ごろ、バージニア州シャーロッツビルで生まれた。おそらくトランプ大統領のファンではなかったとみられる。

もちろん、トランプ大統領は弾劾されていない。
http://www.cnn.co.jp/m/fringe/35100037.html 
 2017.04.19 Wed posted at 19:02 JST

【【米国】「トランプ氏が弾劾された」、嘘の報告で安らかに死去】の続きを読む

このページのトップヘ