ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 話題

話題

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
『週刊少年ジャンプ50号』(11月12日発売)に掲載された「HUNTER×HUNTER」(冨樫義博=作)の最新話には、ほとんど文字だけのページが出現した。
元々、ストーリーが複雑で文字数が比較的多い漫画ではあったが、ネットでは「とうとう絵が消滅してますけど」「冨樫さんは絵を置き去りにした」と話題になっている。

約半年の休載を経て、9月22日に連載を再開した同作。
現在は、暗黒大陸に向かう船の中で、カキン帝国の次期王の座を巡って、王位継承戦が行われている。

キャラクターの1人が9コマに渡って考察を展開 「もう小説でいいよね」
王位継承戦では、14人の王子とその私設兵、王子に雇われたハンターのそれぞれが念能力という特殊な能力を使って戦う。
最後に生き残った王子が、王位を継承するというルールだ。

誰がどのような念能力を持っているのかお互いに分からず、また自分自身の念能力を発動させる条件があることがある。
そのため相手がどのように行動するのか緻密に計算し、頭脳戦の様相を呈している。

第1王子ベンジャミンの護衛・リハンは最新話で約1.5ページ・9コマに渡って、今後の行動についての思案を繰り広げた。
思案の最初の方ではまだリハンの横顔が描かれていたものの、後半になると、絵も背景もなく、ただ文字だけが並べられている。

「(前略)敵の能力を知る能力、敵の能力を打ち消す能力、敵の能力を奪う能力等、私と同様相手の念能力に対抗するタイプの能力が多く発現するのは必定!手をこまねいている程リスクが高くなる…!動くなら早い方がいい(後略)」

文字だけでのコマは他のページにも複数ある。
こうした表現について、ネットでは、「挿絵の多い小説」「もう小説でいいよね」といった声が上がっている。
また設定があまりにも複雑なため、「漫画で頭使いたくない」「もうわかんない」といった嘆きも散見された。

過去には、見開きページが丸ごと日記に費やされたことも
同作では、適当な作画がジャンプに掲載され、単行本で修正されることも何度かあった。
特に186話から318話に掛けて展開されたキメラ=アント編では、きちんとペン入れをしていないのではないかと思われるようなラフな絵がしばしば掲載されていた。

そのため「別にネームが多いのは個人的に全く気にならんが画がないのはいかがなものかと」という意見も出ていた。
ラフなものでも構わないから、なんらかの絵がほしいということだろう。

しかし冨樫義博さんは1995年から1997年に掛けて連載された『レベルE』で見開きをまるごと日記に費やすということをしている。
そのため冨樫作品の読者の中には「今更驚かん」という人も少なくなかった。

http://news.livedoor.com/article/detail/15588573/

ほとんど文字だけページが出現「HUNTER×HUNTER」
no title

【【これは!?】「HUNTER×HUNTER」にほぼ文字だけのページが出現!「もう小説でいいよね」「冨樫が絵を置き去りにした」と話題に 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
DqypPPUXQAABOGU

 ロシア国営の宇宙企業ロスコスモスは6日、国際宇宙ステーションのロシア側区域内にあるコンピューター1台がクラッシュしたと明らかにした。

 発表によると、トラブルが発生したのはロシア側にある3台のコンピューターのうちの1台で、プログラムが異常終了したという。
復元するには「再起動」しなければならず、ロスコスモスではこの作業を今月8日に行うとしている。
ISSの運用には何ら影響がないとしており、現在は残る2台を使用中だ。

 ISSの運用をめぐっては、ロシアは先月、交代要員2人を乗せたソユーズ宇宙船の打ち上げに失敗し、現在は米ロ独3人の宇宙飛行士だけでミッションを行っている。
その後の調査で宇宙船を搭載したロケットのセンサー部品が変形していたのが原因で、誤作動を起こしたことがわかったため、来月3日にも有人飛行任務を再開したい考えを表明している。

 今月20日で打ち上げから20周年を迎えるISSは、もともと2016年にミッションが終わるはずだったため、
設備や部品の老朽化が進んでおり、宇宙飛行士がたびたび船外で修理活動を行っている。

国際宇宙ステーション「ロシアのコンピューターがクラッシュ!」再起動の必要性
https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/7/27194.html

【【衝撃】国際宇宙ステーションにある3台のコンピュータのうち1台が暴走したと発表 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
材料費だけを引き合いに出し、販売価格が「高い」と値下げ要求されたという訴えが、ハンドメイド作家から相次いでいる。

レジンを使用したハンドメイドのアクセサリーなどを販売する「blue*forest」は、値下げを求める購入希望者とのメッセージのやり取りを公開。
この購入希望者は、1200円で販売予定のキーホルダーに対し「500円くらいとか無理ですか?」と指値を提示。
その根拠は、「そんなに材料費とかかかってないと思うので」「材料費100円とか200円とかじゃないんですか?」というものだった。
作家が、高い素材を使用していることや、繊細な作業が必要で加工に時間がかかることなどを丁寧に説明するも、「作業代で1000円くらいしてるんですか?」と反論。
その後も、「他の人も500円にしたら喜ぶ」「高いですって忠告ですよ」などと強引に値下げを求め、やり取りは平行線に終わった。

ハンドメイド作品をめぐっては、日本テレビのバラエティ番組「ヒルナンデス」が材料費180円、販売価格1180円などと稼げる副業として紹介。
別のハンドメイド作家は、「今日のフリマはただただ心に傷が付いただけでした。
材料費かかってなさそうなのに…こんなに小さいのに…【高い、高い、高い】」とTwitterに投稿。「テレビのやつはこんなに高くなかったわよ、とも言われました。
ヒルナンデスの悪影響、確実にハンドメイドの作家さんにダメージが出てますよ」と訴えている。

「材料費100円とかでしょ」ハンドメイド作家に心無い値下げ要求 テレビ番組が材料費と販売価格の差が大きいと放送
https://news.biglobe.ne.jp/trend/1106/blnews_181106_2367196863.html
no title

no title

no title

no title

no title

【「材料費100円だろ!もっと安くしろ」 無茶を要求する客にアクセサリーショップがブチ切れる 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20181024-00010001-nshaberu-000-1-view

日本人初世界3階級制覇の元プロボクサー亀田興毅がラジオ番組に出演し、現役時代のエピソードや怪物・井上尚弥について、そしてボクシング界への率直な思いを語った。

亀田興毅が言及!「ボクシング界はファイトマネーが安すぎる!」
高嶋ひでたけ、里崎智也、亀田興毅
現役時代、「ビッグマウス」と言われていたが、実は人見知りで全て名を上げるための戦略だったという亀田。
父親の史郎氏は「強いのは当たり前だが、プロで稼ぐ為には知名度が大事。」と、考えたそうだ。
「世界チャンピオンの選手でもアルバイトをして生計を立てている選手もいるんですよ」と語る。

そこで、「ヒール(悪役)の方が名前が知れ渡るのが早い。」ということで、亀田がデビューするという時、
父・史郎氏に「お前はビッグマウスで行け!」と言われ、人見知りだった亀田は訳のわからない状態だったという。

パーソナリティの高嶋ひでたけは「僕の好きな言葉は、スシソバ選手に“焼きそばにしたる!”っていうのが…スゴイね(笑)」と明かすと、
亀田は「もうね。こんなアホなことばっかり言ってたんですよ。恥ずかしいですわ…。」と苦笑し、笑いを誘った。

また、亀田は現在のボクシング界に「ファイトマネーが安すぎる!」と苦言を呈した。
「世界チャンピオンなら1試合1億は稼げるような業界にしたい。年間3試合ぐらいしかできないんですよ?選手生命も短いし…。
もっとボクシングに夢が持てるような業界にしていきたいんですよね。」と今後の展望を語り、
WBSSバンタム級1回戦を突破したWBA王者・井上尚弥選手の名を挙げ、「彼のようなすごい選手はもっともっと貰わなアカン。」と言及し、この話題を締めくくった。
(10月20日放送 ニッポン放送「高嶋ひでたけと里崎智也 サタデーバッテリートーク」より)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181024-00010001-nshaberu-spo
10/24(水) 12:11配信

【【亀田興毅が言及!】「ボクシング界はファイトマネーが安すぎる!」 】の続きを読む

このページのトップヘ