ジャックログ

ジャックログは ニュース まとめサイトです。

トップページ > 話題

話題

o0596033513210916159

フェイスブック利用者の投稿件数が大きく減少していることが、最新の調査によって明らかになった。
マーケティング企業のMavrckは、2016年のフェイスブック上の投稿2,500万件を調査したレポートを発表した。
それによると、ユーザーによる投稿数が2015年に比べて29.49%減少したという。

一方、ニュースフィードのエンゲージメントは7か月連続で減少していたが、2015年9月から2016年3月にかけてプラスに転じた。
これは広告よりも、ユーザーからの投稿や動画を優先表示するようにアルゴリズムを変更したことが原因と思われる。
広告主たちの希望に反し、広告表示を減らした方がフェイスブックにとってメリットが大きいことになるが、収益面とのバランスを図ることが今後の課題になる。

今回の調査結果で注目すべきキーワードは、「アルゴリズムのアップデート」だ。
フェイスブックが定めたルールにユーザーは良くも悪くも大きな影響を受け、それが嫌であれば退会するしかない。
フェイスブックは、退会者は増加していないと述べているが、Mavrck の調査結果は、ユーザーらの利用法や目的が以前から大きく変化していることを示している。
今回の調査では、他にも以下のような興味深いデータが示された:

・2016年の1投稿当たりのエンゲージメントは、2015年に比べて15.14%減少した。
・投稿に対するエンゲージメントの基本指標は全て減少した。1投稿当たりの「いいね!」は7.87%、「コメント」は37.47%、「シェア」は27.8%減少した。
・一般ユーザーの投稿に対するエンゲージメントは、企業による投稿の6.9倍高かった。

今回Mavrckが分析した2,500万件の投稿は、友達数が500?5,000名の一般ユーザー100万人の投稿が対象となった。
2017年は、フェイスブックにとって重要な年になる。

スナップチャットや中国のSNSとの競争が激化することが予想されるほか、偽ニュースに対する対策の強化も求められる。
また、中国進出の糸口はまだ見えておらず、多くのユーザーはサービスに飽き始めている。
これらの取組みの成否は、ザッカーバーグが先日示した10年プランを達成する上で重要な試金石となるだろう。

http://blogos.com/article/211438/

【【\(^o^)/】フェイスブック 「ユーザー離れ」鮮明に 投稿数が3分の2】の続きを読む

http://natalie.mu/comic/news/221891
2017年2月22日 21:52

「ATOMプロジェクト」の発足発表会および「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」の創刊発表会が、本日2月22日に東京・時事通信ホールにて行われた。

講談社、手塚プロダクション、NTTドコモ、富士ソフト、VAIOの5社が、手塚治虫「鉄腕アトム」の世界観をベースに、ロボットという新しいエンターテイメントデバイスの可能性を開拓する「ATOMプロジェクト」を発足。
プロジェクト第1弾として、パートワーク方式でユーザーがパーツを組み立てる「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」を創刊する。

「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」でユーザーが組み立てるのは、アトムをモデルにしたコミュニケーションロボット・ATOM。完成すると、身長は本物のアトムの1/3にあたる約44cm、重量は約1.4kgになる。
ロボット本体のOSとアプリケーションの設計は富士ソフト、モデリングとキャラクター監修は手塚プロダクション、基盤の実装と希望者への組み立て代行サービスはVAIOが担当。
そして人間との対話を担い、ATOMと会話すればするほど成長していく「自然対話プラットフォーム」はNTTドコモが提供する。

ATOMは頭部に搭載されたカメラで子供、成人男性、成人女性、高齢者の4属性を判断。それぞれの属性に応じた会話内容や、丁寧語の使い分けを行い、友達登録も12人まで対応する。
また胸部に搭載した2.4インチの液晶ディスプレイに画像を映しながら、絵本の読み聞かせも可能。さらになぞなぞやラップの歌唱、ATOMによる人間の年齢当てゲームなどの遊びも行う。

発表会に出席した講談社の野間省伸社長は「『ATOMプロジェクト』では、ロボットという新しいエンターテイメントデバイスの可能性を開拓し、
一家に一台のコミュニケーションロボットATOMを生み出し、普及させていくことを目指しています」と意気込む。
また手塚治虫の長男・手塚眞も登壇し、「マンガやアニメというファンタジーの世界と科学が結びついた、初の試みだと思いますし、まさに夢のプロジェクトです」と「ATOMプロジェクト」を称え、
「手塚治虫はだいたい50年後くらいの未来を考えてこのロボットの世界を作り出しました。
最初の『アトム大使』から数えますと66年の月日が経っていますが、だいたい50年に近いんじゃないかと。いよいよ本当のロボットの世紀が来たんだと思います」と感慨深げな様子を見せた。

続けて「今回のアトムくん、まだ生まれたてでございます。空を飛んだりはしません。10万馬力もまだないと思いますが、このプロジェクトは未来に向けて進行していくプロジェクトでございます。
まだまだたくさんの可能性を秘めているんではないかと」と期待をにじませた。

全70巻構成の「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」は、4月4日から2018年9月11日まで順次販売。
創刊号は896円で、付属としてアニメ「鉄腕アトム」の1963年版、1980年版、2003年版の初回などを収録したDVD、ATOMの透視設計図、ビスケースが付属する。
全70巻を集めると19万9232円、組み立て代行サービスに申し込むと22万9932円。

2017年「ATOMプロジェクト」始動 ポリゴン・ピクチュアズ制作 オリジナルアニメーション
https://youtu.be/tyY1OmrDwTI


「2017年、アトムと家族になろう。」『週刊 鉄腕アトムを作ろう!』公式コンセプトムービー
https://youtu.be/EH1WhPldIxc



no title

no title

no title

【【手塚眞も期待】一家に一台AIロボット「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」創刊】の続きを読む

 ◇4年ぶりとなる長編小説 24日午前0時の発売前に列

 世界的な人気作家、村上春樹さん(68)の4年ぶりとなる長編小説「騎士団長殺し」(全2巻、各巻1944円)が24日、発売された。東京都渋谷区の「代官山 蔦屋書店」では午前0時の発売開始を前にカウントダウンイベントがあり、一刻も早く新作を読みたい「ハルキスト」たち約100人が駆けつけた。

 会社員の田中耕平さん(30)=川崎市中原区=は「奇妙なタイトルで、時代や場所、ストーリーにすごく興味がある。徹夜するかもしれない」と話した。

 久々の新作だけに注目度は高く、版元の新潮社は発売前に重版して「第1部 顕(あらわ)れるイデア編」を70万部、「第2部 遷(うつ)ろうメタファー編」を60万部の計130万部を用意する。村上さんの長編は2013年4月に文芸春秋から刊行された「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」以来で、同書は累計約150万部に達している。【鶴谷真】

no title

発売日の午前0時を待って村上春樹さんの新作を買い求める人たち=東京都渋谷区で2017年2月24日午前0時7分、猪飼健史撮影


毎日新聞 2/24(金) 0:09配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00000000-mai-cul

【【ハルキスト待ってました!】<村上春樹さん>「騎士団長殺し」】の続きを読む

002

経済産業省が旗振り役となり2月24日からスタートする『プレミアムフライデー』は、月末の金曜日15時に業務を切り上げ、夕方からショッピングや食事、旅行やレジャーを楽しもうという取り組みだ。
「この施策は、推進協議会に日本百貨店協会や日本チェーンストア協会などの小売業界団体が名を連ねていることからも分かる通り、何とかして個人消費を喚起しようというものです。
しかし、効果は一時的と見る向きが多い。そもそも金曜日の午後3時に社員が退社できる環境にある企業が、世の中にどれだけあるのか。
さらに言えば、退社時間17時の企業がわずか2時間早く退社しただけで消費が高まるとは思えません」(経済誌記者)

限られた小遣いでやりくりする多くのサラリーマンにとっては、早く帰宅して家で夕食を食べて過ごす人がほとんどかもしれない。
「本当に飲食店や小売業界に対する消費を上げたいのであれば、2000年から始まった“愚策”だったハッピーマンデー制度を廃止し、祭日の分散を元に戻すことです。
サラリーマンにとっては“休みになる前日”を増やしてもらう方がありがたい。
『心置きなく飲める』など、居酒屋を中心とした飲食業などにとってはメリットが大きく、即効性が期待できます」(同)

ハッピーマンデーが施行された頃は、観光業の衰退が問題視されていた時期。3連休を増やすことで国民が旅行をする機会を増やしたいという国の意向があった。
しかし、今やどの街も外国人観光客であふれ、宿泊施設は満杯だ。
もう賞味期限が切れた法律であることは言うに及ばない。
「アベノミクスで賃金を上げると息巻いた安倍政権も5年目に入った。にもかかわらず、意図した賃金上昇は実現していない。
だから、『時間だけは与えてやる』で、ごまかそうとしているのでは」(経済アナリスト)

最初からシラけた雰囲気が漂うのもムリはない。

http://news.livedoor.com/article/detail/12712830/ 
【開始前からシラけムード漂う「プレミアムフライデー」】の続きを読む

このページのトップヘ