ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 話題

話題

北海道札幌市の飲食店で理不尽な扱いを受けたという情報がTwitterに出回り、騒然となった。 
(略) 
90分食べ放題の「デザートフォンデュ ビュッフェ」を利用したという。小麦アレルギーを持つ妹と共に店を訪れたが、最初に出てきたのは小麦を使用した菓子ばかりだったというのだ。それらを一通り食べ終わらなければ次の注文をできないと、店員に言われたそうだ。 
(略) 
no title


【【大炎上】「食べ放題ビュッフェ、10分待って出てきたのはイチゴ1個」に店が反論「事実と異なる」】の続きを読む


1960年代半ばから90年代半ば頃まで、女子体操着として長く着用されてきた密着型ブルマー。「体形が丸見え」「下着同然」…。恥ずかしさと不満がよみがえる方も多いだろう。なぜ学校で採用され、約30年間も継続されてきたのか。そんな疑問に迫った関西大学社会学部の山本雄二教授の著書『ブルマーの謎』(青弓社)をひもとけば、進歩派と保守派のねじれた支持と、学校現場をとりまく“大人の事情”が見えてくる。(横山由紀子)

密着型ブルマーは60年代半ば頃から中学校などで女子体操着として採用され始め、全国の学校に急速に普及していった。ただ、どんな経緯で取り入れられたのかは謎だった。「誰も説明できないまま30年間も続いてきた。組織の力学が働いていると思ったのです」。山本教授は学生服メーカーなどへの取材や文献の調査を行い、教育学的、社会風俗的な見地からその謎に迫っている。

そもそも、ブルマーが導入されたのは1900年代前半頃。袴(はかま)姿で体育を受けるのが不向きとされ、膝下まで大きく膨らんだニッカーボッカー風ブルマーが採用された。その後、長さは次第に短くなり、緩やかに尻を包み込むちょうちんブルマーが60年代半ば頃までの定番だった。それが、あっという間に密着型ブルマーにシフトしたのだ。

《しゃがんで立ち上がればお尻のほっぺたが顔を出す。……そもそもそれ自体が下着同然であり、しばしば『はみパン』と呼ばれていやがられたように、パンツがブルマーからはみ出して女子に恥ずかしい思いをさせてきた》

山本教授は「校内に性的な要素を持ち込むことに強い警戒感を抱いてきた学校が、密着型ブルマーを採用したことは、不思議な出来事」と首をひねる。密着型が選ばれた理由や背景については諸説ある。有力なのは「64年の東京五輪で旧ソ連の女子バレーボールチームがはいた密着型ブルマーに少女たちが憧れた」という説だ。だが山本教授は「仮に憧れがあったとして、これまで学校が少女の憧れを制服に反映させたことがあっただろうか」。動きやすくなったという機能向上説も、「すでにちょうちん型が、動きを妨げないよう工夫されており、運動面の機能は変わらなかったといえる」と否定的だ。

山本教授は「普及の速度と規模をみて組織的な力学が働いた」と考え、当時の全国中学校体育連盟(中体連)に注目、こう結論付けた。発言権を得るために資金を必要とした中体連が学生服メーカーと組んで、従来とは全く違う製品で体操服の総入れ替えを図った。中体連が普及に協力する代わりに一部を寄付金として得る-というものだ。

「これによって、まず東京の学校に浸透し、他社も参入して全国に広がっていった」。当時、東京五輪の女子体操選手のレオタード姿を通して、女性の肉体に健康美を見いだす感覚が生まれており、「提案された学校も抵抗感なく容認できたのでしょう」。

その密着型ブルマーも90年代半ばに消滅する。俗説では、使用済みのセーラー服やブルマーを販売する「ブルセラショップ」の出現で性的まなざしの対象になったことが原因といわれるが、山本教授は「89年に新語・流行語大賞になったセクハラの概念が日本社会に急速に浸透したことが大きい」とみる。以降、女子体操着はショートパンツやハーフパンツが主流になった。

約30年間、女子たちに恥ずかしい思いを強いてきた密着型。山本教授は「身体の解放と自立を肯定する戦後民主主義派と、恥じらう女子に清純さと可憐(かれん)さをみる婦徳派によって、意図しないまま支えられてきたのではないだろうか」と分析。学校組織の力学によって普及し、進歩派と保守派のねじれた支持によって、道徳的意味合いが見いだされていたのだ。体操着としての役割を終えた密着型だが、防犯と下半身の防寒という実利目的のため、いくぶん姿を変えながら今もひっそりと生き続けているという。

ソース/YAHOO!ニュース(産経新聞社)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000094-san-soci

【【30年継続の謎・・・】「密着型ブルマー」 学校現場とりまく“大人の事情”】の続きを読む

“美人すぎる市議”として話題を集めた青森・八戸市の藤川優里市議(37)が2月14日のバレンタインデーに同世代のイケメン弁護士と結婚していたことが22日、分かった。
関係者によると、2人は数年来の友人で、1年未満の交際でゴールイン。
2007年の初当選以降、3期連続で市議を務めるなど“仕事一筋”だったが、彼の一途なアプローチと温厚で優しい人柄にひかれ、ウエディングベルを鳴らした。

 つぶらな瞳とキュートな笑顔。政治家とは思えないアイドル並みの容姿で全国区の人気を誇った藤川氏が、バレンタイン婚で幸せをゲットしていた。

 関係者によると、お相手は藤川氏と同じ八戸市出身で、同世代のイケメン弁護士。
2人は数年来の友人で、地元の発展のために尽力する藤川氏の真摯な姿勢に共感した彼から熱烈なアプローチがあったという。

 最初、藤川氏は恋人の対象としては考えていなかったが、徐々に彼の誠実な性格にひかれていき、交際に発展。
多忙な藤川氏を気遣う温厚で優しい人柄が支えになっているという。

 当初は藤川氏の誕生日である3月8日に婚姻届を提出することも考えていたが、「絶対に忘れない、分かりやすい結婚記念日がいい」との理由でバレンタインデーの2月14日に決めた。

 藤川氏といえば初当選後、公式ホームページに掲載した画像がネット上で「美人すぎる市議」として話題に。
2008年には「八戸市のためになるなら」と、純白のビキニ姿などで地元の観光名所を紹介するDVDと写真集を同時発売した。

 翌09年にはスペイン紙「20ミヌートス」が行った「世界で最も美しい女性政治家」のネット投票にノミネートされ、約14万票を集めて1位に輝いた。
「天使の笑顔」と称されたペルーの政治家、ルシアナ・レオン氏(38)らを抑えての“トップ当選”は、日本中で話題となった。
(続きはソースをご覧下さい)
http://www.sanspo.com/geino/news/20170323/mrg17032305050002-n1.html 
2017.3.23 05:05 
no title

【【衝撃】“美人すぎる”藤川優里市議、バレンタインデーにイケメン弁護士と結婚していた】の続きを読む

20日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、漫画家・倉田真由美氏がコンビニのエロ本に対して持論を語った。

番組では「『コンビニでエロ本売らずにおむつ売って』に賛否」と題して、キャリコネニュースの記事を取り上げた。
記事によると、あるTwitterユーザーが「コンビニでも、おにぎりのようにおむつを売ってほしい」といった内容を投稿。
そこに、別のユーザーがハッシュタグ「#コンビニはエロ本を売らずにおむつを売れ」を付けたことで、拡散されたという。
以前から、成人雑誌をコンビニで販売することの是非が議論されてきたこともあり、賛同の声が上がる一方で、 「子どもをダシにして気に食わないものを叩きたいだけ」との批判もあるとか。

自身も2児の母親である倉田氏だが、おむつが足りなくなるような状況はほとんどないといい、コンビニでの販売は「全然いらない」と否定的だ。
一方、エロ本については「コンビニにエロ本がある国って素晴らしいじゃないですか?」「すごく大らかで、これこそゆとりのある国だなと思う。余裕があるなって」と全面的に肯定した。

さらに倉田氏は、かつて東京五輪開催を機にコンビニのエロ本が規制されるとの噂があったことに触れ、「とんでもない」と真っ向から反対。
続けて「『クソ真面目』と思われてる国に、コンビニに半裸の女性の雑誌があるって、いいバランス取れる」「そこまで四角四面なのは、どんどん住みづらくなる」と指摘し、「コンビニにエロ本がある大事な日本の文化を壊さないで!」とまで熱弁していた。

http://news.livedoor.com/article/detail/12827149/

倉田真由美氏
no title

【【倉田真由美】コンビニの「エロ本」を全面的に擁護「素晴らしい」「日本の文化を壊さないで!」】の続きを読む

このページのトップヘ