ジャックログ

ジャックログは ニュース まとめサイトです。

トップページ > 話題

話題

2e535_188_5909086b_3d03f57d

 18日深夜放送のラジオ番組「山里亮太の不毛な議論」でお笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、アニメ作品において芸能人が声優を担当することに反対姿勢を示し、本業である声優が担当した方がいいと主張した。

 2012年4月28日公開のアニメ映画「きかんしゃトーマス ディーゼル10の逆襲」でディーゼル10役を担当した山里。
オファーを受けた際には「原作とか色んなものを壊してしまうのがイヤだから」と拒否したが、製作側から「全然大丈夫」と説得され、声優に挑戦。
しかし、山里の不安が的中。作品が公開されると同シリーズのファンから猛烈な批判を受けたという。

 その苦い経験を踏まえ、山里は「餅は餅屋。本当に絶対声優さんがやった方がいい、アニメの声は」と主張。
「演技ができてようがなんだろうが、芝居できるレベルじゃないんだよ。声優さんの出す声の感じと、アニメに命を吹き込む感じって」と自身が感じた印象を語った。
http://news.livedoor.com/article/detail/12561888/ 
2017年1月19日 15時0分 リアルライブ 

【【芸能人のアニメ声優に反対姿勢】山里亮太 「餅は餅屋。絶対に声優がやった方がいい」】の続きを読む

問題のマナー広告は、東急電鉄が1月9日から、駅の構内ポスターとして使用。
公式サイトにも掲載している。足を組んだり広げたりして座っている乗客に挟まれた女性が、足を揃えて席に着く写真が使われている。
女性が履いている黄色いハイヒールに焦点をあて、「ヒールが似合う人がいた。美しく座る人だった。」 というキャッチコピーを添え、周囲に迷惑をかけない「スマートな着席」を呼びかけている。

この広告を見た人たちからは、「ヒールをはいた女性は足を閉じて座るときれいなんて、お節介で抑圧でしかない」「迷惑なのは両隣の男性なのだからそちらに訴えたほうが良いのでは」などとTwitter上で批判が続出。
自作のイラストや他の鉄道会社の広告を引き合いに出し、「もっとダイレクトに伝えるべき。
迷惑行為の深刻さが伝わらない」といった表現方法に疑問を投げかける意見も相次いだ。


問題になった広告↓
no title

クレーマーが改善した広告
no title


2017年01月19日 13時33分
http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/19/tokyu_n_14260560.html?ncid=tweetlnkjphpmg00000001

【【難癖クレーマーで大炎上】東急広告「ヒールが似合う人がいた 美しく座る人だっだ」】の続きを読む

20170112s00001173156000p_thum

NPBエンタープライズは1月12日、野球日本代表と「キン肉マン」のタイアップを発表した。

 キン肉マンやウルフマン、ビッグ・ザ・武道らの超人が侍ジャパンのユニフォームをまとったイラストが公開されたほか、キン肉マン風の侍ジャパンロゴを制作するという。さらに2月28日と3月1日に行われる壮行試合で、オリジナルグッズがもらえるキン肉マンシートを販売する。

「小久保監督率いる侍ジャパンは一向に人気が上がる気配がありません。すでに上原浩治と前田健太はWBC不参加を表明しており、ダルビッシュも所属のレンジャーズから参加しないよう求められています。そんな状況を打破してなんとか注目を集めようと苦肉の策でコラボしたのでしょう」(スポーツ紙記者)

 ところが、キン肉マンは野球と何も関係がないため、野球ファンから『何でキン肉マンなのか?』という声が上がる始末。NPBエンタープライズの手腕が疑問視されている。

「キン肉マンが実は野球好きという設定でもあればコラボも納得なのですが‥‥。一応、漫画ではキン肉マンが日本代表として超人オリンピックを戦ったからというのが理由のようです。ですが、キン肉マンはキン肉星出身で、たまたま日本に住んでいたから日本代表になっただけなんですけどね(笑)」

 あまりの不人気に今回が最後の大会になるという報道が飛び出しているWBC。キン肉マンが「屁のつっぱりはいらんですよ」とばかりに、盛り上げてくれることを祈りたい。

http://www.excite.co.jp/News/sports_g/20170116/Asagei_73741.html

【【野球ファン呆れ顔・・・】野球日本代表・侍ジャパン、「キン肉マン」との意味不明なコラボwwwwww】の続きを読む

JR東日本が企画した「ドラゴンボールスタンプラリー」に転売屋が群がっていることが、当編集部の取材により判明した。「ドラゴンボールスタンプラリー」は、JRの駅をめぐってスタンプを押し、スタンプの数によってカードがもらえるイベント。

・かなりの根気が必要
チビッ子や親子、ファンなどをターゲットとした企画で、1駅に1スタンプしかないことから、全65駅をめぐるのはチビッ子にも大人にも、かなりの根気が必要だ。そんな「ドラゴンボールスタンプラリー」に転売屋が群がっているというのだ。

・3000~10000円あたりで転売
転売屋は一度に複数のスタンプ帳を用意してスタンプ。数十冊スタンプして次の駅に行き、またスタンプを押して次の駅に移動。そうして得た特典カードを転売しているのである。これがなかなかのお金になるようで、カードの数や種類にもよるが、3000~10000円あたりを相場として転売しているようである。

・数十冊のスタンプ帳に一気にスタンプ
本当に転売屋がいるのか確かめるべく、実際に駅に出向いて張り込みをしていたところ、どう考えてもファンには見えないオッサンが、数十冊のスタンプ帳に一気にスタンプを押しまくっている現場に遭遇。

記者は複数のオッサンたちに「すいません取材なのですが、ファンの方ですか? そんなに大量のスタンプ帳どうするんですか?」と聞いたところ、無言で立ち去るか「わからない」「ファンじゃない」「売んの」などと言って立ち去った。複数の駅で取材したが、同様の光景を目にした。

「子どものためのパパだけスタンプしに行く」なんて家庭もあるかもしれないが、こういうイベントは自分でスタンプをするからこそ楽しいもの。転売品を買っても面白くないと思うのだが、皆さんはどうお思いだろうか。

http://buzz-plus.com/article/2017/01/17/dragonball-rally-jr/
no title
【【衝撃】JR東日本ドラゴンボールスタンプラリーに転売屋が集結! コンプリート目指し65駅めぐり(笑) 】の続きを読む

このページのトップヘ