ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 話題

話題

tomino

『ガンダム』生みの親・富野由悠季が感じた手塚治虫・宮崎駿の凄み

日本を代表するアニメコンテンツ『機動戦士ガンダム』の原作者としても知られる富野氏は、75歳にして劇場版アニメ『Gのレコンギスタ』を制作中。

日本のアニメ界を創世記から支えてきた巨匠・富野由悠季。日本を代表するアニメコンテンツ『機動戦士ガンダム』の原作者としても知られる富野氏は、75歳にして劇場版アニメ『Gのレコンギスタ』を制作中であることを公表。



■『君の名は。』も映画とは思えない部分がある

「東宝でいうと、初代の『ゴジラ』(1954年)はまだ許せます。
しかし、技術的に実写とミニュチュアのバランスがすごく悪い。
そうしたものを演劇的に調整してなめらかに見せる配慮がみえない。
庵野(秀明)監督の『シン・ゴジラ』(2016年)でようやくこなれてきた印象はあります」。
しかし、その前のハリウッド版『GODZILLA』は、「“好き”というだけの人たちが集まって作った映画でしょ?」 と喝破する。「ヘリコプターがミサイルを撃っていれば気が済む。街を壊す絵で気が済む。そういうのが好きな人に作らせればいいものができると思っている。
『君の名は。』も映画とは思えない部分がある」と同氏。

「けれども、芸能というのは客を集めてナンボの世界だから、その部分だけでいえばあれでよいともいえるから全否定はしません。ただ、動員数に屈服してしまって、映画評論家といわれる人たちが映画の内容に対してきちんと評価できていません。

そんな評論だと新海(誠)監督が堕落していくだけだよと言いたいですね」と、映画界への指摘も容赦がない。富野氏は、“映画好き”に映画を作らせちゃいけないと、なぜわからないのかと繰り返し強調する。

「なぜこんなことを言うかというと、自分の作る映画がヒットしないからで、負け犬が吠えているだけです(笑)」

詳細はソースにて
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12173-oric2098900/

【富野監督『「アニメ好き」「ロボット好き」が作った映画は劇としての面白みがない』『君の名は。も映画とは思えない部分がある』】の続きを読む


■またも危険運転
この事故に似たような危険運転がまたも発生しSNSで拡散している。トラックの運転席から撮影された動画で、国道8号線を走っていたトラックの前に走っている白い乗用車が進路妨害するというもの。
乗用車の運転手は運転席から手を振り煽るような仕草。その後徐行速度になり、トラックの進路を妨害、更に速度を落とし最終的に停車。

詳細はソースにて
http://gogotsu.com/archives/33914
http://fast-uploader.com/file/7063593130620/
no title

【【危険運転】トラックの前で進路妨害し停車する動画が拡散 東名高速の夫婦死亡事故から何も学ばず…】の続きを読む

a06cf_1110_20171011-180804-1-0000

同性愛者であることを暴露され自殺に追い込まれたとして、一橋大学の元大学院生の遺族が、同級生らに損害賠償を求める裁判を起こした。
裁判資料などから新たな事実が明らかになり、遺族が初めてカメラの前でその胸の内を明かした。

     ◇

仏壇の前で手を合わせる女性。2年前、息子のAさん(当時25歳)を亡くした。

Aさんの母「裁判が終わったら納骨しようかなと。まだ踏ん切りがつかない、というところですね」

2015年8月、一橋大学のロースクールに通っていたAさんが、同級生に同性愛者であると暴露されたことを苦に自殺。
遺族は暴露した同級生らを相手取り、損害賠償を求める裁判を起こし、現在は非公開での協議が行われている。

提訴から1年。Aさんの両親と妹が初めて自らの思いをカメラの前で語った。

Aさんの妹「困っている人に寄り添えるような弁護士になりたいと言っていたのを覚えてますね」

弁護士を目指して勉強中だったAさんは、なぜ自ら死を選んでしまったのか。

詳細はソースにて

http://news.livedoor.com/article/detail/13734564/ 
【【LGBTQ】元一橋法科大院生、元同級生の男、約束破りアウティング”、自殺に追い込み、未だ謝罪ナシ…裁判中】の続きを読む

ダウンロード

日系の英国人作家カズオ・イシグロ氏(62)が今年のノーベル文学賞受賞者に決定してから一夜明けた6日、受賞には至らなかった日本の作家・村上春樹氏(68)について、文芸評論家の川村湊氏は「村上さんの受賞は遠のいたと思います。少なくとも7、8年後でしょう」と分析した。

詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171007-00000027-sph-soci

【【村上春樹のノーベル文学賞遠のいた?】文芸評論家・川村湊氏「少なくとも7、8年後」 】の続きを読む

このページのトップヘ