ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 話題

話題

車いすの若者たちのために約20年にわたって仕事をしてきたマリオ・ビジェンティーニ(Mario Vigentini)さん(45)は、使用者と立っている人が同じ目線になれる車いすを開発し、車いすの人々の生活の質を革命的に向上させたいと考えてきた。

 ビジェンティーニさんは、電動立ち乗り二輪車「セグウェイ(Segway)」から着想を得て、中腰の高さで利用でき、手を使わずに操作できる車いす「マリオウェイ(MarioWay)」を開発した。座面の位置を高くしたことで、「マリオウェイ」の使用者はバーのカウンターで飲み物を頼んだり、棚の高い場所から本を取り出したりできる。


詳細はソースにて
http://www.afpbb.com/articles/-/3137918?act=all 
no title
【【高い目線で手を使わない?!】新しい車いす誕生 「マリオウェイ」】の続きを読む

maxresdefault

18日に全国公開したアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」に酷評が噴出し、ネットで話題になっている。

同作はもともとは岩井俊二監督が90年代に手がけたテレビドラマ、および映画作品だが、18日にアニメ映画として公開。
広瀬すず、菅田将暉、宮野真守ら当代の人気俳優、人気声優を起用したことでも話題を呼んだが、その内容に対する反応は芳しくないようだ。

とあるTwitterユーザーが公開同日、Twitter上に寄せられた同作のレビューをまとめたものを投稿し「酷すぎて逆に気になりすぎる」とつづった。


詳細はソースにて

 トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/13493179/ 
【【酷評が噴出】アニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」映画レビュー「中身がスカスカ」】の続きを読む

20170818-00000063-wwdjapan-000-6-view

ゾゾの「ツケ払い」利用者が100万人を突破 利用者の7割は女性

ファッションEC「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイが18日、
支払いを2カ月延長できる決済サービス「ツケ払い」の利用者が100万人を超えた
ことを発表した。これに合わせて、同社は「ツケ払い」の利用者属性をはじめて公開。
利用者の男女比では、女性が68%と過半数を占めることがわかった。また、年齢別では、
20代の利用が最も多く全体の41.2%。続いて30代が全体の25.7%だった。

詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170818-00000063-wwdjapan-bus_all

【【ファッション】ゾゾタウンの「ツケ払い」利用者が100万人を突破・・・利用者の7割は女性】の続きを読む

no title

 第157回芥川賞に「真ん中の子どもたち」という作品でノミネートされた台湾生まれの作家・温又柔(おん・ゆうじゅう)氏(37)が、同賞の選考委員を務めた作家・宮本輝氏の「選評」にツイッターで怒りを露わにしている。

 「もどかしく悲しく怒りに震えました...」――。宮本氏の選評が2017年8月10日発売の月刊誌「文藝春秋」に掲載されて以降、温氏はこうした怒りのツイートを何度も投稿している。一人の作家をここまで立腹させる選評とは、いったいどんな内容だったのか。

■「他人事を延々と読まされて退屈だった」

詳細はソースにて

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000009-jct-soci&p=1

【【これはもう差別発言?】宮本輝氏「芥川選評」が大物議!「他人事を延々と読まされて退屈だった」】の続きを読む

このページのトップヘ